スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最小限の努力の法則」の実践

 ディーパック・チョップラ著『富と成功をもたらす7つの法則』(角川文庫)の第四法則です。原文のエキスだけを抽出して自分の言葉も加え、出来るだけ簡略にしてあります。

1.私は物事を、あるがままに受け入れます。宇宙全体が因果律によってあるべくしてあるのですから、それが自分の望まない状態だからと言って抵抗するのはエネルギーの無駄遣いです。

2.物事をあるがままに受容れた上で、問題点に就いては自分の責任と考え誰も非難しません。そして問題のある状況を、「より良い状態」にシフトさせるために天が与えた好機と看做します。

3.自分のものの見方に固執したり、他人に押付けよう等、余分なエネルギーを浪費せず、あらゆるものの見方にオープンであり続けます。

(これは誰からも好感を持たれますが、非常に不親切とも言えます)


関連記事

テーマ : 開運・強運・上昇運
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。