スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米軍は中国から尖閣を守る

 これが日米同盟の効果です。ハリス米太平洋軍司令官(海軍大将、母親が日本人)は「アジアの同盟国として日本や韓国、オーストラリア等を挙げ、アジア太平洋地域の各国と連携して中国包囲網を築く考えを表明した」と報じられています。


dly1506120036-f1.jpg
画像転載元(http://blogs.yahoo.co.jp/hisao3aruga/39937847.html


米軍司令官「中国攻撃なら尖閣守る」 南シナ海へ艦船派遣拡大
     2016.01.28 12:50          日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H2X_Y6A120C1EAF000/

 【ワシントン=川合智之】 米太平洋軍のハリス司令官は27日、ワシントン市内での講演で、中国による沖縄県・尖閣諸島周辺への領海侵入を廻り、「中国の攻撃を受ければ我々が間違いなく(尖閣を)守る」と明言した。

 同司令官は中国が埋立てを進める南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島に米軍艦船を派遣する「航行の自由」作戦に就いても、「より多くなるだろう」と述べ、頻度を増やすことを明らかにした。南シナ海で人工島に軍用機が着陸出来る滑走路を建設する等して、周辺諸国と領有権争いを続ける中国への牽制を強める狙いと見られる。

 ハリス氏は「航行の自由」作戦に就いて、中国の軍当局者に「(中国は)挑発的だ」と伝えたと表明し、今後は作戦を「複雑化する」との意向を強調した。米軍は10月下旬以降、中国が「領海」と主張する人工島の12カイリ(22キロメートル)以内にイージス駆逐艦「ラッセン」を派遣している。

 ただ領海内であっても武力行為を伴わない「無害通航」は国際的に認められている他、ベトナム等が領有権を主張する岩礁付近も通ることで中国側に配慮していた。昨年12月には戦略爆撃機B52を人工島12カイリ以内に飛ばしたが「通常の訓練飛行」との名目だった。

 一方、中国は滑走路の建設を中止せず、2日には南沙諸島のファイアリクロス(中国名・永暑)礁に完成した飛行場へ航空機を試験飛行させたと発表していた。ハリス氏はアジアの同盟国として日本や韓国、オーストラリア等を挙げ、アジア太平洋地域の各国と連携して中国包囲網を築く考えを表明した。 


関連記事

テーマ : 検証
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。