スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日・豪潜水艦共同開発

 オーストラリアのターンブル主相は親中派で、独仏はアメリカを裏切って中国についた国です。この記事はオーストラリアのメディアの中にも、反中・親日・親米へと舵を切り始めた新聞が出て来たことを意味します。


「そうりゅう」型潜水艦 (クリックして拡大)
「そうりゅう」型潜水艦
画像転載元: (http://stonewashersjournal.com/2014/11/30/souryuu2/


「日本以外なら中国の勝利を意味する」豪潜水艦共同開発で米政府筋
      2016.1.25 11:44         産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160125/wor1601250020-n1.html

 25日付のオーストラリアン紙は、日独仏が争うオーストラリアの次期潜水艦の共同開発相手選定で日本が選ばれなければ、日本案に反対する中国が外交的に勝利することを意味するとの米政府筋の見解を報じた。

 ターンブル首相は1月中旬に訪米した際、潜水艦選定についても協議したとされる。米政府は公式には中立の立場を強調しているが、事務レベルではこうした懸念をオーストラリア側に伝えていると見られる。

 米政府筋は、海上自衛隊の「そうりゅう型」ベース案を支持する理由を、
(1)海洋進出する中国への対抗上、最も性能が高い。
(2)最も相互運用性がある。
(3)日米豪の戦略的協力が加速される。
(4)日本の敗北は中国の外交、戦略的勝利を意味する。
 -とした。(共同)


参考過去記事: 「そうりゅう」型潜水艦


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。