スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RPE】台湾民進党勝利の世界史的意味

 当ブログ過去記事「【RPE】日韓慰安婦合意、アメリカの思惑(01.19)」で、私が台湾その他についてコメント(異議申立て)した内容を北野氏が追認したような形です。
ミャンマー、韓国に続いて台湾も中国から離反し出したのです。多分、インドやロシアも遠からずハッキリとそうなるでしょう。「流れが変り始めた」のです。


【RPE】★ 台湾総統選、蔡英文勝利の世界史的意味
      ロシア政治経済ジャーナル No.1331
     2016.01.21           北野幸伯
http://archives.mag2.com/0000012950/20160121082000000.html

 全世界のRPE読者の皆様、こんにちは! 北野です。

(● 中東大戦争は起るか? ダイヤモンドオンラインの記事はこちら
(● 携帯、スマホで読めなかった方は、PCでご一読下さい。)

 皆さん御存知のように、台湾で16日、総統選挙がありました。

 <蔡英文主席、地滑り的勝利…台湾総統選まとめ 読売新聞 1月17日(日)20時39分配信(http://www.yomiuri.co.jp/world/20160117-OYT1T50056.html
【台北=比嘉清太】16日の台湾総統選で初当選を果たした最大野党・民進党の蔡英文(ツァイインウェン)主席は、得票数、得票率共に同党候補で過去最高の地滑り的な勝利を収めていたことが、台湾・中央選挙委員会の纏めから分った。
 台北市では民進党総統候補者として初めて得票率が5割を上回った。
今回の総統選で蔡氏は、民進党が地盤とする南部だけでなく、国民党の地盤だった北部でも朱立倫(ジューリールン)氏の得票数を上回った。
最終的に22の自治体の内、一部の離島等を除く18自治体で勝利を収めた。>

 今回は、蔡英文さん勝利の「世界史的意味」を考えます。

蔡英文さんとは?

 先ず、蔡英文さんに就いて知っておきましょう。
1956年8月31日生れ。現在、59歳。台湾大学法学部卒業後、渡米。コーネル大学で法学修士を取得。その後イギリス、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで法学博士。帰国後、台湾国立政治大学、東呉大学の教授。何か、メチャクチャ才女のエリートですね。
 李登輝さんが総統だった1990年代、蔡英文さんは、経済部・国際経済組織首席法律顧問、経済部貿易調査委員会委員、行政院大陸委員会委員、行政院公平交易委員会委員等を歴任。30代半ばから40代半ばに掛けて、既に政策に深く関わっていたのですね。

 さて、李登輝さんは国民党ですが、2000年には、民進党政権が誕生します。蔡英文さんは、台中関係の政策を担当する行政院大陸委員・主任委員に就任。
04年、民進党から立法委員(=議会)選挙に出馬して当選。
06年1月から07年5月迄、行政院副院長(=副首相)。
10年前には、既に行政院副院長(=副首相)をされていたのですね。
 民進党が再び野党になった08年、同党12代主席に就任。
2012年、再選を目指す国民党の現職・馬英九さんと台湾総統選を戦い、敗北。(不正選挙と言われる) この結果を受け、党主席を辞任。しかし2014年、党主席に返り咲く。

 そして、今回2016年1月16日、台湾総統選で勝利。今年5月、初の女性総統になる予定。次期総統になる民進党・蔡英文さんと、現職の国民党・馬英九さん、最大の違いは何でしょうか? そう、「中国に対する姿勢」が違うのですね。馬さんは、余りにも急速に中国に接近して行った。「このままでは、中国に併合されちゃうよ!」という危機感が台湾人の中に形成されて行った。

 <1月16日に行なわれた台湾総統選挙の結果、野党・民進党の蔡英文主席が圧勝、総統就任式が行なわれる5月20日に台湾の政権交代が実現する。
選挙戦最大の争点は、中台関係-台湾は中国とどう向合うべきか-だったが、台湾は有権者の総意として、馬英九現政権の急速な対中接近路線に「ノー」を突付けた訳だ。>(時事通信1月19日)

 <馬英九現政権の急速な対中接近路線に「ノー」を突付けた>

 これが、台湾総統選、最大のポイントですね。

変る流れ

 ソ連崩壊で冷戦が終結した1991年末から2008年迄を、「アメリカ一極時代」と呼びます。「100年に1度の大不況」が起った08年から、世界は「米中二極時代」に突入しました。しかし、「二極」時代の中身を見れば、沈むアメリカ、昇る中国。という関係。
 ところが、2015年3月から流れが変って来ます。
日本以外の親米諸国が全て裏切った「AIIB事件」で、アメリカは「真の敵がどこにいるか?」をはっきり悟った。
以後、アメリカは、ロシアと和解し「ウクライナ問題」を事実上解決。シリア、IS問題を他の大国に任せ、イラン制裁を解除した。
 年初に起ったサウジとイランの「国交断絶問題」に関しても、「仲介する心算はない!」と宣言している。つまり、アメリカは、中東からはっきり距離を置きつつある。欧州と中東の問題に大方ケリをつけたアメリカは、アジア問題に集中するようになった。
去年12月、日韓慰安婦合意を行なわせ、「中国の属国状態」にあった韓国を、中国から引剥がした。
そして、今回、台湾で相対的に「反中」、「親米、親日」の総統が誕生する。「AIIB事件」で世界的に孤立したアメリカは、韓国を取戻し、台湾を取戻しつつある。

 そして、「中国からアメリカへ」の流れを加速させているのが、中国経済がボロボロになって来たこと。中国政府によると2015年、中国のGDPは、6.9%の成長だったそうです。しかし、この数字を信じている人は誰もいません。
 何と言っても中国の貿易総額は2015年、前年比で8%減少。輸出は2.8%減、輸入に至っては、14.1%も減った。中国政府、GDPに就いては、幾らでもウソを吐けます。しかし、輸出入に関しては、「相手国」がいるので、ウソが吐けない。貿易額が8%、輸入が14%減った国のGDPが、「6.9%成長」なんて、あり得ないですね。
 「金の切れ目が、縁の切れ目」
去年迄中国に「へ~こら」していた世界中の国々も、今年から徐々に態度が変って行くことでしょう。馬政権時代、世界もアメリカも日本も、そして台湾人自身も、「台湾独立なんて非現実的過ぎる」と考えていた。しかし、風は変って来ています。
ソ連が崩壊して、15の共和国が独立を果した。同じように、中国共産党政権が崩壊する事態になれば、台湾独立も現実味が出て来ることでしょう。
 しかし、それは未だ先の話。「独立云々」は抜きにしても、日本は、誕生する蔡英文政権を全力でサポートするべきです。特に経済面のサポートが大事です。


関連記事

テーマ : 検証
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。