スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、不動産バブル崩壊

 日本のバブルの大幹が土地と株だったのと同じことが中国でも起っていました。
株は既に崩壊を始めていますが、土地も同様のようです。今年、FRBの数度に亘る金利引上げがそれに止めを刺すことになるでしょう。
 そもそも、中国をここまで怪物にした犯人がアメリカと日本のカネと技術だったことを考えると、これは初めから仕組まれた壮大な陰謀だった可能性もあります。一体、何者が? 私の頭をかすめたのは「艮(うしとら)の金神」の名です。
「金で世を治めて、金で潰して、地固めしてみろくの世と致すのぢゃ」
(ひふみ神示 第二十四巻 黄金の巻 第59帖)

 
【石平のChina Watch】
全人代副委員長が衝撃発言 不動産バブル崩壊で地方政府「倒産」の現実味
     2016.1.14 09:00           産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160114/wor1601140017-n1.html~n4.html) 

 昨年12月22日、中国全国人民代表大会(全人代)常務委員会副委員長の陳竺氏は同会議で地方政府の財政問題を取上げ、「将来、一部の地方政府が事実上“倒産”する可能性があるので、警戒すべきだ」と語った。各地方政府の深刻な財政難は、中国国内では良く知られているが、全人代副委員長の立場にある人が「倒産」に迄言及したのは、当に衝撃的な発言として全国で大きな波紋を呼んだ。

 陳氏が「倒産」の理由として挙げているのは、各地方政府が抱える膨大な債務問題である。同じ会議に於いて、全人代常務委員で元経済官僚の姚勝氏が披露した数字によると、今、中国全国の地方政府が抱える債務の総額は約16兆元(約290兆円)に上っており、
2015年度の地方財政収入の2倍以上に相当するという。「収入の2倍相当の債務」と言えば、先進国の基準ではそれ程深刻な数字でもないが、中国の場合、地方政府の「財政収入」自体が実に危ういものなのだ。

 1994年、中国は中央政府の財政危機を救うために「分税制」を柱とする財政改革を行なった。それ以来、国の税収の大半を占める増値税(消費税)等から得る財源の殆んどが中央政府に持って行かれるようになり、各地方政府は慢性的な財政難に陥って行った。

 こうした中で、地方政府が財政収入の命綱として来たのが「土地譲渡金」という税制外の収入だ。国有地の使用権を不動産開発業者に譲渡する代価として大金を手に入れ、それを財源に充てるのだ。

 例えば2014年の場合、全国地方政府の財政総収入は7・6兆元であったが、その半分以上の4・3兆元が土地譲渡から得た収入だ。こうした中で、「土地財政」という新造語も生れたが、全国の地方政府の財政は専ら「土地売買」の上に立つ脆弱(ぜいじゃく)なものとなった。

 「土地財政」が成立つ最大の前提は不動産バブルが永遠に続くことにある。バブルが続いて国有地の譲渡金が何時でも懐に入って来れば、地方財政は何とか遣り繰り出来るが、この前提が一旦崩れれば一巻の終りである。

 そして昨年から、地方政府にとっての悪夢が現実となった。不動産市場の低迷で在庫が山積みとなった中、開発業者は以前のように不動産を大量に“造らなく”なった。その結果、各地方政府が頼りにしている土地譲渡収入も未曽有の激減となったのである。
実際、2015年1月から11月まで、全国地方政府の土地譲渡収入は前年同期比で約30%減り、減収額は何と1兆元以上になった。

 たとえば遼寧省の場合、以前は毎年2000億元以上もあった土地譲渡収入が、今では3分の1程度の700億元程度に落ちた。山西省の場合も、当に「土地財政」の破綻によって、省内119の県と「県級市」政府の7割以上が財政収入のマイナス成長に見舞われ、幾つかの県は既に、公務員の給料すら支給出来なくなった。

 このような深刻な状況がこれからも続くのだ。社会科学院が昨年12月に発表した報告書によれば、全国で売れ残りの分譲住宅在庫(延べ床面積)が21億平方メートルもある。これから5、6年間、如何にして在庫を減らすかが不動産開発業にとっての至上課題であり、土地を大量に買って不動産を増やすなど、以てのほかなのだ。

 こうなると、今後、各地方政府が財政破綻して負債を返さなくなるのは当然のことだろう。その結果、冒頭の全人代副委員長が憂慮する地方政府の「倒産」が起きて来るだけでなく、地方政府に莫大(ばくだい)な融資を供給して来た正規の国有銀行やシャドーバンキングも窮地に陥り、金融危機が誘発されるのかも知れない。中国政府と中国経済全体の苦境は当にこれからだ。

【プロフィル】 石平(せき・へい) 1962年中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。88年来日し、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関を経て、評論活動に入る。『謀略家たちの中国』など著書多数。平成19年、日本国籍を取得。


関連記事

テーマ : 検証
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。