スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RPE】2016年、中国はどう動く?

 今年、中国の動きで最も警戒しなければならないのは日中関係改善の動きが出て来た時です。これは良いことと思われ勝ちですが、日米関係を分断する中国の策略である可能性を疑わなければなりません。日本の政財界には親中派の大物が多いので安倍さんは用心が必要です。つかず離れずでいるのが上策と北野氏は提言しています。言論界では板垣英憲氏が要注意。
 それから、中国とロシアが「反米の砦」として育てて来たという「上海協力機構」に、インドとパキスタンが正式加盟する手続きが開始されたというのも気になります。基本的にロシアとインドを日米の味方に取り込んで中国に離反させる戦略が重要です。
 中国株式市場の大暴落は、目先的にはともかく大きな国益の観点からは最も歓迎すべき事態です。ここが先途の米中情報戦の主戦場です。中国も日本のバブル崩壊は徹底的に研究しているそうなので、もう少し持ち堪えるかも知れませんが。


【RPE】★ 2016年世界はどうなる?~中国はどうする?
   2016.01.05          北野幸伯
http://archives.mag2.com/0000012950/20160105000000000.html

 昨日は、「2016年、アメリカはどう動くか?」という話をしました。
ざっくり言うと、

・ ウクライナ問題を、実質終らせ、
・ IS問題から距離を置き、
・ 中国との戦いに集中するであろう。

 という話でした。
(@まだ読んでない方は、まずこちらからご一読下さい)
 昨日も書きましたが、

・ 第二次世界大戦終結後~1991年 = 冷戦時代、米ソ二極時代
・ 1992~2008年 = アメリカ一極時代
・ 2008年~ 米中二極時代

 です。昨日は、アメリカの話をした。今日は、アメリカと覇権を争う中国の動きについて触れましょう。

▼ 中国のこれ迄

 簡単に中国の過去を振返って置きます。
1949年に建国された中華人民共和国。なかなか発展出来ませんでしたが、1970年代始めに転機が訪れます。アメリカと組むことに成功したのです。アメリカが中国と組んだ理由は、「ソ連に対抗するため」。中国は、日本との和解にも成功しました。
 毛沢東が死に、賢いリアリスト・トウ小平の時代がやって来た。
70年代末から中国は、日米からありとあらゆるものを貰い、経済を大発展させることに成功します。
 80年代末から90年代始めにかけて、米中関係に危機が訪れます。
一つは、89年の「天安門事件」。もう一つは、91年12月の「ソ連崩壊」。
アメリカが中国とひっついていたのは、「ソ連と対抗するため」という名目でした。しかし、最大の敵ソ連が消滅した。当然アメリカで、「なんで共産党の独裁国家中国と付き合ってるの?」という疑問が出て来た。この最大の危機を中国は、どう乗り切ったのか?

全国民必読の書
● 『China2049』 ピルズベリー(詳細は→ https://hec.su/bWqL
 に、面白い記述があります。

 中国は、米政権内に「親中派グループ」を築いていて、クリントンの政策を「変えた」というのです。「親中派」の中心にいたのは、同著によると、
・ ルービン(元ゴールドマンサックス会長、後に財務長官)
・ サマーズ(ハーバード大学教授、後に財務長官)
 でした。
 <ついに1993年末、中国が現在、「クリントン・クーデター」と呼ぶものが起きた。中国に同調する面々が大統領に反中姿勢の緩和を認めさせたのだ。クリントンがかつて約束したダライ・ラマとの新たな会談は実現しなかった。対中制裁は緩和され、後に解除された。>(143p)

 「親中派」がクリントンを説得した論拠は、「中国は、人口13億人。世界最大の市場です。中国とのビジネスは、我国にとって、大儲けのチャンスです」ということでしょう。
そして、米中の比較的良好な関係は、「100年に1度の大不況」が起った08年迄、いや、もっと言えば2015年迄続いたのです。ここ迄、米中関係を纏めると、

・ 1970年代初め~1991年 = 「ソ連に対抗するため」という名目で良好な関係
・ 1993年~08年(或いは15年) = 「儲け」で良好な関係
 となります。

▼ 中国の飛躍と暗転

 08年、アメリカ発「100年に1度の大不況」が起りました。
全世界の国々が沈む中で、成長を続けた国が二国だけありました。
中国とインドです。
中国のGDP成長率は、08年9.64%。
大不況が最も酷かった09年、9.2%。
10年10.6%、11年9.5%。
当に、「100年に1度の大不況って何ですか?」という感じです。
2010年、中国のGDPは日本を越え、世界2位に浮上します。中国は、経済力(GDP),軍事費共に世界2位になり、「覇権国家候補ナンバー1」になったのです。
 この頃から、中国は本性を現し始めます。
2010年9月、「尖閣中国漁船衝突事件」が起った。中国漁船がぶつかって来たのですが、中国は「レアアース禁輸」等、過酷な制裁を次々と日本に課し、世界を驚かせます。
2010年9月、日本政府が尖閣を国有化すると、日中関係は最悪になってしまいます。
 そして、2015年3月のAIIB事件。中国主導の「AIIB」にイギリス、ドイツ、フランス、イタリア、イスラエル、オーストラリア、韓国等「親米国家群」を始め、57か国を参加させることに成功した。
 1970年代から長年相対的に良好だった米中関係。しかし、「AIIB事件」で、中国の影響力の大きさに仰天した米国は、あからさまに態度を硬化させました。
こうして2015年、「米中覇権争奪戦」が本格的にスタートしたのです。
「アメリカはどう動く?」については、前号で触れました。
(@まだ読んでない方は、先ずこちらからご一読下さい)

 では、中国はどう動くのでしょうか?

▼ 米中の戦いは、「孤立化戦争」

 日本人は、全く意識しないこと。それは、「戦争は、実際の戦闘のずっと前に始っている」ということ。そして、それは「情報戦」から始るのです。「情報戦」の目的は、「敵国を孤立化させること」です。
「孤立したら負け」。
「孤立させたら勝ち」。
 これは、日本人が決して忘れてならない、先の大戦の教訓です。賢い中国人は、遥か昔からこのことを知っていました。
例えば、今から約2200年前に建てられた漢王朝。王朝を開いた劉邦は、ライバルの項羽に比べ、戦闘に弱かった。実際、項羽と戦うと、「連戦連敗」だったのです。
しかし、劉邦は、自分の弱さを自覚し、賢明に「味方増やし」に励みます。結果、劉邦を支持する有力者が増え、最後の戦いで勝利した。
 中国のリーダー達は、「戦闘の強さよりも重要なことがある。それは味方を増やすことだ」と知っている。それで、1930年代、日本より断然戦闘に弱かった中国は、せっせと味方増やしに励んだ。結果、1937年に日中戦争が始った時、中国はアメリカ、イギリス、ソ連3大国から支援を受け、日本と戦ったのです。こんなもん、勝てる筈がありません。
何が言いたいかというと、「戦闘」の前に、「孤立化戦争」がある。
(因みに、この本は、政治家、経営者、起業家、エリートビジネスマン必読です)
● 『項羽と劉邦』 司馬遼太郎 (新潮文庫)
上 (http://tinyurl.com/9wwpg
中 (http://tinyurl.com/cwfg7
下 (http://tinyurl.com/dadzs

▼中国は、「孤立化戦争」をどう戦うか?

 では、中国は今年、どの国との関係を良好にしようとするのでしょうか?

1.アメリカ
 『China2049』にも書いてありますが、アメリカ国内の「チャイナロビー」は強力です。今や、「イスラエルロビー」を凌ぐと言えるでしょう。当然、アメリカの反中姿勢を改めさせるよう動くことでしょう。

2.日本
 中国にとって、GDP世界1のアメリカと、3位日本を分断することは、決定的に重要です。
2013年、中国は「安倍は右翼、軍国主義者、歴史修正主義者」とプロパガンダすることで、日米を分断することに成功しました。
しかし、2015年3月のAIIB事件後、日米関係は非常に良好になった。
中国、今年は「日本に接近すること」で、「日米分断」を図るでしょう。
日本は、くれぐれも警戒し、
・ アメリカを嫉妬させる程中国に接近しないこと。
・ アメリカ抜きで中国とケンカになる程、中国との仲を険悪にしないこと。
 が大事です。
 「習近平に会ったらニッコリ挨拶はするが、一緒にビジネスはしない」
適切な距離感が大事ですね。

3.欧州
 中国の希望は、「欧州の大国群が、アメリカの制止を無視してAIIBに入ったこと」です。欧州は、アメリカと中国を天秤に架け、中国についている。
昨年12月、人民元がIMF・SDRの構成通貨になりました。
この時も、欧州諸国が支持し、アメリカは反対出来なくなってしまったのです。何故、イギリス、ドイツ、フランス等、欧州諸国は中国支持なのでしょうか?
理由は幾つかあります。
・ 遠い
 欧州と中国の距離は遠いので、中国は欧州にとって安全保障上の脅威ではないのです。「南シナ海」がどの国のものになろうが、知ったこっちゃない。
・ 儲かる
 安全保障上の脅威はないので、欧州は、「中国と付き合うと儲かる」ことにだけフォーカス出来ます。
・ そもそも欧州は反米
 1991年のソ連崩壊で、「東の大脅威」(=ソ連)から解放された欧州。欧州エリート達は、「もう一度覇権を目指そう」と遠大な野望を持ちました。
その方法は、「欧州連合拡大」と「ユーロを基軸通貨化すること」です。
そして、フランスとドイツは02年~03年にかけて、ロシア・中国と共に、アメリカ主導の「イラク戦争」に反対しました。そう、フランス、ドイツは「多極主義陣営」の「産みの親」なのです。だから、中国が強くなり、「多極化が進むこと」を歓迎している。
中国は今年、益々熱心にイギリス、フランス、ドイツ等を取り込みに行くことでしょう。

4.ロシア
 中国の強い味方は、プーチンロシアです。ロシアは中国にとって、
・ 石油ガス
・ 最新兵器
 の供給元である。
日本では、「中露は必ず分裂する」という意見が大半。しかし、両国の良好な関係は、05年から10年間続いています。

 去年、アメリカは、「ロシアとの和解」に動き始めました。今年は、更に和解が進むと思います。中国とアメリカが、ロシアの愛を取り合う。
経済制裁、ルーブル暴落、石油暴落のトリプルパンチで苦しむプーチンにとっては、有利な状況が生まれるでしょう。(それで、経済が好転する訳ではないが・・・)

5.上海協力機構
 中国とロシアが、「反米の砦」として育てて来たのが上海協力機構(SCO)。加盟国は、中露+中央アジア4か国。日本は甘く見がちですが、昨年7月大きな出来事がありました。
インドとパキスタンの加盟手続きが開始されたのです。要するに、インドとパキスタンは、正式加盟国になる。特に、何れ経済規模で世界1、2になるであろうインドが入ることはとても重要です。日本は、「インドは親日」と油断していますが、そう単純ではないので、要注意です。

6.ブリックス
 中国、ロシアに、インド、ブラジル、南アフリカからなるブリックス。
これらの国々も、「反米一極主義」、「多極主義推進」で心を一つにしています。
中国は今年、益々ブリックスとの繋がりを強めて行くことでしょう。

▼ 劣勢アメリカの希望は、中国経済崩壊

 こう見ると、中国は強固な基盤を築いていて、アメリカには最早勝ち目がないようにすら感じます。
前号で、アメリカによる中国バッシングのメインは、「経済情報戦だろう」と書きました。これは何でしょうか? 「中国パワーの源泉」は、「金」であるということです。ま、当り前の話ですが。
何故、親米諸国を含む57もの国々が、「AIIB」に参加したのか?
要は、「チャイナマネー」に期待している。では、中国経済が崩壊したらどうなるのでしょうか?
金がある時寄って来ていた国々は、「す~~~」と中国から離れて行くことでしょう。劣勢アメリカの狙いは、そこにあるのです。
1980年代、レーガンがソ連打倒を決意した時、何をしたか?
サウジアラビアを脅迫し、原油価格を下げさせた。それで、ソ連経済はボロボロになり、崩壊に繋がって行った。
「金=この世のパワーの源泉」なので、アメリカが覇権を維持したければ、中国からそれ(=金力)を奪うことは決定的に大事です。
 という訳で米中覇権争奪戦。中国は、世界の大国群を取込むことで、アメリカ孤立化を目指します。アメリカは、「中国経済崩壊論」を広く拡散することで、中国の魅力を喪失させます。何れにしても、2016年は、「歴史的分岐点」になることでしょう。


関連記事

テーマ : 考察
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。