スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年の元旦に想う

 新年 明けましておめでとうございます。

 一昨年の大晦日、私は「来年が正念場」の中で、「2014年の元旦に想う」を引用し、

 <昨年、世界的に顕著だった異常気象は今年(2014年)、更に激しくなるでしょう。
そして、その先には“最も困難な”2015年の「地球の大変動」が待ち受けています。(レムリア、アトランティス、シルランカ大陸の隆起)」> と書きました。

 そして、去年の年頭、「獅子は我が子を千尋の谷底に落す」の中で、

 <2015年は「地球の次元上昇」の過程に於ける最大の山場となることが予想されます。何が起っても動じない覚悟を決めましょう。
 具体的に何が起るかは、“人民の心次第”です。
同じ状況下(天変地異とか経済情勢とか戦争など)でも経験することは一人一人皆違います。常日頃の行ないが形になって現れる時です。> と書きました。

 しかし、実際には大陸が動くような「地球の大変動」は起きませんでした。見様によっては、地球の次元上昇の過程に於ける最も困難な時期が、あの程度で終ったとも考えられます。是非、そうであって欲しいものです。
こうなると、もうどんな「陰謀論」は元より、「日月神示」(の解釈)も各種の「預言」も「チャネリングメッセージ」も当てにはなりません。我々の意志と選択(人類の集合意識)だけが地球の運命を決めます。
 つきましては、一昨年末<このブログを続けられるのも、多分、2015年迄でしょう。>と書きましたが、尚続けられる限り続けることにします。幸い、頭は未だ呆けていないようですし、身体も大丈夫です。

 さて、昭和18年5月生れの私は今年で73歳になります。
人生の残り時間が少なくなって来ました。この貴重な日々を費って、これから何をすべきか考えてみました。

 公的には7月の(衆参同時となるかも知れない)参院総選挙が極めて重要です。その結果が日本の運命を決めるのみならず、世界の運命を決める「関が原の戦い」と言っても良いでしょう。何としても自民党に勝たせ、安倍総理に引続き政権を担って欲しいと願っています。
安倍さんは、これ迄に何度も危うい局面を「神風」によって救われています。私には、そのことが国祖国常立大神の霊団が手助けしているように見えます。よって、当ブログも精一杯応援させて頂きます。

 因みに、私が応援した人もブログも何故か一種の霊力が加わり、私が何等かの理由で見限る時が大抵ピークになるという奇妙な経験を何度もしています。これには思い当る方が何人もいらっしゃる筈です。つまり、私の行為には「日月の臣民」に特有な神霊の力添えがあるということです。
表面的な是非善悪に拘らず、神の御用をする者は「光」、妨げる者は「闇」なのです。

 極めて幸運なことに、現時点で日米の国益は「中国打倒」で一致しています。今年はその流れが一段と鮮明になって来るでしょう。
昨年の掉尾を飾った「日韓慰安婦問題の妥結」も私はその一つと見ました。(北野幸伯氏の見解は未だ分りません)
只、ポストオバマに若干の不安があります。反ISIS、親ロシアのトランプ候補なら問題ないのですが、ヒラリー・クリントン候補の場合はどうなるのか、私には良く分りません。

 個人的には昨年末、この年になって柿の種類を入れ替える決断をしました。
折角、成木になって沢山の実を着けるようになった早生富有と黒柿を根本から除去し、早生次郎2本と、授粉樹として新たに禅寺丸1本(現在は筆柿1本)を植えることにしました。
また、干柿用に堂上蜂屋も2本植えることにしました。他には渋柿の平核無(ひらたねなし)が数本あります。
仮令、途中で私がいなくなっても樹は残り、誰かの役に立つのですから。

 それから今年、買って20年になるジムニーを新型の中古車に買換える予定にしています。12月の車検切れ迄にじっくりと探す心算です。

 それでは皆様、本年もこのブログを宜しくお願い致します。


関連記事

テーマ : まあいろいろ
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

No title

明けましておめでとうございます。
昨年は、色々とアドバイスを頂きありがとうございました。
今年もよろしくおねがいいたします。

いつも、ロム専で、お勉強させていただいております。

いつも秀逸な記事の数々、有難う御座います。今年も楽しみにしております。
宜しくお願い申し上げます。
プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。