スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日、慰安婦問題で日韓外相会談

元慰安婦支援で日韓“折半”出資案が浮上 韓国の蒸し返しを封じる狙い
        2015.12.26 06:00          産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/151226/plt1512260001-n1.html~n2.html)

 岸田文雄外相は25日、慰安婦問題の早期妥結に向け、ソウルで28日に韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談すると発表した。会談で日本側が提案する方針の元慰安婦への支援拡充を巡り、日本政府内に韓国側にも支出を求める「共同出資」案が浮上していることが25日、分った。韓国側を関与させることで問題の蒸返しを抑える狙いがある。ただ、支援金には日本国内での反発も予想され、妥結の行方は見通せていない。

 岸田外相は25日、外務省で記者団に「慰安婦問題は非常に難しい問題だが、何が出来るか自分としてもギリギリの調整を行ないたい」と意気込みを述べた。日本側は慰安婦問題を二度と蒸返さないこと等、最終的に妥結した場合、その内容の文書化を求める方針。岸田氏は協議の進行次第では会談中止も辞さない構えだと言う。

 日本政府内で浮上している支援金の日韓共同出資案は、日本が続けている、元慰安婦に償い金を支給した「アジア女性基金」のフォローアップ事業(医療品等の提供)の拡充と、韓国が実施している慰安婦支援金を合体させる構想。両政府は単年度予算で対応しているが、日本側は約10年分を一括して渡すことを検討しており、アジア女性基金の受取りを拒否した元慰安婦や、元慰安婦の家族も支給対象とする方向だ。支援金の規模は数億円になる可能性もある。

 日本外務省は年間1500万円の予算を付けて元慰安婦に生活必需品を支給しているが、政府内には「問題が完全に決着し、二度と蒸返されないことが担保されるなら、増額してでも一括で対応し、全て終らせるべきだ」との意見がある。
 ただ、韓国からの報道によると、ソウル郊外にある元慰安婦の支援施設「ナヌムの家」の安信権所長は25日、日本政府が検討する支援拡充等では「名誉回復にならない」と否定的な見解を示した。その上で「既に韓国政府の生活支援金を受けている。金額の問題ではない」と指摘した。
 このため、政府内にも「妥結は容易ではなく、仮に妥結しても朴槿恵大統領に韓国世論を抑える力があるのか」として最終的な決着には懐疑的な見方が出ている。


YAHOO! ニュース
慰安婦決着、各国支持へ調整=日韓、27日に局長協議
   12月26日(土)18時46分         時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00000058-jij-pol

 日韓両政府は所謂従軍慰安婦問題の早期妥結に向け、大詰めの調整を続ける。
28日にソウルで予定される外相会談に先立ち、27日に外務省局長による協議を実施。元慰安婦を支援する新基金の設立等について交渉する。また、日本側は、米国等第三国に声明で日韓合意の有効性を支持して貰うよう働き掛けを強める。

 岸田文雄外相は28日に日帰りで訪韓し、同日午後に尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談する。基金創設の他、元慰安婦に宛てて出す安倍晋三首相のメッセージの文言、今回の合意を「最終決着」に出来るか等が焦点。石兼公博アジア大洋州局長と韓国外務省の李相徳東北アジア局長が27日にソウルで会談し、事前の擦り合せを行なう。

 両政府は、外相会談で妥結出来れば、速やかに首脳間の正式合意に繋げたい考え。日本側は、慰安婦問題で再び外交摩擦が起きるのを避けるため、「不可逆的な解決」(首相周辺)として国際的な「お墨付き」を得ることを目指す。首脳合意の際、第三国による立会いや声明発表等を想定しており、既に米国等と水面下で話合いを進めている。

 基金の規模について、日本側は1億円超とする方向で検討しているが、韓国側は元慰安婦への手厚い支援を希望しており、上積みが可能か調整が続いている。

 首相のメッセージには、歴代首相が元慰安婦への手紙で表明した「心からの御詫びと反省」に加え、安倍氏が4月の日米首脳共同会見時に言及した「心が痛む」と言った心情を盛込むことを検討している。 


「安倍首相が来てひざまずいて謝れ」 元慰安婦支援団体の挺対協 「像の移転は不可能」と反発
     2015.12.26 18:33         産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/151226/wor1512260032-n1.html

 【ソウル=名村隆寛】 慰安婦問題が妥結した場合、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の移転を韓国政府が検討しているとの情報に対し、元慰安婦の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の代表は26日、「事実ならば、国論分裂のレベル(の話)だ」と強く反発した。聯合ニュースが伝えた。

 挺対協の代表は「少女像(慰安婦像)は共同の存在であり、撤去や移設は不可能」とし、「日本政府に本当に解決の意志があるなら、日本の大使が少女像の前に来て追悼をするのが真っ当(な姿勢)だ」とも語った。

 また、聯合ニュースによると、元慰安婦の女性等が暮すソウル近郊の施設「ナヌムの家」では6人の元慰安婦が、伝えられる日本政府の妥結案に「失望している」と言う。

 元慰安婦等は、「安倍首相がここに来て跪いて謝らねばならない。慰安婦の強制動員を認めない限り、謝罪は受入れられない」、「賠償は全ての被害者が話合って決める問題だ」等と不満を示した。
ナヌムの家では、生存する元慰安婦46人の意見を聞き、「1人でも反対すれば謝罪と賠償は受けない」と決めたという。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。