スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISが中国に宣戦布告

 これは共産中国の崩壊を狙ったアメリカによる工作の一環かも知れません。 
反政府勢力に武器や資金・情報を提供して内部崩壊を画策するのはスパイ活動の常道です。日本に於ける反日左翼の活動も中・韓による工作の可能性があります。
 大日本帝国も日露戦争の時、明石元二郎陸軍大佐が地下組織に巨額の資金を提供してロシア革命を支援し、帝政ロシアの戦争継続を困難ならしめた先例があります。
後に、「明石一人で大山巌元帥率いる満州軍20万人に匹敵する戦果を挙げた」と評されました。
参考記事: スパイ達の日露戦争: 明石工作


イスラム国(IS)が習近平氏に“宣戦布告” ウイグル周辺に中国語で聖戦呼び掛け
        2015.12.11 14:15       産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/151211/wor1512110041-n1.html~n2.html)

 過激派組織「イスラム国」(IS)は9日迄に、中国語でジハード(聖戦)を呼掛ける音声の声明をインターネット上で発表した。中国語による呼掛けは初めてと見られる。中国国内にはイスラム教徒が2000万人以上いるとされ、ISが習近平国家主席率いる共産党政権に“宣戦布告”したとも言えそうだ。(夕刊フジ)

 音声は約4分間の宗教歌。中国の標準語である北京語で歌われており、題名は「我等は聖戦士」。「戦場で殉死するのは我々の夢だ」、「武器を取れ」などと呼掛けている。

 ISは先月、人質として拘束していた中国人を殺害したと発表した。中国政府は対テロ対策を強化する方針を表明しており、同組織が対抗して中国での活動を梃子入れする姿勢を示した可能性もある。

 中国には、ウイグル族や回族、カザフ族、トンシャン族など、イスラム教を信仰する民族が10程あり、大部分が中国西北部に集中している。共産党政府によるウイグル弾圧は知られているが、他のイスラム教徒に対する管理・統制も強化している。

 香港系週刊誌「鳳凰週刊」は昨年8月、《イスラム国/数年後に新疆ウイグルの占領を計画/中国を『復讐ランキング』1位に》という記事を掲載した。IS幹部が、共産党政府によるウイグル弾圧に怒り、中国を潰すと報復宣言をしたという衝撃的な内容だった。

 現に、ISには、ウイグル族を中心に数百人の中国人が参加し、戦闘訓練を受けて帰国した若者が多数いるとされる。ウイグル周辺に「アジア版イスラム国」を建国する計画があるとの情報もある。

 中国情勢に精通する元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘氏は「中国語による音声声明が事実なら、『ISによる習政権への宣戦布告』と言える。これから、中国ではホームグロウン(自国育ち)テロ等、様々なことが起る」と言い、次のように続けた。

 「中国では近年、イスラム教徒だけではなく、キリスト教徒への弾圧も強まっている。環境汚染や格差拡大、汚職など、一般大衆の不満も高まっている。中国の歴代王朝は宗教的な大衆の反乱で崩壊している。宗教的な呼掛けは影響力が強い。ISで戦闘訓練を受けた者が中核となって、混乱を引起す可能性は十分ある。習政権は戦々恐々としているだろう」


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。