スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽減税率、食料品全般で自公合意

 これは朗報です。本件では私も自民党案より公明党案に賛成していました。
来年夏の総選挙にも好影響を及ぼすでしょう。


YAHOO! ニュース
<軽減税率>食料品全般…加工も対象 財源1兆円で自公合意
    12月10日(木)7時31分          毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151210-00000003-mai-pol

 自民、公明両党は9日、軽減税率の対象に関し、2017年4月の消費増税と同時に生鮮食品と加工食品を含む食料品(酒類、外食を除く)とすることで合意した。軽減措置で必要な財源は1兆円規模となる。来夏の参院選での選挙協力を念頭に、生鮮食品に限定するよう主張した自民党が大きく譲歩することで決着した。与党はこれを受け、10日にも16年度税制改正大綱を決定する。

◇自民が譲歩

 合意では、コメや肉などの生鮮食品と、パンや麺類、菓子類、飲料を含む加工食品について、17年4月の消費税率10%への引上げ後も税率8%に据置く。一方、酒類の購入や、レストランやファストフード店等外食で支払う税率は10%に引上げられる。政府は来年1月召集の通常国会に消費増税法の改正案を提出し、16年度予算案と同時の成立を目指す。

 自民党の谷垣禎一、公明党の井上義久両幹事長は9日、東京都内のホテルで断続的に協議。菅義偉官房長官は同日の記者会見で「両党の幹事長の間で精力的に協議が続けられている。それを見守って行きたい」と語った。自民党は当初、「税と社会保障の一体改革」の枠内で工面出来る財源4000億円に収まる生鮮食品(3400億円)のみを対象とするよう主張。事業者が導入する会計システムも、対象を拡大すれば間に合わなくなると説明した。一方、公明党は生鮮食品のみでは痛税感の緩和が不十分だと反発。軽減対象を加工食品迄広げるよう要求し、与党の協議は行詰っていた。

 谷垣氏は9日、安倍晋三首相や菅氏と協議の上、加工食品を対象に加える方針に転じた。協議の最終盤では、自民党側は加工食品の中、菓子や飲料を除く8200億円規模とする案を提示。だが「パン」と「菓子類」等の線引きが難しく、国民生活が混乱することへの懸念から、最終的には菓子等も含む1兆円規模に落着いた。

 軽減税率の規模が1兆円に膨らんだことで、6000億円の新たな財源確保が課題になる。一体改革に盛込まれた社会保障政策をこれ以上見送るのは困難と見られ、政府・与党は税収の上振れ分の活用の他、たばこ増税など消費税以外も視野に入れた財源探しを迫られそうだ。

 自民党内では、税調幹部等が財政規律を優先し、軽減税率の対象を限定する姿勢を貫いて来た。参院選での選挙協力を優先し、全面的な妥協に転じたことに党内で反発が出ている。

 また、対象品目が増加したことで、小売店等関係する事業者数が増える。税率10%への引上げ時に向け、政府は混乱回避が課題となりそうだ。軽減税率は消費増税時の消費者の負担を緩和するための制度。消費税は所得の低い層の相対的な負担が大きいため、低所得者層の痛税感の緩和に繋がるとして公明党が強く導入を主張して来た。【大久保渉、横田愛】


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

朗報… ですか… 我々能なき若者は何処まで搾取されなければならないのでしょうか…
負の所得税ではなく軽減税率などにしたのは政府は我々を無限のATM、奴隷位にしか思っていない証拠でしょうね。
今後はやっとの思いで稼いだなけなしのお金を耐乏して何とか食いつなげるレベルまで搾り取られるのでしょうよ。その上社会保障も打ちきられると来たらね… まんま奴隷じゃんかよ… さらに消費税なんかない時代遊び呆けてた団塊やバブル世代は手放しで自民党支持ですからね…
終わりですよ。

それに与野党ともにあのザマではね、絶望しかありませんよ…
プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。