スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防衛費来年度予算案

 5兆円でもGDP比1%程度であり、先進国中最低です。倍の10兆円でもおかしくありませんが、その分、他へ皺寄せが行きます。当面、集団的自衛権で補い、分母のGDPを増やそうという安倍政権の方針は現実的で穏健と言えます。


 gn-20150507-17.gif
 画像転載元: (http://www.garbagenews.net/archives/2258868.html

YAHOO! ニュース
<防衛費>初の5兆円台…沖縄基地負担軽減 来年度予算案
11月29日(日)9時1分            毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151129-00000004-mai-bus_all

 政府は2016年度当初予算編成で、防衛関係費を今年度(4兆9801億円)より増額し、過去最高の5兆円台とする方向で調整に入った。
沖縄の基地負担軽減や、海洋進出を活発化させる中国を念頭に置いた離島防衛力強化に充てる予算を増やすため。防衛費の増加は4年連続。安倍晋三政権の発足以降、一貫して増えている。防衛費が5兆円を超えるのは初めて。

 15年度の防衛費は前年度比953億円増(2%増)で過去最高だったが、今回はそれを上回る。16年度は財政健全化計画の初年度に当り、社会保障関係費を除く政策経費の総額を実質横這いとする方針だが、防衛費は例外的に一定の増額を認める。

 増額する項目は在日米軍基地の地域住民の負担軽減関連予算(15年度は3078億円)で、沖縄の米海兵隊が20年代前半からグアムに移転するのに備え、現地での受入れ工事を本格化させる。米空母艦載機を厚木飛行場から岩国飛行場へ移駐させるための環境整備費、普天間飛行場の辺野古移設関連費も積み増す検討をしており、負担軽減関連予算は100億円超、増える可能性がある。

 装備品の調達費も、過去に高額な大型装備品を複数年度予算で購入した分の支払いが嵩んで来る影響で増える見通し。日米防衛協力の指針(ガイドライン)に宇宙やサイバー空間での協力が盛込まれた事を受け、その対応費も盛込む。

 しかし、新規調達については「集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法の成立を理由に防衛費は増やさない」とする首相の意向に沿う形で原則、中期防衛力整備計画(14~18年度)の範囲内に止める。不要不急の装備調達を遅らせたり、契約手法を見直したりするなどの歳出抑制にも取組む。15年度に1899億円を計上した在日米軍駐留経費の日本側負担(思い遣り予算)は歳出抑制の対象とし、基地で働く日本人従業員の労務費肩代り等を減らす方向で米政府と協議中だ。【宮島寛、村尾哲】


関連記事

テーマ : 検証
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。