スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剥れ行く韓国のメッキ

 経済だけではなく、政治的な「歴史戦」でも韓国のメッキ(嘘)が次々と剥れつつあります。


不都合な歴史を公表すると家宅捜索・禁書・起訴処分にされる韓国の国家体質
   2015.11.21 05:04          産経ニュース
http://www.sankei.com/column/news/151121/clm1511210005-n1.html~n2.html) 

 拓殖大学の呉善花(オ・ソンファ)教授は平成9年、故郷である韓国・済州島の実家や親類の家が、公安に一斉に家宅捜索されるという理不尽を経験した。日本での慰安婦問題のパネルディスカッションで、こう語ったことが理由だった。「貧困家庭の親が娘を売ったという話は少しは聞いたが、強制連行の話などなかった」。

 ▼ 済州島といえば、吉田清治と名乗る「詐話師」が、「大々的に女性狩りを行ない、慰安婦にした」と証言した現場である。そこで生れ育った呉氏が、強制連行を聞いたこともないという事実は、よほど韓国にとって不都合だったのだろう。

 ▼ 韓国の性搾取問題の研究者、金貴玉(キム・ギオク)氏はかつて韓国陸軍本部の公文書から、朝鮮戦争当時の韓国軍が、慰安婦を「第5種補給品」として支給していた記録を発掘した。金氏は、朴正煕(パク・チョンヒ)政権による米軍慰安婦の管理政策に関する研究結果も発表したが、韓国政府は関連資料を禁書化するなどして周知を阻んでいる。

 ▼ ソウル東部地検は18日、新著の学術研究書で慰安婦は日本固有の制度ではないと指摘し、朝鮮半島での強制連行を否定した世宗大学の朴裕河(パク・ユハ)教授を名誉毀損(きそん)罪で在宅起訴した。地検側は「秩序の維持等のためには言論の自由や学問の自由は制限される」と主張する。

 ▼ 一体、学術研究で維持出来なくなる秩序とは何なのか。朴氏起訴について、菅義偉官房長官は20日の記者会見でこうクギを刺した。「如何なる国であっても表現の自由が確保されることは極めて重要だ」。

 ▼ 韓国メディアが対日批判の際に好んで引用するワイツゼッカー元独大統領の演説は、こう説く。「過去に目を閉す者は結局のところ現在にも盲目となる」。むしろ、韓国の姿勢にこそぴったりと当て嵌りそうである。


参考記事:
韓国検察、元慰安婦の名誉毀損で大学教授を在宅起訴 「売春婦」の表現で
     2015.11.19 11:49        産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/151119/wor1511190029-n1.html

 【ソウル=名村隆寛】 韓国のソウル東部地検は19日迄に、慰安婦問題の学術研究書「帝国の慰安婦-植民地支配と記憶の闘い」で慰安婦を「売春婦」などと表現し、元慰安婦の女性の名誉を毀損したとして、著者の朴裕河((パク・ユハ)世宗大学教授を在宅起訴した。

 朴氏が同書で慰安婦を「(金目当ての)自発的な売春婦」、「日本軍と同志的関係にあった」等と書き、侮辱したとして、昨年6月に元慰安婦らが刑事告訴していた。検察では、「元慰安婦は性奴隷同様の被害者で、日本軍に自主的に協力した訳ではない」とし、「虚偽の内容で被害者の名誉を毀損した」としている。


関連記事

テーマ : 検証
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。