スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道を踏外して行く人々

 「有難う」、かおるさん。


〔転載〕 「永遠に続く道」  2015.11.18  の記事      
695.たくさんの方々に「ありがとう」と言われた1年
http://eternalhighroad.blog100.fc2.com/blog-entry-695.html

 昨年は仕事と健康に恵まれたものの全ての幸せが吹き飛ぶような 絶望的で恐ろしい体験 をしました。

 それがきっかけの1つとなって昨年12月にレイキヒーリングをマスターし、導かれるままに邁進したところ、今年は沢山の方々に「有難う」、「有難うございます」と感謝の言葉を戴いた1年でした。

 「有難う」と言われたいから始めた訳では決してありませんが、「有難う」は嬉しいものですね。
その嬉しさが私の力になって幸せがずっと続いています。

 旅行三昧の時期を過してから、家族が増えて急に忙しくなり、暫らく頑張ってからまた旅行に…
それでもやはり、魔界と波長が合ってしまった彼女達が哀れで1日に1度は心がチクチクと痛みます。
それだけでなく、以前は指導霊様から 「参考にして良い」 と言われていた幾つかのブログの記述が日に日に疑問を抱くような内容に変貌し、軌道修正される気配すら全くないのが残念で仕方ありません。

 それらは 極端に不安を煽るような内容と、極端に夢物語のような内容、の何れかに分類されますが、共に安保関連法案に対する社会的関心が高まってからは、誤った捉え方がどんどんエスカレートして無意味で不毛な政権批判を続けながら更に方向を逸脱している様子で、こちらも心が痛みます。
(但し1つだけ突然閲覧不可になったブログがあり、もしかしたら気づいたのかな? と期待しています!)

 ハイヤーセルフ曰く、「肉体を捨ててこの世を離れた中国と韓国の指導者や一般人の中に、生前の認識は誤っており日本は素晴らしい国だと(死後の)早い時点で気付いた人が相当数いる。今生でも気付いている人は多い」とのことです。
それが私の大きな希望であり、水面下で細々と日韓草の根交流を続ける理由でもあります。

 そして、「今生で真実に気付いている中国と韓国の人々が表舞台に出られない状況から解放される迄、日本は謝罪もせず、反省もせず、譲歩もせず、挑発もせず、毅然とした対応が必要不可欠。
緊迫した状況を何とか持ち堪(こた)えれば、エネルギーの大きな変化に乗じて真実に気付いた魂が集結し、一気に情勢逆転のチャンスが必ずやって来る」 とのことです。

 最も波動の高い言葉の1つである「有難う」を私も沢山言いながら、レイキヒーリングを通して1人でも多くの人が真実に気付くよう願いながら、千載一隅のチャンスを何れこの世を離れた後も待ち続けるつもりです。


関連記事

テーマ : シンクロニシティ
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。