スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南京大虐殺」世界記憶遺産登録 与野党の反応

政府、分担金拠出の停止を検討 菅長官が表明 「南京大虐殺」登録のユネスコに与野党も批判
    2015.10.14 00:09更新          産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/151014/plt1510140004-n1.html~n2.html)

 政府は13日、中国が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に申請した「南京大虐殺文書」が記憶遺産に登録されたことを受け、ユネスコの制度上の問題の是正を促すため、分担金拠出の停止や削減などの具体的な対応の検討に着手した。
国家安全保障会議(NSC)の谷内(やち)正太郎国家安全保障局長は同日、中国の楊潔篪(よう・けつち)国務委員と都内で会談し、中国が「南京大虐殺文書」を記憶遺産に登録申請したことに抗議した。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は同日の記者会見で、ユネスコに対し「中立公正であるべき国際機関として問題だ。政治利用されるような制度、仕組みの改正を強く求めたい」と述べた。
その上で、中国が提出した資料について「本物か検証出来ないし、政府として文書を見ることも出来ない」と不透明な審査の問題点を強調。
歴史的事実の認識に日・中間で違いがあることを指摘し、「一方的に決めて政治問題にすべきではない」とユネスコを牽制(けんせい)した。

 政府は、ユネスコへの分担金が米国に次ぐ2位である点を踏まえ、ユネスコの対応次第で分担金の停止や減額も辞さない構えだ。
ただ、菅氏は「反省する必要がある」とも語り、政府の対外発信やユネスコへの対応などに不備があったと認めた。
中国は慰安婦問題の資料について韓国と共同での再申請を検討しており、菅氏は「ユネスコや中国、韓国に対し外交的に日本の考え方に理解を求めて行く」と述べた。

 馳浩(はせ・ひろし)文部科学相も同日の会見で「非常に残念だ」とユネスコを批判した。「南京大虐殺文書」が“お墨付き”を得たことによる教育現場への影響については「登録されたことを取扱うのは慎重にならざるを得ない」と語った。

 自民党の二階俊博総務会長は「協力ばかりさせられて、我々の国の主張は一顧だにされない。のうのうと引下がって良いのか」と述べ、分担金拠出の削減を検討すべきだとの考えを示した。
公明党の山口那津男代表は同日からの中国訪問を前に、羽田空港で記者団に「記憶遺産の制度のあり方をもっと検討すべきだ。ユネスコに強く要求すべきだ」と強調。
民主党の細野豪志(ほその・ごうし)政調会長は記者会見で「プロセスに不明確な部分がある。拠出金の削減検討はあっても良い」との見解を示した。
維新の党の今井雅人幹事長も「歴史的検証がはっきりとされていない中での登録は間違っている。対抗措置を講ずるのは当然だ」と指摘した。

 一方、共産党の山下芳生(やました・よしき)書記局長は記者会見で「主張が認められなかったからといって拠出金削減を検討するのは国際社会の理解を得られない」と述べた。


関連記事
中国報道官「日本がユネスコを公然と脅迫」と反発 日本の拠出金停止言及で 慰安婦資料、中韓共同申請の検討も
    2015.10.13 19:33更新        産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/151013/wor1510130029-n1.html

 【北京=川越一】 中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は13日の定例記者会見で、菅義偉(すが・よしひで)官房長官が国連教育科学文化機関(ユネスコ)への拠出金停止などに言及したことについて、「ユネスコを公然と脅迫する言論には驚かされた。全く受入れられない」と反発した。

 華報道官は更に、「公然と脅迫する言論は、日本が歴史問題で依然として間違った歴史観を堅持していることを暴露するに十分だ」と主張。「日本が拠出金を削減、停止したければしてもよい。しかし、歴史上の汚点を拭い去ることは出来ない」と述べ、「脅迫」の停止を要求した。

 華報道官は12日の定例会見では、記憶遺産への登録が見送られた慰安婦問題の資料について、「ユネスコから他の被害国との共同申請を勧められた」と主張。韓国を念頭に、2017年の審査に向けて申請を検討する方針を示した。

 また、江蘇省南京市の南京大虐殺記念館の朱成山館長は国営新華社通信に対し、資料を教科書として国際社会に広める意向を表明。資料のデータベース化を進める動きもある。
懸念された中国による記憶遺産の政治的利用が早くも加速しつつある。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。