スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日・中・韓 新たな関係の模索

 中国の表面(おもてづら)と内情は違うかも知れません。
何故、この時期に日中韓首脳会談なのか? 単なる時間稼ぎなのか。
谷内(やち)氏は現在、中国が最も信頼する日中間のパイプだそうです。(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-968.html


中国外交トップ来日へ 谷内氏と会談 首相との面会も検討
   2015.10.11 00:35更新       産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/151011/plt1510110004-n1.html

 日中両政府が、週内にも中国の外交担当トップの楊潔篪(よう・けつち)国務委員(副首相級)を来日させる方向で調整していることが10日、分った。
国家安全保障会議(NSC)の谷内(やち)正太郎国家安全保障局長と会談する。両政府は、楊氏の日本滞在中に安倍晋三首相と面会することも検討している。

 谷内氏と楊氏の会談では、北朝鮮を含む東アジア地域の安定について意見交換する。
また、ソウルで今月末にも開く日中韓首脳会談や、合せて行なう安倍首相と中国の李克強首相との個別会談の議題などについて協議する。

 今回の来日は、谷内氏が7月に訪中し、楊氏と会談した際に要請した。
両氏は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺など東シナ海での偶発的な衝突を回避し、安定した政治関係を維持するため、「ハイレベル政治対話」と位置付けて相互訪問を進める。


関連記事: 日中関係にも新たな動き


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。