スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べられる野草

 それにしても何という青空でしょうか。
夏の長雨の間にケム・トレイルとやらは完全に一掃されたようです。
そう言えば、何時もなら幾筋も見える飛行機雲がありません。
こんな日に「あれ」をやらない手はありません。
今日も9時40分から1時間、たっぷりとプラーナを浴びました。
陽射しは未だ強いですが、空気が乾いていて微風もあり、汗を殆んど掻きません。

 下界の話に戻る前に、「食べられる野草」について、もう1件アップして置きます。
私の園では、市販の野菜は放って置いたら小松菜以外、全部自然消滅してしまいましたが、替りに食べられる野草がいっぱい自生しています。この機会に纏めてみました。

 写真を掲載したものの他にも(順不同)イタドリ、セリ、フキ、フキノトウ、オオバギボウシ、シロツメクサ、アカツメクサ、イヌタデ、 オオバコ、ヨモギ、ギシギシ、スイバ、ミゾソバ、ヒルガオ、アザミ、ヒメジオン、ハハコグサ、タラノキ、ゼンマイ、クズ、オカトラノオ、オオマツヨイグサ、ヤマユリ、ウバユリ、サルトリイバラ、サルナシ、スギナ、モミジイチゴ等々、自然食大図鑑を調べて見ると見覚えのあるものがゾロゾロと出て来ます。


     画像1: アキノノゲシ(沖縄ではウサギの耳)
     アキノノゲシ
     画像転載元: (http://ameblo.jp/looseloop/entry-11325405481.html


画像2: アカザシロザ(群生すると害虫が大発生)
P8200794.jpg
 (P8200794)


画像3: ウワバミソウ(ミズ)
P8200801.jpg
 (P8200801)


画像4: ミツバ
ミツバ
画像転載元: (http://www7b.biglobe.ne.jp/~keichan_no_osanpo/taberudoku.html#ミツバ


画像5: ツユクサ(濃いブルーの花が咲きます)
ツユクサ
画像転載元: (http://www7b.biglobe.ne.jp/~keichan_no_osanpo/taberudoku.html#ツユクサ


関連記事

テーマ : ふと感じること
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。