スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサヒが報道した「瀬戸内寂聴法話」

 突込み所満載です。全部間違っています。宗教家やスピ系の人達は、うっかりするとこう言う罠に陥ります。


寂聴さん、法話で安保法批判 「安倍さん民意聞かない」
  2015年9月20日20時45分     朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASH9J6294H9JPTFC00W.html

 僧侶で作家の(じゃくちょう)さん(93)が20日、京都市右京区の寂庵(じゃくあん)で開いた毎月1回の「法話の会」で、19日未明に成立した安全保障関連法について「今の政治は間違っている。戦争しないという憲法9条は世界の珍しい宝で、世界が認めている。憲法9条を放棄して戦争が出来るようにするなんて、馬鹿なことだ」と批判した。

 寂聴さんは骨折やがんで約1年間の療養生活を続けたが、今年4月に法話を再開。6月には国会前で抗議の声を上げ、その後も被爆地・長崎や、出身地・徳島などで廃案を訴えて来た。

 この日、約160人の聴衆を前に「(参院特別委での)強行採決は見苦しかった。安倍さんは自分の名前を後世に残したい、そればっかりで、民の心を考えていない。自分のことは忘れて、民がどういうことを求めているかを察し、その望みを叶えてやるのが良い政治家。安倍さんは民意をちっとも聞こうとしない。今のままでは戦争になる。安倍さんが行けば良い」と非難。
 一方、学生団体「SEALDs(シールズ)」ら若者が立上がったことに触れ、「日本は未だ大丈夫。若い子が立上がって、政府の好い加減なことに反対している。素晴らしいこと。彼らは『これからが勝負。今度の選挙で勝負を付けよう』と言っている。今の国会議員は私達が選んだ人。(国会議員を)選ぶ時には気を付けなければ」と話した。

 また、聴衆の多くを占めた女性に対し、「子ども、孫、曾孫を守って下さい。女が力を出してやらないと、男だけに任せていられない。頑張って下さい」と語り掛けた。今後も法話や作家活動のなかで訴えて行くという。(岡田匠)


関連記事

テーマ : なんだコレ!?
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。