スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安保関連法案 与党の忍耐

 今回の安保関連法案の参院審議で、反対派が採った戦術は真に目に余るもので与党側は良く我慢したものだと思います。(わざと敵失を誘う策戦だったのかも知れませんが)
こういう無法者の集団に対しては、来年の参院選で鉄槌を下して欲しいものです。忘れないように、記録して置きます。
 因みに来夏の選挙は、共産党が「戦争法廃止で一致する政党・団体・個人が共同して国民連合政府をつくろう」(赤旗)と呼掛けており、保守と左派の激突が予想されます。(http://www.jcp.or.jp/web_policy/2015/09/20150919-yobikake.html
戦争を起したいのは中国共産党と、そのシンパである在日勢力だろうに何が戦争法案か。国民は彼らが思う程バカではなく、結果は見えています。(保守の優位は動かない。逆に反日勢力一掃のチャンスにされるか)


牛歩、長時間演説、泣き落とし…未明の参院、野党が連発したルール違反の数々
     2015.9.19 21:50             産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/150919/plt1509190076-n1.html~-n3.html)

 参院は18日午前から19日未明の安全保障関連法成立までドタバタを繰返した。
野党は本会議で長時間の演説で議事進行を妨害する「フィリバスター」を展開し、採決では投票を遅らせる「牛歩」も繰出した。「良識の府」である筈の参院で、ルール違反が“横行”した。

 「米国と経団連にコントロールされた政治家は辞めろ!」

 「生活の党と山本太郎となかまたち」の山本太郎(小沢の兵隊)参院議員は19日未明の安保関連法案の採決時、投票箱のある壇上に進むと立止まり、こう叫んでから、そっと事務方に青票(反対)を手渡した。
複数の野党議員も投票する際、壇上で「戦争法案、反対!」などと大声で叫んだ。山崎正昭議長が可決を宣言すると、本会議は「憲法違反」コールに包まれた。

 山本氏は、18日夜の鴻池祥肇参院平和安全法制特別委員長の問責決議案の採決の時、名前を呼ばれても自席から立上らなかった。
山崎氏が「投票漏れは御座いませんか?」と呼び掛けると、確信犯的に「はい!」と右手を挙げて立上った。そして、のろのろと投票箱に向う牛歩を展開。
山崎氏は何度も投票を促した後、「あと1分で投票しないと投票箱を閉鎖します」。その声は疲労と怒りで掠れていた。

 安保法成立後、牛歩を繰返したことについて記者団から「幼稚ではないか」と問われると、「幼稚? 有難う御座います。(安保関連法の)中身を知って行くステップになる」と悪びれずに語った。

 鴻池氏に対する問責決議案の審議では、民主党の小西洋之(鴻池委員長にダイブしようとして佐藤正久理事に阻止された男)参院議員が25分間の筈の趣旨説明を1時間近く続行
山崎氏が何度も警告したが、小西氏は無視。民主党の議院運営委員会理事も止めるように耳打ちしたが、小西氏は応じず、与党からは「ルールを守れ」などのヤジが飛んだ。

画像: (http://www.yomiuri.co.jp/photograph/news/article.html?id=20150917-OYT1I50012
画像転載元: (http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150917-OYT1T50050.html
 9月17日午後4時31分、参院平和安全法制特別委で採決時のワンシーン。
中央上は民主党の小西洋之議員。自民党の佐藤正久理事が拳で殴っているように見えるが、押えただけで打撲の痕跡はなかった模様。あれば傷害事件にしない筈がありません。

 民主党の福山哲郎(旧姓「陳」の帰化人)幹事長代理は安保関連法案の討論で、自民党側からの「お前の質問は何時も同じだ」というヤジに対し「僕の質問の議事録を読んだのか!」と気色ばんで反発。最後は「武士の情けはないのか。黙って聞け」と泣落しとも言える情緒的手法で持ち時間を超える演説を行なった。

画像: (https://mobile.twitter.com/MonsieurKotetsu/status/644478941680369664/photo/1
 佐藤正久筆頭理事(鴻池委員長に代って議長席に座っている鼻ヒゲの男)の後ろに立って氏の首に手を回しているのが福山哲郎幹事長代理

 ルール違反は傍聴席にも及んだ。小西氏の趣旨説明中には民主党の辻元清美(国壊議員と自称)政調会長代理ら女性議員が、着用が禁じられているハチマキ姿で登場し、衛視に注意される一幕もあった。

 ただ、そうした野党の“増長”を与党が許した面も否めない。
自民党の衆院側は、遅くとも18日中の成立を目指していたが、参院側が野党に配慮。18日未明にわざわざ8時間の休憩を入れて成立をずれ込ませ、野党を勢い付かせたからだ。

 自民党の佐藤勉国対委員長は成立後、記者団に不満をぶちまけた。

 「良識の府である参院で民主党や共産党まで時間オーバーしたことは未だかつて無い出来事だ。ルールに則った国会運営が非常に大切だ」


関連記事

テーマ : 今日のできごと
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。