スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院特別委、最後は肉弾戦

 まあ、それまでの反対派の審議妨害が酷かったから、こうなるのも仕方ないかと。
一部始終を注視していた私は与党の対応を容認します。
民主主義を言うなら、選挙により数の上では決着が付いているのに、物理的に阻止しようとするのが土台無理。因みに民主党の福山哲郎幹事長代理は元の名「陳哲郎」という帰化人。(陳という姓から中国人?) 反対なのは当然か。


民主・小西氏が委員長めがけてダイビング攻撃…法案可決時、与野党大荒れの“壮絶肉弾戦”
   2015.9.17 18:27更新          産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/150917/plt1509170057-n1.html~n2.html)

 参院平和安全法制特別委員会で17日行なわれた安全保障関連法案の採決では、民主党の小西洋之参院議員が鴻池祥肇委員長目掛けてダイビング攻撃を仕掛けるなど、与野党が肉弾戦を繰広げる大荒れの展開となった。

 特別委では、野党が提出した鴻池氏の不信任動議を否決した後、まず自民党の山本一太元沖縄北方担当相が質疑打ち切り動議を提出。これを合図に自民党の若手参院議員約10人が委員長席に詰め掛け、鴻池氏を守る態勢を築いた。

 ようやく事態を察知した野党議員も一斉に委員長席に駆けつけたが、自民党側はスクラムを何重にも組んでブロック。
防御網の最外には、大柄の元近鉄の4番打者・石井浩郎参院議員が陣取り、鴻池氏に掴み掛ろうとする野党議員を押え付けた。

 与党側は質疑打切り動議に続き、安保関連の2法案などを次々と可決。民主党の小西氏が委員会室後方の窓枠に足を掛け、鴻池氏目掛けてダイビング攻撃を仕掛けようとしたが、自民党の佐藤正久筆頭理事が小西氏の顔を払い除けて防いだ。鴻池氏は、与党と野党3党の合意事項に関する付帯決議まで可決させた。

 これまで野党への配慮を重ねて来た鴻池氏は散会後、記者団に「ああいう形での採決は不本意だったが、審議はほぼ尽され結論を出さないといかん時期だと判断した。10党のうち5党が賛成したので強行採決でない」と強調。
民主党の福山哲郎理事は記者団に「あのような暴力的な採決では、民主主義は死んでしまう」と述べた。


関連記事

テーマ : 今日のできごと
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。