スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党歴代代表も集団的自衛権を認めていた

 民主党(岡田克也代表)は、何故安保関連法案に反対なのか、スローガンに騙されず良く見極めて下さい。民主党にどんな国防政策があるのか。反対のための反対ではないのか?


民主党の岡田代表らも集団的自衛権を認めていた…ヒゲの隊長・佐藤正久氏の〝暴露〟に民主党猛反発
    2015.9.16 09:00更新           産経ニュース     
http://www.sankei.com/politics/news/150915/plt1509150027-n1.html

 14日の参院平和安全法制特別委員会で、民主党の岡田克也代表ら歴代代表が以前、「集団的自衛権の行使を容認すべきだ」と主張していたことが明るみに出た。
質問に立った自民党の佐藤正久氏が“暴露”した。
民主党議員らは何故か反発して議場は野次に包まれ、審議は一時中断した。

 佐藤氏は、岡田氏の発言が掲載された平成15年5月の読売新聞と「中央公論」17年7月号、野田佳彦元首相の著書「民主の敵」から発言を抜き出してパネルに示した。
佐藤氏の求めに応じ、石川博崇防衛政務官がパネルを読上げた。

 「日本を防衛するために活動している米軍が攻撃された場合、日本に対する行為と看做し、日本が反撃する余地を残すのは十分合理性がある。
今の憲法は全ての集団的自衛権の行使を認めていないとは言い切っておらず、集団的自衛権の中身を具体的に考えることで十分整合性を持って説明出来る」(岡田氏、読売新聞)

 「仮に集団的自衛権を憲法なり、法律なりで認めるとしてもきちんと制限を明示した方が良いだろう。何れにせよ、より具体的な形で議論すべきだ。
最後にはその時々のリーダーが政治生命を賭けて決断しなければならない」(岡田氏、中央公論)

 「いざという時は集団的自衛権の行使に相当することもやらざるを得ないことは、現実に起き得る訳です。ですから、原則としては、やはり認めるべきだと思います。認めた上で乱用されないように、歯止めを掛ける手段をどのように用意しておくべきかという議論が大切になって来る訳です」(野田氏、著書)

 佐藤氏は「当に必要性を認めている。しかし何故か6月の党首討論で岡田氏は『集団的自衛権は必要ない』と断言した」と指摘。
岡田氏が米艦防護は個別的自衛権や警察権で対応出来ると主張を変えたことについて「外形上、他国防衛を集団的自衛権でなく個別的自衛権で行なうのは危険だ」と切捨てた。

 また、佐藤氏は、前原誠司元外相や長島昭久元防衛副大臣も行使を認める立場であることも付加えた。


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。