スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア諸国の好感度

 中国、韓国の気違いじみた反日教育の結果と、その反作用(身から出た錆)がこういう形でも表れています。これは、何者かによる意図的な誘導なのか?


アジアでの好感度、日本のトップにも、韓国の不人気にも納得できない韓国ネット=「北朝鮮のせいだ」「日本の資金力がこの結果を出した」
     2015年9月4日(金)6時41分            レコードチャイナ 
http://www.recordchina.co.jp/a118233.html

 2015年9月3日、アジア・太平洋地域の10カ国中、日本の好感度が最も高いものの、韓国人や中国人からの好感度は依然低く止まったとの調査結果が出た。韓国・ヘラルド経済などが伝えた。

 米世論調査機関のピュー・リサーチ・センターはこのほど、アジア・太平洋地域10カ国と米国の1万5313人を対象に、周辺各国に対する好感度を調査した。
これによると、日本に好感を持つと答えた人の割合は71%で調査国中最も高く、好感を持たないとした人は13%に止まった
対象地域主要4カ国の好感度は、日本(71%)、中国(57%)、インド(51%)、韓国(47%)の順となった。

 回答を国別に見ると、全体で7割の好感度を獲得した日本にも、中韓からの視線は冷たく、韓国人の日本に対する好感度は25%、中国人は12%に止まった
一方、韓国に好感を持つとした日本人は21%で08年の数値(57%)の半分以下、中国に好感を持つ日本人は僅か9%だった
また、中韓の間では、中国に好感を持つ韓国人が61%、韓国に好感を持つ中国人が47%で、韓国人の中国への「片思い」傾向が明らかになった。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。