スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイクスルー思考

なわ・ふみひと の「Browse 365」
人生の価値』  飯田史彦・著 (PHP研究所)
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse1308-27.html

 「ブレイクスルー思考」の基本は、「私達は決して挫折することはなく、不運に見舞われることもない。一見、挫折のように見えることも、不運のように感じられることも、実は全て順調そのものだ」という大前提です。
 (中略)
 一般的に「合格はプラス、不合格はマイナス」、「生存はプラス、死はマイナス」、「健康はプラス、病気はマイナス」、「お金が沢山あることはプラス、お金が無いことはマイナス」、「地位が高いことはプラス、地位が低いことはマイナス」、「安楽はプラス、苦労はマイナス」などの価値基準が沢山あります。
  しかし、何とかして現状からブレイクスルーを果したいと願う人にとっては、そのような「これまでの価値基準」とは違う、何か別の基準を参考にすることが大いに刺激になります。
そのような、私達の価値基準に刺激を与えてくれるものの一つ(これが全てではありません)として、いわゆる「スピリチュアルな観点」があります。

  「スピリチュアルな観点」とは、物質的な豊かさを追求する観点とは全く違う価値基準です。
  物質主義的な観点のみで生きてしまうと、物質的成功こそが順調な人生として意味や価値を齎すため、物質的成功を追求めることばかりに必死になり、物質的に成功していない人は、「無価値な人生を送っている可哀想な人」となります。
肉体という物質の喪失である「死」は無価値なもの、肉体という物質の機能不全である「病気」は不運なもの、物質的成功をもたらす「地位」から遠ざかってしまう「不合格」は挫折となり、それらに意味や価値を見出すことは困難です。
  しかも、物質主義的な観点だけを活用して生きてしまうと、「人間は、ある親のもとに偶然に生まれ、偶然の積重ねである人生を生き、ある時に偶然死ぬ」という考え方が大前提となります。
このような、物質主義の限界を超えるためには、スピリチュアルな観点を応用しながら生きることが有益なのです。
  但し、スピリチュアルな観点は、これのみに偏り過ぎたり、使い方を誤ると、物質主義的観点を全く無視した、不自然な社会生活にあこがれてしまう危険性があります。
私達が人間として物質世界に生きている限り、物質世界で人間として生きるに当って必要な社会的役割を果し、社会的な規則に従わなければなりません。
この物質世界では、仕事をしてお金を稼ぎ、人間関係のしがらみに縛られながら、社会生活を通じて学ぶことにこそ、大きな意義があるからです。

 付記: 浜までは海女も蓑着る時雨かな (滝瓢水)


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。