スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、尖閣資料公開に反発

 この国は、単に資料を公開しただけで即座に突っかかって来ます。


YAHOO! ニュース
尖閣資料公開に反発=中国
     8月29日(土)0時4分配信         時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150829-00000000-jij-cn

 【北京時事】 中国外務省の華春瑩(か しゅんえい)・副報道局長は28日、日本政府が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)に関する資料をネット上で公開したのを受けて談話を発表、「日本側がいかなる手段で違法な主張をしようと、釣魚島(ちょうぎょとう)が中国に属するという客観的事実は変えられない」と反発した。

 その上で華副局長は「日本に対し歴史を直視し、事実を尊重し、中国の領土主権を損なう一切の挑発的行動を停止するよう促す」とアピールした。  


YAHOO! ニュース
統治資料ネットで閲覧可能に 竹島と尖閣200点 山谷氏「客観的事実理解望ましい」
      8月28日(金)12時18分配信          産経新聞   
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00000530-san-pol) 

 山谷えり子領土問題担当相は28日の記者会見で、島根県・竹島や沖縄県・尖閣諸島について、日本が戦前から統治していた根拠を示す資料約200点をデータベース化し、内閣官房のホームページで同日から閲覧出来るようにしたと発表した。

 1920年当時の中華民国が尖閣を沖縄県所属と見なしていたことを示す書簡の他、島根県が竹島で土地使用料を徴収するなど行政権を行使していた様子が分る文書の画像を掲載した。

 山谷氏は「広く客観的事実が理解されるのが望ましい」と述べた。

 政府は、竹島と尖閣諸島が日本固有の領土であると国内外に発信するため、行政文書や新聞記事などの資料約1500点を集めて報告書を作成。この中から重要と判断した資料を優先してデータベース化した。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。