スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型DDH二番艦「かが」と命名

海自のヘリコプター搭載護衛艦、「かが」と命名
    2015年8月27日19時11分       朝日新聞デジタル  
http://www.asahi.com/articles/ASH8W5WN6H8WUTIL02W.html

 海上幕僚監部は27日、横浜市の「ジャパン マリンユナイテッド」磯子工場で建造中のヘリコプター搭載護衛艦を「かが」と命名した。同日、命名・進水式を開いて公表した。(平成29年3月に就役する予定)

 「かが」は、ヘリコプター空母に分類される海自最大の護衛艦で、全長248メートル、幅38メートル、乗員約470人。
潜水艦を探知する哨戒ヘリを中心に9機を運用出来る。陸自が導入する輸送機オスプレイも着艦出来る。
今年3月に就役した「いずも」型の2番艦。

 太平洋戦争中に、ミッドウェー海戦で沈没した旧日本海軍の空母「加賀」と同名。


関連記事

テーマ : (´゜ω゜):;*.':;
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。