スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一不幸な日本人?

 オレンジャーが前記事で言っていることと関連しますが、日本人は、これだけ恵まれた暮しをしているのに、世界一「不幸な」国民だそうです。
その原因は、「自然」と「内なる世界」をないがしろにして、外の世界を追いかけていることにある、と思われますが、その平衡点を何処に置くか、がこれから重要な問題になって来ます。

 但し、念の為言って置きますが、日本が素晴らしい国であるからこそ、これを我が物にせんと牙を研いでいる国が直ぐ近くにいることも厳然たる事実で、隣国の幼児期からの反日教育や、日月神示の預言を見ても疑う余地がありません。
これを無視して、「九条を守れ!」と叫んでいる人達はメクラかバカか。そのリーダー達は顔写真を見ても日本人を皆殺しにしたい在日外国人系であり、狼の手下と言っても過言ではないでしょう。
 〔平和=他国から攻められない〕ために、日本はアメリカに頼らなくても国を護ることの出来る軍隊を持つべきだ、というのが、今の私の考えです。(集団的自衛権は過渡的なもの) 
軍隊の規模は大きくなくても、圧倒的な科学技術力で、それを達成することが可能だと思います。
そして、たとえ世界一の軍隊を持っていても、外国が攻めて来ない限り戦争はしない。
神国の誇りにかけて、日本はそう言う国になれると確信します。


武田邦彦 (中部大学)
温かい人生 その2 欲深くなった私たち
   2015年08月25日
http://takedanet.com/archives/1038035561.html

 「辛くないのに辛い人生」になるのはなぜでしょうか? 今日の話題はその1です。
19世紀の初め、今から200年程前のことですが、ヨーロッパの白人は力が余って世界中に軍隊を送り、次々と有色人種の国を侵略して植民地にしていました。
 しかし、日本は「東のはずれ=極東」にあってなかなかそこまでは到達しませんでした。
そしていよいよ幕末に鎖国が解け、白人の人達が日本に来てみるとビックリ仰天したのです。当時の記録をちょっと見てみます。

 「彼等(日本人)は皆よく肥え、身なりも良く、幸福そうである。
一見したところ、富者も貧者もいない。これが恐らく国民の本当の幸福の姿と言うものだろう。
私は、日本を開国して外国の影響を受けさせることが、果して日本人の幸福を増やすことになるかどうか疑わしく思う。
質素と正直さがあれば黄金時代を築けるとしたら、どの国よりも日本がその典型的な社会だろう。
生命と財産の安全、人々の質素と満足は、現在(幕末)の日本のはっきりした姿であるように思われる」(註: 幕末の日本の姿は、http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/Yukishiyo.html を参照)

 当時の日本は、安全な社会で生命と財産が保証されていて、その中で「質素」を「満足」としていたので、日本人は皆、幸福そうだったと言っているのです。
さて、表紙の殆んど見えない程の小さな字で書かれているグラフをザッと見て貰いたいと思います。(註: 画像省略)
このグラフは、一日が終る時に、「今日は良い日だった」と思った人の割合を青い棒グラフで示しています。
グラフの上の方、つまり、「今日は良い日だった」というのが多い国は、アフリカや南アメリカの国が殆んどで、先進国ではアメリカが13番目、イギリスが22番目です。
 そして目をグラフの下の方に移して貰うと、極端に「良かった」という人が少ない国があります。つまり最下位の国、それが何と日本なのです。この調査によれば「今日は良かった」と思う人が、たったの8%!!?? 
その一つ上が残念ながら韓国で9%。これほど不満持ちな国が隣り合せになっているのですから、歴史認識も問題になる筈です。
 つまり、日本は気候が良く、山紫水明、四季折々の自然に囲まれて命の危険を感じることもありません。その上、治安は素晴らしく(世界で10万人当りの殺人件数が0.6人と世界最低)、女性でも夜一人で歩ける珍しい社会です。
それに、所得、寿命など生命財産に関係するものも世界のトップですから、素晴らしいのです。
 そして、かつての日本人はそれで満足して「不満なし」だったのですが、今の日本人は不満だらけと言うことです。
江戸時代と比較しますと、現在の日本は、所得、生活レベル、健康、寿命等あらゆる点で「幸福に生きることが出来る環境」にいます。
それでも世界で最も不満の多い民族ということになるのです。
つまり、日本人の不満は「事実」ではなく「作られたもの」、「幻想」であることが分ります。
(平成27年8月23日)


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

No title

youtubeやニコ動に、カツトシって生主がいるんで、
その人の動画を観てみるといいよ。

今議論されている集団的自衛権問題や、憲法改正の、
本質が見えてくるから。

あと、「ひふみ神示に○○って書いてあるから、政策はこういう方向にするべきだ」って発想は、完全に自滅に向かうよ。

その都度、バランスをとって修正を取るのが政治なのに、
宗教的な言葉を根拠にしてしまうと、
それができなくなってしまうから。

Re:

> youtubeやニコ動に、カツトシって生主がいるんで、
> その人の動画を観てみるといいよ。

 タカギカツトシ氏の「超個人的美学2~」(http://ameblo.jp/kattann2525/)というブログの記事を数件読んでみましたが、すべて納得行く内容で抵抗はありませんでした。
逆に言えば、私の見解を根本的に修正しなければならないような内容ではなかったということです。

> 今議論されている集団的自衛権問題や、憲法改正の、 本質が見えてくるから。

 既に見えてます。
例えば、過去ログ:
・ 平和が良いに決っている (08/05)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-1002.html
・ 違憲なのは分っている (08/07)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-1007.html
・ 現憲法は誰が作ったか (08/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-1015.html
 等を見て下さい。

> あと、「ひふみ神示に○○って書いてあるから、政策はこういう方向にするべきだ」って発想は、完全に自滅に向かうよ。
> その都度、バランスをとって修正を取るのが政治なのに、 宗教的な言葉を根拠にしてしまうと、 それができなくなってしまうから。

 心配無用です。もし、日月の預言と現実の状況が齟齬したら、私は現実の方を採ります。

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。