スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイアーセルフとの繋がり方

(1)ハイアーセルフとのコンタクト方法

1.合掌して心を静め、リラックスする。

2.第四のシンボル・大光明(ダイコウミョウ) を空中に大きく描き、マントラを3回唱える。

3.目を閉じて利き手の掌を自分のハートに当て、ゆっくりと呼吸しながら、「私の内なる神様」又は、「私のハイアーセルフよ」と静かに3回、心の中で呼び掛ける。

4.内面の微妙な感覚を聞取れるように心を鎮める。

5.ハートに当てている掌を利き手でない方の掌に交換し、同様に呼びかけ、心を鎮める。

6.ハートに当てた左右の掌の感触(感覚)を比較して、心地良さ、安心感、暖かさ、振動など、何らかの反応があった方の掌を再びハートに当てる。
その時、左右両方感じた場合は心地良い方を、左右両方何も感じなかった場合は利き手を当てる。

7.そのまま心を静めて、掌とハイアーセルフが交流しているイメージを想い浮べる。

8.掌から放射される高次元のレイキの光が、ハイアーセルフの輝きを妨げているもの(ネガティブな感情、記憶、トラウマなど)を浄化するイメージを想い浮べる。

9.呼吸は意識せず自然にして、自分の意識はハートに当てた掌全体に置き、内部の感覚を察知することに専念する。

10.ハートからネガティブなエネルギーが浄化され、癒しの光で満されて行くイメージを想い浮べ、心が穏やかなエネルギーで満されるのを体感する。

11.合掌して感謝の気持を伝えて静かに終了する。

 3.~10.は掌を当てる時間などに決りはありませんので、自分が納得するまで行なって下さい。
3.の 内なる神さま は ハイアーセルフ と同じ意味です。


(2)レイキ瞑想の方法(霊視能力、ヒーリング能力を高めるテクニック)

1.ゆったりとリラックスして座る。

2.目を閉じて深くゆっくり呼吸して、頭上に真珠色の光の帯が出来ているイメージを想い浮べる。

3.指先から真珠色の光がレーザービームのように出ているイメージを想い浮べる。

4.第四のシンボル・大光明(ダイコウミョウ) を空中に大きく描き、マントラを3回唱える。

5.そのまま 大光明(ダイコウミョウ) が目の前にあるイメージを想い浮べ続け、頭上の光の帯から光が降り注ぎ 大光明(ダイコウミョウ) と自分をすっぽり包み込むイメージを想い浮べる。

6.暫らくエネルギーを感じたら、降り注いだ光が徐々に頭上の光の帯に戻るイメージを想い浮べる。(この時、目の前にあった 大光明(ダイコウミョウ) も一緒に頭上の光の帯に吸込まれるイメージ)

7.3. ~ 6.の部分を、第三のシンボル・本者是正念(ホンシャゼショウネン)、第二のシンボル・聖壁(セイヘキ)、第一のシンボル・超空霊(チョクレイ)の順で繰返し行なう。

 1つのシンボルにつき3分~5分行ない、時間が無い時は、第四と第三、第四と第二、第四と第一の組合せで行なっても構いません。
                     

関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。