スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年が正念場

 今日は2014年の大晦日です。
今夜は11時丁度から「新大祓祝詞」を奏上して一年の締め括りとする心算です。

 明日、2015年の元旦を迎えるに当り、年頭の記事「2014年の元旦に想う」を読み直してみました。幸い、若干追加したいことはあるものの、一字一句たりとも変更、削除の必要がないことを確認致しました。
よって、その全文を再掲させて頂きます。(文章に変更がないことは、調べたい文言に「一厘の仕組」と書き添えてグーグル検索してみれば分ります)

 尚、コブライベントは起きず、宇宙人・地底人による大規模な救出作戦も、地球滅亡のような非常事態に至らない限り無い(次の世の種となる身魂しか救わない)ものと覚悟すべきです。
また、未来は人類の心次第であり、予言は基本的に当らないものだということも付け加えさせて頂きます。
 

再掲:
「一厘の仕組」   2014年の元旦に想う
     2014-01-01(13:00)   
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-289.html

 明けましておめでとうございます。

 2014年の元旦は雪の朝ならぬ雨の朝で明けました。
この雨はやがてボタ雪に変り、視界を白一色に染め上げる筈です。
この経験したことのない天変が今年一年を象徴しているかのようです。

 昨年、世界的に顕著だった異常気象は今年、更に激しくなるでしょう。
そして、その先には“最も困難な”2015年の「地球の大変動」が待ち受けています。
レムリア、アトランティス、シルランカ大陸の隆起
それは、地球のリフレッシュですから、たとえ今年の「機会の窓(4月)」にコブライベントが起動しても変らないでしょう。
もし、その前に宇宙人や地底人による大規模な救出作戦が実行されなければ、人類の大多数がこの大変動を乗り切ることは極めて困難であると思われます。

 2012年12月にマスター イブラヒム・ハッサンが唯一度だけ伝えたメッセージどおり、2020年に地球が丸ごと五次元の相(擬似的な五次元、本当の五次元は2032年から)に次元上昇するということを甘く考えてはなりません。
その前に超えなければならない大きな大きな山が立ち塞がっていると考えるのが霊学的に見ても自然です。

 そういう大きな試練なくして、誰でも猫も杓子も簡単に次元上昇出来ると説く者(或はメッセージ)があれば、それはお人好しを油断させるための悪魔の囁(ささや)きと見るべきです。

 私は、今年は長い時間を掛けて準備して来た物心霊の全てを点検、総仕上げし、来るべき“大峠”に備える時だと腹を括っています。
このブログを続けられるのも、多分、2015年迄でしょう。

参考記事: マスター イブラヒム・ハッサンのメッセージ (07/09)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-175.html


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

羽生結弦、尿膜管遺残症で手術

goo ニュース
羽生 尿膜管遺残症で手術 2週間入院治療と1カ月安静 世界選手権出場に影響か
    2014年12月30日(火)16:21    デイリースポーツ
http://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20141230061.html

 日本スケート連盟は30日、フィギュアスケート全日本選手権後、腹痛のため精密検査を受けたソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20)=ANA=の検査結果について、尿膜管遺残症と診断され、同日手術したと発表した。
2週間の入院治療と、1カ月の安静加療が必要で、代表入りした世界選手権(来年3月、中国・上海)出場にも影響が出てきそうだ。

 羽生は28日まで行われた全日本で3連覇を達成し、来年3月の世界選手権(中国、上海)代表に決定したが、12月上旬のGPファイナルから続く腹痛のため、精密検査を受けることを発表した。29日のエキシビションを欠場し、都内で精密検査を受けていた。

 27日のフリー演技後にはこれまでにないほど息が切れ、汗が滴り落ちていた羽生。
「体調が悪くて、ちょっと大変でした」と話していたが、実は腹痛に悩まされていた。

 エキシビション欠場とともにコメントを発表。
「ファイナルの期間中から断続的に腹痛がありました。帰国後、医師に相談した結果、精密検査を行うことを勧められました。先ずはしっかり検査を行ない、今後については改めて御報告させて頂きます」と、説明していた。

 今季の羽生は11月の中国杯で他選手と衝突し、頭部、腹部など計5カ所を負傷。
しかし、1カ月後のGPファイナルで連覇を達成し、全日本も圧倒的な強さで3連覇を達成した。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

羽生結弦の試練は続く

goo ニュース
【フィギュア】羽生、腹痛で精密検査 「ファイナル期間中から断続的に痛み」入院へ
   2014年12月29日(月)06:00      スポーツ報知
http://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports/20141228-134-OHT1T50184.html)  

 フィギュアスケートの全日本選手権で男子3連覇を果した羽生結弦(20)=ANA=が、またもアクシデントに襲われた。
腹痛の精密検査を受けるため、29日のアイスショー「メダリスト・オン・アイス」(長野市ビッグハット)を欠場することが28日、ショーの主催者から発表された。
疲労回復に専念するため入院することになりそうで、連覇のかかる来年3月の世界選手権(上海)への調整にも影響を及ぼしそうだ。

 羽生の体が年末に悲鳴を上げた。
今月12、13日のグランプリ(GP)ファイナル(バルセロナ)で日本男子初となる2年連続優勝した後、短い調整期間を経て、前日(27日)には07年度の高橋大輔以来となる全日本3連覇を達成した。しかし、その代償は大きかった。

 フリーでは4回転サルコーで転倒し、全体のスピード感も欠いた。
演技後は、普段より息を切らせながら「ファイナルの後から疲れが取れず、体調が悪い部分もあって、色々大変でした」と自ら体調不良を明かした。
実は周囲から大会出場を危ぶむ声も出るほど、疲労のピークだったのだ。

 今季は初戦だった11月のGPシリーズ・中国杯の直前練習で中国選手と激突。側頭部と顎を縫い、腹部と左太ももは強い打身、更に右足首を捻挫した。
リハビリと試合への調整を進めながら、その後は5週間で3試合に出場。
心身ともに疲れが溜って体重は3キロ近く落ちていた。

 ショーが開催される長野を離れ、都内の病院で精密検査を受けた羽生は、「ファイナル期間中から断続的に腹痛がありました。帰国後、医師に相談した結果、このタイミングで精密検査を行なうことを勧められました。ファンの皆様には、ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ない気持ちで一杯です」とコメントした。

 この日の世界選手権代表の会見も欠席して、会場のファンに向け、「お休みさせて頂き、申し訳ありません」と談話を発表。
診断結果は日本スケート連盟から発表されるが、医師と相談の上、そのまま入院して練習よりも疲労回復を優先することになりそうだ。

 これで世界選手権連覇のシナリオに軌道修正の必要が出て来た。
シーズン開幕前はSP、フリーとも基礎点が1・1倍になる後半に4回転ジャンプを跳ぶ練習をして来た。
持病の腰痛や中国杯での負傷により回避していたが、ブライアン・オーサー・コーチ(53)は27日の演技後に「今後は4回転を後半に持って行きたい」と構成変更の考えを明していた。

 来月中旬以降は拠点のカナダ・トロントに戻り、再び高得点が狙える構成を滑り込む意向だったが、調整プランは白紙に戻さざるを得ない。
新たな不安材料を抱えながら、ソチ五輪金メダリストは新年を迎える。(武田 泰淳)


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

冬至のメッセージ

 12月22日は19年ぶりに新月(朔)と冬至が重なる朔旦冬至だったそうです。(旦は朝)
オレンジャーの昨日の記事を見て、その日、自分は何を書いていたのかと思ったら「人生の課題」でした。(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-747.html
 その前書きに、
“「地上は魂のトレーニングセンター」というシルバー・バーチの訓えはオレンジャーとも共通しています。
カルマの法則もそのことと深く関わっています。下記の記事の行間を読めば明白です。
カルマが存在しないと考えることは、何故この世が存在するかという根本を見失うことに通じます。”
 とあります。
確かに、これが、私の今生のメインテーマなのかも知れません。(他の人は他の人)
そう考えれば、コブラの「カルマという概念はアルコンのプログラム」という一語から始まった一連の出来事も、その背景が理解出来ます。


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 冬至のメッセージ       2014-12-28
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11969906041.html

 俺はオレンジャー!
先日の冬至、かなりのエネルギーが降り注いていたが、お気付きだろうか?
人によってはメッセージやビジョンを受取っていることだろう。

 大きな転換期にある今、人其々に役割があって、それに気付いて動くことが今まさに求められている。
こんなの単なる妄想だとか、偶然だといって切捨てないで欲しい。
そのメッセージが世界を変えることになるのかも知れないよ。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

空に浮んだリアル過ぎる顔

 12月14日、宇都宮美術館が主催し、現代芸術活動チーム「目(め)」を招いて行なわれたプロジェクトだそうです。


宇都宮で「おじさんの顔」、空に浮かぶ  
  2014年12月15日(月)15:56     みんなの経済新聞
http://news.goo.ne.jp/article/minkei/region/minkei-utsunomiya127.html

画像1: 風船にヘリウムガスを充填中(人と比べて巨大さが分る)
     空に浮ぶおじさんの顔(準備中)


画像2: 夜空に浮んだ顔(黒いマントを着ているように見える)
      空に浮んだおじさんの顔



関連記事

テーマ : なんだコレ!?
ジャンル :

STAP細胞=ES細胞で幕引き

 ES細胞を混入したという証拠は有りません。
あくまでSTAP現象は無かったことにしたい人達(支配層、医学・医療関係者等)からの強い圧力が働いたと見るのが自然です。
NHK他の執拗なまでの刷り込み報道がそのことを裏付けています。

 小保方さんがSTAP現象を再現出来なかった理由は、

1.飯山一郎氏がいう植物性乳酸菌溶液(酸性)を使わなかった。
 参考記事: (http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7447.html
2.魔法(超能力)を使える環境になかった。或いは、使って再現すると関係者の身に危険が及ぶ可能性があった。
 参考記事: (http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-665.html

 の二つが可能性として考えられます。
私は、霊的には再生医療自体は必要ないと考えていますので、それも仕方がないのかなと思います。


YAHOO! ニュース
理研調査委会見、ES細胞混入「証拠ない」 苦渋にじむ
   12月26日(金)15時20分配信     産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141226-00000108-san-soci

 「調べた限りでは、すべてのSTAP幹細胞はES細胞由来だった」
理化学研究所が設置した調査委員会が26日、東京都内で開いた会見で、委員長を務めた桂勲・国立遺伝学研究所長は、調査結果を淡々とした口調で説明した。

 桂氏は「論文に記されたSTAP細胞は存在しないことが科学的にほぼ確実であると検証出来たと考えている」と強調し、小保方晴子氏(31)の論文作成を指導した理研の笹井芳樹氏が「STAP現象が存在しなければ説明出来ないデータがある」としていた主張を一蹴した。

 しかし、混入が故意か過失かを明らかに出来なかった点については「混入を誰が行なったのか、故意か過失かは証拠がない。科学者は証拠の無いことを判断出来ない」と苦渋の表情を見せた。

 調査の間の小保方氏の様子については、STAP細胞がES細胞由来であるデータを示した際、小保方氏が「混入の可能性はあるが、私はES細胞を混入させたことは絶対ない」と答えたことを明した。

 また、論文で新たに認定された捏造(ねつぞう)について、小保方氏が調査委の聞取りに対し、「(共著者に)元データでは使えないと言われて操作した」と答え、不正行為を一部認めていたことも明らかにした。

 調査委に引続いて理研も記者会見を行い、「出来る限りの調査を行ない、これ以上は限界」として、今後この問題について調査は行なわないことを宣言した。


関連記事

テーマ : 謎だらけ
ジャンル :

米軍の最新レーザー兵器

 レーザー光線は、玩具でも目に入ると失明します。
映画「バイオハザード」で、退路を絶ち、ゆっくりと進んで来る白いレーザーグリッドが、侵入者をバラバラに切断する場面がありましたね。
地球を攻撃する(有り得ない設定の)UFOから発射されるのは決って破壊光線です。
SFの世界だけかと思っていたレーザー兵器が何時の間にか実用化されていました。
 これも米軍予算削減(軍産複合体の弱体化)と関係しているようです。
旧式の武器を使う紛争や戦争をつくり出したい勢力もいるでしょうね。


 “アメリカ海軍は10日、輸送揚陸艦に搭載した最新兵器である「レーザー兵器」の運用を初めて中東のペルシャ湾で始めたと発表し、これまでに海上で行なったレーザー兵器の実験映像を公開しました。
映像では、兵士がテレビゲームで使うようなコントローラーを操作して、レーザーを照射し、海上の小型船を破壊したり、飛行する無人機を撃墜したりしています。
 アメリカ海軍は、ペルシャ湾に配備した輸送揚陸艦が今後、自衛のためにこのレーザー兵器を使用する可能性もあるとしており、ペルシャ湾で対立するイラン海軍の小型高速艇や、テロ組織の襲撃などを想定しているものと見られます。
 出力30キロワットの今回のレーザー兵器は、大型の船を破壊する能力はありませんが、アメリカ海軍は、破壊力の高いレーザー兵器も開発しています。
 アメリカ海軍は従来のミサイルが1発、数十万ドルほどかかるのに対し、このレーザー兵器は1回1ドル未満で、経費の大幅な節減に繋がるとしています。
アメリカ海軍は、国防費の削減が続く中、レーザー兵器が将来の戦闘で重要な役割を果すと期待しており、2020年代の初期には本格的な配備を目指しています。
(NHK)”


レーザーで敵船を破壊! 米軍が最新兵器を初配備

動画転載元: (http://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/archives/41764425.html


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

オバマの動きがおかしい

 前回の記事と関連しますが、原油安を仕掛けたのはオバマだという情報があります。
それだけではなく、親中・親韓、反米の論客 副島隆彦が「オバマはレームダックどころではない」という趣旨のコメントを書いています。
どうも何かおかしい。


参考記事1: 「日本や世界や宇宙の動向」 2014年12月23日14:50 
アメリカの支配層(エリート)はオバマに激怒しているそうです
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51946887.html
〔抜粋〕

 なんだかオバマが大変なことをやらかしたようです。
多分、オバマはアメリカを支配している金融エリートらの指示を無視して勝手に何かをやっているようです。
 もはや原油価格を決めているのはエリートではないそうです。
アメリカの支配層(ワシントンDC、ウォール街、軍産複合体)は何かとても動揺しているような気がします。
アメリカで何か大きな変化が起きているのです。
 (中略)

 リンゼィ・ウィリアムズ氏は、2007年に1バレル170ドルだった原油価格がそのうち1バレル150ドル以下になると予測した時、多くの人達は価格がそれほど下落する筈がないと笑っていました。
 しかし2008年夏には1バレル147ドルになりました。
彼は当時、9か月~12か月以内に原油価格が1バレル50ドル以下にまで暴落すると予測しました。そして2008年11月に50ドル以下にまで暴落したのです。
 ウィリアムズ氏はエリートらの内部情報を伝えているのです。
彼はアメリカの支配層(エリート中のエリート)に親しい友人がいるのです。彼の友人が驚くべき情報(秘密アジェンダ)を彼に伝えています。

 4か月前にウィリアムズ氏は原油価格はそのうち暴落すると伝えていましたが、実際、今年の夏には115ドルだった原油価格が今では56ドルまで暴落しています。
 何故、ウィリアムズ氏は原油価格が暴落することを2ヶ月前に我々に警告してくれなかったのでしょうか。
彼のウェブサイトを見ると、彼は定期的にメールで最新ニュースを配信していたのが分りました。
そこには、ウォール街の関係者からの情報として。。。原油価格は下落し続け、最終的には無料になるだろうと言っています。

 以前は、ウィリアムズ氏の友人(エリート中のエリート)が原油価格が下落する前に彼にそのことを伝えていたのですが(エリートらが原油価格を決めていたため。)。。。現在は、エリートらが原油価格を決めているのではないため、価格の推移が予測できないそうです。つまりエリート以外の誰かが原油価格を決めているのです。
 オバマ大統領はケリー国務長官をサウジアラビアに送り、原油価格の下落に関する協議を行わせています。
ウィリアムズ氏によれば、エリートらはオバマに言葉に表せないほど激怒しているそうです。
 オバマは後に大きな問題を起こす重大な事をやってしまったようです。
それは。。。聖書のエゼキエル38-39章に記されていることが現実に起きているかのような状態です。(IMFも米政府を蚊帳の外に置き始めました。)
 現在、オバマとエリートらの間に大きな溝(問題)が生じています。
アメリカやサウジアラビアはシリアのアサド政権を支援しているロシアとイランに打撃を与えるために原油価格を下落させているのです。

 6月にリンゼィ・ウィリアムズ氏が彼の友人(エリート中のエリート)から聴いた2015年のアジェンダを有料DVDで伝えています。
この9か月間、ウィリアムズ氏は沈黙を続けていました。

 しかしエリートが計画しているアジェンダを知ったウィリアムズ氏はこれ以上秘密にしておくわけにはいかないと沈黙を破りました。
ウィリアムズ氏が教えてくれたエリートの2015年のアジェンダを以下にリストアップしました。
7年の周期で大きな出来事が起きています。
2015年には特別な出来事が起きるでしょう。

・ 金融システムが崩壊する。
・ 住宅市場、株式市場、デリバティブ市場が大混乱する。
・ 多くの企業の倒産
・ 神の介入(聖職者の介入?)
・ 9月~10月に新しい準備通貨の誕生に注意せよ。


参考記事2: 「副島隆彦の学問道場 重たい掲示板」
[1735] 何があっても 私たちは 元気に生き抜く。年末の生き方の指針
投稿者:副島隆彦 投稿日: 2014-12-22 11:55:22
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/)  
〔抜粋〕

 今朝(22日)起きたら、ニューヨークで新たに今度はパトロール中のパトカーの黒人警官2人が黒人の男に射殺されて男も自殺、というニューズをやっていました。
私は、最近、毎朝NHKのBSチャンネルで「世界のニューズ」を見ます。

 オバマも大変だなあー、次々と事件が起きて、と思いますが、オバマは、なんと、19日(金)の夕方には、さっさと、家族で、ハワイに休暇に行きました。1月5日(月)まで、たっぷり3週間帰ってこないだろう。
 たいしたものだ。オバマのこの余裕は、たいしたものだ。 
ヒラリーよ、私の邪魔をして、大事件を起こして、私をハワイから、無理やりホワイトハウスに引き戻すことが出来るものなら、やってみろ、という感じです。
 (中略)
 オバマは、中間選挙(11月4日)に負けて、もうレイム・ダック(びっこのアヒルちゃん)だと悪口を言われているが、そんなことはない。
オバマは、あと丸2年の任期中を、全力で疾走する気だ。

そのことが、私、副島隆彦によく分った。
 ヒスパニックの違法滞在者(イリーガル・アライブ)と ビザ切れ滞在者(オーヴァー・ステイヤー)た500万人へ滞在許可、永住権(グリーンカード)、市民権(シチズンシップ)付与に、この19日に決断した。 
これで、オバマは、ヒスパニック系の4千万人の票を、民主党支持に固めた。

 (中略)
 オバマは、北朝鮮と交渉を開始している。北朝鮮を取込む気だ。
その前に、イランの核兵器(開発取り止め)交渉だ。
その前が、20日に発表のあった「キューバとの国交回復」のニューズだ。
オバマはやる気だ。


 あ、それよりも、私達日本人にもっと重要なのは、実は、この13日に公表された、「沖縄の海兵隊をグアムに移す米議会の予算が通った」という記事が重要だ。
これで 普天間基地(海兵隊のヘリコプター部隊の大隊)の辺野古崎(へのこざき)への移転問題は、おかしなことになる。
 沖縄人も、日本政府もポカーンである。 


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

オバマ大統領訪日の真意

 最近、「およよと驚く毎日」で見かけたこの記事、本当か嘘かは判りませんが、面白いので来年の政治・経済を見る上での参考にしたいと思います。
対極に中・露の連携がありますが、原油価格の暴落と絡み、力を失う可能性もあります。

  
参考画像: 前回(2009年11月14日)の会見式
    前回の会見
    画像転載元: (http://www.afpbb.com/articles/-/2663709?pid=4908730


引用記事: 「ねずさんの ひとりごと」
オバマ大統領訪日と二つの日本  2014年04月26日
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2240.html
より抜粋

 支那は、文化大革命当時は、世界の超貧国であり、市場としての魅力もなかったわけですけれど、その支那が経済力をつけ、人口も小麦の生産量の拡大によって15億にも増えてくれば、国土が狭く人口も1億しかいない日本よりも、はるかに大きな市場的魅力を彼らが感じたであろうことは、容易に想像できることです。

 そして米国を筆頭として、欧米各国は支那への投資をさかんに行いました。
ところが、実際に大金を投じてみると、中共政府はあまりにもこずるくて、投資したお金の回収もままなりません。
それでも、文化や経済が発達してくれば、自然と国際常識が備わってくるだろうと思っていたら、ますます悪くなる。
 あげくの果てが、わけのわからない覇権主義などを言い出して、太平洋を中共と米国で二分しましょうなどと、不埒な発言を堂々としてくるようになりました。
そして、いつのまにか核まで保有する国になっています。

 ここまでくると、約束を守り、紳士的な付き合いがちゃんとできて、経済的にも力のある人口1億の小島と、広大な大陸と15億の人口がありながら、約束を守れず、嘘ばかり言っている非常識な国とでは、果してどちらが、国としての交際相手となりうるか、そしてまた取引による利益が確保できるか、選択は大きく変ることとなります。
これまたあたりまえのことです。
カネを払わない15億人と、カネを払ってくれる1億では、商売上どちらが大事かというだけの問題です。

 秩序のないところに経済はないのです。
支那が経済力をつけたのは、自国の努力ではありません。
他国が支那に投資してくれたというだけの話です。
言い換えれば、支那の経済力は(これは韓国も同じですが)、他国が投資をあきらめたら、それだけで崩壊するのです。
にも関わらず彼らはその投資額で政府官僚の個人的私腹を肥やすことと、自国の軍備の拡張しかして来ませんでした。
民衆はほったらかしです。

 そしてその投資を他国がいかに回収するかは、欧米諸国(特に米国資本家)にとって、いまや喫緊の課題となってきたわけです。
そして今の中韓の体制が続く限り、その投資の回収はありえない。
そのことが完全に完璧に明確になったのが、昨年のことでした。

 こうした中にあって、米国で一つの大きな判決が、連邦裁判所によって出されました。
それは「台湾は天皇領であり、米国政府は United Nations(連合国) の代表として、台湾における天皇主権を回復させなければならない」というものです。

 むつかしい理屈は省きますが、要するにサンフランシスコ講和条約によって、棚上げされた東亜における天皇主権は、回復されなければならないということが、連邦裁判所によって、判決されたわけです。
そしてこの判決には、大統領も従わなければならない。

 さらに、そうなると、サンフランシスコ講和条約で棚上げにされたままになっている南シナ海における主権者も、これまた天皇の主権ということになります。
その南シナ海には、中東に匹敵する豊富な石油の埋蔵が確認されており、しかもそこはいま、中共政府が「United Nations」の承認なしに、勝手に軍事占領しています。
これらを、正常化させなければならない義務を、米国大統領は負ったのです。

 今日、みなさまにお伝えしなければならないことの最大のポイントは、戦後の日本には、実は二つの別々な日本が内在しているということです。

 ひとつは、天皇が統治する2674年続く、君主国としての「天皇が統治する日本」です。
もうひとつは、占領統治のために置かれた占領軍の傀儡政権としての日本国政府が自治する日本です。
そしてこの両者は、まったく別なものだということです。

 なぜなら前者は、完全な主権国家としての日本ですが、後者は、主権を持たず、自治権だけを持つ占領下の日本です。

 そして「天皇が統治する日本」において、天皇の主権の及ぶ範囲は、本州、四国、北海道、九州、沖縄、小笠原諸島だけではありません。
東シナ海、南シナ海、北方領土、台湾なども、天皇の主権の及ぶ、国際法上認められた正当な日本の領土であり領海です。
そしてこれら領土領海は、サンフランシスコ講和条約によって、その処分権(領土割譲権)は連合国に委ねたものの、いまだその処分先(割譲先)は決まっていません。

 そうした東亜における主権の帰属の問題と、新たに起こった黄禍の問題、この両者を理詰めで解決していくためには、実は、「United Nations」は、あらためて「天皇が統治する日本」を回復させなければならないということになったわけです。

 そしてそのことは、私達日本人にとって、本来の日本を復活し、蘇生できる大きなチャンスがやって来たことを示します。

 こう書いても、おそらく皆様は、「まさか」と思われることでしょう。
けれど、世界は動いているのです。

 こうした背景のもとで、今回、オバマ大統領が来日しました。3年前の来日とは、ずいぶん違います。
まず、ファーストレディを連れていない。
警備が、1万5000人もの警察官を配備した厳重過ぎるくらい厳重な警備でした。
 そして通行する自動車には検問が行なわれ、すべてのゴミ箱にはふたがされました。
そのふたへの注意書きは、日本語と、支那語と、韓国語です。どこの国を警戒していたか、これは一目瞭然です。

 メディアでは、TPP交渉のための来日だったと報道していますが、これも結論は持ち越しとなりました。
そもそも、こういう問題は、次官や閣僚級で充分に煮詰め、話がついてからトップ会談と共同声明になるものです。
それが出来るだけの関係は、日米にはしっかりとあるわけで、北朝鮮と対談するのとは、わけが違うのです。
つまり、オバマ大統領の来日は、現在報道されている内容とは、実はまったく別な目的のものであったということです。

 ではそれが何かというと、実は、日本の統治権を、傀儡政権である日本国政府から、ふたたび天皇統治に戻す、ということです。
これは、米国が日本を呼びつけてできる話ではありません。
米国大統領が、直接自分の足で日本にやってきて下話を行なうことです。
 そして日本が天皇統治の日本に戻るということは、東アジア圏全体の天皇の主権が回復するということを意味します
つまり、中共政府の東亜における覇権主義は、これによって完全に否定されるのです。
そしてこれを行なうことは、日本における占領憲法も否定されるということを意味します。

 今回のオバマ大統領の訪日には、これに先立って米国議員団が来日しています。
その議員団は、中曽根元首相とも面談しています。
その中曽根氏は、そもそも憲法破棄論者です。

 こう書いても、おそらく多くの皆さんは、「まさか」としか思えないと思います。
けれども、ここに書いたことが、正しいかどうかは、今年の夏頃までには、はっきりすると思います。

世界も日本も、いま、大きく変りつつあります。
日本人も、変る時が来ています。


関連記事

テーマ : 裏事情
ジャンル :

世界一美しい鳥


      幻の鳥「ケツァール」(コスタリカのサベグレ自然保護区にて浅川氏撮影)
        幻の鳥「ケツァール」
    画像転載元: (http://www.y-asakawa.com/Message2014-2/14-message138.htm

 “ケツァールはグアテマラの国鳥として紙幣にも使われている。
しかし、近年、グアテマラではほとんど見かけることが出来ないため、この鳥の姿を一目見たいバードウオッチャーは(中米)コスタリカの森を訪ねることになる。
実はこのケツァールは、マヤ族を文明開化に導いた神「ケツァルコアトル」の名前のもとになっ た鳥でもあるのだ。”(浅川嘉富)


関連記事

テーマ : 不思議生物
ジャンル :

人生の課題

 「地上は魂のトレーニングセンター」というシルバー・バーチの訓えはオレンジャーとも共通しています。
カルマの法則もそのことと深く関わっています。下記の記事の行間を読めば明白です。
カルマが存在しないと考えることは、何故この世が存在するかという根本を見失うことに通じます。


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 人生のサイクル      2014-12-20
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11966681580.html

 俺はオレンジャー!
今日は人生のサイクルについて少し話をしよう。
君達には生れてくる前に魂レベルで設定している課題がある。
その課題がやって来た時にきちんとクリアしておかないと、先の人生でまた同じ課題が難易度を上げてやって来るんだ。

 例えば恋愛に於いて、同じような出会いと別れを繰返していたりする。
別れるパターンが同じような場合、そこには明確なパートナーシップの課題があるんだよ。

 大切なことは、何か自分にとって大変なことが起っている時に、その本質をきちんと見ること。
辛いからと言って、そこから逃げてばかりいると、結局、そのサイクルの中をぐるぐると走り回ることになる。

 人生は本当に良く出来ているんだ。
君達の魂が成長する為の様々な試練を与えてくれている。
大変だけど、一つひとつクリアして成長して欲しい。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

「シルバー・バーチの霊訓」の特徴

Brose 365(なわ・ふみひとの「精神世界本の拾い読み」)
霊的人類史は夜明けを迎える』 近藤千雄著 (ハート出版)
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse1312-20.html
より

シルバー・バーチの訓えの四つの特徴

 シルバーバーチによると、人間界の問題はあくまでも人間同志で知恵を出し合って解決すべきであって、そこに霊界からの強制があってはならないという。
シルバーバーチはよく、「あなたの理性が承服しないものは、どうぞ遠慮なく拒否なさって下さい」と述べている。
それも同じ考えからで、それは例えば守護霊と人間との関係についても言える。
 守護霊(英語ではガーディアン)という用語には、日本語でも「守る」という意味があるところから、この文字だけを見た人は「何でもかでも守ってくれる霊」と受止めて、その考えで現実を振返って、「おかしいではないか。少しも守ってくれてないではないか」と言う。
 が、守るといっても、母親がヨチヨチ歩きの子供を「ケガをしないように」と付いて回るのとは次元が違う。
母子の関係は同じ平面上のことであるが、守護霊と人間とは“波動の原理”で結ばれており、波長が合い、守護霊の監視下にある限りは心配ないが、つい邪(よこしま)な考えを抱いたり、憎しみや自己顕示欲が強くなって来ると、それを機に、邪霊・悪霊といった低級霊に操られることになる。

 次に挙げられるシルバーバーチの教えの特徴は「苦労に感謝しなさい」ということである。
苦労こそ魂の肥しであるという考えのもとに、人間生活ならではの様々な悩みごとや難問と正面から取組み、自分の力で解決して行きなさい、と言うのである。
そこには“ご利益”的な要素は微塵もない
「私の説く真理を信じても、それで人生の苦労が無くなる訳ではありません」とまで言っている。
 たいていの宗教が「ウチの神様を信じたら病気も悩みも苦労も全て無くなります」と宣伝する中で、シルバーバーチはその逆を言うのである。
何故か。それは、地上という世界が魂のトレーニングセンターのようなところだからである。
折角鍛えに来たのに、何の苦労もなく、のんびりと過したのでは意味が無い。
シルバーバーチの霊訓が“大人の教え”と言われる由縁はそこにある。
甘ったれは許されないということである。
 
 次に挙げられるのは「サービスこそ宗教」という教えである。
日本語でサービスというと、オマケとか待遇の良さといった安っぽい意味が感じられるが、英語の service の本来の意味は「人の為に自分を役立てること」である。
どんなに小さい行為でも良い。人を喜ばせる行為、人の為になる行為こそ、一宗一派の教義を信じて宗教的行事に参加することより、はるかに霊的な宗教的行為であるというのである。

 最後に挙げる特徴は、“因果律”を宇宙・人生の根本原理としていることである。
「自分で蒔いた種は自分で刈取る」というのは随分言い古された諺であるが、「やはり真実です」とシルバーバーチは言う。
善因善果、悪因悪果、因果応報等とも言うが、これに関して注目すべきことは、シルバーバーチはその因果律をただ歯車のように巡るのではなくて、“魂の向上進化”を目的としている点である。
 これはスピリチュアリズムの特徴と言って良い、極めて大切な原理である。
上に挙げた三つの特徴も実は皆、この“向上進化”という目的があればこそ生きて来るのであり、人生問題の全てがそこに帰着する。
例えば善悪の問題でも、伝統的宗教の教えや古くからの生活慣習を基準にして判断するのではなく、当人の魂の向上にとってそれがプラスになるかマイナスになるかで判断すべきであるというのである。
 我々地上の人間は、どう長生きしたところで7、80年か、せいぜい100年程度であるが、シルバーバーチは死後三千年に亘る生活の末に、今この地球という故郷に戻って来て、その間に学んだ宇宙の摂理と、地上生活を有意義に送るための英知を我々後輩に語ってくれた。
それが、こうした何でもないようで実は深い英知に裏打ちされた教えばかりなのである。
それを事実上60年間も繰返し説いて来た。
しかもその間に何の矛盾撞着も見られなかったという事実は、まさに人類史上空前絶後というべきであろう。


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

エネルギーサーフィン

 オレンジャーがエネルギーサーフィンのコツを伝授してくれるそうです。楽しみです。


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 見えない流れに乗る     2014-12-19
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11966367487.html

 俺はオレンジャー!

 君達の目には見えない様々なエネルギーフィールドの流れがある。
君達はその流れの中で毎日を生きているんだ。

 君達個々が持つ生体エネルギーは、人によってはオーラという形で観ることが出来るだろう。
それと同じように生物や鉱物には其々が持つ特有のエネルギーがある。
勿論地球にもそうしたエネルギーがあるんだ。
そのエネルギーは、波動がベースとなっているので、其々が干渉し合う。
その干渉によって、運気が上ったり下ったり君達の状況が刻々と変化しているんだ。

 その見えないエネルギーの流れを感じることがとても大切。
サーフィンのように、そのエネルギーに上手く乗ると、信じられないようなキセキが起り続ける。
エネルギーサーフィンのコツについては又このブログで紹介しよう。

 今日はこんなところだ。 じや!


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

天が見ている

 自分の良心に恥じることが無ければ人に何と言われようと、「神相手に悠々と天地に歩め」(ひふみ神示 黒鉄の巻 第3帖)ば良いのです。
言い訳、自己弁護、自己正当化等々、総て浅はかなエゴの表れ。
心が神(天)に向かず、取巻きに向いているから、そうなる。
 この世は、オレンジャーが言う様な人ばかりが居る訳ではありません。

午後追記:
 この記事が偶然、小保方さんを送る辞となりました。


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 誰かが見ていてくれる       2014-12-17
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11965575790.html

 俺はオレンジャー! 
あなたのその気持ちを必ず分ってくれる人が何処かにいる。
あなたが行なってくれているその素敵な行動を必ず何処かで見てくれている人がいる。

 今はそんなふうには思えないかも知れない。
言っていることや、やっていることが無意味にすら感じるかも知れない。
果しない孤独感の中にいるかも知れない。

 でも振返って欲しい。
今迄の人生の中で自分がやって来たこと、言って来たこと、感じて来たこと。
その時には解らなくても何(いず)れ誰かが見守ってくれていたのではないだろうか。
時間の扉を越えて、理解してくれる人も出て来る筈だ。
その可能性を信じて、自分のイマを信じ抜くことが大切だよ。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : ふと感じること
ジャンル :

高齢運転者講習を受けた

 私は来年春、72歳で運転免許証を更新しなければなりません。
これまでは、視力検査を受け、ビデオを見ただけで更新出来ました。教本は何冊か受取るだけで良いと言った感じです。
しかし、70歳以上75歳未満で免許証を更新する人は、その前に「高齢者講習」を受講しなければなりません。(6ヶ月前から出来る)
 で、先日、その講習を受けて来ました。
75歳未満は受講だけで良いということなので、たかを括って行ったところ実際は違っていました。
確かに予想通り、色々なお話の後、教本を数冊渡され、簡単な説明があり、ビデオを1本見せられました。
その後、免許証更新には直接影響しないものの、以下の様に想定外の検査をされたのです。(因みに75歳以上は認知機能検査がある)

1. 静止視力
2. 夜間視力
3. 動体視力
4. 視野測定
5. 状況の変化に対する反応の速さと正確さ
6. 複数の作業を同時に行なう能力
7. 実技(自動車学校のコース走行)

 総合的には同年代との比較で平均的(普通)と言う判定でしたが、特筆すべきことはアクセルからブレーキに踏みかえる反応の速さが5段階評価の5だったことです。(正確さは劣る)
実際、そのお蔭で危ないところを助かった記憶が過去に何度かあります。

その1. 20年以上も前のこと。
 岐阜で軽の乗用車に乗っていた時、T字路で目の前を左から右に横切るバンの横腹に間違ってジャンプするように突っ込み、激突する寸前にギッと停止した。
 如何に危なかったかは、その車の後部座席に座っていた若い男が窓を開けて真っ赤な顔を出し、「バカヤロー!」、「バカヤロー!」と二度も怒鳴ったことからも分ります。

その2. 去年のこと
 これもT字路で、魔が差したように右側確認を怠り、軽トラで側道からメインの道路に進入して左折しようとした時のことです。
右側から戦車のような大型車が地響きを立てて突進して来るのを全身で感じ取りました。
 咄嗟にブレーキを踏み、左一杯にハンドルを切りました。その目と鼻の先を大型コンクリートミキサー車が轟音を上げて通過しました。
もし、ぶつかっていたら、運転席を右後方から直撃され、私の身体もぐしゃぐしゃになっていたところです。
 今でも不思議に思うのですが、あの瞬間は極めて平静で身体が勝手に動いたような感じでした。見えざる世界からのご守護だったと思います。
その後、道端に車を寄せて、走り去る大型車を暫らく茫然と見送っていました。心臓がドキドキし出したのはそれからです。

 あと、最後(上記7.)の実技は、バックで駐車スペース入れもS字もクランクもスイスイと通過して初めて免許を取得した時の苦労が嘘のようでした。
ただ、踏切りでは一時停止して左右を目視時、窓を開けて音も確認するようにと注意されました。
この時の講習終了証明書と、視力検査だけで免許証は更新されます。

 さて来年、免許証更新の後、いよいよ天地が引っ繰り返るような大騒動が勃発することになるのかどうか、今年も残りあと2週間です。


関連記事

テーマ : にちじょー
ジャンル :

薪ストーブが主役の冬

 ここ数日、当地は最低気温がマイナス4~5℃。最高気温が1℃とか2℃といった日が続いています。(雪は少ない)
こうなると、部屋暖房なしでは指先が凍えて何も出来ません。
 そこで活躍するのが薪ストーブです。
実はこの辺りで薪ストーブを使っているのは殆んどログハウス住いの贅沢な趣味人と言って良く、数えるほどしかいません。値段も何万、何十万円とする高価なものでしょう。
 しかし、私が使っているのは昨日、ネットで調べたところ、たった¥4,400円しかしない鉄製の時計型です。(昔の柱時計にそっくりな形)
メーカーは函館の小さな町工場のようですが、以前、NHKの「小さな旅 温もりたなびいて」でも山奥のお婆さんが同じ型のストーブを使っているのを見たことがありますので、古くから北国で使われていたものと思われます。

  ・ ライオン印 時計型薪ストーブ(大)
     【ライオン印】時計型薪ストーブ 1号(大)
   画像転載元: (http://isai.jp/shop/products/detail.php?product_id=9

 これが、見掛けだけは立派で高価な鋳物製薪ストーブなどより遥かに実用的なのです。
但し、私の場合、これに二つの工夫を加えてあります。
 一つはロストル(火格子)を自作したことです。市販の鋳物製では直ぐに熱で曲ってしまい使い物になりません。割れ易いので叩いて直すことも出来ません。
止むを得ず、ホームセンターで鉄筋を買って来て自分で切断し、万力で固定し金槌で叩いて曲げ、番線で仮組みして、知り合いの自動車修理工場に頼み溶接して貰いました。
 二つ目は厚さ3mmの鉄製両手鍋(揚げ物用?)を買って来てリングをスポット溶接し、隙間をセメントで塞ぎ、その上に鍋を置いてお湯を沸せるようにしたことです。

画像: PC120592 手製のロストルと上蓋兼用鍋
PC120592.jpg

 この辺りの人達は大部分、石油ストーブを使っています。お風呂も石油やガスです。
しかし、私のように仕事に出る必要もなく、しかも自分の山を持っていて薪に不自由しない者にとって薪ストーブ以上のものはありません。
 何といっても火力が違います。小さな山小屋の我が家は忽ち裸になっても寒くないほど暖まります。中二階にぶら下げた洗濯物も直ぐに乾きます。
 その上、ストーブの上に載せたパスタ鍋のお湯が直ぐに沸騰するのでこれを上手く利用して身体を洗うのにも使っています。(他の季節にはソーラーのお湯を使うので、結局、使われないガス風呂釜は故障してしまい、そのままです)
蕎麦などを茹でるのにも使います。焼き芋も焼餅も出来ます。まさに冬は薪ストーブが主役です。
 雪の方は豪雪の日本海側と違い、ヤマハの青い小型除雪機で充分処理出来ます。
食料は、玄米、人参、ゴボウ、大根、ジャガイモ、白菜、キャベツ、タマネギ、土ネギ、漬物、柿、リンゴ等たっぷりあります。
 これが、南の島からやって来て20年経った私の冬越しです。

画像: P2060204 (2月に撮った写真)
P2060204.jpg


画像: P2060205 お湯沸し中
P2060205.jpg


関連記事

テーマ : にちじょー
ジャンル :

ワイパーの動きがおかしい

 12月13日、18年も乗っているジムニー(スズキの軽ジープ)で外出した時のことです。
どうもワイパーの動きがおかしい。
ゆっくりとしか動かないし、LO から HI にチェンジしても全く変りません。
以前にもそんなことがありました。その時はベルトの弛みで発電機が回っていないことによる車載バッテリーの電圧低下が原因でした。
今回も、もしやと思い、路端に車を止め、ボンネットを開けて見ましたが、異常はありません。
 その日はコインランドリーで大物を纏めて洗濯し(乾燥は薪ストーブのある自宅で)、序に役場に寄って衆院選の期日前投票を終え、ちょっとした買物をして帰宅しました。
帰ってからネットで調べて見ると色々と大げさなことが書いてあります。
この分だと車検が終ったばかりなのにまた何万円かの出費を覚悟するか、雨や雪の日は外出を控えるか、タイヤ交換した新型キャリー(スズキの軽トラ)で出かけるかなどと思案しながら寝ました。
 で、翌朝、真っ先にやったことは車載バッテリーの電圧チェックです。
こういう時のために、テスターは一家に一台常備して置いた方が良いでしょう。色々と役に立ちます。
しかし、電圧は12.4Vで問題ありません。
 次に、もしやと思い付いて、ワイパーの根本にシリコーンスプレーをたっぷりと噴霧してみました。(多分、潤滑油でも良い筈)
これが大正解。ワイパーを立てて暫らく動かしている内に動きが速くなり、正常動作するようになりました。要するに雨曝しのため、錆びて動きが悪くなっていたのです。
それに加えて、オートバックスやホームセンターで売っている超撥水剤を窓ガラスにスプレーすれば、少しくらいワイパーの動きが悪くても大丈夫でしょう。


関連記事

テーマ : 今日のできごと
ジャンル :

羽生、帝王プルシェンコを越えるか

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは13日、バルセロナで最終日が行われ、男子はソチ五輪金メダリストの羽生結弦(ANA)が、ショートプログラム(SP)に続いてフリーでも1位となり、今季世界最高の合計288・16点で日本男子初の2連覇を達成した。(YOMIURI ONLINE)


goo ニュース
羽生「浮かれている状態じゃない」=フィギュアGPファイナル
    2014年12月14日(日)21:30   時事通信社
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/sports/jiji-141214F703.html

 【バルセロナ時事】
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル男子で連覇を果たした羽生結弦(ANA)が一夜明けた14日、取材に応じ、「今なすべきことが為せた。浮かれている状態じゃないし、全日本選手権に向けて、ハードな練習がやって来る」と次の年末の大一番を見据えた。

 中国杯の激突で負傷してから1カ月。今大会ではショートプログラム、フリーとも4回転ジャンプを全て成功させ、復活を遂げた。
NHK杯では残っていた恐怖心にも「そんなのに振回されてはいられない感触があった」と精神面でも乗越えた様子だ。

 7日に20歳になって最初の大会だったが、「僕にとっては、10代に残して来た課題をしっかり克服出来た試合だった」と満足感を示した。

 羽生はこの日のエキシビションにも出演した。 


関連記事

テーマ : 今日のできごと
ジャンル :

錦織「魔が差した」

 今日は、フィギュアスケートグランプリファイナル2014のフリーがありますね。
羽生結弦選手が、グランプリシリーズ中国杯で負傷したトラウマを克服して優勝することを祈っています。(この記事を書いた後、6時のニュース中、速報で優勝が判明)
 肉体を使う競技は、究極のところ、自分の心との闘いになります。
それが見られるから、錦織圭、羽生結弦、逸ノ城と言った、若き天才達の活躍から目が離せません。
(衆院選は昨日、期日前投票を済ませて来ました。どうせ自民優位は動かないでしょうから、自公以外に入れました。自民一党独裁になっても困ります)


錦織「いつもと違うことをしてしまった」 ツアー・ファイナル
     2014/11/16 4:36       日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK15H0Q_V11C14A1000000/

【ロンドン=原真子】 
 アジア勢として初めて、男子テニスの年間成績上位8人でATPツアー・ファイナル(ロンドン)に進出した世界ランク5位の錦織圭(日清食品)は15日、準決勝で世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦、1―6、6―3、0―6で敗れた。

 「こてんぱんにやられた」と錦織が振返ったのは第1セット。
第4ゲームでサービスブレイクされると、「何をしてもミスらないし、どうしても勝てないだろうな、っていう雰囲気」だった。

 とりあえず、錦織は得意のストロークを丁寧に、しかし積極的に打ち始めた。
フォアハンド、バックハンド、深く、角度を突き、しかも速いテンポで打つと、さすがにフィットネスの良いジョコビッチもついて行けず、「彼に狂いが出始めた」。
第2セットを奪い、そのままの勢いで第3セット第1ゲームも15―40とブレイクポイントを握ったところで、魔が差した。

 「焦ってしまった。『彼は世界ナンバー1だ』と考え過ぎ、いつもと違うことをしてしまった」。
打ち急いだフォアハンドとバックハンドがネットにひっかかり、ズルズルとキープさせてしまった。
「ラッキーだった。これで強さが甦った」とジョコビッチも振り返る転換点。錦織は盛返せなかった。

 準決勝で敗退したが、勝利も不可能ではない展開だった。
「最後の4人に残れたことは評価出来るけれど、良い試合をしても、勝たないと悔しさは残る」と錦織。

 世界トップ10入り、ATPファイナル出場……、今季の目標は達成して終了した。
日本に帰国するが、幾つか仕事を終えたら、12月アタマには米国に戻る。来季は来年1月に始まる。「しっかり準備して備えたい」。
世界ランク5位を倒して這い上ろうと、手ぐすね引いて待っている選手は沢山いる。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

土方の技(番線結束)

 日常生活の様々な場面で、今でも役に立っているのが土方時代に習得した簡単な技術です。
メインは単管とクランプを使う構造物ですが、ここで御紹介するのは番線結束です。

番線結束
 軟らかい鉄線を二つ折りにしてラチェットレンチの尖った尻に引っ掛け、くるくると回して固く縛り付けてしまう方法です。

動画1:

動画2:



関連記事

テーマ : こんなかんじです
ジャンル :

傾いた木を起す

 先の重いドカ雪で傾いた木を起した状況です。
この時使ったパワーウィンチと自在結びは色々な場面で役に立ちます。


画像1: PC060589
PC060589.jpg

画像2: PC060591
PC060591.jpg


パワーウィンチ
 一人で1トン、2トンの力仕事が出来ます。
これを説明書なしで(試行錯誤で)使いこなせたら、機械に対するセンスが良いと言えます。巧く出来た道具です。
     ハンドパワーウインチ 1トン用
画像転載元 (http://ecx.images-amazon.com/images/I/41VMOltCr4L._SL500_AA300_.jpg)

自在結び
 ロープを引っ張ったり、弛めたり、外したりが楽に出来ます。
昨冬の重い雪ではアケビやサルナシ等、蔓物の支柱が倒れたため、パワーウィンチで引っ張って起し、トラックロープで周辺の立木に止めました。
また、今冬の初雪では傾いた大きな果樹を同じ方法で起しました。
 その時に使った結びがこれ。生木はこれでないと、成長に連れて木が括(くび)れてしまいます。ロープが完全に生木の中に埋め込まれてしまった事もあります。

 自在結び
画像転載元 (http://www.goo.ne.jp/green/life/outdoor/mame/vol17/

動画:
画像転載元 (https://www.youtube.com/watch?v=XQEJYg1mT4s


関連記事

テーマ : 現状報告
ジャンル :

ひとの幸せを願う

宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 相手の幸せを願う       2014-12-10
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11962851784.html

 俺はオレンジャー! 
君達は何時も自分の幸せばかり考えてはいないだろうか?
自分を幸せにする秘訣は相手の幸せにフォーカスすること。
自分のことばかり考えていても、そのエネルギーは自分に向かない。
 人の幸せを考えて動くことで、結果として自分にそのエネルギーが還って来るんだ。

 盥(たらい)の水をイメージしよう。
目の前の水を掻き集めるようにするのではなく、円周の周りに向って押出すんだ。
するとその流れは廻り巡って、真正面から自分のところに巡ってくる。
そんな感じだよ。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

関が原以後の黒田如水

  黒田官兵衛孝高(号 如水)
 黒田孝高

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」も次回で終りですが、関が原の合戦後、官兵衛がどうなったか、少し気になって調べて見ました。(Wikipedia 黒田孝高 より)
 意外だったのは官兵衛が最後まで熱心なクリスチャンだったことで、もしかしたらイエズス会のエージェントだった可能性があります。
であれば、下記のように切支丹や宣教師達を嫌い、官兵衛に大禄を与えなかった秀吉や、関が原の戦で官兵衛に付け入る隙を与えなかった嫡子長政と家康の処置が正しかったことになります。
 因みに、印度総督名代アレハンドロが秀吉との会見を望み、孝高が仲介の労をとったことがあるが、その時、秀吉は機嫌を悪くしてこう言ったそうです。(Wikipedia)

 「汝(孝高)は彼等(パアデレ達)を愛護し、(且つ)切支丹なるが故に予(余)が与えんと決定した大部分が与えられないのを知らぬのか。先の戦(九州平定時)に大将として働いた時、二ヶ国を与えようと約束したが、その時パアデレ及びイルマン(パードレの補佐役)に対する不快から、その後、豊前国の大部分と王(国主)の名称しか与えなかった事を」


関が原の戦の前後
 (註: 以下に括弧付きで日付が二つある場合は旧暦と新暦の併記)
 慶長5年(1600年)6月2日、徳川家康が会津の上杉景勝討伐を諸大名に命じる。
6月6日、黒田長政は家康の養女(保科正直娘・栄姫)と再婚し、6月16日に家康と共に出陣。
7月17日(8月25日)石田三成らが家康の非を鳴らして挙兵し(西軍)、関ヶ原の戦いが勃発した。
長政は豊臣恩顧の大名を多く家康方に引き込み、後藤基次ら黒田軍の主力を率いて、関ヶ原本戦で武功を挙げた。

 中津に帰国していた如水も、家康方に対し、前以って味方として中津城の留守居を務める密約を結び行動した。

石田三成の挙兵の知せを用意させていた早舟から受け取った如水は、中津城の金蔵を開いて領内の百姓などに支度金を与え、九州、中国、四国からも聞及んで集まった9000人ほどの速成軍を作り上げた。
 9月9日(10月15日)、再興を目指して西軍に与した大友義統が毛利輝元の支援を受けて豊後に攻め込み、東軍の細川忠興の飛び地(本拠地は丹後国宮津)である杵築城を包囲攻撃した。
 城将・松井康之と有吉立行は如水に援軍を要請、同日、如水はこれに応じ、1万人と公称した兵力を率いて出陣した。
それまでは三成の誘いに対し、西軍に組する条件として九州7ヶ国の恩賞を求め、東へ向かう九州の西軍の部隊を素通りさせ、準備期間を稼いでいたという。

 道中の諸城を攻略した後、9月13日(10月19日)、石垣原(現在の別府市)で大友義統軍と衝突した。
母里友信が緒戦で大友軍の吉弘統幸に破れる等苦戦するも井上之房らの活躍もあって、黒田軍は大友軍に勝利した。(石垣原の戦い

 9月19日(10月25日)、富来城の攻略中に哨戒船が、東上中の城主である垣見一直からの密書を運んでいた飛脚船を捕え、西軍敗報に接する。
その後、如水は藤堂高虎を通じて家康に領地切取り次第を申し入れ、西軍に属した太田一吉の臼杵城(佐賀関の戦い)などの諸城(熊谷直盛の安岐城、毛利高政の角牟礼城と日隈城、毛利勝信の小倉城、毛利信友の香春岳城など)を次々と陥して行った。
 国東半島沖の豊後水道付近では水軍が、関ヶ原より引上げてきた島津義弘の軍船と戦い(義弘が同行していた立花宗茂と別れた後のことである)、焼沈めている。
 10月14日、如水は兵5000を柳川へ派兵し、自身は西軍に参加した小早川秀包の居城である久留米城攻めへ向かう。
鍋島直茂と鍋島勝茂が32000の兵を率いて久留米城攻めに参戦する。
 10月16日、柳川の支城である海津城を落とす。その後、宇土城攻めを終えた加藤清正も参戦する。交渉の上、立花宗茂は降伏し如水軍に加わる。
 そして11月に入り如水は立花宗茂、鍋島直茂、加藤清正を加えた4万の軍勢で九州最後の敵勢力である島津討伐に向かったが11月12日に肥後の水俣まで進軍した時、徳川家康と島津義久との和議成立による停戦命令を受け、軍を退き解散した

晩年と葬儀
 関ヶ原の合戦の後、徳川家康は先に嫡子、長政に勲功として筑前名島(福岡)52万3000石への加増移封をした後、井伊直政など徳川譜代の家臣や藤堂高虎の勧めもあり家康は、如水にも勲功恩賞、上方や東国での領地加増を提示するが如水はこれを辞退し、その後は中央の政治に関与することなく隠居生活を送った
 晩年は福岡城に残る御鷹屋敷や、中興の祖と言われ再建に努めた太宰府天満宮内に草庵などを構えている。
また、上方と筑前を行き来し、亡くなる半年前には所縁の摂津有馬温泉に、療養滞在している。

 慶長9年3月20日(1604年4月19日)の辰の刻、京都伏見藩邸(現在の京都市伏見区深草大亀谷敦賀町近辺)にて死去した。59歳。
辞世の句は「おもひをく 言の葉なくて つゐに行く 道はまよはじ なるにまかせて」。
 死の間際、如水は自分の「神の小羊」の祈祷文及びロザリオを持って来るよう命じ、それを胸の上に置いた。そして次のように遺言した。
自分の死骸を博多の神父の所へ持運ぶこと、息子の長政が領内に於いて神父達に好意を寄せること、イエズス会に2000タエス(約320石に相当)を与え、うち1000タエスを長崎の管区長に、1000タエスを博多に教会を建てるための建築資金に充てることである。
 また、(嫡子長政に有能な家臣を残すために)殉死を禁止している。

 4月のある夜、午後10半頃、博多の教会の宣教師達は如水の遺骸を、博多の町の郊外にあって、キリシタンの墓地に隣接している松林のやや高い所に埋葬した。
主だった家臣が棺を担い、棺の側には長政が付添った。
如水の弟で熱心なキリシタンであった黒田直之が十字架を掲げ、直之の息子と、徳永宗也の甥が松明を持ち、ペロ・ラモン神父とマトス神父は祭服を、修道士達は白衣を着ていた。
 墓穴は人が200人も入るほどの大きなもので、その中に着いた後、宣教師達は儀式を行い、それから如水を埋葬した。
同じ夜、長政は宣教師の許を訪れ、葬儀の労に謝し、翌日には米500石を贈った。その15日か20日後、長政は仏式の葬儀も行なっている。

逸話
 関ヶ原の戦いの後、「家康は、我が徳川家の子孫の末まで黒田家に対して疎略あるまじ、と三度右手を取り感謝した」という長政の報告に対し、「その時、お前の左手は何をしていた(何故空いた手で刺さなかった)?」と叱責した。
野心家ぶりを表す話だが、後世の創作ともされ、最も古い出典は『黒田如水傳』である。
 但し、慶長5年10月の吉川広家に宛てた手紙で「関ヶ原の戦いがもう1か月も続いていれば、中国地方にも攻め込んで、華々しい戦いをするつもりであったが、家康勝利が早々と確定したため何も出来なかった」と述べた事実があり、状況によっては最後に大博打を打とうとした可能性を示す文献が遺っているのも確かである


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

全記事掲載順一覧(8)

 このブログの掲載記事を最初から順番に閲覧出来るようにしました。
最新記事本文は5件のみ表示し、この「全記事掲載順一覧」は右欄の「最新記事」20件の中に入っているように調整します。
「全記事掲載順一覧」(8)に収録されていない新しい記事は「最新記事」から閲覧して下さい。


・ 全記事掲載順一覧(1) 記事No.1から100迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

・ 全記事掲載順一覧(2) 記事No.101から200迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-124.html

・ 全記事掲載順一覧(3) 記事No.201から300迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-240.html

・ 全記事掲載順一覧(4) 記事No.301から400迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-341.html

・ 全記事掲載順一覧(5) 記事No.401から500迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-448.html

・ 全記事掲載順一覧(6) 記事No.501から600迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-524.html

・ 全記事掲載順一覧(7) 記事No.601から700迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-634.html


701.日月神示は鏡 (11/30)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-723.html

702.孤独と孤高 (12/01)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-724.html

703.NHKの変な報道(武田邦彦) (12/02)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-725.html

704.アベノミクス解散の理由 (12/03)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-726.html

705.霊能力の陥穽 (12/04)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-727.html

706.重い初雪のお土産 (12/05)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-728.html

707.やはりベーシックインカム (12/05)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-729.html)

708.虎も蝿も叩く(習政権) (12/06)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-730.html

709.穴開き雲 (12/07)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-731.html

710.政治家が清潔な国ランキング (12/08)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-732.html

711.化け猫 (12/09)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-733.html

712.全記事掲載順一覧(8) (12/10)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-734.html
 
713.関が原以後の黒田如水 (12/10)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-735.html

714.ひとの幸せを願う (12/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-736.html

715.傾いた木を起す (12/12)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-737.html

716.土方の技(番線結束) (12/13)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-738.html

717.錦織「魔が差した」 (12/14)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-739.html

718.羽生、帝王プルシェンコを越えるか (12/15)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-740.html

719.ワイパーの動きがおかしい (12/16)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-741.html

720.薪ストーブが主役の冬 (12/17)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-742.html

721.高齢運転者講習を受けた (12/18)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-743.html

722.天が見ている (12/19)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-744.html

723.エネルギーサーフィン (12/20)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-745.html

724.「シルバー・バーチの霊訓」の特徴 (12/21)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-746.html

725.人生の課題 (12/22)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-747.html

726.世界一美しい鳥 (12/23)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-748.html

727.オバマ大統領訪日の真意 (12/24)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-749.html

728.オバマの動きがおかしい (12/25)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-750.html

729.米軍の最新レーザー兵器 (12/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-751.html

730.STAP細胞=ES細胞で幕引き (12/27)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-752.html

731.空に浮んだリアル過ぎる顔 (12/28)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-753.html

732.冬至のメッセージ (12/29)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-754.html

733.羽生結弦の試練は続く (12/30)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-755.html

734.羽生結弦、尿膜管遺残症で手術 (12/30)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-756.html

735.来年が正念場 (12/31)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-757.html

736.獅子は我が子を千尋の谷底に落す (01/01)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-758.html

737.オレンジャーの初予言 (01/02)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-759.html

738.動じない心 (01/03)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-760.html

739.経済優先の時代が終る (01/03)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-761.html

740.神柱 (01/04)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-762.html

741.私のルーツ (01/05)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-763.html

742.キリンの転寝 (01/06)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-764.html

743.私が生れた年について (01/07)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-765.html

744.超能力と霊的成長 (01/08)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-666.html

745.ワイパーの不調は要注意 (01/09)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-767.html

746.笹目秀和仙人 (01/10)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-768.html

747.癌は重曹で叩ける (01/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-769.html

748.誠実に生きているか (01/12)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-770.html

749.笑うフクロウ (01/13)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-771.html

750.ヤーコン(芋) (01/14)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-772.html

751.情報は選別して見る (01/15)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-773.html

752.マネートラップに感謝 (01/16)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-774.html

753.机上の空論は駄目 (01/17)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-775.html

754.ゴミを一つ拾う者は徳を一つ積む (01/18)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-776.html

755.言葉の霊力 (01/19)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-777.html

756.することと知ること(身魂磨きの真髄) (01/20)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-778.html

757.100年前のアイヌ美人 (01/21)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-779.html

758.金子譲(ゆずりん)のツイート (01/22)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-780.html

759.川は橋で渡ればよい (01/23)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-781.html

760.ETによる核兵器破壊 (01/24)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-782.html

761.月と火星の地球外文明 (01/25)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-783.html

762.ETによる限定介入の背景 (01/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-784.html

763.ロズウェル事件の周辺 (01/27)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-785.html

764.最新の軍用ステルス機 (01/28)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-786.html

765.似ている (01/29)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-787.html

766.自然に親しむ (01/30)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-788.html

767.人間は何歳まで生きられるか (01/31)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-789.html

768.STAP細胞は在って当り前 (02/01)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-790.html

769.大変なのは当り前 (02/02)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-791.html

770.アミの言葉、メモ(1) (02/03)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-792.html

771.アミの言葉、メモ(2) (02/04)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-793.html

772.アミの言葉、メモ(3) 神、平和 (02/05)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-794.html

773.未開世界・地球の一情景 (02/06)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-795.html

774.エネルギーが変っている (02/06)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-796.html

775.アミの言葉、メモ(4) 宇宙の基本法と救済計画 (02/07)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-797.html

776.アミの言葉、メモ(5) 催眠状態と覚醒 (02/08)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-798.html

777.食糧危機への備えを兼て (02/09)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-799.html

778.金融崩壊について (02/10)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-800.html

779.アミの言葉、メモ(6) 銀河系のスパコン (02/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-801.html

780.〔拡散〕2015年はリセットの年 (02/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-802.html

781.アミの言葉、メモ(7) 進歩度 (02/12)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-803.html

782.またコブラの大嘘 (02/13)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-804.html

783.アミの言葉、メモ(8) 未開文明世界 (02/14)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-805.html

784.魂の声を聴く (02/15)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-806.html

785.なぜ人を殺してはいけないのか? (02/16)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-807.html

786.アミの言葉、メモ(9) 一度滅んだ地球文明 (02/17)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-808.html

787.次なる革命 (02/18)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-809.html

788.自分の心を誤魔化さない (02/19)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-810.html

789.真実を見る目 (02/20)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-811.html

790.この世は霊界とは違う (02/21)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-812.html

791.意識の進化と日本人の役割 (02/22)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-813.html

792.日本人の心 (02/23)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-814.html

793.アミの言葉、メモ(10) オフィル星人 (02/24)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-815.html

794.アミの言葉、メモ(11) 今を楽しむ (02/25)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-816.html

795.佐野理論の実用化? (02/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-817.html

796.アミの言葉、メモ(12) 文明世界の愛 (02/27)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-818.html

797.「幻の桜」の仏教論と日月神示 (02/28)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-819.html

798.アミの言葉、メモ(13) オフィル星の文明 (03/01)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-820.html

799.アミの言葉、メモ(14) 宇宙の基本法 (03/02)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-721.html

800.美しき惑星 地球 (03/03)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-822.html


関連記事

化け猫

 猫だけの話ではありませんね。


goo ニュース
“日本一寝顔が酷い美猫”セツちゃん、初の写真集が登場! 未公開ショットも収録
    2014年12月7日(日)00:00     クランクイン!
http://news.goo.ne.jp/article/crankin/trend/crankin-3415805.html

寝顔が酷い美猫

 起きている時は天使のように美しいのに、一度(ひとたび)眠りについた途端、絶句するほど恐ろしい寝顔に豹変する猫・セツちゃんの、初の写真集『日本一寝顔が酷い絶世の美猫セツちゃん』が12月10日(祥伝社)より発売される。

 飼い主の mino 氏が、飼い猫セツちゃんの寝顔をツイッターにアップしたところ、その普段の美しさと寝顔の酷さの衝撃的なギャップが話題を呼び、瞬く間にリツイート1万5千回を突破。

 以後、“日本一寝顔が酷い美猫”として忽ち人気を呼び、ネットや雑誌、テレビなど多数出演。この度、待望の写真集となって登場した。
ホラー級の寝顔の数々に加え、ツイッターでは見られない様々な未公開ショットも多数収録している。


関連記事

テーマ : オカルト・ホラー
ジャンル :

政治家が清潔な国ランキング

「浅川嘉富の世界へようこそ」
呆れ果てた中国の実体     2014/12/06
http://www.y-asakawa.com/Message2014-2/14-message130.htm

 政治家の清潔度ランキング100位
 政治家の清潔度ランキング

 数日前に流れたニュースで興味深い記事があった。
それはドイツに本部を置くトランスペアレンシー・インターナショナルというNGOが公表した「世界各国の政治家・公務員の清潔度ランキング」。
つまり上位に入ればその国の政治面での清潔度が増し、下位になればなるほど腐敗度が増すことになるのだ。

 興味深く思って眺めてみると、上位10国の中には1位のデンマークとフィンランド(3位)、スエーデン(4位)、ノルウェー(5位)の北欧4ヶ国が名を連ねていた。
デンマークが1位に ランクされているのを見て、14年前にオーロラ観測のために、スウェーデンとデンマークを訪ねたことを思い出した。
 アンデルセンの国・デンマークの首都コペンハーゲンを訪ねた時の記事が、HP「北欧の旅」シリーズに掲載されている。その中の「コペンハーゲン③」にこんなことが記されている。
                     ☆
 早朝からコペンハーゲンの観光に出掛けた。
冷やかな北国の朝らしく、澄んで張りつめた空気は透明感があって爽やかであった。
開催中の国会議事堂に立寄ると、駐車場には議員さん達の乗用車が停っていた。
驚くことに駐車中の車はどれも皆中古車も良いところで、どう見ても金持の乗る車とは思えない代物ばかりだ。
どこかの国の立派な先生方のお乗りになられる車とは雲泥の差である。

 聞くところによると、デンマークでは議員さんの収入は相当低いらしく、立派なニューカーに乗れるほどの議員は少ないのだという。
しかし、この国では、「国会議員」と「医者」は収入は低いが「尊敬」される人達だという。
金儲けの代名詞と化した、どこかの国の両先生方とは大変な違いがあるものだと考えているうちに、気が滅入ってきてしまった。
                   ☆
 読者もこの記事を読まれたら、デンマークの清潔度世界ナンバーワンに得心が行かれたに違いない。
私も自分自身の目の付け所が間違っていなかったことを嬉しく思っている。

画像: デンマークの首都・コペンハーゲンに立つ国会議事堂
http://www.y-asakawa.com/Message2014-2/14-message130-01.jpg

 我が国のランクはどうかと見てみると15位で米国は17位。
韓国の43位にはあまり驚かなかったが、びっくりしたのは中国のランクであった。なんと100位!!
 よく考えてみればそれほど驚くほどのことはないのだが、それにしても世界第2位の経済大国を自負し、これから先、世界の覇権国を目指そうとしている大国が 、未だに政治のモラル面で下から数えた方が早い100位というのには呆れてしまう。

 習近平が官僚などに対する反腐敗キャンペーンを始めているのにも関らず、このていたらくである。
記者会見でその点を突かれた中国外務省の報道官は「反腐敗の取組は成果をあげており、国民からは評価を得ている」と語っている。
自国の順位が昨年の80位から100位へと大幅 に後退したことを認識しての発言かと、耳を疑う。

 汚職にまみれて積上げた巨額の蓄財を、密かに海外へ送金している政治家や共産党員もさることながら、嘘をつき、人を騙すのは平気、車に撥ねられ血を流して苦しんでいる負傷者 を見ても誰も助けようとしない、そんな一般国民もまた道徳度という点から眺めたら似た者同士ということになる。
なんとも寂しい限りだが、こんな国が世界の覇権国になるようなことになったら世界は終りだ! 一刻も早いアセンションの到来を願うばかりだ!


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

穴開き雲

「カラパイア」
UFO? ケムトレイル? 驚異の気象現象に話題沸騰。ぽっかりと開いた穴あき雲の真ん中に虹が! (オーストラリア)    2014年11月05日
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52177232.html

穴開き雲2

 11月3日の午後1:00頃、オーストラリア、ビクトリア州東部ギプスランドエリアの上空では奇妙な気象現象が発生していたそうだ。
ぽっかりとそこだけ切り取られたような穴あき雲(ホールパンチ雲)の中央に虹がはめ込まれていた。

 ソーシャルメディアには次々と写真が投稿され、UFOか? ケムトレイルか? と話題となっていた。

 なんとも幻想的で神秘的な雲だが、オーストラリアの気象観測協会によると、これはケムトレイルとかではなく、UFOとかでもなく、一般的な穴あき雲であるとのこと。

 穴あき雲は上空が氷点下でも凍らない過冷却水滴という雲粒を持つ巻積雲や高積雲で出来ている。
それらの雲より高い位置にある雲から氷の結晶が落ちてきたり、飛行機が通過したりすると、氷の結晶が発生する。
氷の結晶は周りの水蒸気を一気に引き付けて行き、成長して重くなって落下する。
落下した氷の結晶は蒸発して消えてしまうので、まるでそこだけ雲に穴が開いたようになるのだそうだ。

 虹は穴あき雲の中に集まった水蒸気が太陽に反射して出来上がったようだね。
それにしても凄い。一度で良いから見てみたい。


関連記事

テーマ : 不思議な出来事
ジャンル :

虎も蝿も叩く(習政権)

goo ニュース
周永康氏の党籍剥奪、逮捕へ=収賄・職権乱用・機密漏えい容疑―中国 
    2014年12月6日(土) 06:12      時事通信社
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-141206X534.html

【北京時事】
 中国の習近平共産党総書記(国家主席)は5日、政治局会議を主宰し、最高指導部・政治局常務委員会のメンバーだった周永康・前党中央政法委員会書記(72)の党籍剥奪処分を決めた。
 同時に、周氏の巨額収賄、職権乱用、機密漏えいなどの容疑が固まったとして、司法機関に移送して刑事責任を追及することも決定。
最高人民検察院(最高検)は捜査を進め、逮捕する方針だ。
 国営新華社通信が6日未明に伝えた。

 1949年の新中国建国後、政治局常務委員経験者が汚職容疑で刑事責任を追及されるのは初めて。
反腐敗闘争を進める習総書記は「腐敗懲罰に例外なし」(党機関紙・人民日報)との断固たる姿勢を示し、権力基盤をさらに強化した形だ。

 中央規律検査委員会の審査によると、周氏は、
(1) 多くの人に違法な利益を図った見返りに、本人や家族が巨額賄賂を受領した。
(2) 親族、愛人、友人の展開するビジネスが巨額の利益を得られるよう職権を乱用し、国有資産に重大な損失をもたらした。
(3) 党・国家の機密を漏えいした。
(4) 多くの女性と不適切な関係を持った。
 などの容疑が指摘された。

 規律検査委は「周永康のあらゆる行為は党の性質・趣旨から完全に外れ、党のイメージに巨大な損害を与え、極めて悪質な影響を及ぼした」と批判。今後、周氏の起訴に向けた司法手続きが進められ、厳しい判決が下されるのは必至の情勢だ。

 共産党筋によれば、周氏本人や親族、側近らを含む蓄財・資産は総額約1000億元(約2兆円)に上るとみられる
周氏の問題をめぐっては、2013年12月の政治局常務委会議で、規律違反に関する端緒が規律検査委から報告され、習指導部は内偵に着手。今年7月29日の政治局会議で立件・調査が正式に決った。 


関連記事

テーマ : 今日のできごと
ジャンル :

やはりベーシックインカム

 オレンジャーの最新メッセージですが、自分一人だけノーストックでは生きて行けません。やはり、ベーシックインカム。


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 第三の道       2014-12-05
http://ameblo.jp/oranger13/theme-10064168882.html

 俺はオレンジャー! 君達は、自らが生きるためには誰かから搾取をしなければならないという洗脳の中で生きている。
そもそも資本主義というのはその根底にある考えとして、そういう考え方で成り立っている。
 弱肉強食の世界においては、弱いものが強いものの犠牲になり、その上で成り立っている。
それはある範囲において正しい。
人間が他の生物と異なるのは、その範囲を超えてしまうことだ。
生存に必要な範囲を超えて、沢山の命を消費してしまうこと、そこに大きな問題がある。

 その背景には君達が個々に抱えている恐怖心がある。
自分の命のために、少しでも蓄えておこうという考えだ。
そろそろ、そのリスクに目覚めて欲しい。
その想いのために、どれだけの犠牲が払われているか、君達には巧妙に見えない仕組みが構築されている。

 君達には考えて、行動出来る能力が備わっている。
そうした洗脳や恐怖心を超えて、持続出来る社会を創造出来るポテンシャルがあるんだ。
そろそろ、その力を思いっきり発揮して欲しい。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : ふと感じること
ジャンル :

重い初雪のお土産

 例年、初雪は重いドカ雪になり易く樹木に応えます。
この写真は昨日(12月4日)朝の、我家の庭先です。道路への出口を完全に塞がれてしまいました。
除雪の前に、ここの枝を処置し、その先で更に1本の倒木を片付け、その上、両脇の篠竹や小枝を刈り込んで大きな道路に出るまでの通路を確保しなければなりません。
 他にもしなければならないことが幾つもあり、夕方4時の日没までやっても全部終りませんでした。
今日もこれから刈払った篠竹や小枝の後片付けと、雪の重みで傾いた果樹をパワーウインチで引起し、固定する作業にかかります。


PC040587(クリックして拡大)
PC040587.jpg


関連記事

テーマ : 今日のできごと
ジャンル :

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。