スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小保方さん、検証実験に参加決定

goo ニュース
小保方氏が検証参加=STAP副論文も調査―共著者も懲戒審査中断・理研
      2014年6月30日(月)19:22        時事通信社
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-140630X398.html

 STAP(スタップ)細胞の論文問題で、理化学研究所は30日、STAP細胞が実在するかどうかを検証する為、理研発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市)で4月から行われている実験に、小保方晴子研究ユニットリーダーを参加させると発表した。
期間は7月1日から11月末までで、監視役を付けたり映像を録画したりして透明性を確保する。

 理研はまた、小保方氏らが1月末に英科学誌ネイチャーに発表したSTAP細胞論文2本のうち、小保方氏の不正行為を認定しなかった副論文についても予備調査を始めたと発表した。
副論文も実験画像に疑義が指摘されており、理研は結果を受けて改めて調査委員会を設置するか判断する。

 理研は懲戒委員会で小保方氏や論文共著者の笹井芳樹CDB副センター長、竹市雅俊同センター長の処分を検討していたが、調査開始に伴い審査をいったん停止する。

 小保方氏はSTAP細胞が実在すると主張し続けているが、論文2本の撤回には同意しており、近くネイチャーに撤回文書が掲載される見込み。 


YAHOO! ニュース
STAP検証実験に参加決定、小保方さん「心より感謝」「誰もが納得する形に」
     6月30日(月)22時7分配信      弁護士ドットコム
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00001718-bengocom-soci

 論文不正が認定されたSTAP細胞をめぐる問題で、理化学研究所は6月30日、STAP細胞の有無を検証する実験に、小保方晴子研究ユニットリーダーを参加させると発表した。
 小保方リーダーが実験に参加するのは、7月1日から11月30日までの5カ月間。
理研が指名した立会い人のもと、映像を記録するなどして、透明性を確保する。

 また、3月末に研究論文の疑義に関する調査報告書をまとめて以降、次々と新たな疑義が指摘されていることから、追加的な調査を始めたことも発表した。
この調査にともなって、懲戒委員会が検討していた小保方リーダーの処分審査は一旦停止される。

 STAP現象の検証実験については、理研外部からなる改革委員会の岸輝雄委員長が6月中旬、「再現実験をやって『ある』と言った人が諦めるとか、あるいは『ある』と言った人がやっぱり何もなかったと言わない限り、決着がつかない」と述べ、小保方リーダーの参加を提言していた。

 今回の決定を踏まえ、小保方リーダーは理研を通じてコメントを発表した。
コメントの全文は以下の通り。

「実証するために最大限の努力をする」

 この度、改革推進本部長である理事長より、STAP現象検証実験へ参加するようにとの指示を受けました。
厳重な管理の元で実験をさせて頂く機会を頂戴出来た事に心より感謝し、誰もが納得が行く形でSTAP現象・STAP細胞の存在を実証する為に最大限の努力をして参る所存です。

 尚、実験の進捗状況等に就きましては理化学研究所から公式に発表して頂けると伺っております。
誠に勝手では御座いますが、どうか公式発表まで実験に専心させて頂けますようご協力をお願い申し上げます。
 (弁護士ドットコム トピックス)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

食べ物を感謝して頂く

(食い)もの頂く時は拍手打ちて頂けよ、神への感謝ばかりでないぞ、
拍手は弥栄ざぞ、祓いざぞ、清めぞと申してあらうが、

(ひふみ神示 第十八巻 ヒカリの巻 第1帖)



宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
食べる前にエネルギーを入れる
     2014-06ー30
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11886573567.html

 俺はオレンジャー!

 君達は毎日沢山の食べ物を食べている事だろう。
食べるという行為はエネルギー補給の意味もあるが、物理的なカロリー補給以外に、目に見えないエネルギーの補給もしているんだ。
 君達の肉体の周りにはオーラだけではなく、様々なエネルギーフィールドが存在している。
食べる事によって、そうしたエネルギーも補給しているので、その意識を持って食事を頂く事が大切だ。

 具体的には食べる前に、きちんとその食物に感謝の念を唱えよう。
これから頂くものは全て元々生きていたもの。
その生きていた時のエネルギーを感じて、そのエネルギーを頂く事に心から感謝して頂戴すれば、そのエネルギーはあなたのモノになる。

 食べる時に罪悪感を感じていたり、他の事に意識を合せていると、そうしたエネルギーが本来の機能を発揮する事なく、そのまま流れてしまう。
特に罪悪感を感じて食べ物を食べていると、その食物に含まれている殺された時の残留思念と波長が合ってしまい、そうしたものを取入れてしまう事になってしまう。
 あなたの意識次第で、食物の同化スタイルが変る事を肝に銘じて頂きたい。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

STAP論文、ネイチャーが撤回意向

goo ニュース
<STAP細胞>ネイチャーが論文撤回へ 研究成果白紙に
   2014年6月30日(月)12:16         (毎日新聞)
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20140630k0000e040147000c.html

 STAP細胞の論文不正問題で、英科学誌ネイチャーが関連論文2本を撤回する見通しであることが、複数の関係者への取材で分った。
小保方(おぼかた)晴子・理化学研究所研究ユニットリーダーを始めとする著者達は撤回に同意していた。
「生物学の常識を覆す成果」として世界の注目を集めた研究成果が、発表から5カ月余りで科学的根拠を失う事になる。

 論文が撤回されると、その研究成果は白紙となる。
但し、出版社や公的な科学論文のデータベースからは削除されず、撤回時期や理由と共に公開され続ける。
このため、論文撤回は研究者にとって避けたい不名誉な対応とされる。

 今年1月30日号のネイチャーに掲載された論文は、STAP細胞の作製方法などを示した主論文「アーティクル」と、STAP細胞から作った幹細胞の性質などを分析した論文「レター」の2本。
 理研調査委員会は4月1日、アーティクルの二つの画像に捏造(ねつぞう)や改竄の不正があったと発表し、理研が小保方氏等著者に撤回を勧告していた。

 レターについては理研の調査で不正認定をされなかったが、科学者の間で複数の疑義が浮上。
レターの責任著者の若山照彦・山梨大教授が撤回を呼び掛け、全著者が同意した。
外部識者による理研改革委員会はレターの徹底調査を求める提言を纏めているが、理研側は調査する意向は示していない。

 一方、STAP細胞が存在したのかどうかを確認するため、理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)は現在、STAP細胞の検証実験を小保方氏の助言を受けながら進めている。
今夏に中間報告をする予定。
また、小保方氏等今回の論文発表に係わった関係者の処分については、理研懲戒委員会が検討を続けている。【八田浩輔、須田桃子】


goo ニュース
ネイチャー、STAP論文撤回へ 小保方氏代理人「集団的なリンチ状況」
      2014年6月30日(月)14:13       (産経新聞)
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20140630525.html

 新型万能細胞とされる「STAP(スタップ)細胞」の論文不正問題で、英科学誌ネイチャーがSTAP細胞の論文を撤回する見通しであるとの一部報道について、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーの代理人の三木秀夫弁護士は30日、「どうこう申し上げるつもりはない」と述べ、事実関係など詳しい説明を避けた。

 大阪市内で報道陣の取材に応じた。

 一方で三木弁護士は、「彼女が置かれている状況は3月以来、ますます集団的なリンチ状況まで来ている。
きっちりと証明の場に移して行きたい」とも述べ、STAP細胞の存在に懐疑的な見方が相次いでいる状況を批判。
改めて小保方氏が検証実験に早期に参加する事を希望した。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

自由・平等という罠

 人間は何故平等ではないかと考えると、次の三つが根底にあるように思えます。 

モナドの型の違い
 魂は全部初めから同質ではない。
例えば、智に優れた魂、仁に優れた魂、勇に優れた魂等々があるが、これらは後天的に獲得された性質ではない。云わば、魂の多様性である。

因果律
 全ての人はカルマの結果として今、ここに在る。
因果律は公平に働き、その結果として人は不平等になる。

自由意志
 人には制限された自由意志が許されている。
この自由意志が因果律を通して不平等を生む。

 しかし、それにも拘らず、人はただ存在するだけで価値があります。
それは、人の手が加わっていない自然界を在りのままに観照すれば解ります。


 参考) 日月神示とシオンの議定書
 
・ 日月神示 
 平等とか公平とか申すのは悪魔のワナであるぞ、
天地をよくみよ、人民の申す如き平等も公平もないであろうがな、

一寸のびる草もあれば一尺のびる草もあるぞ、
一寸の草は一寸が、一尺の草は一尺が頂天であるぞ。
これが公平であり平等と申すもの。
(五十黙示録 第七巻 五葉の巻 第9帖)


・ シオンの議定書
 遥か以前の時代に遡れば、我々は人民群集の中にあって「自由・平等・友愛」という言葉を叫んだ最初の人間であった。
以来、幾度となく愚かなオウム達が四方八方からこの餌に群がり集まり、世界の福利と、以前は群集の圧力に対してよく保護されていた個々人の真の自由を、この餌を以って破砕し去った。(註: 世界の富と権力が僅かな人達の手に集中したのは何故か?)

 ゴイムはこれらの言葉が意味するものと相互関係とを否定する事には考え及びもしなかった。
どこをどう見ても平等はなく、自由など有り得ず、自然そのものはその掟に従わせるように作られているのと全く同じく、気質、性格、能力が不平等に作られている事を見なかった。

 地球の到る所で、我等の盲目の代理人達のお蔭で、「自由・平等・友愛」と云う言葉が、我等の旗を熱狂的にかざす大群を、我々の隊列に引入れてくれた。
これらの言葉はまた常に、ゴイムの福利に穴を開け、到る所で平和、安寧、協同に終止符を打ち、ゴイムの国家の基礎を破壊する生きたエダシャクトリ[果樹の害虫]であった。

 言い換えればゴイムの貴族支配の存在そのものの破壊である。  
唯一、人民と国とを守るこの階級は、我々に敵対したのである。
ゴイムの血統的な、系図上の貴族階級を滅亡させた所に、我々は、金力の貴族が主導する、我等の教育を受けた階級を貴族として樹立した。
(シオン賢者の議定書・第1議定)


関連記事

テーマ : 考察
ジャンル :

スティーブ・ジョブズのプレゼン術

 堀 進 の「徹底検索」を手懸かりに元記事を探し出しました。
実用的な「魔法・魔術」の範疇に入ると思います。
このテクニックはブログ記事を書く場合にも応用出来ます。
 何時も思うのですが、「日月神示」や「オレンジャーメッセージ」の簡潔さに比べて、長ったらしいチャネリング・メッセージは、単に長いと言うだけで読む気も起りません。
冗長は中味が無いのと同義です。


「ROCKET NEWS 24」
稀代の話術者、スティーブ・ジョブズ氏のプレゼンテーションの秘密 Best 7
       2009年11月14日

 米国大手コンピューター会社 Apple の最高責任者であるスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏は、“プレゼンテーションの達人”として世界中から高い評価を得ている人物だ。
彼のプレゼンテーションは、聞く者を魅了し、感動させる。
 そんなジョブズ氏の巧みなプレゼン術の秘密 Best7 を、コミュニケーションの専門家であるカーマイン・ガロ氏が自身の著書『The Presentation Secrets of Steve Jobs』をもとに、ワシントンポスト紙で紹介した。
 最高のストーリーテラーとして名高い彼のテクニックを知る事で、会社でも日常生活でも活用出来る“人々を惹き付ける話術”が身に付くのではないだろうか。

スティーブ・ジョブズ氏のプレゼンの秘密

1.製品ではなく夢を売れ

 ジョブズ氏は「私の使命は宇宙に凹みを作り、世界を変える事だ」と話す。
彼は2001年にアイポッド(ipod)を売り出した時も、ただの音楽プレーヤーではなく人々の生活を豊かにする為の道具として見ていた。
素晴らしい製品は勿論だが、それに対する情熱、熱中そして感動も同じぐらい必要だ。

2.宣伝文句は Twitter のように簡潔に

 ジョブズ氏は、新製品には全ての製品にキャッチコピーを付けるように依頼する。
それらは全て、140文字以内の短文を交換し合うSNS「ツイッター(Twitter)」にも投稿出来る程短くて簡潔だ。
 例えば2008年1月に発売されたマックブック・エアー(Mac Book Air)の宣伝文句は、
「世界最薄のノートブック(the world’s thinnest notebook)」だった。
詳細が知りたければ、AppleのHPにいくらでも載っているのだ。

3.宿敵を紹介せよ

 殆んどの古典小説では英雄が悪者と戦うが、同じ構図がジョブズ氏のプレゼンにもある。
1984年の宿敵は“IBM”だった。Appleが初めて家庭用パソコンを売り出した際の有名なテレビCM「1984」を販売員等に披露する前に、彼はドラマティックな話を創作し「IBMは全てを欲しがっている」と言った。
 ブランディングの専門家であるマーチン・リンストローム(Martin Lindstrom)氏によると、偉大なブランドや宗教は打破るべき敵などの共通認識を持っているという。
英雄の周囲を活気づかせる為には、誰もが認めるライバルを創り上げる事が重要だ。

4.“3の法則”を守るべし

 神経科学者によると、人間の脳が一度に受入れる事が出来る情報は3~4つ程度だという。
ジョブズ氏のプレゼンテーションもまた、常に3つのパートに分けて進められる。
2007年1月、彼はアイポッドと電話、インターネット検索の3つの機能を備えた新しい製品を紹介し、聴衆を驚かせた。
「3つの製品を持つのではなく、1つの製品が3つの機能を兼備えている。我々はこれをアイフォン(iPhone)と名付けた」。

5.簡素化するために努力せよ

 Appleの製品はユーザーが混乱しないように、そして簡単に使えるように作られている。
そして同じ哲学に基き、マーケティングと販売戦略が立てられている。
プレゼンの際に使われる Keynote の1ページに書かれている文字数は平均40文字程度。
 また、ジョブズ氏が使うものに至っては、写真とイメージが多く文字が少ない。
マーケティングの専門家は2010年のキーワードを「簡素化」だと言うが、ジョブズ氏は1976年からそれを教訓にして来た。

6.驚きの瞬間を演出せよ

 驚きの瞬間が用意されているのも、ジョブズ氏のプレゼンテーションの特徴である。
マックブック・エアーを発表した時も、一般の会社で使われているような封筒からパソコンを取出して聴衆を驚かせた。
今もこの時の話が語り継がれているように、何か1つ記憶に残る演出を取入れよう。

7.舞台を共有すること

 ジョブズ氏は、主要な発表の場で必ずパートナー達を紹介する。
もし、パートナーが来場出来ない場合はビデオ等で紹介する事もある。
顧客は多様性を求めているため“一人舞台”ではなく、チームで仕事をしているとアピールする事が必要である。


関連記事

テーマ : 魔法・魔術
ジャンル :

甦る神の国日本

宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
東洋と西洋の入れ替わり    2014-06ー29
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11885210718.html

 俺はオレンジャー!

 東洋と西洋の勢力が凡そ2000年の周期で入れ替わっている事を知っているか?
以前は東洋の時代であったが、キリストの時代から西洋化が進み、約2000年の間は西洋が中心の世界だった。

 入れ替わりには多少の幅があるが、今まさに西洋文明から東洋文明の時代へと大きくエネルギーがシフトしている。
その為に最後の抵抗が行われていたり、禊(みそぎ)のような様々な出来事が繰返し発生している。

 ここが勝負どころだ。
日本の役割はとても大きい。
和の概念を遺伝子レベルで持っている国民は日本人しかいないから。
日本人が世界を変えて行く。
次の時代はもう直ぐそこまで来ているんだ。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

御神木

「めもっとこ。」 さん
テレポーションした女性 より
http://mintmk.blog.fc2.com/blog-entry-156.html) 

 樹齢2000年を超えるご神木の大楠(おおくすのき)だそうです。

樹齢2000年を超えるご神木大楠


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

STAP細胞は本物

「世界の真実の姿を求めて!」 
STAP細胞は本物→ES細胞とTS細胞は混ざらない!
      2014-04ー12
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2536.html

  若山教授「いつもと同じように、彼女と一緒に研究室でマウスのお腹を見て、ライトを当てて、また何にも変化が起きないんだろうな、と思っていた。
わたしも失敗には慣れていますが、彼女は失敗する度、毎回強いショックを受けているのが痛いほど分かる。
さあ、今日はどんな言葉で慰めようか、と思っていたら、光ったんですよ! 緑色に!!」

 本格的に喜べたのは翌日でした。
実験が正しく成功するとは、同じ状況で行うすべての実験が成功するということなんです。
その通りそこから先はすべてのマウスが緑に輝きました。そこで初めて<やった!>と思いましたね」

 STAP細胞の存在を否定する最大の根拠の一つ
→STAP細胞が、実際には万能細胞ES細胞だったのではないかという疑念。
 STAP細胞が、実際にはES細胞だったのではないかという疑念を持つ研究者は少なくない。
万能細胞として知られるES細胞から作られる胎盤は緑に光らない。

 しかし、STAP細胞から作られた胎盤は緑に光っていた。
故に、STAP細胞が本物である可能性は極めて高い。
尚、朝日新聞によれば、
→専門家からの指摘では、STAP細胞が実は別の万能細胞(ES細胞)が混ざったものではないかという疑念が多い。
http://www.asahi.com/articles/ASG4B5HCYG4BPLBJ003.html

 更にSTAP細胞を否定するネット上の見方がある。
下記の2つの疑念:

1.理研の丹羽仁史が編み出した新ES細胞がある。
「ES細胞をTS細胞にして特殊培養液FGF4で培養し、それで胎盤を培養する技術法」
http://www.cdb.riken.jp/jp/04_news/articles/13/131107_sox2.html

 ES細胞は胎児になる細胞、TS細胞は胎盤になる細胞だ。
この2種類のES細胞とTS細胞、または、1種類を丹羽から盗んで、1:1の半々で混ぜたブドウ房状の細胞塊をFGF4培地培養なら、胎児胎盤を作れるかも。
STAP細胞じゃないのに、丹羽から盗んだ新ES細胞なら、胎盤を作れる。

2.キメラマウス胎児の作成に成功したというのは、スタップ細胞ではなく、ES細胞であったということだな。
尚、ES細胞は胎盤を作れないとされるが、しかし、若山教授に渡された細胞がES細胞とTS細胞のミックスであったとしたら、胎盤まで作る事が可能であり、そしてES細胞をTS細胞に変化させる実験は丹羽仁史が既に成功している研究なのだ。

 ES細胞とTS細胞を混ぜたものでキメラマウス胎児を作成すれば、胎盤も作れるという見方だが、丹羽仁史氏はES細胞とTS細胞を混ぜた新ES細胞が使われた可能性は少ないとしている。
 若山教授が小保方氏から預かった細胞は極めて均一な細胞の塊。
ES細胞とTS細胞を混ぜた細胞ではこのような極めて均一な細胞は作れない。
(新ES細胞の第一人者である丹羽仁史氏自身では作ったことが無いと明言)



 STAP細胞からつくられたキメラマウスは胎盤も緑に光っていました。
これは、万能細胞として知られるES細胞でも、一般的にはない性質である。
http://rthcj.blog99.fc2.com/blog-entry-373.html

041202.jpg
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140130_1/#fig6

041201.jpg
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140410/392288/?ST=career&P=3

若山教授: 「何時もと同じように、彼女と一緒に研究室でマウスのお腹を見て、ライトを当てて、また何にも変化が起きないんだろうな、と思っていた。
わたしも失敗には慣れていますが、彼女は失敗する度、毎回強いショックを受けているのが痛い程分る。
さあ、今日はどんな言葉で慰めようか、と思っていたら、光ったんですよ! 緑色に!!」

梶原: 「やった!!大成功って、さすがの先生も興奮したでしょう」

若山教授: 「小保方さんは涙を浮かべて喜んでいました。でも私は何かの間違え、何かの手順をミスして光っちゃったのかと不安に思いました。
我々はこれまでの失敗について、すべての行程を記録しています。
記憶もしています。
どこで何をどうやったら反応が出なかった。それを何時でも振返られるように行なうのが実験ですから。

 瞬時に今回の手順と過去の場面と比較してどの段階で何を間違えてしまったのか? 
万が一のケアレスミスがあるとすれば、何時の何だろうか? 
頭の中でぐるぐる考えていました。
 だって、万が一、緑の光が成功じゃなくて大失敗の結果だったとすると、小保方さんを糠喜びさせた事になる。
当りが大きかっただけに酷く落胆させる。残酷でしょう?

 山の天辺に登らせて地面に突き落とすような事はしたくありません。
小保方さんが<やった!やった!>と感涙にむせぶ直ぐ横で、私は<あそこでこうなって、ここはこうで>とまるで喜んでいない。
所がどう考えてもミスがない。でもあるかも知れない。
私は未だ喜ぶのは控えて置こうと思ったんでしょうね。

 本格的に喜べたのは翌日でした。
実験が正しく成功するとは、同じ状況で行なう全ての実験が成功するという事なんです。
その通りそこから先は全てのマウスが緑に輝きました。
そこで初めて<やった!>と思いましたね」


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

アセンションは意識の変容

 このメッセージは極めて重要です。


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
アセンションの嘘   2014-06ー28
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11885046462.html

 俺はオレンジャー!

 君達はアセンションについて何か感じているだろうか?
アセンションとは今の人類の意識が変化して、新しい時代に合った認識に変るバージョンアップの事を指しているのだが、この認識について誤解をしている人がかなり多い。

 例えば、ある日、宇宙人がやって来て選ばれた人だけを救い、その他の人は戦争や天災で滅びるような予言めいた事を言ったり、肉体を捨てて、半神半人のような状態になると言ったりしているが、そうではないんだ。

 既存の体制が大きく変る事は間違いないが、それはハード(肉体等)が変るという事や他力本願的に何かが変るのではなく、君達の認識そのものが変るという事なんだ。

 即ち、OS=ソフトウェアが変るという譬えが一番合っているだろう。
OSが変るので、今迄のルールが通用しなくなったりする。
既存の価値観が大きく変る事もあるだろう。

 数万年という時間があれば、肉体も変化するかも知れない。
ただ、今回のこの事象は凄い短時間で実施されるので、目に見える変化と言うものは(外見上は)分り難いかも知れない。

 ただ、アセンションは着実に進行している。
解る人には既に解っていると思うのだが。。。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

穏やかなひと時

「犬の切手と可愛い動物画像@bot」 @Salukis2
そろそろ寝る時間ですよ (*^^*)
https://twitter.com/Salukis2/status/478529640344989696
  穏やかなひと時


関連記事

テーマ : にちじょー
ジャンル :

重曹の臭い消し効果

 日本薬局方「炭酸水素ナトリウム(重曹)」は、当地のドラッグストアチェーン店で500g入り1箱¥512円(税込み)で買えました。


goo ニュース
今すぐこの臭いをなんとかしたい…なら! 重曹で足のニオイを消臭する方法 
   2014年6月21日(土)10:00      (nanapi)
http://news.goo.ne.jp/article/nanapi/life/nanapi-00006975.html

 汗がいっぱいのスポーツシューズや、嫌なブーツの臭いや、仕事で長時間靴を履きっ放しだと、靴も足もすぐ臭ってしまいますよね。
そのため、「靴の買い替えで痛い出費…」なんて方は沢山いるかと思います。
 そんな時は100円ショップ等でも手に入る重曹を使えば経済的に消臭出来ます!!
ここでは掃除だけじゃない、重曹の消臭パワーについてご説明します。

今直ぐこの臭いをなんとかしたい!緊急時に!

1.明日の朝までに靴のニオイをなんとかしたい!
 要らなくなった靴下や布を使って、大さじ2~3の重曹を爪先の方に入れます。
こぼれないように靴下・布を結んで靴の中に入れれば、次の日には気にならないほど消臭されています。

2.石鹸でも足の臭いがとれない!
 そんな時は重曹大さじ2にお湯大さじ1を混ぜて重曹ペーストを作ります。
足の指の間などに擦り込み、良く濯ぎ良く乾かします。角質なども取れます。
 肌の弱い人は洗面器にお湯と重曹大さじ2~3(重曹の量はご自身で調節して薄めて下さい)を入れ、その中で足を丹念に洗って下さい。

3.出勤時、今直ぐなんとかしたい!
 こんな緊急の時は少量の重曹をパフに付けてパパッと足の裏をはたくのもいいでしょう。
少量であれば時間が経って汗で溶けるのでザラつく心配はありません。
市販の重曹には3つの種類があります。

(1)日本薬局方の重曹
(2)食品添加物の重曹
(3)工業用の重曹

(1)と(2)は体内に入る事が前提で作られているので安心です。
肌に使う場合はこの1か2の何れかを使用して下さい。

終りに

 重曹には、汚れ落しや消臭効果だけではなく除湿効果もあるので、用途に合せて幅広い使い方があります。
 靴の中だけではなく、靴箱にも布やサシェに入れて幾つか置いて置くと消臭&除湿効果で清潔です。
決して高価な物ではなく、ドラッグストアや100円ショップ等で手に入ります。
 用途に合せて使ってみて下さい。
(著: nanapi ユーザー・yukatan 編集: nanapi 編集部)


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

「洋公主(ヤンコンジュ)」問題 詳報

「ZAKZAK」
朴正煕元大統領時代の「闇」で窮地の朴政権 元「米軍慰安婦」が国家賠償訴訟 
     2014.06.26             夕刊フジ
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140626/frn1406261820011-n1.htm~n3.htm)

 韓国が「慰安婦問題」で自爆必至となった。
朝鮮戦争の休戦後、在韓米軍基地近くの売春街(基地村)で米兵ら相手の売春をしていた韓国人女性ら122人が、「韓国政府の厳しい管理下に置かれ、人権を侵害された」として国家賠償訴訟を起したのだ。
朴槿恵(パク・クネ)大統領は、慰安婦問題で日本を激しく批判して来たが、何と、父親の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領が、米軍慰安婦を管理していたとの指摘もある。
 韓国の闇が暴かれそうだ。

 「パンドラの箱が開いたと言える。
今回の国家賠償訴訟は『韓国政府が慰安婦を管理していた』、『米兵が相手だった』という訴えであり、世界中が注目する。
韓国が慰安婦問題で日本を攻撃したり、米国各地に慰安婦像を設置する論拠もなくなるのではないか」

 慰安婦問題の真実を追及している拓殖大学の藤岡信勝客員教授はこう語った。
韓国にとっては、まさにブーメランのような訴訟と言えそうだ。

 元米軍慰安婦122人は25日、韓国政府に人権を侵害された等として、1人当たり1000万ウォン(約100万円)の国家賠償を求める集団訴訟をソウル中央地裁に起した。
訴訟を支援する団体によると「米軍慰安婦」による国家賠償訴訟は初めてと言う。

 慰安婦達は「基地村女性」や「ヤンコンジュ」(洋公主)と呼ばれ、1960~80年代、韓国政府が在韓米軍維持等の為に売春を奨励した他、性病検査も強制していたとされる。

 実際、96年まで慰安婦の「性病管理所」が存在していた事が確認されており、女性団体が韓国政府に対応を求めていた。

 この問題は、韓国国会で度々取上げられ、韓国政府も施設の存在を認めていたが、「旧日本軍の慰安婦」ほど注目されていなかった。

 昨年11月の国会では、野党議員が、朴槿恵大統領の父親である朴正煕元大統領の決裁署名入りの文書記録を基に政府を追及した。
それによると、基地村は62カ所あり、「米軍慰安婦」は9935人いたという。
韓国政府は当時、女性らを「ドルを稼ぐ愛国者」として何度も称えたとされる。

 「朴元大統領が(売春街=基地村を)直接管理していた」とする指摘もあり、今後、朴槿恵大統領が、野党や訴訟支援勢力から追及される可能性もあるという。

 今回の提訴は、日本の慰安婦問題にも大きく影響しそうだ。

 まず、米軍が1944年にビルマ(現ミャンマー)で朝鮮人慰安婦20人に尋問した調書でも明らかなように、旧日本軍の慰安婦は民間業者に雇用され、客を断る権利を与えられ、外出や買物等の自由を与えられていた
これに対し、韓国の元米軍慰安婦は「韓国政府の厳しい管理下に置かれた」と主張している。一体、どちらが「性奴隷」と言えるのか。

 日本を批判している元慰安婦の中には、「ジープに乗せられて慰安所に連れて行かれた」、「クリスマスは忙しかった」と証言している者もいる。
だが、太平洋戦争当時の日本にはジープもクリスマスもなく、彼女達は元米軍慰安婦の可能性が高いのである。
つまり、韓国は自国の慰安婦問題には目を瞑って、日本に罪を擦り付けようとして来た疑いがあるのだ。


 問題は米国にも飛び火しかねない。

 オバマ米大統領は4月末に訪韓した際、韓国メディアの質問に答える形で、慰安婦問題について「甚だしい人権侵害だ」、「何が起きたのか正確で明快な説明が必要だ」と語ったが、元米軍慰安婦の提訴をどう受けて、どう言う説明をするのか。

 前出の藤岡氏は「韓国による、日本の地位を低下させる『ディスカウント・ジャパン運動』は、普通の人間としての常識や節度を超えて進められて来た。
今回の提訴は、それが韓国に戻って来る可能性がある。
 ベトナム戦争での韓国軍の蛮行を暴く動きも出て来た。
韓国は国際的信用を失い、自爆するのではないか。
安倍晋三政権は先日、『河野洋平官房長官談話』の検証結果を公表し、事実上、河野談話の信用性をゼロにした。
 あの行動が、大きな動きを引起したのかも知れない」と語っている。


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

桝の中の金魚

 少し前、私にとって学ぶべきものを多く持っている相手は なわ さんだった。
知識の高さではなく、広さに於いて敵わなかった。
現在は魔龍さんだろうか。私が守護霊に導かれて学んだ神智学が初めて生きる強敵(真を追求するライバル)にぶつかった。
 コブラが居なければ、この人物に遇うこともなかった。


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
導き導かれる仲間      2014-06ー27
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11884926113.html

 俺はオレンジャー!

 君達の世界のルールでは自分の事は中々分らないように隠されている。
自分の事は自分が一番良く知っているようで実は五感という感覚に縛られているために様々な制約の中で自分自身を捕えてしまっているんだ。
自分が知っていると思う程に、実は自分自身の事を知らない事が殆んど。

      桝の中の金魚

 そういう時に仲間からのフィードバックがとても役に立つんだ。
批判や評価ではなく、愛を持ってフィードバックをし合うという事はお互いの成長にとってとても大切な事。
この仕組みの中では仲間がいなければ君達は成長も出来ないし、自分の能力を超えて行く事も出来ない。

 自分を導き、相手を導く。
そんな付合いが出来る仲間が周りに居るだろうか?
居るのであれば、大切にしよう。
居ないのであれば、周りを探して見よう。
必ずその候補となる人は居る筈だから。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

天使の魂を持った女優

 黒猫さんのブログに教えられて「Pouch」さんからの部分転載です。
http://youpouch.com/2014/06/25/206854/

 大女優オードリーヘプバーン。
その美貌は皆が知るところでしょうが、その内面は知らない人が多いのではないでしょうか?
美しさだけではなく、強さと優しさもきっと感じられる彼女の名言の数々。
是非ご覧下さい。




関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

韓国の米軍慰安婦集団訴訟

 「およよと驚く毎日」さんからの部分転載です。


「米軍慰安婦だった」と主張する韓国人女性が集団訴訟
   TBS News      (25日18:20)
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-2665.html
 
 朝鮮戦争後の韓国で政府の管理の下、駐留するアメリカ兵士の相手をさせられ、「米軍の慰安婦だった」と主張する女性達がソウルで記者会見を行い、韓国政府に謝罪と賠償を求め集団訴訟を起しました。

 訴えを起したのは、いわゆる「基地の村」でアメリカ人兵士の相手をさせられた「米軍慰安婦だった」と主張する韓国人の女性122人です。

 「基地の村」とは、朝鮮戦争後、韓国に駐留したアメリカ軍の付近に出来た集落とされ、女性達は声明書で「国家が旧日本軍の慰安婦制度を真似て『米軍慰安婦制度』を作り、徹底的に管理して来た」と指摘しました。

 その上で、当時、政府が米軍周辺などの特定地域を売春防止の除外対象とした等として、謝罪と賠償を求める訴えをソウル中央地裁に起しました。

 韓国では、過去にもこの問題が取り上げられた事がありますが、支援団体によると、こうした女性達が訴訟に踏切るのは初めてです。

  洋公主
   「洋公主」の写真 (OFF-LIMIT や KEEP OUT 等の英語が見える)


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

河野談話の形骸化

 この勝負、日本の作戦勝ちですね。
もう一つ、「南京大虐殺」という歴史の捏造も「調査」して欲しいものです。


goo ニュース
「河野談話を形骸化させる」 韓国、検証報告書を非難
  2014年6月26日(木)19:00       朝日新聞 DIGITAL
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASG6V4SQMG6VUHBI01S.html

 韓国外交省は、河野談話の検証結果に対する見解を公表した。
検証報告書は日本側が日韓の協議内容を勝手に編集したものだとして「談話の信頼性を傷つけ、形骸化させようとしている」と非難した。

 見解は25日付で、25日夜に外交省のホームページに掲載された。

 検証報告書では文言の調整は発表前日まで日韓間で行われ、当時の金泳三(キムヨンサム)大統領も「強制性」に関する最終案を評価していたとした。
こうした協議内容を公開したことについて韓国外交省の見解は「外交慣例に反し、非常識な行為だ」と批判した。


goo ニュース
河野談話 不用意な発言 後世に禍根
  2014年6月21日(土)07:59      産経新聞
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20140621072.html

 河野談話を検証する有識者チームの報告書により、20年以上も国民の目から隠されて来た談話の実態が白日の下に曝された意義は大きい。
産経新聞が繰り返し報じてきたとおり、談話は歴史の厳密な事実関係よりも、強制性の認定を求める韓国側への政治的配慮に基づき、日韓両国がすり合せて合作していた。
また当時の河野洋平官房長官が政府の共通認識を踏外し独断的に「強制連行」を認めてしまった事も改めて確認された。

◆「連行」確認出来ぬ

 報告書は、政府が実施した関係省庁や米国立公文書館の文書調査、旧軍関係者や元慰安所経営者からの聞き取り、韓国の元慰安婦支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」の慰安婦証言集の分析などを通じ、こう結論付けている。

 「(政府の)一連の調査を通じて得られた認識は、いわゆる『強制連行』は確認出来ないというもの」

 その上で報告書は平成5年8月4日の談話発表時の河野氏による記者会見について1つの章を設けこう特記している。

 「(河野氏は)強制連行の事実があったという認識なのかと問われ、『そういう事実があったと。結構です』と述べている」

 これについて、現在の政府高官は「それまで政府は強制連行は証拠がないという一線を守っていた。
それなのに、河野氏の発言で強制連行説が独り歩きする事になった。
完全な失敗だ」と指摘する。
実際、河野談話には「強制連行」という文言は出て来ない。

 地位ある政治家の単なる失言か確信犯的な放言か。
何れにせよ、不用意な発言で後世に災いの種を蒔いた瞬間だったと言えよう。

 また報告書は、今年2月に国会で河野談話について証言して談話検証のきっかけとなった当時官房副長官の石原信雄氏が、慰安婦全体への強制性認定を求める韓国側に対し、こう拒否した事も記している。

 「慰安婦全体について『強制性』があったとは絶対に言えない」

 ところが、報告書によると河野談話は日韓間のすり合せの結果、最終的に「募集、移送、管理等も甘言、強圧による等、総じて本人達の意思に反して行われた」という表記に落着いた。

 この「全体」とも「概ね」ともどちらとも解釈出来る「総じて」という玉虫色の言葉は、当然の事ながら韓国側では「全体」と受止められる事になった。
この間の事情も、趙世暎(チョ・セヨン)・元韓国外務省東北アジア局長の産経新聞に対する次の証言と符合する。

 「韓国側から『こうした表現ならば大丈夫ではないか』と意思表示した」(17日付紙面で既報)

 韓国側は、日本側が河野談話の一部修正に応じなければ「韓国政府としてはポジティブに評価出来ない」とも通告しており、韓国ペースで最終調整が行われていた事も分る。

 また、こうしたすり合せについて、日本側から韓国側に「マスコミに一切出さないようにすべきであろう」と申し入れ、韓国が了解したというエピソードも重要だ。
河野氏を始め政府はその後、すり合せの事実を繰返し否定し、国民を欺いていたからだ。

◆外務省「穏便に」

 ただ、報告書は個々の事例や事実関係への評価は避けており、物足りなさも否めない。
チームのメンバーの一人は「報告書の作成過程で、情報を提供する側の外務省は一貫して『穏便に、穏健に』という意向だった」と振返る。

 政府の公式見解ではなく、民間の有識者チームの検証結果報告という形を取ってもなお、なるべく波風を立てたくないとの配慮が働いている。日本外交の宿痾(しゅくあ)だろう。(阿比留瑠比)


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

全記事掲載順一覧(5)

 このブログの掲載記事を最初から順番に閲覧出来るようにしました。
最新記事本文は5件のみ表示し、この「全記事掲載順一覧」は右欄の「最新記事」20件の中に入っているように調整します。
「全記事掲載順一覧」(5)に収録されていない新しい記事は「最新記事」から閲覧して下さい。
尚、記事は重要なものだけに限定し、出来るだけ数を増さない方針です。

・ 全記事掲載順一覧(1) 記事No.1から100迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

・ 全記事掲載順一覧(2) 記事No.101から200迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-124.html

・ 全記事掲載順一覧(3) 記事No.201から300迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-240.html

・ 全記事掲載順一覧(4) 記事No.301から400迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-341.html


401..竹下雅敏氏の「極めて貴重な情報」(05/05)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-422.html

402.バシャールは邪霊 (05/06)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-423.html) 

403.竹下雅敏氏の「表のイルミナティ情報」(05/06)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-424.html

404.シリウスのエネルギー(05/07)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-425.html

405.竹下雅敏氏の「表のイルミナティ情報」(続)(05/07)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-426.html

406.ここにも邪教の典型が(05/08)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-427.html

407.小保方さん、理研以外での研究も(05/08) 
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-428.html

408.小保方さんの進路(05/09)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-429.html

409.ポール・ブラントンの「新カルマ論」 (05/10)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-430.html

410.雲の悪戯 (05/10)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-431.html

411.これもカルマの法則 (05/10)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-432.html

412.竹下雅敏氏も怪しい (05/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-433.html

413.シルバー・バーチが説く因果律 (05/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-434.html

414.試練に学ぶ (05/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-435.html

415.試練の意味(シルバー・バーチ) (05/12)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-436.html

416.黒魔術は用済み (05/13)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-437.html

417.小保方さん 実験ノートへの誤解に悔しさ (05/13)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-438.html

418.新約聖書の「カルマの法則」 (05/14)
(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-439.html

419.なわのデーヴィッド・アイク論(1) (05/15)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-440.html

420.なわのデーヴィッド・アイク論(2) (05/16)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-441.html

421. なわのデーヴィッド・アイク論(3) (05/17)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-442.html

422.なわのデーヴィッド・アイク論(4) (05/18)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-443.html

423.2014年5月17日の空 (05/18)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-444.html) 

424.惑星の破滅を救う宇宙の基本法 (05/19)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-445.html

425.地球のカルマの清算 (05/20)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-446.html

426.神智学のカルマ論 (05/21)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-447.html

427.全記事掲載順一覧(5)(06/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-448.html

428.日月神示とカルマの法則 (05/22)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-449.html

429.シルバーバーチは悪霊である? (05/23)  
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-450.html

430.小保方さん: 「何ですかそれは」 (05/23)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-451.html

431.「カルマを手放せ」の罠 (05/24)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-452.html

432.やっぱり! 「宇宙の基本法」 (05/25)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-453.html

433.なわの身魂磨き論 (05/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-454.html

434.水面下で進む拉致問題解決? (05/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-455.html

435.スターシード ティアランさんからのメッセージ (05/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-456.html

436.宇宙人から見た核兵器や原発 (05/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-457.html

437.進化した「魔導師」の運命 (05/27)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-458.html

438.カルマが終る時 (05/28)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-459.html

439.何だ! そうだったのか。肥満 (05/29)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-460.html

440.STAP論文1本撤回へ (05/29)
(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-461.html

441.拉致問題、全面解決へ (05/29)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-462.html

442.MH370便 失踪事件の真相 (05/30)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-463.html

443.超短期生れ変りの実例 (05/31)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-464.html

444.しんぞーちゃんが終りそうですって (06/01)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-465.html

445.核戦争で滅んだ惑星マルドゥク (06/02)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-466.html

446.清くして富む道 (06/03)
(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-467.html

447. 小保方さんの検証参加を提案: 理研改革委 (06/03)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-468.html

448.実体験 カルマの法則 (06/04)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-469.html

449.STAP細胞、白紙へ (06/04)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-470.html

450.海洋生物の大量死 (06/05)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-471.html

451.石塚左玄の「食養」 (06/06)
(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-472.html

452.STAP利権はバカンティ教授から●の手へ (06/06)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-473.html

453.歴史に封印されている真実 (06/07)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-474.html

454.封印された神の国日本 (06/07)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-475.html

455.米の教科書に見る日清・日露戦争 (06/08)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-476.html

456.食の大切さ (06/08)
(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-477.html

457.封印された太平洋戦争の真実 (06/09)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-478.html

458.米側資料による「真珠湾」の真実 (06/10)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-479.html

459.太平洋戦争の真の戦犯達 (06/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-480.html

460.小保方さんが検証実験に立会っていた (06/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-481.html

461.STAP細胞はES細胞? (06/12)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-482.html

462.エーテル層のエネルギー (06/12)
(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-483.html

463.理研改革委の提言〔要点〕 (06/12)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-484.html

464.幸せの定義? (06/13)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-485.html

465.風邪は身体の治療行為 (06/14)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-486.html

466.オオマサガスの事が解る記事 (06/15)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-487.html

467.飛 翔 (06/16)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-488.html

468.STAP細胞最新情報 (06/17)
(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-489.html

469.神界の転写が始っている (06/17)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-490.html

470.下村文科相、小保方さんを検証実験に (06/17)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-491.html

471.フリーエネルギー装置の評価 (06/18)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-492.html

472.小保方さん、実験参加を切望 (06/18)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-493.html

473.小保方さん、若山教授に反論 (06/18)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-494.html

474.全ては神からの預り物 (06/18)
(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-495.html

475.小保方さん側の反論全文 (06/19)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-496.html

476.造化の神の悪戯(2) (06/19)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-497.html

477.「水と空気で走れる電気自動車」の誤解 (06/20)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-498.html

478.小保方さん、検証実験参加の可能性は (06/20)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-499.html

479.人生の目的は魂が成長すること (06/21)
(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-500.html

480.QEGの現状 (06/21)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-501.html

481.外野ではなくプレーヤーに (06/21)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-502.html

482.元の意味が真逆に変えられたシンボル (06/22)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-503.html

483.理研、誤ったマウスを提供 (06/22)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-504.html

484.水と空気とアルミで走る電気自動車 (06/23)
(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-505.html

485.水と空気だけで走るEV? (06/24)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-506.html

486.本物だけが生残る (06/24)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-507.html

487.水で走るホンダ車? (06/25)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-508.html

488.ウォーターエネルギーシステム? (06/25)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-509.html

489.「アルミニウム空気電池」関連コメント (06/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-510.html

490.ケムトレイル撒布の理由 (06/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-511.html

491.STAP細胞検証実験の概要 (06/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-512.html

492.河野談話の形骸化(6/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-513.html

493.韓国の米軍慰安婦集団訴訟(6/27)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-514.html

494.天使の魂を持った女優(6/27)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-515.html

495.桝の中の金魚(6/27)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-516.html

496.「洋公主(ヤンコンジュ)」問題詳報(6/27)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-517.html

497.重曹の臭い消し効果(6/28)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-518.html

498.穏やかなひと時(6/28)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-519.html

499.アセンションは意識の変容(6/28)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-521.html

500.STAP細胞は本物(6/28)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-522.html


関連記事

STAP細胞検証実験の概要

goo ニュース
<STAP細胞>小保方氏実験なら厳格監視 理研センター長
   2014年6月26日(木)12:34      (毎日新聞)
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20140626k0000m040138000c.html

 STAP細胞の検証実験について、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の竹市雅俊センター長は25日、小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー自身の手による実験が実現した場合、ビデオでの監視など厳格な管理下で実施するとの計画の概要を、毎日新聞の取材に明らかにした。
竹市氏は「疑惑は決定打にはなっていない。STAP細胞があったかどうか、小保方さん自身の実験で見極めたい」と本人参加の意義を述べた。

 また、竹市氏は現在CDB内のチームが進めている検証実験に既に小保方氏が立ち会い、実験には直接携わらないで助言している事について、その頻度は「主治医の許可がある時」と説明した。

 小保方氏の実験参加については、下村博文・文部科学相が支持しているほか、理研の野依良治理事長も「(参加しなければ)決着はつかない」との意向を示している。今後、理研理事会が可否を判断するとみられる。

 正式に参加が決定し、小保方氏によってSTAP細胞とみられる細胞が出来た場合、
(1)竹市氏らの立ち会いや実験全体をビデオで監視、部屋の出入りや細胞培養装置も鍵で管理するなどの条件で再度実験内容を確認
(2)小保方氏に習った理研スタッフが独自に再現
(3)理研外部の研究グループにも参加を求める
--などの手順を明らかにした。
 一方、小保方氏が1年以内に作製出来なければ、プロジェクトを終了するという。
現在の検証実験では、STAP細胞は弱酸性の液体にマウスのリンパ球を浸して作り、マウス実験で様々な組織になる万能性を確認する事を成功の条件としている。

    m_mainichi-20140626k0000m040138000c.jpg

 日本分子生物学会理事の篠原彰・大阪大教授は「既に立会っているとは驚きだ。
未公表での立会いは公正さを損なう。まず検証実験の進捗(しんちょく)状況や立会う理由を公表すべきだ。
小保方氏も、論文の疑義への説明を果さないまま、実験参加など次のステップに進むべきではない」と話す。【須田桃子】
 

関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

ケムトレイル撒布の理由

 下記のケムトレイルに関する記事に就いては、見事なシンクロがありました。

 先ず、本ブログの過去記事「エーテル層のエネルギー」(06/12)に於いて、オレンジャーの「植物とエーテル」に、神智学のプラーナに関する知識を補足させて頂きました。
補足の要旨:
 プラーナは太陽(司神)から送られて来る四次元の生命エネルギーで、エーテル体を通してあらゆる生命体に取込まれます。
晴れた日にはプラーナが豊富なので日光浴をお勧めします。


 その6日後、魔龍さんが、「ケムトレイルの目的は日光の遮断が第一 」(06/18)をアップされました。
その「さわり」は以下のとおり。

 “ケムトレイルに関して諸説あるが、まず、存在しないとか妄想だとか水蒸気としての飛行機雲(コントレイル)だという情報は全て嘘。
存在する事は確定しており、その目的が問われる所だ。
 筆者が考えるに、太陽光を遮断したいのだろう。
日光がどれだけ知性と精神、そして身体に良いかを知っているからこそ、遮断するというわけだ。
もちろん、ついでに病原体やウィルス、毒性物質などを仕込んでいる事も想定内だ。
 ・・・
 太陽から高次元のエネルギーが降り注ぐ
一方、月からは人々を三次元意識に閉じ込める電磁波が放出されている。
そのエネルギーの元は外宇宙から土星を経由して届いているようだ。


 そして、そのまた6日後、次の記事が出て来ました。流石は魔龍さんです。


「世界の裏側ニュース」
ハーバード大学によるケムトレイル撒布の理由とは
 2014年06月24日(火) 00時10分06秒
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11883156977.html?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed

 アメリカの科学者らが、気象の操作や太陽光線を遮断するためにケムトレイルを使用していることを認めていたことが、最近明らかになった。

 ニューメキシコ州フォートサマーの上空80,000フィート(約24km)に気球を飛ばし、人工的に地球を涼しくする目的で、太陽光を反射する化学物質の粒子を噴射する予定であることを、調査員の一人であるハーバード大学出身のデイビッド・キースが発表している。
この噴射された粒子が太陽光を反射し、宇宙に跳ね返すことで地球の温度を下げようという考えだ。

 キースは、何百万ドルもがかけられたマイクロソフト社のビル・ゲイツが資金を提供している地球工学の研究センターを所有している。
以前に、あるアメリカの航空宇宙企業が、太陽・地球工学の技術の大規模な展開の実現可能性を論証する研究をこのセンターに委任していた。

 キースは、パートナーのジェームス・アンダーソンと共に、煙霧質の硫酸塩を何十あるいは何百キロも空中に排出し始めることを計画している。
 これは、よく似た地球工学的(ジオ・エンジニアリング)なプロジェクトであるケムトレイルの影のコンセプトと同じである。
ケムトレイルとは、バリウムやアルミニウム、ポリマー繊維や生物学的作用物質などを、飛行機で空から噴射するものだ。

 ケムトレイルは飛行機雲と見た目で区別をつけることが可能である。
飛行機雲は飛行機が動くにつれ、すぐに消えることが多いのに対し、ケムトレイルは空に残るだけでなく、空に広がり、最終的には雲のようになってしまう。
 しかしながら、イギリス政府を始めとした各国の政府および世界中の科学的研究機関は、これまでのところ、ケムトレイルや地球工学、気象操作などの考えを、事実に基づかない荒唐無稽な陰謀論として片付けていた。

 しかし今では、それは間違っていたように思われる。
このキースとアンダーソンによるこの新しい地球工学的なプロジェクトは、一年以内に実施される予定だ。
 このプロジェクトでは、何十、何百kgもの粒子が放出され、それによってオゾンの化学的性質に与える影響を計測し、また、硫酸塩のエアロゾルを適切なサイズにする方法がテストされる。
 太陽光線の遮断であることが目的であると述べていた事実にもかかわらず、ガーディアン紙の取材に対しキースは、目標は気候・天気を変えることが目的ではないと話している。

キース: 「目標は気象を変えることではなく、単純にマクロスケールでのプロセスを研究することにあります。直接的なリスクは非常に小さいものです」
同氏はまた、太陽・地球工学は、地球温暖化の速度を遅くする方法として安価なものとなる可能性があるとも言う。
 しかし、彼の計画に対しては、予想がつかず、地球の気象系や食料の供給に破滅的な結果を出しかねないと、他の科学者や環境団体などから批判が出ている。

 このプロジェクトの複雑さはまだ理解されることがないかもしれないことは認めながらも、キースは、この実験によってずっと大規模な硫酸塩の噴射がオゾン層をどのように変えるかというモデルを改善する機会となると主張している。
 しかし環境保護の活動家はこれには同意していない。
カナダに拠点を構えるテクノロジー監視機構であるETCグループの事務局長であるパット・ムーニー氏は、この計画によってオゾン層をさらに破壊し降水量を狂わせ、食料用作物が汚染される可能性が高いと話している。

 「大気中の温室ガスのレベルを下げたり、あるいは海の酸性化を止める効果はまったくないでしょう。
また今までに出されている数学的モデル化されたデータによると、太陽・地球工学によって、南半球により高いリスクを突きつけることになるため、気候に関連した国際的な対立が起こるリスクを上げることになる可能性が高いです」

 先月公表されたある科学的研究によると、このような地球工学プロジェクトによって、北米や北欧の一部の地域で降水量が15%低くなる可能性がある一方で、南アフリカの中心部では降水量が20%以上下がる可能性があるといわれている。
つまり、このような地球工学技術によって、世界の一部の地域に干ばつ、飢饉に穀物不足をもたらす可能性があるということだ。

 二酸化硫黄の危険性は、米国環境保護庁が実証している。
同庁は、二酸化硫黄の排出は、健康被害や寿命の短縮などの原因になっているとしているのである。
 また、二酸化硫黄や他の化学物質を空中に撒布するまさにそのプログラムに資金を提供している国際連合や先進国へ、地球工学やケムトレイルに対する監督権限を譲り渡すことを、上記の庁はウェブサイトで促進しているのは興味深い。

 米国・ラトガース大学の科学者らによる2008年の研究結果では、地球工学によって何十億もの人の健康を害する可能性があることを明らかにされている。
 地球工学的な目的でエアロゾルを熱帯地方や北極地方に撒布すると、アフリカやアジアの夏季モンスーンを混乱させ、何十億もの人に対する食料や水の供給が脅かされる可能性が高いというのだ。

 科学者のキースやアンダーソンが公表している内容に反して、ラトガース大学の研究では、実際のところ地球工学的プロジェクトによって、オゾン層が激減したり水循環の力が弱くなったりし、その結果として河川の流量や土壌中の水分が減少させると主張している。

 実験を行ったアラン・ロボック(Alan Robock)率いる科学者らは、地球温暖化は人工的なものだと信じているようだが、その一方で地球工学、ジオエンジニアリングは地球温暖化をより一層悪化させうると警告を発している。
  (翻訳終了)

元記事: 【Akashic Times】 2013年7月29日
ハーバード大学の科学者らが太陽光を遮断するためにケムトレイルを使用していることを認める(Harvard scientists admit using chemtrails to block the sun)
http://akashictimes.co.uk/harvard-scientists-admit-using-chemtrails-to-block-the-sun/


関連記事

テーマ : 魔法・魔術
ジャンル :

「アルミニウム空気電池」関連コメント

1.「田舎で深呼吸」
空気から電気を作る永久エネルギー のコメント欄から
http://stonegods.blog.fc2.com/blog-entry-751.html#cm

No title
 空気アルミニウム電池は永久エネルギーじゃないですよ。
基本的に一次電池だから使い捨てです。
エネルギー密度がべらぼうに高いだけ。
 だからアルミメジャーと組んでるわけです。
イスラエルが絡んでいる当たり、利権がからんでいますね。
 2014-06ー24(18:20) : いつかコメントした名無しさん

Re: No title
 こんにちは。
これはね、青写真なんですよ。
こういう形で発電できると分かれば多くが研究する。私はそれを促してるんですよ。
 掛かるコストに関しても、研究者がそのままでいいと思っているはずがありません。
何を作るにあっても課題は次から次に出てくるのは仕方ないことです。だからといって否定していていはテクノロジーに進化はないというのが私の考えです。
 そのうちもっと効率のいい素材が見つかるだろうし、またコストも掛からず大量に生産できるようになるでしょう。
 現在のテクノロジーでは、基本的に全ての機器が使い捨てですよ。
だからもうそこは問わないことにしたわけです。
 2014-06ー24(20:51) : タラの芽団地

666の感想
 「タラの芽」の性格が良く出ていますね。
同じ言い訳でも「ふぐり玉蔵」の方が未だ可愛げがあります。


2.「金子譲(ゆずりん)@yuzulin の Twilog」  から
2014年06月20日(金) 11 tweets
http://twilog.org/yuzulin/date-140620

6月20日 金子譲(ゆずりん)@yuzulin
 水と空気で走行する自動車が開発されている。
2017年にはルノー・日産アライアンスによって実用化される予定。従来のガソリンの替わりに水とアルミニウムが反応して生じる電力を利用し、理論上は1600kmをノンストップで走り続けることが可能。 http://stonegods.blog.fc2.com/blog-entry-747html… 
 posted at 20:05:10

6月20日 金子譲(ゆずりん)@yuzulin
 @ompfarm 6年ほど前にジェネパックスという会社が同じような技術を発表して話題になりましたが、いつの間にか消えていた。なぜ撤退したのかは不明。
 今度はルノー・日産から出るということで、俄然信憑性が上がりました。
表沙汰にはならなかったけど、密かに買収されていたのでしょうか?
 posted at 20:39:34

666の感想
 どうして「水と空気とアルミニウムで走行する」と言わないんですかね。
金子譲さんも QEG 以外ではこの程度のレベルです。
ハートの贈りものg+」の「フリーエネルギー情報交換」カテゴリーに投稿していたら一刀両断にされていたか、無視されていたでしょう。
あそこには「sirosiro108」さんがいますから。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

ウォーターエネルギーシステム?

 水から直接発電するという「ウォーターエネルギーシステム」、参考記事1 を読んでも私には本物だという感触は全くありませんでした。
これを紹介した Gigazine 編集部も「信じることは出来ません」と結論付けています。
この技術は本物だから潰されたのではなく、偽物だから自然消滅したのだと思います。
 最近 Alcoa (アルコア)と Phinergy(フィナジー)社が共同開発した「アルミニウム空気電池」も、水から直接発電するものではありません。
従って、この両者が似たようなものだという前提で書かれた「空気から(水を得て、その水から)電気を作る永久エネルギー」(参考記事2)は、別の意図を持って書かれた架空の話です。
 これを文面どおり受取った真面目なおバカさん達の為にこの記事を書いています。
   

参考記事1: 「Gigazine」
水から電流を取り出すことを可能にした新しい発電システム「ウォーターエネルギーシステム」を見に行ってきました   2008年06月12日 16時51分00秒
http://gigazine.net/news/20080612_wes/

 俄かには信じられないのですが、「ジェネパックス」という会社が、直接水を供給することによって発電する「ウォーターエネルギーシステム(Water Energy System)」(略称: WES)というのを開発することに成功したそうです。

 これはいわゆる水素燃料電池の開発を背景としており、水素燃料電池と比較すると水素発生にかかるコストが少なく、CO2の排出もないとのこと。
また、貯蔵に関する安全性の問題がないため、広く普及することが期待できるそうです。
本当なのでしょうか?

 というわけで、本日午前10時半から大阪府の議員会館2階で行なわれた説明会に行って来ました。
当日はこのシステムを使ったデモや、実際にこのシステムを使って走行する自動車が登場。
その様子も撮影してきました。詳細は以下から。

※ この記事は3部作になっているため、この記事だけではなく最後の記事現時点での結論(下記)までしっかり読んで判断してください。
http://gigazine.net/news/20080612_wes_q_and_a/

 “現時点では内容に余りにも疑問点が多過ぎるため、残念ながら「疑似科学」扱いの領域を脱し切れていません。
本当に地球の未来と環境のことを考えているのであれば、その「企業秘密」の触媒などの部分を明らかにして欲しいものです。
それらが明らかになるまでは残念ですが「ウォーターエネルギーシステム」を信じる事は出来ません。”


参考記事2: 「ほんとうがいちばん」
空気から電気を作る永久エネルギー/水と空気で走れる電気自動車2017年頃に実用化の見通し << 作成日時 : 2014/06/23 14:54 >>
http://mizu888.at.webry.info/201406/article_88.html

転載元: 田舎で深呼吸さんより
空気から電気を作る永久エネルギー
 空気から電気を作る永久エネルギー

 機器の劣化はどの機器にも訪れることなので、ここではそれは無視して進めるが、上記の機器を組み合わせれば、理論上「永久エネルギー」が完成する。

 空気アルミニウム電池」は水を燃料として電気を作る(註: 間違い。水ではなく、アルミニウムが燃料)が、「EcoloBlue」は空気を燃料として水を作る(電気を必要とするが、それは前者から供給される)。
 つまり、これらを合体させれば、この地球表面上では人為的な燃料補給の必要無しに半永久的に電気が作られることになる。(註: 間違い。水が幾らあってもアルミニウムが全部酸化された時点で発電が止る。燃料であるアルミニウムの補給が必要)

 ※ 過去に日本でも似たようなシステムが開発され(註: 本質が全く違う)、私なりに期待していたのだが、圧力により潰された。
当時そのサイトには「私たちの力が及ばず世に出すことが出来なかった」と謝罪があり、その後そのサイトは閉鎖された。(http://gigazine.net/news/20080612_wes/

 さて、仮にこの合体されたシステムの燃料を公言しないでいれば、一般には何が元になって電気が作られているか分からないだろう。
答えは、空気→水→電気と変換されているので、燃料は空気だけということになる。 

 つまり、このシステムは、空気から電気を作るということであり、さらに機器の代金は仕方ないとしても、燃料自体は空気なのでタダだからそういう意味でもまさにフリーエネルギーなのである。

 現在フリーエネルギーと言われているエネルギーの元が「磁場」なのか、「空気」なのか「ニュートリノ」的なものなのかの違いだけである。

 正直、上記の言ってることが分らないのであれば相当頭が固いと思う。テクノロジーの進歩はその柔軟さが必要だ。

 そう、私が提案したいのは、開発をコチラに絞ったほうが速いのではないか? ということ。
いつかパソコンのように、パーツ毎に買うなりして、自分で作れる時が来ることを期待している。

(転載終了)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
水と空気で走れる電気自動車が2017年頃にルノー・日産から実用化の見通し
 2014年06月14日 18時00分49秒|GIGAZINE より抜粋して転載

〔本ブログで繰返し紹介して来た内容なので省略〕


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

水で走るホンダ車?

 下記の「ほんとうがいちばん」さんの記事、念のため転載元の Youtube を調べてみたら、ただの水素燃料電池車のようでした。
本当に水だけを燃料とする車は未だ出来ていない筈です。


You Tube JP
脱原発! 代替エネルギー/水で走るホンダ車 ー Water Powered Car by Honda
http://www.youtube.com/all_comments?v=pfBOmMxKzR0

コメント欄

 宮越 俊一
 1年前

 HONDAに聞いたら、水素燃料電池の車らしいぞ。水では走らん。
以下HONDAの回答。

 弊社製品にご関心を頂きまして、誠に有難うございます。
水エンジンということでご質問を頂きましたが、お知らせ頂いたウエブサイトの映像にございます車は弊社の FCX CLARITY でございます。
 同車につきましては水素貯蔵された水素を、燃料電池によって大気中の酸素と反応させることで電気を発生し、モーターを動かすことで走行可能とする燃料電池車と呼ばれるお車でございます。
※水素と酸素の反応時に水が生じます。


「ほんとうがいちばん」
水で走るホンダ車(Water Powered Car by Honda) はハリウッド限定販売
<< 作成日時 : 2014/06/15 22:06 >>
http://mizu888.at.webry.info/201406/article_61.html

Youtubeより

脱原発!代替エネルギー/水で走るホンダ車‐Water Powered

 2012/04/13 に公開
▼YouTube(概要)より転載
 完全脱原発の代替エネルギー、ガソリンも電気も使わない究極のエコカー・水で走るホンダ車
【Water Powered Car by Honda/ハリウッド限定販売】
夢のクリーンエネルギー実現


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

本物だけが生残る

宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 時代の境目    2014-06ー24
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11882860072.html

 俺はオレンジャー!

 君達は今、時代の大きな境目にいる。
後世の教科書には、きっとこの時代は大きな変革の時代であったと紹介されることだろう。

 時代の境目には、必ず次の時代の核となるような仕組みや人が存在している。
今、周りを是非見渡して欲しい。
そうしたメッセージやヒントが本当に沢山ある。

 政治も経済も今迄のルールが通用しなくなり、人々は新しい何かに大きな期待を寄せている。
こういうステージでは、本物も偽物も含めて沢山の候補が生れて来る。

 騙されてはいけない。
その中で本物だけが生き残り、それ以外のものは徹底的に淘汰されて行くのだから。


 君達の魂はその時代の境目を味わいたくて、この時代を選んで生れて来ている。
大変な事が沢山ある一方で、これだけ刺激が多く、また個人に総てが公開されている時代も稀有であろう。
 君達一人ひとりが心の侭に輝けるようなそんな仕組みになって欲しい。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

水と空気だけで走るEV?

 下の記事のタイトルも羊頭狗肉で、良く読むと「アルミニウム空気電池車」のことです。
ガソリンに相当するエネルギー源は「電気の缶詰」と言われるアルミニウムなのに、何故、ただの水と空気で走ると誤解されかねない表現をするのでしょうか? 
 理系の理解力が足りないのか、わざと撹乱情報を流しているのか。


YAHOO! ニュース
水と空気だけで走るEV、2017年に実用化!?
 clicccar   6月23日(月)8時30分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140623-00010000-clicccarz-bus_all

 2011年12月にトヨタが BMW との次世代リチウムイオン電池の共同研究を発表。
昨年1月の共同記者会見によると、リチウムと空気中の酸素の化学反応を電力とする「リチウム空気電池」の研究で、負極に「リチウム」、正極に「空気」を使用、バッテリーのセル内をリチウムで満たして容量の大きいバッテリーを作るのが目標。

 一方でイスラエルに拠点を置く「Phinergy(フィナジー)」社と、アルミニウム関連製品の大手メーカー「Alcoa(アルコア)」社のカナダ法人「Alcoa Canada 」の開発チームによって水と空気を燃料にして走行する「空気アルミニウム電池自動車」の開発が進められているようです。
 従来のガソリンの代りに普通の水をアルミニウムと反応させ、その際に生じる電力をエネルギーとして利用するというもので、理論上1600kmもの距離をノンストップで走り続けることが可能と言います。

 2017年を目処に実用化を目指しているそうで、この「空気アルミニウム電池」を搭載した車両は既に走行実験を済せており、ルノー・日産アライアンスがこの技術の採用を予定している模様。
 テスト車両のベースとなっているのはトヨタとプジョー・シトロエンが共同開発した「シトロエンC1」(トヨタではAygo)で、テールゲートを開けると黒い横長の電池モジュールが搭載されているのが見えます。
 25枚のユニットを繋げたモジュールが上下に2台配置されており、合計で50枚のユニットから構成されています。
電池内部には負極(アノード)に Alcoa 社のアルミ薄板が用いられており、これに電解液となる水と、正極(カソード)に空気層を配置した構造。
 これにより大幅な軽量化が可能となり、高いエネルギー密度が得られることから航続距離の飛躍的な向上が実現するというもの。
 デモ走行では普通の乗用車然とした走りを見せており、燃料となる水を1ー2ヶ月に一度ガソリン車と同じ要領で燃料口から補給すればOKとか。

 水素を必要とする FCV の上手を行く「空気」と「水」だけで走るクルマが実用化された際には既存の「石油・ガス」業界など、世界の経済地図を塗り替える程のインパクトを与えることになりそうです。

■PHINERGY社 Webサイト
http://www.phinergy.com/
■ALCOA社 Webサイト
https://www.alcoa.com/global/en/home.asp.Avanti Yasunori


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

水と空気とアルミで走る電気自動車

 ここで使われる「アルミニウム空気電池」は超効率発電機(いわゆるフリーエネルギー装置)ではありません。
使用済みアルミニウムをリサイクルするために、大量の電力を消費します。


参考記事: 「スマートジャパン」
空気と水とアルミで1600km走る、変わるか電気自動車
    2014年06月12日 15時00分 更新
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1406/12/news080.html
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1406/12/news080_2.html

 米 Alcoa とイスラエル Phinergy は、2014年6月、アルミニウム空気電池で走行する電気自動車を公開した。
金属アルミニウム自体を電気の「缶詰」として利用するため、充電せずに走行する電気自動車となった。〔畑陽一郎,スマートジャパン〕

 米 Alcoa (アルコア)*1)とイスラエル Phinergy は、2014年6月、アルミニウム空気電池を備えた走行可能な電気自動車をカナダのモントリオールにあるサーキットで初公開した(図1)。
ケベック政府は両社と共同でアルミニウム空気電池の採用に向けて働きかけるという。

 両社が共同開発したアルミニウム空気電池は走行可能距離が長いことに特徴がある。約1600kmだ。
通勤などで1日25km乗車するユーザーなら、2カ月以上、そのまま使い続けることが可能だ。
両社は、アルミニウム空気電池を採用することで、電気自動車の航続距離や価格、ライフサイクルコストがガソリン車と同等以上になりうると主張する。


*1) 米 Alcoa はアルミニウム製造業として120年以上の歴史があり、世界第3位の規模の企業。アルミニウム精錬法を開発した Charles Martin Hall が設立した。自動車産業とのかかわりも大きい。同社が開発したアルミニウム溶接技術(Alcoa 951)は自動車会社がアルミニウム材料の大量採用に向った一つの要因だと主張する。

 図1 アルミニウム空気電池で動作する電気自動車
 図1 アルミニウム空気電池で動作する電気自動車 出典:米Alcoa 

 金属アルミニウムが水と反応して水酸化アルミニウムに変化する際に、電流を取り出すことで動作する電池はアルミニウム1kg当たり最大8kWhの電力量が得られるという。
 リチウムイオン蓄電池との最大の相違点は、充電可能かどうかという点だ。
両社のアルミニウム空気電池には充電という概念がなく、使い終ったらカートリッジを交換する

 Alcoa によれば、水力発電などの安価な電力を使ってアルミニウムを製造し、電池パネルに加工する。
利用後に水酸化アルミニウムを回収し、そのままアルミニウムの原料として再利用するという。

 同電池は電気自動車以外にも用途がある。定置型だ。
病院やデータセンター等様々な非常用電池として利用出来、防衛用途にも適するという。
 使用を開始するまで無制限に貯蔵して置くことが出来、水を追加するだけで電力を取り出すことが出来るためだ。
更にエネルギー密度が高いため、非常時など、初期に対応するための電池としても優れるという。

どのような電池なのか
 今回電気自動車に搭載した電池モジュールの寸法や重量は公開されていない(図2)。
モジュールの推定重量は約50kg。約20cm角のアルミニウムを主成分としたパネル(電池セル)を50枚搭載しており、モジュール全体の長さは100cm近くあるようだ(図3)。
Alcoa の説明によれば、パネル1枚当りの走行可能距離は約32km。
パネル毎に「ガソリンスタンド」で交換する形を採る可能性もあるとした。

 図2 車体後部に搭載されたアルミニウム空気電池
 図2 車体後部に搭載されたアルミニウム空気電池 出典:米Alcoa

 図3 アルミニウム空気電池モジュールの外観
 図3 アルミニウム空気電池モジュールの外観 出典:米Alcoa

どうやって実現したのか
 金属空気電池の概念自体は広く知られている。
例えば、空気亜鉛電池は100年の歴史があり、現在でもボタン電池として広く使われている。
空気亜鉛電池の理論容量(重量エネルギー密度)は1.3kWh/kgであり、アルミニウム空気電池が実用化できれば、理論容量にして6倍の容量増を見込むことが出来る*2)。

*2) リチウム空気電池の理論容量はアルミニウム空気電池のさらに1.4倍と高い。研究開発が進んでいるものの、車載デモが実行できるようなユニットは製作されていない。リチウム空気電池では、充電が可能な蓄電池タイプに取り組む研究者も多い。

 Phinergy はアルミニウム空気電池と亜鉛空気電池の研究開発を進めている。
同社の説明によれば、アルミニウムを利用した(空気電池ではない)電池は、アルミニウム金属負極と電解質、正極が必要であり、正極が電池重量の70%を占めている
アルミニウム空気電池は正極を空気と置き換えたため、軽量化出来たという。
これが金属空気電池の理論容量が高くなる一般的な理由だ。

 亜鉛空気電池と比較すると、アルミニウム空気電池には歴史がない。
同社の説明によれば正極(空気極)を多孔質構造にして表面積を確保し、さらに酸素を還元する(註: 発生する水素を燃して水にする)触媒作用を持たせないといけない。
 するとアルミニウムを使い切る以前に正極の寿命が来てしまう
二酸化炭素などが正極に悪影響を及ぼすためだ。
同社は銀ベースの新触媒を開発することで、寿命を数千時間に延すことに成功したという。
寿命が長いだけでなく、電気化学的な性能が高く、機械的な構造に柔軟性があり、リサイクルもし易いという。

 今回のアルミニウム空気電池は、Alcoa と Phinergy が2014年2月に発表した協業の初の成果だ。
両社はアルミニウム空気電池の材料の他、製造プロセスや製品化について協業している。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

理研、誤ったマウスを提供

 この件がSTAP細胞騒動と関係しているかどうかは未だ不明です。


goo ニュース
理研、誤ったマウスを提供 41機関、研究に支障も
  2014年6月22日(日)05:30      朝日新聞 DIGITAL
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASG5Y7T26G5YPTIL03P.html

 理化学研究所が国内外の研究機関の注文に応じて実験用マウスを提供している事業で、誤ったマウスが繰り返し提供されていた事が分った。
41機関に注文とは異なる計178匹の遺伝子組換えマウスが提供され、中には実験データが使えず、研究に支障が出たケースもあった。

 正しい遺伝子組換えマウスの提供は、iPS細胞などの再生医療研究を支える基盤となっており、ミスは研究の信頼性を損なう事態に繋がりかねない。

 誤ったマウスを提供していたのは、理化学研究所バイオリソースセンター(茨城県つくば市)。
約6900種類の組換えマウスを管理・販売する国内最大の実験用マウス提供機関だ。
 センターは多様な組換えマウスを開発者から預かって管理。
研究機関はセンターが管理するマウスのカタログから実験に適したマウスを選び、繁殖用の種マウスとして数匹購入し、繁殖させて実験に用いる。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

元の意味が真逆に変えられたシンボル

 最近のコブラ情報はイベントとは関係のない内容が主体となっており、ありふれたチャネリング・メッセージと変らなくなっています。
コブラは既に魔力を失ってはいますが、私のハンドルネームに関係する次のメッセージは参考になりました。(多分、正しい)


666という数字
 かつては女神ヴィーナスの聖なる数、今は闇の勢力のシンボルとして大衆のマインドに刻まれています。

 日月神示では666を ○=水、の天地人、六六六を ゝ=霊、の天地人の意味に使い分けており、上記と符合しています。 つまり、666は女神、六六六は男神です。
大本では、出口王仁三郎を変性女子(瑞の御霊)、出口ナオを変性男子(厳の御霊)と呼びました。(註: 瑞=みづ、厳=いづ、と読みます)

五芒星
 かつては女神ヴィーナスの聖なるシンボル、今は無学の大衆にとっては黒魔術のシンボル。

ルシファー
 かつては女神ヴィーナス - 光の使者 - 明けの明星のシンボル、今は意識的でない人にとっては闇の勢力のリーダーのシンボル。

まんじ(卍
 かつては精神的進化のシンボル、今はナチズムを連想させます。 

ISIS
 今復(いままた)、女神イシス(アイシス)の名前が恐怖のイスラム教スンニ派武装勢力「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」のイメージで置換えられようとしています。


参考記事
「WAKING TIMES」 Reclaiming the Spiritual Symbols that Have Been Hijacked and Used Against Ushttp://www.wakingtimes.com/2014/06/03/reclaiming-spiritual-symbols-hijacked-used-us/
「Now Creation」 ISIS?http://nowcreation.jimdo.com/2014/06/19/isis/


関連記事

テーマ : 魔法・魔術
ジャンル :

外野ではなくプレーヤーに

宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
プレーヤーで生きよう      2014-06-20
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11881101979.html

 俺はオレンジャー!
先ほど日本vsギリシャの試合が終った。
試合に対して色々な解説やコメントが飛交っている。
色々なサポーターや解説者が尤もらしい意見を言っているが、正直、こうした外野の呟きはどうでも良い。

 プレーヤー以外の存在は、所詮その客観的立場でしかモノが言えないし、その立場での意見は個人の見解なだけであって、そこにリアルな情報は存在しない。
あの激しいピッチの上で戦った人にしか解らない世界がある。

 世の中を見渡して欲しい。
外野的な存在ばかりが目立っていて実はプレーヤー的に生きている人が少ないように思う。

 自分の人生、サポーターや解説者ではなく、プレーヤーとして生きて欲しい。
他人事ではないんだ、あなたの人生は。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

QEGの現状

 “ハートの贈りものg+”に投稿されたコメントを、金子 譲 さんのものを中心に繋いで見るとQEGの現状が解ります。
金子さんは実際にQEGの製作に取組んでおられる方ですので、コブラ、ベンジャミン他の、粉飾されたネット情報とは違います。
 QEGの現状は、

材料費: 最低80万円程度
重量: 50~100kg
動作時間: 一定負荷で1時間程度

 要するに、未だ家電製品一つ、満足に動かす事が出来ないそうです。

 以下は、過去記事「フリーエネルギー装置の評価」(06/18)でご紹介した記事に、後から付けられた25件のコメントの中から抜粋させて頂いたものです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
・ Yuzuru Kaneko 2014/06/18+0

 QEG製作日本チーム発起人の金子です。
この記事を読んでちょっとブルーになりました。
というのは、QEGが有望なフリーエネルギーのナンバーワンだって事だから。
 僕は直接開発に携わっているだけに、QEGが未だ未だ実用に程遠い事を良く知っているから、これがナンバーワンじゃ、フリーエネルギーが世界を変えるなんて、未だ未だ先の話だと思い知らされてしまいます。

 僕はQEG自体はニコラ・テスラの時代から殆んど進歩していない、最も原始的なフリーエネルギー技術だと認識していました。
それでも開発してみようと思ったのは、QEGが技術をオープンソース化するという画期的な試みに踏み切ったからです。
たとえ技術的には原始的でも、オープンソースで広める事に大きな意義があると考えました。

 現実的には、飛行機に例えるならば、今のQEGはライト兄弟の飛行機に毛が生えた程度の物です。
飛行機の実用化、すなわち旅客機が世界中の空を飛回るようになるまで、ライト兄弟からどのぐらい時間がかかったかを考えれば、今のQEGのレベルが分ると思います。

 それでも、誰かがやらなければ、フリーエネルギーによる革命は起きません。
何時の日かそれが現実になる事を信じて、微力ですがこれからも進んでいく心算です。
僕は今53歳ですが、死ぬ迄にはそんな世界の実現を見てみたいものです。
http://samadi.cocolog-nifty.com/sahasrara/2014/05/qeg-be83.html
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
・ meisou jinruikaihou 2014/06/18

 いつもブログ読んでます^^応援してますので頑張って下さい。
日本チーム発起人でしたか@@
未だ未だ実用化は先ですか><残念。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
・ Yuzuru Kaneko 2014/06/18+0

 QEGに関しては、それが正直なところです。
僕は技術的にはQEGよりも進んでいるフリエネ技術が幾らでもあると思っていたので「QEGが有望なフリエネ技術のナンバーワン」と言われると「えーっ、嘘でしょ?!」と思ってしまうのです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
・ Yuzuru Kaneko 2014/06/19+0

  >sirosiro108 さん
モロッコのチームは実質的にQEGの本家FTWのスタッフが入ってますので、「再現」ではなく、本家のチームがモロッコで開発を継続している、と言うべきでしょうね。
僕が「QEGは飛行機に例えるなら、未だライト兄弟に毛が生えた程度」というのは、このモロッコの実績を前提にしています。
QEG開発の最先端でも未だその程度なのです。


 何れにしても机上の理論だけでは開発は出来ません。
何はともあれ、実際に作って見る事です。
パーツ代は国産化によって80万円程度まで圧縮出来る見込です。
(台湾パーツは115万円程度、200万というのはオシロスコープなど必要機材などを含めた概算です)

 sirosiro108 さんも良かったらチャレンジして見て下さい。
実際に製作するチームが増え、ノウハウを交換する程より開発スピードが上ると思います。
それがオープンソースの良い所です。
Facebook にグループを作っていますので、良かったらどうぞ。
https://www.facebook.com/groups/510404929071477/
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
Fujii Kazuyuki 2014/06/19+0

 金子さん、sirosiro108 さん、narudekoさん
お二人のやり取りを読ませて頂き色々考えていました。
私がQEGのポイントと書かせて頂いた事以下(また、素人の感で恐縮ながら、生意気お許し下さい)

・ レゾナンスに至らせる調整ノウハウ
・ 費用200万
・ 電気的、機械的安全を充分に考慮した機構を追加(感電死)
重い(概算で50~100kg)

 相似コンパクトな物でなくともあの原子炉に比べれば乗越える事は、これだけの事なんですね。
はぁ? これだけの事と、お怒りが聴えるようです。
 でも、これさえ出来れはオールOK! 出来ない、見えてない部分はない。
いっそ、出来ている部分を安全にエンクロージャーしちゃえば? と勝手に考えて見ました。

 私は Face B に参加出来ないのですが、私も一技術者、支持者として協力出来る範囲で行きたいので宜しくお願いします!
 しかし、g+ 編集出来て使い勝手いいですね!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
・ Yuzuru Kaneko 昨日(2014/06/20) 1:27+1

 >narudeko さん
過去あらゆるフリーエネルギーは妨害の為に潰されて来た訳ですが、見方を変えれば、人間の意識が未だエゴが愛を上回っている段階では、フリーエネルギーを手にする事を宇宙の法則が許さなかった、と考える事も出来そうです。
あのフリーエネルギーの父の天才科学者、ニコラ・テスラでさえもその例外ではなかったのでしょう。
 しかし、その意味では私利利欲を捨てて、技術をオープンソースにしたQEGは、初めて「愛がエゴを乗り越えた」フリーエネルギー技術かも知れませんね。
 ひょっとすると、技術としては原始的でも、スピリチュアルな意味では、QEGは最先端なのかも知れません。
だとすれば、思いも依らない道が開ける事もあるかも知れませんね。

 >Fujii Kazuyuki さん

 いや、そういう事ではないのです。
現状のQEGはオーバーユニティ(電力の出力が入力を上回る事)の状態で動作するのが1時間程度が限界だと聞いてます。
1時間しか動作しない発電機なんて、何の役にも立たないでしょう?

 ライト兄弟の飛行機の人類初飛行は、僅か滞空時間が十数秒だったと思います。
1時間しか動作しないQEGはそれよりはマシかも知れませんが、僕が「QEGはライト兄弟の飛行機に毛が生えた程度」と言ったのは、そういう意味です。
 しかも、その1時間でさえ、負荷が変わると共振点が変って出力が乱高下するので、安定した電源としては全く使えません
要するに、今のQEGでは家電製品一つ満足に動かす事が出来ないのです。

 家庭用の電源として電力会社に取って代るには、日本仕様ならAC100V 50Hz or 60Hzで、最低30Aぐらいの電源として安定して発電してくれなければ使い物になりません。
 しかも電気はライフラインですから、その状態で最低数年は故障もせずにノンストップで電気を作り続けてくれなければダメです。
更に、機械は何時かは故障しますから、故障しても電気の供給を止めずに迅速に修理するにはどうしたら良いかも考えなくてはなりません。

 最低これらの技術的ハードルを全部クリアしなければ「実用的」とは言えないでしょう。
そこまで行くのに後何年かかるか…今のところは見当もつきません。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
・ Fujii Kazuyuki 昨日(2014/06/20) 4:10+0

 金子さん
無知な私に解説頂き有り難うございます。

 現状のQEGはオーバーユニティ動作が1時間程度が限界ですか。。
厳しいですね。
元メーカーですが、成らずとも実用化に遠い話分ります。。
改良の域まで行ってないですね。
仮にコストダウンで大量に作り、同時並行動作させるにも同期を取る必要から現実的ではないですね。
 ふとそう思ったのは、一度起動させれば後は空間からエネルギーを吸込み続けるので、沢山数同時並行動作させれば何ら効率なんて台数に関係ないと思ったからです。
では、今の段階で、モロッコは遠いが例えば台湾なり見学に誰かスポンサーなり連れて行っても意味がないですか?(元メーカーで台湾に駐在していたので、通訳兼ね、そのような発想をふとしてしまいました)
 それと、家庭で発電して使うのなら、送電するためのACであるので大豪邸でなく電圧降下しない家庭内なら不要だから、DCにしちゃうとか。
5Vコンセント、どうしても必要ならインバータ。
電気自動車充電に使うのならDC。だけど凄いトランス必要。。
いっそ、その辺りも、DC入力に変えちゃうメーカーが出来て家電革命しちゃうとか、勝手な妄想お許し下さい。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
・ Yuzuru Kaneko 昨日(2014/06/20) 12:51+1
 スポンサーを連れて見学に行くのは、即戦力を期待するなら、未だ早いでしょうね。
一緒にオープンソース開発の仲間になってくれるのなら、有りだと思います。
お金儲けで頭が一杯になっているようなスポンサーでは無理でしょう(^^;;
どうせ行くならモロッコですね。
台湾は未だオーバーユニティを達成していませんから。

 家電をDCに、という発想はそれほど突飛とは思いません。
今だってACアダプタでDCに変換してから電源供給している家電は沢山ありますから、電圧とコネクタさえ合せれば、直ぐにでも使える物は沢山あるでしょう。
 同じ福岡の JLI さんは、開発中の小型電磁力発電機を家電製品に内蔵してしまう事を目指しているそうです。
http://qb-ch.com/news/news.cgi?news=1393835101


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

人生の目的は魂が成長すること

 「人生はハードトレーニングだ」を絵に描いたようなテレビドラマが明日、最終回を迎えます。
日曜夜、9時から10時前後迄、TBS系で放映される「ルーズヴェルト・ゲーム」です。
人気ドラマ「半沢直樹」の二番手。
 青島製作所社長 細川(唐沢寿明)と青島製作所野球部ピッチャー 沖原(工藤阿須加)の悪戦苦闘を軸に、香川照之、江口洋介、山崎努、檀れい等の豪華配役陣で展開する面白いドラマです。
沖原に好意を寄せる山崎美里役の広瀬アリスが可愛い。 
 逆転に次ぐ逆転のドラマにどんな結末が設定されているか、楽しみです。

 下記、オレンジャーのメッセージ、実はシルバーバーチの霊訓や日月神示と同じです。
魂が望んでこの物質界にいる間は、非建設的な現実逃避をするべきではありません。


宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ
 幸運の見方     2014-06-19
http://ameblo.jp/oranger13/entry-11880605364.html

 俺はオレンジャー!

 今日は幸運の捉え方について少し話をしよう。
君達が幸運について語る時、それは自分の理想通りに物事が運んだ場合、それを幸運と言っている事が多いだろう。

 確かに、自分の思い通りになればそれは自分にとって運気の良い事だと感じるだろうが、ちょっと振返って見て欲しい。
自分が考えていた事が、その通りになって本当に運が良かったのだろうか?
 後々、その出来事が次のトラブルを引起したりはしていないだろうか?
結局(幸)運不運は、君達が勝手に小さな箱の中に入って自分の価値観で決めてしまっている事が多い事に気づくだろう。

 このセカイは本当に良く出来ている。
君達にとっての幸せとは、君達の魂が成長する事。
その為に様々な試練が用意されていたりするんだ。


 目先のモノが手に入れられたかどうかなど、実は大した問題ではない。
一生持ち続けられる物質など実は殆んど存在しないのだから。
もっと広い目で自分の人生を捉えて見よう。
何が幸せだったのか、自分の年表でも作って見直して見よう。
そこから新しいあなただけの幸せフィルターがきっと生み出される事だろう。

 今日はこんなところだ。 じゃ!


関連記事

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。