スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我々には力がある

 正直、今回のコブラ情報は肩透かしを食った感じです。
直前に「2月28日11時UTC(日本時間20時)迄」と期限を切った謎の暗号メッセージがあった為、期待していたのですが、・・・。
「Now Creation」や「ハートの贈りもの」さんに失礼だろうが!

 クリティカル・マスに力がある位のことは、日月の臣民(広くは日本人)なら下らん統計学など持ち出さなくても次の一言で解ることです。

念が新しき武器であるぞ。
(ひふみ神示 第二十七巻 春の巻 第47帖)


 肝腎な処は最後に、
この2、3日中に、非常に面白い時期に入って行きます。
カバールから力を取り上げるプランは、大量逮捕というシナリオに限りません

 と思わせ振りなことを付け足しのように書いてあるだけです。
まあ、こういう不満の残るメッセージなら出さない方がましです。


転載元: Now Creation  我々には力がある
http://nowcreation.jimdo.com/2014/02/27/我々には力がある/
原文: Portal 2012  We Have The Power (Wednesday,February 26,2014)
http://2012portal.blogspot.jp/2014/02/we-have-power.html

(666註: どうでも良い画像は省略。リンク先で見て下さい)

 力が無いように見えても、我々には力があるのです。
自由意志が、この宇宙での究極の法です。
クリティカル・マスに達する数の人達が、地球惑星の解放を決意し粘り強く求めていれば、自由解放は実現しない訳には行きません。
 これは最も自然な法であり、進んでそうしようが不承不承であろうが、それにはカバールも従わざるを得ません。
そして地球の表面を、人類に解放せざるを得ないのです。

クリティカル・マスに達する人間が、ある意図に集中して集まるとき、地球の状況に劇的な影響を与えることが出来ます。
人類にとってのクリティカル・マスは、10万から15万人辺りの間で前後しています。

 2013年8月25日のピース・ポータル活性化の時には、どうにか約25万人に達し、シリアへの軍事侵攻を何とか食い止めました。

 プリンストン大学のロジャー・ネルソン率いる地球意識プロジェクトでは、地球に重大な事件が起った時の、人間の意識の同調効果を、乱数発生装置を使って研究しています。
このプロジェクトでは効果の善し悪しを測っているのではなく、統計学的に期待される結果からの偏差のみを記録しています。
http://noosphere.princeton.edu/index.html

 このプロジェクトは、一つに集まった人間の意識が、ランダムな確率性よりも、遥かに影響力を持つ(確率的には1兆分の1以下でしか生じないことが起っている)事をはっきりと証明しました。
http://noosphere.princeton.edu/results.html#alldata

 この研究で、昨年12月のネルソン・マンデラの死を除けば、ピース・ポータル活性化が、2013年で最もグローバル意識に影響を与えた出来事であることが分りました。(訳注: p= probability value。p値が小さい程、ある事象の生じる可能性が低いことを示す。
この場合、ある事象とは乱数の片寄り具合を指す。
つまりp値が小さい程、生じ難い事が生じたことを意味する)

2013年の出来事 p値

ネルソン・マンデラ死去  0.013
ピース・ポータル活性化  0.027
現ローマ法王の選挙   0.186
ソチオリンピック      0.202!
ボストン偽旗事件     0.765

 因みに、2001年の9.11偽旗事件も0.031となっており、同様の効果が見られます。
http://noosphere.princeton.edu/global.meditation.html

 Pはある出来事が偶然生じる可能性を表しています。
地球上の意識がどれだけ纏まっているかを測るのに、かなり良い指標になります。
数値が低い程、強く意識が纏まっています。

 2013年11月23日のアイオン・ポータル活性化も、クリティカル・マスに達しました。
そしてその数時間後には、目に見える結果としてイランの和平合意が成立しました。
アイオン・ポータル活性化が人間の意識に及ぼした効果は、ここで測定されています。
http://noosphere.princeton.edu/portal.activation.html

 ポータルを活性化する時に限らず、私達は毎日地球上で、意識を一つに合せる事に影響を与える事が出来ます。
代替メディアと大規模抗議集会で真実を暴露する事は、粘り強く続けてさえいれば、意識を結束させるのに一番効果的な方法です。
 代替メディアを通じて、クリティカル・マスに達する程の真実が暴かれれば、地球惑星の目覚めの連鎖反応が起ります。
地球惑星の目覚めは、銀河のパルスを通じてイベントとシンクロする事でしょう。

 銀河のセントラルサンは、私達の自由意志の源であり、勿論カバールは銀河のセントラルサンを止める事は出来ません! 
そしてまた、宇宙の光の波を止める事も出来ません。
 宇宙の光の波は、鍵となるブレークスルーを次々と加速させながら起し、メガ級のブレークスルーへと纏めて行きます。
近い将来、そのメガ級のブレークスルーが起ります。
 私達は、力が無いように見える時もありますが、遥かに力強い存在です。
http://www.zerohedge.com/contributed/2014-01-31/powers-be-are-secretly-terrified-people%E2%80%99s-power-%E2%80%A6-and-only-pretend-they%E2%80%99re-fi

 主流メディアの報道管制にも係らず、大規模抗議集会は米国(最もカバール支配の強い国)に迄及びました。
これは、私達がそのブレークスルーに近づいている事を、非常に良く示しています。
http://2012thebigpicture.wordpress.com/2014/02/12/and-now-for-the-real-news-80000-march-on-raleigh-nc-feb-8th/

 この実情が大衆にも知れ渡る事が、イベントを共に創出する助けになるでしょう。

 その他の重要な要素は、米国はゴールドを持っていないという事実です。
http://www.silverdoctors.com/former-us-treasury-official-us-does-not-have-germanys-gold/

 ゴールドが無くなっている事に、人々は気づき始めています。
http://blog.milesfranklin.com/yamashitas-gold

 繰返します。この実情が大衆にも知れ渡る事が、イベントと金融システムのリセットを、共に創出する助けになるでしょう。
権威による名目貨幣システムが、大衆の信用を得られず、崩れ去る時が。

 カバールは最近になって、死に物狂いの手段に訴えています。
銀行家の「自殺」、ウクライナとベネズエラでの色の革命の工作活動。
イエズス会がバックについたBlackwater/Xe/Academiの狙撃兵と配下のムスリム同胞団の連中が人々を殺害し、暴力を掻き立て、革命を操っているのです。


 ムスリム同胞団がエジプトで配ったプロパガンダ・パンフレットと同じ物が、ウクライナの抗議団体にも配られている事を知って置くと良いでしょう。
http://politicalvelcraft.org/2014/02/24/russia-threatens-u-s-s-communism-in-ukraine-with-military-intervention-u-s-citizens-new-hero-vladimir-putin/

 私達は、この2、3日中に、非常に面白い時期に入って行きます。
締め括りにヒントを差し上げましょう。
カバールから力を取り上げるプランは、大量逮捕というシナリオに限りません。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

ウクライナ情勢に注目

 ウクライナ情勢が、コブライベントの導火線になる可能性が出て来ました。
舞台裏では金融リセットの準備も進んでいるのかも知れません。
「ハートの贈りもの」さんの速報と、「Now Creation」さんの翻訳から目が離せません。
(現在、急いで翻訳中の記事あり)


参考資料 1
「ハートの贈りもの」さん から
テイク・アクション!ライトワーカーがつながる時が来た
       2016-02-24 17:24:47
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/1b155c07b26630cfb52129c8af6f7cc5

 さて、今朝のベンジャミン情報では、2/27、あるいは3/4に米連銀倒産か、という噂があるようです。そして、次のように書かれています。

◆ ウクライナ情勢とエコノミストによる米連銀倒産の警告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2014/02/24 VOL260≫

 〔一部抜粋〕

 また同筋は、旧金融システムが崩壊した後には、アジアを中心とした金本位制のシステムが誕生する予定なのだと話している。
 その際には、他にもアメリカや日本を含む多くの国々で 各々の国力に裏付けられた政府紙幣の発行が開始されることになるだろう。
つまり、それが可能となった時点で既存の米ドルは完全なる世界ドルとなり、アメリカ人にとっては外貨という事になる。
これが現実のものとなるのであれば、同時に以下の様なシナリオが予測される。

 先ずは、世界中のATMやクレジットカードなどの電子取引が一旦停止される。 
更にはインターネットすら使用出来なくなる可能性もあり、暫らくの間は食糧等の調達や物流も地域の助け合いで行われる事になる。
 そしてマスコミでは、これまでの金融の仕組みについては勿論のこと、911や311テロなどの数多くの事件の真相が一般市民に向けて報じられ、それと同時に旧体制側の権力者の大量逮捕劇が公に行われる。
その間に、実物経済の綿密な調査が行われ、それをベースとした新たな国際金融システムが用意される。

 しかし、以前から幾度も旧体制崩壊の日が予測されて来たのだが、実際にはその日が来ても何も起らなかった。
今回も、旧体制側の権力者等が生き残る為に何等かの手段を講じて来る可能性は否定出来ない。


 但し、それで一時の間は延命出来たとしても、これまで用心棒として来た軍隊やマフィア、諜報当局の人間達が彼等の命令に従わなくなっている以上、そう遠くない将来に世界の旧体制は崩壊する

 Cobra が「準備せよ」と言っている内容とぴたり合う訳ですが、米連銀の倒産が間近だとして、「イベント」の発動迄には、タイムラグがあるのでしょうか? それとも、同時?
 最も可能性の高い「機会の窓」は4月21日と言われていますが、それはあくまでも「可能性が高い」というだけで、既に「機会の窓に縛られずに、イベントはいつでも起り得る」状態に入っていると、告げられています。
 闇の勢力の出方次第では、対抗策として、その前にこちらが引き金を引かなければならない事態もあり得るようです。
あとは、セントラル・サンからの「スーパー・ウェーブ」、「愛の津波」、これと連動出来るのかどうか。
スペース・ファミリーのテクノロジーが、この微妙な時期を調整する鍵を握っている可能性もあります。


参考資料 2
「つるはげ親父の独り言」 から 
ウクライナでの紛争及び陰謀団の終焉の兆しとなる更なる銀行家の死
        2014年02月26日 turuhageoyaji at 00:13
http://blog.livedoor.jp/turuhageoyaji/archives/37320756.html

 ロシア及びアジアの情報筋によると、東欧及びアジア諸国は陰謀団に対して近々ある意味地球規模の大きな攻撃を仕掛けることになりそうだ。

 ウクライナにおける最近の誤魔化しは、陰謀団が超えてはならない一線を越えた
事を意味し、ロシアは既に臨戦態勢に入ったと話す。

 (ロシアに比べると)アジア諸国は多少控え目だが、それにも拘らず、ある意味一線を越えた事を認識し、その行動はさし迫っている。

 一方ニール・キーナンによると、ブッシュ及びロックフェラーファミリーは、(犯罪の)証拠隠滅の為に、近々1200人の銀行家を殺害する計画だ。

(以下省略)


参考資料 3
「YAHOO! ニュース」 から
露軍、ウクライナ国境で演習 プーチン氏指示 暫定内閣牽制へ
    産経新聞 2月27日(木)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000094-san-eurp

 【キエフ=遠藤良介】ロシアのプーチン大統領は26日、ウクライナとの国境を含む西部の軍管区などで、来月3日までの日程で軍事演習を行うようショイグ国防相に命じた。
 ウクライナの実権を握った親欧米派や欧米諸国を刺激する可能性がある。
陸海空軍が出動し、北方艦隊やバルト艦隊も参加するという。(註: 15万人規模)
また、ロシア通信によると、同国の大手行VTB銀行は同日、ウクライナ企業への新規融資を停止したと明らかにした。

 これに先立ち、ウクライナの大統領代行を務めるトゥルチノフ最高会議(議会)議長は、憲法規定に基づき、軍の最高司令官に就任したと発表した。
政変後の新体制移行に重要な意味を持つ軍の掌握を内外に宣言した形だ。
暫定内閣の閣僚は26日夜(日本時間27日未明)に発表される予定だ。

◆前大統領を国際手配
 ウクライナのメディアは26日、同国治安当局者の話としてヤヌコビッチ前大統領が国際手配されたと報じた。
  (最終更新: 2月27日(木)7時55分)


参考資料 4
「ハートの贈りもの」さん から
Cobra 暗号メッセージは闇の勢力への通告か、2月28日11時(日本時間20時)が期限?       2016-02-27 11:37:58 
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/fa36c53b35ef15834610b0a13218d418

 進行中の出来事や多くのチャネリング・メッセージを繋ぎ合わせると、状況はかなり緊迫したものになってきているようです。私を含め、「何かが迫っている!」と感じている人が多いですね。

Kp Message 2-24-14… I “Sense” that We Are Close…
http://kauilapele.wordpress.com/2014/02/24/kp-message-2-24-14-i-sense-that-we-are-close/
Be Prepared! Something’s Coming!
http://jdresonation.com/be-prepared-somethings-coming/
 そして、Cobra のサイトに上がった二つの機密連絡が、人々の興奮を呼んでいます。
http://2012portal.blogspot.ca/2014/02/cease-and-desist-ppn-else-midi-endgame.html
Cease and desist PPN else Midi Endgame initialization 140228.11Z

BXL0alpha clear, decrypt FINAL

 まず、最初のメッセージは、こんな意味?
http://kauilapele.wordpress.com/2014/02/25/a-cryptic-cobra-message-2-25-14-cease-and-desist-ppn-else-midi-endgame-initialization-140228-11z/

 シーズアンドデシスト、これは排除命令で、法的に行為の停止を命じる警告状です。そして、PPN は闇の勢力? つまり、闇の勢力に排除命令、さもなくばエンドゲームの開始、14年2月28日11時 UTC(日本時間20時)ということ? ふう。。。

 この「排除命令」とは、何に対するものでしょうか?

 例の1兆ドル債券裁判以来、グローバル・アカウントを取り戻す活動を続けているニール・キーナン氏の最近の発表に関係があるのかもしれません。

 いよいよ彼もドラゴン・ファミリーと共に専用サイトを立ち上げて宣戦布告、人々に参集を呼びかけると共に、アメリカ株式会社に対して「排除命令」を出しています。とりわけ、先のオーストラリアG20会合で決まった悪のアジェンダの排除を求めています。
http://neilkeenan.com/
http://neilkeenan.com/neil-keenan-update-were-mad-as-hell-and-were-not-gonna-take-it-any-more/

 そして、Cobra の次の暗号、BXL0alpha clear, decrypt FINALでは、BXL0alpha の解読が終了したと、告げています。これは、奴等のプログラムへの侵入が成功した、という意味でしょう。beta の解読は以前のメッセージで終了していますから、これで必要な解読が全て終了したと考えていいのでしょう。

 最後の障害となっていた奴らのプログラム、おそらくは人類滅亡計画だと思いますが、その無効化が完了した以上、レジスタンス・ムーブメント(RM)としては、もういつでも「リセット開始ボタン」を押すことができる状態になったのでしょうか?

 ベンジャミン情報では、ウクライナ政変で、「奴らは、越えてはいけない一線を越えた」「アジアが、東方連合が動き出す」と言っています。
http://blog.livedoor.jp/turuhageoyaji/archives/37320756.html

 追い詰められた自暴自棄の暴挙は危険度を増し、RM にとっても、もはや許容出来ないレベルに達しつつあることが覗われます。

 先ほど出た Cobra の最新のアップデートでは、最後のパラグラフが重要です。

We are entering a very interesting period in a few days. Let me conclude by making a hint that mass arrest scenario is not the only aspect of the plan to remove the Cabal from power.

 つまり、私達は2,3日のうちに非常に面白い期間に突入する、そして、闇の勢力から権力を奪う手段は大量逮捕だけとは限らないと、述べているわけです。

 逮捕によらずして奴らを破滅させる手段、、、ふうむ、、、、やはり、経済破綻、米連銀やアメリカ株式会社の破産に関係している可能性が高いですね。

 さて、奴らは、光の勢力の「排除命令」に従い、当座の破滅を回避するのでしょうか?

 来週は興奮!の展開になるといいですね。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

地域社会を担っている方へのコブライベントの概要説明

 〔地域社会を担っている方への概要説明〕

転載元: Now Creation
地域社会を担っている方への概要説明
http://nowcreation.jimdo.com/2014/02/24/地域社会を担っている方への概要説明/
原文: Community Leaders Brief
http://www.prepare4change.com/)

 銀行システムの閉鎖に関連して、現在の状況をご理解いただくために、本文書を配布しております。短い移行期間中、地域の平和と安全が保たれるよう貴兄のご協力を賜りたく存じます。また貴兄の責任ある立場からも下記に関してご支援をいただき、現状維持に努めていただくことが、地域社会にとってきわめて大切なことと思われます。

 私たちは、この度の銀行システムの変更が完了するまでの間、食料、水、電気、インターネット、ガソリン、輸送機関、電話サービスに支障なきよう願っております。さらに、地域社会を担っている方々に、この度世界で発生していることについて、ご理解いただきたく、本文書を作成しました。ある世界規模のネットワークがあり、平和裡に世界規模の銀行システムを透明化しようと専念して参りました。貴兄に本文書を提供している人物は、そのネットワークの一員です。

 私たちが誰を代表しており、このプロセスの背後に誰がいるのか?

 私たちのクループは、高い知性を備えた目覚めた人間の集まりで、個々人の社会的背景は様々です。非暴力的に変化を起こすことに献身しております。私たちは現在生じている事態について、世界の諜報機関及び軍部のキー・パーソンから、注意を喚起されておりました。世界中の警察機構のトップ階級のメンバーも、このような合法的執行を認めております。CIA、NSA、FBI、軍部、郡保安官、警察にも国を愛する誠実な人たちがおり、世界中の仲間と共に金融犯罪者の同時一掃作戦に従事しております。

 手短に述べますと、多国間管轄の国際的大作業部会が複数組織されており、金融世界及び政治世界における大規模な腐敗を暴きました。そして今、この犯罪行為を終わらせるための合法的作戦を実行中です。国と地方の取り締まり機関及び警察の、特定の指導者たちも、現在進行中のことを承知しております。平和維持を目的として、軍隊が都市に配備されることも予想されます。この文書を手にされた時点で、緊急放送が始まっていなくても、すぐに緊急放送で事態の説明があります。

 何が起こっているのか、なぜ銀行が閉鎖されたのか?

 今回起こっていることは、世界の中央銀行システムの金融リセットで、必要不可欠なものです。あいにく、この処置により、中央銀行と繋がっている全コンピューターは利用できなくなります。そのため全世界で、現金、ATM、機械装置、クレジットカード、株式市場へのアクセスが断たれることになります。

 既に流通している通貨以外は利用できなくなり、おそらくその期間は、長くて2週間続くと思われます。プランを管理している合法下の組織は、銀行システムのオフライン期間が3~5日で済むよう、最善を尽くしております。しかしながら、予測の効かない不確実な要素が非常に多いため、実際の切り替えに要する期間を、正確に申し上げることはできません。現金が不足すれば、現金を入手できない人がパニックに陥り、世界中の様々な地域で、困難な事態が発生するかもしれません。

 このプロセスにおける貴兄の重要な役割

 それを案じて、私どもは貴兄にこの文書をお渡ししました。地域社会の人々、そして地域を率いている仲間の方々との、偽りや隠し事のないオープンなコミュニケーションのネットワークを維持するうえで、貴兄がリーダーシップを取って下さることは、極めて重要なことと思われます。私どもは、地方警察の動きを見守り、調整してくださることを最優先事項として、貴兄にお願い申し上げます。地方警察もこの作戦を知らず、発生している事態を理解していません。住民の方々が混乱に陥るのは自然な反応ですが、警察がそのような反応を、反社会的、潜在的暴力と見誤るかもしれません。私どもは何よりも、警察の慎重な対応と先を見据えた対策を講じることで、警察が武力を行使しなくて済むよう、お願い申し上げます。

 変更期間中、平和を保つために大切なこと

・ 銀行閉鎖により、長期間、以下のサービスが止まるかもしれません。

・ 輸送機関、食料、水、電力網、携帯電話のアンテナ塔、インターネット、テレビ、緊急救援活動、病院、その他の重要なネットワーク。

・ そのような場合でも、食料と水そして地域社会のグループには、住民へのサービスを再開していただくようお願いします。

 私たちが今回の出来事をどうして知っていたか

 私たちのグループは、直接連絡を受けており、情報ネットワークの機能を果たすよう要請されました。そして任務に当たる貴兄をサポートするための、基盤としての役割も要請されております。貴兄が、市長、給水区域管理者、電力会社と地域間の連絡係のいずれかであるならば、銀行閉鎖期間中もサービスが途絶えぬよう、お取り計らいのうえ責務を全うしていただきたく存じます。さらに、必要としている住民が必需品を手に入れるための供給ルートを、地域で確保していただければと思います。病院と救急サービスを優先し、お年を召して身体が弱っている方を保護して下さるようお願いします。

 このようなことが起こった理由

 不幸なことに、米連邦準備銀行を含む世界の銀行システムで、長年にわたり犯罪的不正行為がなされてきました。不正行為に問われている者たちは、世界の政治基盤を様々に腐敗させました。そして力への飽くなき欲望は、民主的なプロセスを妨害し、世界中の生態系に大きな害を及ぼしました。また、社会レベル国家レベルでの友好関係を損なう原因にもなっています。

 公になる証拠

 証拠は押収されつつあり、金融業界の詐欺と腐敗のシステムを示しています。それは制度化された窃盗という結果を招きました。世界中の人々が苦労して稼いだお金が、何兆(ドル)という単位で盗まれたのです。証拠も挙がり、起訴状の送達と逮捕も始まっているので、このような犯罪も終わりになります。犯罪責任を負うべき人たちには、自国の法律に従うよう繰り返し警告してきましたが、それを拒んだ者もおります。

 実力行使の時

 法律遵守の警告が拒否されたため、中央銀行が強制閉鎖される事態となり、只今のところ全世界の銀行システムに影響が及んでいます。今回の過激な作戦は、法を執行するために必要なものであり、全世界で、警察が組織立って作戦を実行中です。前もって民衆に警告しなかったのは、権力を握る犯罪者たちが世界のメディアを支配し、世界規模で検閲者を置いていたからです。警官は、犯罪者がおとなしく逮捕されるか逃げるか、判断できません。

 地に落ちる権力者たち

 銀行業務の不正操作には、名だたる権力者たちも関わっています。事態が沈静化すると、人々はそのことにショックを受けるでしょう。これは軍事クーデターでもなければ、何かしらネガティブな事件でもありません。実際は本作戦により、統治システムがより実直で信頼のおけるものになり、数週間して真実が公になると、世界中からご支持をいただけるものと思っております。

 本文書の正当性に疑問を持って当然です

 貴兄にとってこの情報は現実味に欠けているかもしれませんし、信じていただけないかもしれません。しかしながら、本文書が2013年9月29日に作成されたことをご考慮いただきたく思います。前もって本文書を作成していた私たちが、今現在行われていることを承知している証になるのではないでしょうか。繰り返しますが、これは軍事クーデターではありません。パニックに陥ったり、恐れたりするようなものではありません。この世界規模の出来事の本質に関して、貴兄が私どもを信じるか信じないかは別として、貴兄には地域の平和と安全のために、最善を尽くしていただくようお願い申し上げます。できるだけ効率的に物事が運ぶようにご配慮下さい。

 結びとして

 私どもは、貴兄が本文書に心を開いて下さることを願っております。そして私どもが、地域を率いる、責任と力を持つ立場におられる貴兄を支援していることをご理解ください。この移行期が短期間で済むように意図されていることを、どうぞご承知おきください。コミュニケーション手段が不通になるかもしれません。国の指示を待たず、局所的な思案が求められることと思われます。

 どうか本文書の内容を熟慮していただき、可能であれば、この概要報告を貴兄にもたらした人物に率直にお話しください。何が起こっているのか明確にしてくれるかもしれませんし、貴兄と地域社会にとって役立つアイディアを出してくれることでしょう。

 私どものウェブサイトです。(www.prepareforchange.net) 記事がリンクしてあります。私どもが述べていたことが、長い時間をかけてなされていたことを証明します。是非リンク先から情報を受け取ってください。銀行の閉鎖期間中でもインターネットが機能していれば、リンク先の記事で理解を深めていただけるでしょう。インターネットが機能していない場合、本文書を貴兄に届けた人物と連絡を取ってみてはいかがでしょうか。

 ここにご提出いたします。

By Prepare For Change team
www.prepareforchange.net

Additional information:
http://2012portal.blogspot.com/2012/04/normal-0- microsoftinternetexplorer4_28.html
http://newtomorrow.us/part2.html
http://divinecosmos.com/start-here/davids-blog/1023-financial-tyranny


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コブラポータルコンファレンスについて

 私は会場が遠過ぎて、始めから参加する気が無かったので、ある意味、会議には無関心でした。
タラの芽さんの記事を見て改めて見直すと、参加費用200ユーロは日本円で約28,000円。確かに安くはありません。
 往復の交通費まで考えると、高い壁です。
この壁が篩になると言う要素も考えられなくはありませんが、金持ちが参加し易いというのは少し引掛かります。
但し、この費用が一流の会場と講師、2泊3日の宿泊費及び食費であれば別ですが・・・。
 まあ、無理して参加することはないでしょう。

 それより、私の関心は、実際にイベントが起った時、地区及び地方行政の実力者にどうやって情報を伝えるかに向っています。(これは、無駄になっても良いから事前に準備して置かないと間に合いません)

 秘密厳守については、当然だと思います。


参考記事: 「田舎で深呼吸」
コブラ: ポータルコンファレンスに関する質問
2014-02-24(15:24)
http://stonegods.blog.fc2.com/blog-entry-660.html

 コブラ情報にて3月21日~3月23日に行われる九州でのポータルコンファレンスへの参加費用と秘密厳守に対して主催者に質問しました。

 まず、参加費用が高いとして、この額を設定したのは誰か? そして、なぜ秘密厳守なのか? の二つです。

 質問には、以下の事も添えて訊いています。

・ この金額設定が憶測を呼び、怪しむ者が出て来ている。
・ ユーロ圏なら物価的には妥当だと思うが、日本では高いと考えている。
・ 地元ならまだしも、県外からだと5万を超えてしまう。これでは手元にお金を用意しておくように伝えたコブラの話を聞くのにその手元のお金が消えてしまう。
・ 私の価値観で云うと8000円くらいが妥当だと考える。

 そして返答として、以下が送られてきました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 たらの芽様

 たらの芽さんが質問した内容は正当だと思います。

 コンファレンスの参加費用は、世界共通額です。
ただ唯一、たらの芽さん又は誰にでも言えることですが、コブラのコンファレンスに行くには、わたしたちのモチベーションを高め、わたしたちの心と直感に従いながら、そしてインプラントとマインドセットから生れるすべての疑いを乗り越えることです。

 Victory of the Light 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 そういうことで、なぜ秘密厳守なのかは返答がありませんでした。

 さて、私が感ずる想い、言い分もありますが、ここでは情報のみをお伝えしておきたいと思います。それでは皆さん、各々でご判断下されば幸いです。(タラの芽)


〔コメント欄〕
2014-02-24(17:27): wp (Now Creationの翻訳者)

 コブラ情報の翻訳のために、情報を収集しておりましたら、偶然コブラの正体を明かしているサイトにたどり着きました。すでにスピリチュアルな教師として活躍しており、いくつかのビジネスも展開しているようです。別名のサイトで主張していることとポータル2012で主張していることはほとんど変わりないようです。コンファレンスに出ている人にも同一人物だと明かしています。アレクサンドラが2012年11月のコンファレンスの情報をすべて記事にしています。これは私の憶測ですが、ポータル2012ではレジスタンス・ムーブメントの広報に徹していたいのではないでしょうか。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

最強の毒入り情報

 ここに紹介した記事が最も危険な毒入り情報の一例です。
殆んど全部真実ですが、中に一箇所、コブラのイベントをターゲットにしたと思われる猛毒が、さり気なく仕込まれています。

 “一番大きな撹乱は、もう直ぐ何か大きなイベントがあって誰かが助けに来てくれます・・というものです。
金融の崩壊が起り、今迄の金融システムではなく、夢のような全ての人達に平等にお金が分配されるようなシステムが出来る・・とか、
宇宙人達(その宇宙人と協力している地球人)が、今迄の腐敗した政治家達を一掃してくれる・・とか、
 色々皆さんに希望を持たせるような情報を大音量で流しています


 コブラのイベントを良く知らない人がこれを読むと、多分、動揺するでしょう。
生憎ですが、イベントは、ここに書いてあるように、“誰かが助けに来てくれる”というものではなく、人類の進化を手助けする立場の“存在”と、人類の共同作業です。(光の勢力+レジスタンス+目覚めた人々)
 そのような“存在”がいることを、私は、「アミ三部作」を読んだり、フリーエネルギー開発の歴史を知ったりすることで確信するようになりました。
 そこには自由意志による選択という大原則がきちんと守られています。
そして、コブラと私達は、心を合せ時間を掛けて、一歩一歩確かな手応えを積み上げて来たのです。
 それでも、イベントが起る可能性の高い“窓”は示されても、必ず起ると断言された事はありません。
本当に起るか起らないかは、あくまで人類の集合意識に掛かっているからです。
この程度の揺さぶりでは今の私(達)はビクともしません。

 因みに、このメッセージを仲介したアシュタールとか、さくやさんとか、ミナミさんとかを私は良く知りませんし、信用もしていません。
チャネラーのミナミさん自身、偽情報の渦中にあることを認めておられます。

心の鏡の凸凹なくなれば悪うつらないのざ。
悪はなきものぞ。無きとは力無きことぞ。
(ひふみ神示 第二十五巻 白銀の巻 第4帖)



参考記事:
転載元: 「ミナミのライト らいと ライフ~light,right,life~」  中継: 「黒猫を招き我れ此処より何処へ」(ここは偽情報を探すには便利なサイトです。有難い情報コレクターさん)
光に転向された方からのメッセージです!
2014-02-20 16:25:32  (シュタールからのメッセージ)
http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-11777222348.html

 以前、何度かメッセージをくれた「闇から光へ転向した人」から又皆さんに話がしたいという事でメッセージが来ました。
かなり刺激的な内容になっておりますので、これを受け取るか受け取らないかは、あなたのご判断にお任せします。

 「私は 何度かミナミさんにメッセージをお送りしている者です。
私は闇の存在達(あなた達を支配している存在)と共にいた者です。
私はあの人達のやり方をよく知っています。
最近では目に余る事が多く、もう耐えられなくなり、こうして私の知っている情報をお伝えする事にしました。

 金融操作は当り前の事として、戦争を画策し、空中に毒を撒き、気象をも操作して、とにかく皆さんのパワーを消耗させて、支配、コントロールすることに躍起になっています。
 そして、これも最近特にですが、思考を操作する電波を出しています。

皆さんの感性が上がって来てテレパシーを使えるようになって来たからです。
テレパシーというのは 見えないエネルギーを感知出来るという事です。
良いも悪いもなく、とにかくエネルギーを感知します。
 ラジオをイメージして貰えると分ります。
テレパシーを受け取る方をラジオ本体、電波(情報)を出すのをラジオ局だとして下さい。
ラジオはラジオ局が出す電波を受け取り、それを耳に聞える周波数に変えて行くものです。
 ですから 周波数が合うものであれば、その電波を拾ってしまうという事です。
それを利用して沢山の偽の(彼等にとって都合の良い)情報を発信しています。
沢山の周波数を使い、巧妙に沢山の人が受信出来るようにしています。
 神からのメッセージ、宇宙人からのメッセージ、天使からのメッセージ、等と言って皆さんを撹乱させる目的で毒の入った情報を発信しています。

 一番大きな撹乱は もうすぐ何か大きなイベントがあって誰かが助けに来てくれます・・というものです。
金融の崩壊が起り、今迄の金融システムではなく、夢のような全ての人達に平等にお金が分配されるようなシステムが出来る・・とか、
宇宙人達(その宇宙人と協力している地球人)が、今迄の腐敗した政治家達を一掃してくれる・・とか、
色々皆さんに希望を持たせるような情報を大音量で流しています。


 金融システム等は彼等の采配でどうにでもなります。
政治も紛争があるように見せかけるのも簡単です。
ですから、金融も、政府も、ギリギリの所でわざと持ち堪えさせているのです。
 それは、皆さんのパワーを消耗させる為です。
ずっと緊張の最中に置かれる事でどんどん皆さんのパワーは消耗し、疲弊して行きます。
そこでダメ押しのように、何等かの夢、希望を持たせ、それを潰す事でもっと消耗し、何も考えられなくなり、誰かの指示に簡単に従うようになる事を目的としているのです
 何日に大きなイベントがあります・・これによってあなた達は解放されます・・という情報を流し、疲れた人々はそれを心待ちにし、それに精神的な拠り所を見出します。
 でも その日が来ても何も起きない、計画が何等かの障害の為に延期されました・・等と言い、その希望を失わせる事で、又消耗させるのです。
小さく、小さく、このように繰り返し繰り返し皆さんに希望と失望感を与える事でコントロールが簡単になって行く事を彼等は知り尽し、そして、それを実行しているのです。


 最近、今迄聞えなかった声が聞えて来ている人が増えていると思います。
確かに感性が良くなり、テレパシーを受け取る事が出来るようになって来ている事もあります。
でも、聞える周波数を使って意図的に声(情報)を流している事も多くなって来ているからなのです。
 聞えて来る声を無邪気に信じないで下さい。
今、話をしたような存在が出している電波(情報)が沢山あります。
勿論、本当に宇宙ファミリー達の情報もあります。(註: 極最近まで殆んど無かった、とコブラは言っています)
そこをしっかりと区別して下さい。

 金融も政治(政府)も気象も病気も全て闇の人達の好きなようにコントロールする事が出来るという事を分って下さい。
今、世界の現象(金融、政治等)と共に、皆さんの頭の中をも自由にコントロールしようと画策しています。
 目に見えないエネルギー場でも、あなた達を混乱に貶め様としています。
安易に耳触りの良い情報に翻弄されないように気を付けて下さい。
誰かから齎された情報が皆さんにとって真実なのかをしっかりと見極めること。
 そして、どちらの情報であっても盲信しないように気を付けて下さい。
今、私が知っている情報は以上です。
最後迄聞いて頂いて有難う」


 名前も知らない方ですが、いつも貴重な情報を有難うございます。
私は、この方とは直接テレパシーでの会話はしていません。
直接、話をするのはとても危険な事ですし、このテレパシーでの会話がバレてしまうと、その方も、私も危ない事に巻き込まれかねないので、アシュタールを経由して話をさせて貰っています。
 だから、私も何処の誰かも判りませんし、どの辺りから発信されているのかも全くエネルギーの先が見えません。
只、アシュタールがOKして中継してくれる方なので・・
そして、話をしている内容がおかしなものだとは思いませんので、こうしてお伝えしようと思いました。
 確かに、最近、???って思うメッセージが増えて来ているな、とは私も感じていました。
私自身も、何度もおかしいなって思うメッセージが来た事もあります。
アシュタールや、さくやさんの名前を使ってメッセージを送ってくる存在も確かにいます。
 そして、そういう存在は本当に上手にエネルギーを似せて来るので、余程 注意して置かないと、うっかり騙されてしまいます。

私は何時もアシュタールや、さくやさん達のメッセージに乗っているエネルギーが変ではないか・・必ずチェックして貰ってからブログにアップするようにしています。

 この方のメッセージは過去記事にもありますので、ご興味があれば、お読み下さい。
[ 初めてのエネルギーからのメッセージです ]
http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-11406597020.html
[ 初めてのエネルギーからのメッセージです 2 ]
http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-11500555363.html
[ 闇から戻られた方のメッセージです ]
http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-11506782757.html


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

イベントへの備え(by コブラ)

 イベントサポートグループに対しては、以前、私はカバールに一網打尽にされる危険性を考えて消極的でしたが、今回は銀河艦隊が配置に着いているそうですから、そのリスクは少ないかも知れません。

重要: イベント直後に、出来ればあなたの地域社会のリーダーや、社会基盤システムの責任者にコンタクトを取り、この一括した情報を提供すると良いでしょう。(訳者: 至急翻訳に取り掛かります)
http://www.prepare4change.com/
そして彼等に追加情報を提供して下さい。
http://www.prepare4change.com/resources/

 市町村、県のレベルで上記のタスクをボランティアで遂行する準備はして置きたい、と思います。


転載元: Now Creation
イベントへの備え   2014年2月21日付
http://nowcreation.jimdo.com/2014/02/22/変化への備え/
原文: Portal 2012
Preparing For The Event
http://2012portal.blogspot.jp/2014/02/preparing-for-event.html

 私達はイベントに益々近づきつつあります。光の勢力が、実際に機能するイベントサポートグループを、この惑星上に出来るだけ沢山作るように要請して来ました。
 イベントサポートグループは、地球惑星上のエネルギー網のノード(節、こぶ、中継ぎ点)を安定させる役目を果します。
エネルギー網のノードが安定する事で、移行プロセスが調和し易いのです。

 既存のイベントサポートグループには、ここから参加出来ます。
http://prepareforchange.net/join-an-event-support-group

 世界中のイベントサポートグループのリストです。
http://www.meetup.com/Prepare-for-Change/?see_all=1

あなたの地域にイベントサポートグループがない場合、ここの手続きで、新しいグループを立ち上げる事が出来ます。
http://prepareforchange.net/create-a-new-group

 各イベントサポートグループのメンバーは、週に一度(ネット上ではなく)集まることを推奨されています。
出来れば日曜の夜に常設の場所に集まり、そして解放瞑想も行うと良いでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=m6HF4etgNaA

http://2012portal.blogspot.com/2012/06/normal-0-microsoftinternetexplorer4_15.html

http://2012portal.blogspot.com/2013/03/weekly-liberation-meditations-phase-2_9.html

http://prepareforchange.net/weekly-meditation-instructions

 集会を開く際、イベントサポートグループ・ガイドラインが役に立つでしょう。
http://prepareforchange.net/protocols-and-guidleines

 イベント直後、Prepare For Change ウェブサイトやその他のインターネット情報ソースが、旨く機能するかも知れないし、しないかも知れません。
なすべき事については、あなた自身とあなたの内なる導きに頼らねばなりません。
そのような態度を養って置く必要があります。

 イベント直後に、出来ればあなたの地域社会のリーダーや、社会基盤システムの責任者にコンタクトを取り、この一括した情報を提供すると良いでしょう。(訳者: 至急翻訳に取り掛かります)

http://www.prepare4change.com/) 
そして彼等に追加情報を提供して下さい。
http://www.prepare4change.com/resources/

 イベント前に、イベントハンドブックで詳しい情報を得る事が出来ます。
殆んど1000ページにも及ぶ情報です。

https://www.theeventhandbook.com/

 プラネタリー・ボランティアTシャツも用意してあります。イベント時に役立つでしょう。
http://teespring.com/resistancemovement

 光の勝利は近い!


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

浅田真央 感動のラスト

 真央ちゃんが、最後の最後で素晴らしいドラマを演じてくれました。
SP(ショートプログラム)の失敗が無ければ、間違いなくメダルに届いていたでしょうが、そんなことは、スピ的にはどうでも良いことです。
 重圧に負け、自分の精神と肉体をコントロール出来ず、満天下に惨めな姿を曝した僅か1日後に、失意のどん底から立ち直って自己ベストの滑りが出来た、というそのことが素晴らしいのです。
 彼女にとって、この経験は金メダルにも勝る宝となるでしょう。
よくやった! さすが、やまとなでしこ。日本人女性は強い。そして美しい。
中国人も誉めていますよ。


goo ニュース
真央自分と対話10時間 吹っ切れ最高演技
        2014年2月21日(金)09:52    (日刊スポーツ)
http://news.goo.ne.jp/topstories/sports/242/0a84ee0953b62452bcb90119bca34c94.html

<ソチ五輪:フィギュアスケート>◇20日◇女子フリー

 浅田真央(23=中京大)が「最高の演技」で甦った。
フィギュアスケート女子フリーで、自己ベストを大きく上回る142・71点をマーク。
トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を今季初めて成功させ、フリー後には「最高の演技が出来た」と言った。合計198・22点の6位ながら、充実感に満ちた表情。前日のショートプログラム(SP)ではまさかの16位。
失意の底から、「感謝」の気持ちを胸に復活し、2度目の五輪を終えた。

 溢れる涙で、見上げた白い天井は滲んだ。浅田に感情と魂が戻った瞬間だった。
顔をくしゃくしゃにして左手で口元を覆う。「やった!」と思ったのと同時に、大粒の熱いものが両頬を伝う。


goo ニュース
中国ツイッター「精神に敬服」真央のフリーに涙
      2014年2月21日(金)10:36   (YOMIURI ONLINE)
http://news.goo.ne.jp/topstories/world/242/9cd74b20f7ac48741cc3ea0ac804894a.html?isp=00002

 【北京=牧野田亨】ソチ五輪のフィギュアスケート女子フリーで、浅田真央選手が演技を終えた直後から、中国版ツイッター「微博」では「感動して涙が出た」「息が止まるほど素晴らしかった」と絶賛する書き込みが相次いだ。

 中国でも浅田選手と金妍児(キム・ヨナ)選手(韓国)の対決は注目の的だった。
浅田選手の最高の演技に「あきらめない五輪精神を示した」「どれほどの人が私のように泣いたことだろう」「表彰台に上れなくても、あなたの精神に敬服します」などの賛辞が送られた。


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

全記事掲載順一覧(3)

 このブログの掲載記事を最初から順番に閲覧出来るようにしました。
最新記事本文は5件のみ表示し、この「全記事掲載順一覧」は右欄の「最新記事」20件の中に入っているように調整します。
「全記事掲載順一覧」(3)に収録されていない新しい記事は「最新記事」から閲覧して下さい。
尚、記事は重要なものだけに限定し、出来るだけ数を増さない方針です。

・ 全記事掲載順一覧(1) 記事No.1から100 迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

・ 全記事掲載順一覧(2) 記事No.101 から200 迄収録
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-124.html


201.世界平和 (08/20)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-220.html

202.グランドセクスタイル (08/21)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-221.html) 

203.ポータル開口症状への対処法 (08/27)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-222.html

204.新大祓祝詞 (08/28)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-223.html

205.平和のポータル活性化報告 (08/29)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-224.html

206.ベン・フルフォード情報 (08/30)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-225.html

207.ジ・イベントの機会(by コブラ) (09/01)  
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-226.html

208.コブラへのインタビュー(7月30日)要約 (09/01)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-227.html

209.九月とファーストコンタクト (09/03)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-228.html

210.日本魂(やまとだましい) (09/05)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-229.html

211.闇のゲームオーバー (09/06)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-230.html

212.ヤスの備忘録から (09/07)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-231.html

213.板垣情報から (09/08)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-232.html

214.フクイチ放射線問題 (09/10)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-233.html


215.中東平和のために(by コブラ) (09/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-234.html

216.最近の状況 Part 1(by コブラ) (09/12)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-235.html

217.九月の身体の変化 (09/14)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-236.html

218.2013年 九月について (09/19)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-237.html

219.「ハートの贈りもの」から (09/20)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-238.html

220.瞑想時の憑依に注意 (09/23)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-239.html

221.全記事掲載順一覧(3) (09/23)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-240.html

222.アイソン彗星 (09/25)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-241.html

223.10月5日近畿圏地震?? (09/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-242.html

224.日韓問題の正論(ジェームス・E・アワー) (09/27)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-243.html

225.NESARAが本当に起動したのか? (09/28)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-244.html

226.NESARAとは (09/29)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-245.html

227.進化した星の美人コンテスト (09/30)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-246.html

228.最近の状況(9月29日 by コブラ) (10/01)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-247.html

229.村田奈津恵さんのこと (10/03)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-248.html

230.PFC議事録(10月3日) (10/04)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-249.html

231.9月のニュース要約(by コブラ)  (10/05)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-250.html

232.シルバー川柳20撰(by 唖蝉坊) (10/07)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-251.html

233.イベント前の進展(10月7日 by コブラ) (10/08)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-252.html

234.イベントの予行練習 (10/10)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-253.html

235.地に潜む龍 (10/13)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-254.html

236.2013年の機会の窓(by コブラ) (10/13)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-255.html

237.なわ・ふみひとの「身魂を磨くカルマの法則」 (10/16)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

238.小泉と小沢の脱原発論 (10/17)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-257.html

239.最近の状況(10月15日 by コブラ) (10/20)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-258.html

240.クンダリニー (10/20)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-259.html

241.マシュー君へのQ&A (10/22)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-260.html

242.偽装核テロ/戒厳令 の陰謀失敗 (10/22)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-261.html

243.紙1枚で月に達する (10/24)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-262.html

244.アイオンポータルの活性化(by コブラ) (10/25)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-263.html

245.神の方程式 (10/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-264.html

246.大自然の神秘〔神の念〕 (10/28)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-265.html

247.従軍慰安婦問題への一石 (10/29)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

>248.「ハートの贈りもの」から (10/31)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-267.html

249.新しい進歩した技術(by コブラ) (10/31)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-268.html

250.朝鮮人慰安婦に関する米軍の資料 (11/06)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-269.html

251.PFCジャパンは信用出来ない (11/08)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

252.祈りについて(シルバー・バーチの訓え) (11/09)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-271.html

253.悪も神の働き(御用の悪) (11/10)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-272.html

254.小泉純一郎の脱原発論 (11/14)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-273.html

255.NESARA法の発効間近? (11/16)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-274.html

256.身体が変化している? (11/17)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-275.html

257.コブラ最新情報 (11/22)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-276.html

258.アイオンポータル活性化の意義 (11/24)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

259.アイオンポータルの開放報告(by コブラ) (11/26)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

260.アイソンを巡る情報の激突 (11/30)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-279.html

261.霊的に見た「赤ちゃん取り違え事件」 (12/01)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-280.html

262.全肯定、全感謝、全托 (12/02)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-281.html

263.無垢への回帰(by コブラ) (12/03)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-282.html

264.宇宙人からのメッセージ (12/06)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-283.html

265.DNAと魂は違う (12/08)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-284.html

266.その後のアイソン情報 (12/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-285.html

267.有難い一日 (12/14)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-286.html

268.イベント最新情報(by コブラ) (12/14)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

269.2013年を振り返って (12/31)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-288.html

270.2014年の元旦に想う (01/01)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-289.html

271.コブラ最新情報(2013.12.28) (01/02)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-290.html

272.Kesheの2014年計画 (01/07)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-291.html

273.コブラへのインタビュー by ウェバー(1) (01/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-292.html

274.コブラへのインタビュー by ウェバー(2) (01/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-293.html

275.コブラへのインタビュー by ウェバー(3) (01/12)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-294.html

276.コブラへのインタビュー by ウェバー(4) (01/12)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-295.html

277.コブラへのインタビュー by ウェバー(5) (01/12)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-296.html

278.コブラ最新情報(2014.01.12) (01/14)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-297.html

279.コブラへのインタビュー by アレクサンドラ (01/17)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-298.html

280.コブラへのインタビュー by アレクサンドラ(2) (01/19)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-299.html

281.小泉純一郎が仕掛けた政界再編 (01/21)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-300.html

282.福島詐欺? (01/23)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-301.html

283.世界情勢の最新情報(by コブラ) (01/25)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-302.html

284.驚愕のケッシュテクノロジー公開  (01/31)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-303.html

285.コブラ最新情報(ハートの贈りもの から) (02/02)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-304.html

286.コブラ情報と「ジパング超人伝説」 (02/02)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-305.html

287.お断り (02/03)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-306.html

288.コブラ最新情報 ベールの向う側へ (02/04)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-307.html

289.可愛い動物 (02/05)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-308.html

290.クラウドシップ (02/06)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-309.html

291.ボス猫と子猫 (02/08)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-310.html

292.コブラへのインタビュー(2/4)要約 (02/09)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-311.html

293.これは超常現象なのか? (02/11)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-313.html

294.異論・正論 副島隆彦 (02/13)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-314.html

295.異論・正論 武田邦彦 (02/14)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-315.html

296.ニニギの正体が誰にでも判る記事 (02/14)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-316.html

297.アレクサンドラのコブラインタビュー(補足) (02/15)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-317.html

298.2014年 機会の窓(by コブラ) (02/19)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-318.html

299.羽生結弦と食 (02/20)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-319.html

300.河野談話に裏付無し (02/20)
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-320.html



関連記事

河野談話に裏付無し

goo ニュース
元慰安婦証言、裏付けなし
= 石原元副長官が国会答弁 ― 河野談話

           2014年2月20日(木)17:25
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-140220X460.html

 石原信雄 元官房副長官は20日、衆院予算委員会に参考人招致され、従軍慰安婦制度への旧日本軍や官憲の関与を認めて謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話について、談話の基になった元慰安婦とされる女性の証言の裏付け調査は行わなかったと明らかにした。

 河野談話は、慰安婦動員について「本人達の意思に反して集められた事例が数多くあり、官憲等が直接加担したこともあった」としているが、その根拠が揺らいだ形だ。日本維新の会の山田宏氏への答弁。

 石原氏は河野談話作成の際、事務方トップとして調査を指揮。
韓国側の要請に応じる形で調査官を派遣し、韓国側が選んだ16人の「元慰安婦とされた人」からヒアリングを行なった。


 予算委で石原氏は、ヒアリングで「募集の過程で当時の官憲が関わった」、「かなり脅しのような形で応募させられた」等の証言を得たものの、「証言の事実関係を確認した裏付け調査は行われていない。裏付けを取ることができるような雰囲気ではなかった」と説明した。

 山田氏が「強制性を認めれば納得すると韓国側が示唆したのではないか?」と質したのに対し、石原氏は「作成過程で(日韓の)意見の擦り合せは行なったと推定されるが、私自身はタッチしていないので確認出来ない」と答えた。
談話発表後も韓国が慰安婦問題を取り上げていることに関し、石原氏は日本政府の善意が生かされていない。非常に残念だと述べた。


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

羽生結弦と食

 羽生結弦という可愛い顔をしたフィギュアスケートの天才少年は本来、草食系少食男子のようです。(胃腸が発達していない)
カツ丼やステーキなど一人前の分量がほぼ決っている料理が出ると、肉に襲われると怯えたと言います。
 しかし、この子の波動は他のアスリート達とは全く違っていて、まるで清純な乙女のようです。浅田真央もキム・ヨナも、既に少女ではなく、女になっています。リプニツカヤも15歳ですが、この波動は好きになれません。
 
 羽生選手を苦しめて来たのは、演技後半のスタミナ切れだったと言います。
結弦の栄養指導を担当した栗原秀文さんは「鍋物」に活路を見出しました。
 鍋物の中には肉と野菜が交じっています。
肉は瞬発力、穀物菜食はスタミナを付けます。
結弦が好きな鍋物はこの両方を兼備えていると言えます。(ちゃんこ鍋も同じ)
 但し、穀類も白米は駄目で、玄米の方が断然優れています
又、肉は、牛豚肉よりは鶏肉、鶏肉よりは魚貝類、魚貝類よりは豆腐の方が好ましいと言えます。
つまり、進化の段階が人間から離れている程良いのです。
 その理由の一つは、高等動物の肉体とアストラル体(感情と欲望の媒体)は人間と大差ない位、発達している事だと思います。(神智学)
自分と同じ喜怒哀楽や苦痛を感じる生き物を殺して食うことが霊的に許される訳がありません。
 シルバー・バーチも色々な理由から動物虐待と肉食を戒めています。
イエス・キリストの黄金律(論語の、「己の欲せざる事を他人に施す勿れ」と同意)は動物に対しても準用されるべきです。
そして、日月神示は上に述べた事を簡潔明瞭に指摘しています。(真の神の言葉は、このように、一語に万語が込められています)

遠くて近きは男女だけではないぞ、神と人、天と地、親と子、
喰べる物も遠くて近いがよいのざぞ
(ひふみ神示 第四巻 天つ巻 第12帖)

註: ここで遠くて近い例として挙げられた、男と女、神と人、天と地、親と子、の関係がどういうものかを良く考えてみる必要があります。単に離れているだけではありません。

草木は身を動物虫けらに捧げるのが嬉しいのであるぞ
出世するのざから嬉しいのざぞ、
草木から動物虫けら生れると申してあろがな
(ひふみ神示 第十三巻 アメの巻 第3帖)

四ツ足を食ってはならん、共喰となるぞ、草木から動物生れると申してあろう、
神民の食物は五穀野菜の類であるぞ

(五十黙示録 第二巻 碧玉の巻 第八帖)


 もう一つの理由は肉食は生理学的にも問題が多いことです。
何しろ、神が定めた「道」に反するのですから良かろう筈がありません
この辺は、科学的に調査すれば、幾らでもデータが出て来る筈です。(参考記事3 参照)

 別の観点では、飼料穀物の生産を食用穀物の生産に振向ければ、量的には飢餓が無くなる、という問題もあります。(食肉1kgを生産するのに、その何倍もの穀物が要る)

 
参考記事1: 「外食ちゃんねる」
羽生結弦「肉に襲われる」、カツ丼やステーキにおびえた過去
                2014.02.16.Sun.18:02
http://gaisyokuch.blog.fc2.com/blog-entry-2699.html

◇フィギュアスケート男子 羽生結弦1位

 身長171センチ、体重52キロ。モデルのようなすらりとした体形は演技面でプラスに働くが、同時に「弱点」でもあった。
14日にフリーが行われたソチ冬季五輪のフィギュアスケート男子で、同種目日本選手初の金メダルを獲得した羽生選手。フリーの演技時間4分30秒と、ジュニア時代より30秒長いシニアへの転向後、羽生選手を苦しめて来たのは、演技後半のスタミナ切れ。その弱点を周囲のサポートで克服し、見事に「金」を勝ち取った。

 2012年3月の世界選手権(フランス・ニース)で「ロミオとジュリエット」を舞い、銅メダルを獲得してトップ選手の仲間入りを果した。しかし、演技後は体力がもたず、しばらく立上がれない状態だった。
 これでは戦っていけないと考えた羽生選手の関係者は昨年夏、日本オリンピック委員会(JOC)と味の素が共同で行う「ビクトリープロジェクト」に救いの手を求めた。アスリートの栄養指導では定評があったからだ。

 当時の羽生選手は食が細く、風邪も引きやすかった
担当した栗原秀文さん(37)は「一口食べたら、『もういらない』というレベルだった」と振り返る。
 好物はすしや焼き肉、鍋。いずれも好きな量だけを口にすることが出来る料理だ。
カツ丼やステーキなど一人前の分量がほぼ決っている料理が出ると、羽生選手は「肉に襲われる」と怯えたという
http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140215-00000048-mai-spo

  (以下省略)

 
参考記事2: 週刊朝日
羽生結弦が遠征先で「一人鍋」する理由
2014年2月9日 11時30分 (2014年2月9日 11時52分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140209/asahi_20140209_0003.html

 ソチ五輪で金メダルの期待が高い選手の一人が、羽生結弦(19)。彼の高いパフォーマンスを栄養面からサポートしているのが、味の素社員で五輪選手の栄養指導をしている栗原秀文さん(37)だ。

 「彼は元々食べることに興味がなく、食が細くて、放って置くと全然食べない
好物はすしと焼き肉と公表していますが、それは自分が食べたい量を調節できるからなんですよ」

 昨シーズンは演技後、筋肉が疲労し切って、なかなか立上がれなかった。
試合が終る度に風邪を引き、次の試合迄練習出来ないことも。

 そんな羽生を栗原さんが担当することになったのは昨年7月。「4分30秒滑り切れる強い体造り」と「風邪を引かないコンディショニング維持」を2大テーマに掲げ、汁モノ作戦に取り組んだ。

「彼は胃の動きが遅いので、食べ始めた直後、『だし』で胃の中のグルタミン酸を引き出し、食欲を刺激するようにしました。
 鍋好きなので、夜は色々な味をお母さんに作って貰って。チゲ鍋が好きみたいですよ。
海外遠征でも、レストランのサラダコーナーの野菜と自社(味の素)製品の合せ調味料を保存容器に入れ、レンジで一人鍋を作るよう指導しています」

 更に栗原さんは、食事を楽しみなさい、と強調しているという。
「厳しく管理すると精神的なプレッシャーになりますが、楽しい食事だと摂取量も増えるんです。胃を萎縮させないことを重視しています」


参考記事3: なわ・ふみひとの抄録 から抜粋
病気にならない生き方
           新谷弘実・著 サンマーク出版 2005年7月刊
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-enzyme.html

肉を食べてもスタミナはつかない

 1977年、アメリカで食と健康に関する非常に興味深いレポートが発表されました。
そのレポートは、発表した上院議員ジョージ・S・マクガバン氏の名を取ってマクガバン・レポートと呼ばれています。
 このレポートが纏められた背景には、アメリカの国家財政を圧迫するほど巨額に膨れ上がった医療費の問題がありました。
医学が進歩しているにも係わらず、ガンや心臓病を始めとする病気にかかる人の数は年々増え続け、それに伴い国家が負担する医療費も増え続け、遂には国家財政そのものを脅かす所まで迫っていたのです。
 なんとかして、アメリカ国民が病気になる原因を解明し、根本的な対策を立てなければ、アメリカは病気によって破産してしまうかも知れない。
そんな危機感から、上院に「国民栄養問題アメリカ上院特別委員会」が設立されたのです。マクガバン氏はその委員長でした。
 委員会のメンバーは、世界中から食と健康に関する資料を集め、当時最高レベルの医学・栄養学の専門家等と共に、「病気が増えている原因」を研究・調査しました
その結果をまとめたのが、五千頁にも及ぶ「マクガバン・レポート」です
 このレポートの公表は、アメリカ国民に大きな選択を迫る事になりました。
多くの病気の原因がこれ迄の「間違った食生活」にあると結論づけられていたからです。

 当時アメリカでは、分厚いステーキのような高タンパク・高脂肪の食事が食卓の主役でした。
タンパク質は体を構成する最も基本的な物質ですから、体を作る上でとても大切な栄養素だということで、動物性タンパクを沢山含んだ食事を摂ることが、スポーツ選手や成長期の若者は勿論、体の弱い人やお年寄りにも良いとされていました
日本で根強い「肉こそ活力の源」という考えは、この頃のアメリカ栄養学の影響です。
 ところが、「マクガバン・レポート」は、こうした当時の食事の常識を真っ向から否定しました。そして、最も理想的な食事と定義したのは、何と元禄時代以前の日本の食事でした
それは、精白しない穀類を主食に、おかずは季節の野菜や海藻類、動物性タンパク質は小さな魚介類を少量といったものです。
 近年、日本食が健康食として世界的な注目を集めるようになったのは、実はこれがきっかけなのです。

 確かに、肉を食べなければ筋肉が育たないというのは真っ赤なウソです。これは自然界を見れば判ります。
肉食動物の代表ライオンは、とても強い為、さぞかし立派な筋肉を持っているだろうと思い勝ちですが、実際には馬や鹿のような草食動物の方が、遥かに発達した筋肉を持っています。
 その証拠に、ライオンや虎は、獲物を捕える時、長々と追いかけたりはしません。彼らが得意とするのは、瞬発力を生したスピード勝負です
持久力では、筋肉の発達した草食動物に敵わない事を彼ら自身が知っているからです。
 肉を食べなければ大きくならないというのもウソです。
象やキリンはライオンや虎の何倍もの大きさがありますが、これらは草食動物です。
 但し、動物性タンパクを沢山食べると、人間の成長が速くなるということは事実です。
最近の子供達の成長スピードが速いのは、動物性タンパクの摂取量が増えた為と考えられています。
 しかし、ここにも動物食の危険な落し穴があります。
それは「成長」はある年齢を超えた時点で「老化」と呼ばれる現象に変るということです。
つまり、成長を速める動物食は、老化を早める食事という事になるのです。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

2014年 機会の窓(by コブラ)

 3月20日から、イベントの機会のクライマックスとなる“窓”が開かれようとしています。
その入り口で、日本の門司港と台湾に於いて、“ポータルコンファレンス”が開催されます。

転載元: Now Creation
拡散して下さい! 2014年 機会の窓
http://nowcreation.jimdo.com/2014/02/18/拡散して下さい-2014年-機会の窓/
原文: Portal 2012
MAKE THIS VIRAL! Window Of Opportunity 2014
http://2012portal.blogspot.jp/2014/02/make-this-viral-window-of-opportunity.html

 この惑星上で間もなく、大変重要な機会の窓が、新たに開こうとしております。

 光の銀河勢力は、大いなる興奮と共に、この機会の窓に目を向けています。
銀河連合の宇宙船は、既に地表近くの位置に着き始めました。
この機会の窓の最中に、この惑星表面上に向って強烈なエネルギーが解き放たれますが、そのエネルギーを調えて伝達出来るようにする為です

 数週間前の、私のベールを越えた準宇宙への飛行及び光の勢力による作戦の結果として、エーテル的なアルコン・グリッドの大部分が既に取り除かれました。
 何人かは連合と本物のテレパシック・コンタクトを回復させ始めており、大勢の人達も連合と関わる、ポジティブでスピリチュアルな深遠な体験をし始めています。
アルコン・グリッドの除去はそれほどまでに至ったのです。

画像: (http://u.jimdo.com/www56/o/sf5fc4d7e053d8f7f/img/i1d3787a22e64dd90/1392730239/std/image.jpg

 今迄のタイムフレームの中で、今回はイベントが成功するチャンスが最も大きいものです。
地球惑星の状況は、数年前よりも、そして数ヶ月前さえよりも、遥かに用意が調っている状態です。
それでも私達は自由意志の宇宙で生きているため、イベントのタイミングを保証する事が出来ない事をご理解下さい。

 機会の窓は春分に開きます。春分の数時間前、3月20日の小惑星エリゴネ(163 Erigone)によるレグルス(獅子座の一等星)の星食が、機会の窓の引き金になります。
http://en.wikipedia.org/wiki/163_Erigone

 星食は正確にニューヨーク市を通り、ニューヨーク連邦準備銀行の銀行家達には、レグルスが10秒間、50マイル(約80km)幅の小惑星に隠れて消えるのが見えます。
リバティーストリート33にあるビルの窓から、彼等は見ていることでしょう。これは、エリゴネ(正義の女神)がレグルス(古い世界秩序の堂々たる王者)を星食するので、連銀の消滅を強く予兆するものなのです。

画像: (http://u.jimdo.com/www56/o/sf5fc4d7e053d8f7f/img/ib2f1e79d1ee37680/1392730379/std/image.jpg

 1日後、当に春分の直後に、月の土星食があります。これは、月(女神)が土星(闇の勢力)を覆って輝くという、もう一つの非常にパワフルな印で、女神のエネルギーが重きを得るという、新たなサイクルを予告します。

画像: (http://u.jimdo.com/www56/o/sf5fc4d7e053d8f7f/img/i87dec5773cff0ec7/1392730436/std/image.jpg

 私達は3月21日から3月23日に、日本の門司港でポータルコンファレンスを開催します。春分の頃にもたらされる強力なエネルギーを定着させるためです
こちらから登録できます。(本文は英語と日本語)。
PORTAL CONFERENCE - Mojiko, Kyushu, Japan
http://portal2012.org/Japan.html

 次のポータルコンファレンスは台湾で、3月28日から3月30日迄です。このコンファレンスで私達は、あるドラゴンソサエティーと特別に連携します。
こちらから登録出来ます。
http://portal2012.org/Taiwan.html

 コンファレンスに興味のある方は、私のワークの詳細を、こちらで英語、中国語、日本語でお読み頂けます。
http://cobra.golden-ages.net/

 4月15日の皆既月食(訳者註: 日本では見られない)は、内側の機会の窓が開くことを意味しており、4月15日から4月29日迄開いています。
この内側のタイムウィンドウは、実際はポータルの内側のポータルのことで、極度にエネルギーが強まる時期なので、この惑星の表面に、そして惑星を越えて、もしかしたら、大きく急激な変化を引き起こす可能性があります。
 波の複雑さを解析すると、このタイムフレームは、史上最も複雑で予想しずらい期間であり、その複雑さにかけては、例の2012年12月21日を遥かに越えています。これはつまり、かつてないほど大きな可能性を孕みながらも、最も不安定で予測し難い時期になる事を意味します。 
 G2クラウドが銀河のセントラルサンを活性化する事で引起されたものが、私達の惑星に影響する可能性が最も高い事を示しています
http://etheric.com/g2-cloud-likely-contain-star-increased-chance-core-explosion/

 4月15日の皆既月食は、2014年と2015年の、有名な月のテトラッド(訳注: 皆既月食の四つ揃い。すべてユダヤの祭と重なる)の始まりです。
ユダヤの予言では深い意味を持っています。その日にユダヤの過ぎ越しの祭が始まり、一週間後の4月21日に終ります。
 

   image 2


 4月21日(イースター・マンデイ)はIS:ISポータル活性化の日で、今回の機会の窓のターニングポイントです。
そのポータルは重要なものなので、改めてそれに関する記事を書きます。
私達はその時、地球惑星の、ある主要なボルテックス(渦)を活性化します。詳細は直ぐに私のブログでお知らせします。

 4月29日には、金環日食(訳注: 南極付近)があり、機会の窓の内側のポータルを完全なものにします。

 機会の窓は5月17日のプレアディアン・アラインメント(Pleiadian Alignment)の日に閉じます。
その時には、ある特定のボルテックス・ポイントを特別に活性化させます。
プレアディアン・アラインメントについては、時期が来たら詳しくお伝えします。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

アレクサンドラのコブラインタビュー(補足)

 本内容は Sumner の要約記事を補足訂正するものです。

転載元: Now Creation
2月13日付トランスクリプトに基づく補足と訂正
http://nowcreation.jimdo.com/2014/02/15/アレクサンドラのコブラインタビュー-補足/
翻訳元記事: Galactic Connection/Interview Transcripts
Cobra and Alexandra Meadors Transcription for February 4,2013
http://galacticconnection.com/all-interview-transcripts/cobra-alexandra-meadors-transcription-february-4-2013/


偽旗作戦
 オリンピックやスーパーボールなどの特別イベントがある度に必ず偽旗作戦を想起する人がいるものだが、現在では、そのようなことはめったに起こせなくなっている。

金融システム
 前回の要約記事:カバールは金に裏打ちされていない、世界規模の金融システムを欲しており、レジスタンスは金に裏打ちされた透明なシステムを望んでいます。
訂正: 「部分的に金に裏打ちされた」に訂正します。

スイスダボス会議
 前回の要約記事: 25000人の会議は
訂正: 「2500人」に訂正します。

中国の強制労働収容所
 アレクサンドラ: これは素晴らしいニュースで、たまげましたよ。
中国が、100単位もの強制労働収容所を廃止する約束を果たしたというのです。
裁判なしで、万単位の人たちが釈放されました。そのことで何か言うことはありますか?

コブラ: これが今起こっていることなのです。二ヶ月前に始まりました。これは今でも続いています。

アレクサンドラ: どうして二ヶ月前なのですか? まるで明かりのスイッチがバシッと入ったように、なぜ、彼らは突然、掃討作戦に出たのですか?

コブラ: このような作戦には段階があるのです。(訳者: 前回の要約記事とは全くニュアンスが違っています)

第1段階: 光の勢力が政府組織の内部に潜入する。

第2段階: 作戦の準備

第3段階: 光の勢力による作戦実行


 大抵、作戦を実行することで、変化が起こります。けれども、そこに至るまでの、何ヶ月も何年にも及ぶ準備作業は、誰にも見えません。
今や地球惑星の状況は、光の勢力が多くの国々のシステム内で、ますます抜本的な行動をとるべく、用意が整っている状態です。

イラクとアフガニスタンの駐留米軍完全撤退
 オバマが一般教書演説でこのことを述べたのは、資金不足と麻薬密輸が出来なくなったため
カバールは麻薬取引を資金源としてきたが、光の勢力の大作戦で、麻薬取引が出来なくなった。

スコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)レポート
 スコットランド・ヤード・レポートは、イギリスの刑事裁判システムの堕落をメディアにリークしたものである。
犯罪者が陪審員を買収したり、脅したりして評決を勝ち取ってきた。
スコットランド・ヤードがそうした内容をリークしたのは、そこにも光の勢力が入り込んでいるからである。

メキシコの麻薬カルテル
 アレクサンドラ: メキシコで、麻薬カルテルに協力していた地方警察を、自警団が逮捕しました。
その後で、メキシコ政府は自警団を合法化しました。
そのニュースに私はぶっ飛んでしまったのですが、なんだか、この60日で明りのスイッチが入ったみたい。

コブラ: 変化が起り始めたのは、1月21日前後からです。
その日はオペレーションの第3段階が完了したので、スイッチが入ったのです。

1月21日にね。光の勢力の進展に関して、その日を境に、良いニュースを沢山目にするようになりました。

フランシスコ法王とオバマが署名した契約書
 アレクサンドラ: フルフォード情報に関する質問です。
貧困を終らせ、環境破壊を止めるためのキャンペーンにゴールドを使おうという契約に、フランシスコ法王とバラク・オバマが署名したということです。
これはバチカンが変化した印ですか、それとも、プロパガンダですか?

コブラ: フルフォードが言っているようなゴールドなんてありません。
この契約と称しているものは、ただの煙幕です。

英国のロイヤルファミリーと政治家
 アレクサンドラ: ブレア元首相の小児性愛がばれて、マスコミに随分叩かれていますね。ロイヤルファミリーについても、何か情報はありませんか? 
女王がチャールズ皇太子に公務を継がせました。これにはどんな意味があるのでしょう?

コブラ: ポジティブ側のテンプル騎士団が、英国で大活躍しており、ロイヤルファミリーとイギリス政府のカバールの正体を暴こうとしている最中だと言っておきましょう。

2月7日~11日までの機会の窓
 アレクサンドラ: あなたの意見を聞かせて下さい。―― (フルフォード情報から)先週、1月31日が決済日だったことを思い出して欲しい。
JPモルガンのような大銀行がゴールドを現物で用意出来なかった場合、さらに2月中旬まで猶予期間が置かれ、その後処分されるであろう。
1)どう思いますか? 2)これは本当の事ですか?
私達にJPモルガンのようなでかい奴を処分する力なんてあるのですか。

コブラ: 可能性があるということです。2月7日から11日迄がタイムウィンドウとなっており、グローバルな金融システムの内部で大きな事件が生じるかも知れません。
保証は出来ませんがね。
 けれども、光の勢力が、ある作戦を実行中です。
その結果として、地球の金融システムが急激に変るかも知れません。
あくまでも可能性です。どうなるか見ていましょう。大きな事件といっても、リセットではありませんよ。大衆の注意を引くような出来事という意味です。

ブラッドムーン(blood moon)
 2014年から15年にかけて、ブラッドムーンが4回あり、それが金融崩壊とどう関係するのかアレクサンドラが尋ねた。

コブラ: 金融システムの崩壊に関わるだけでなく、地球惑星の解放に関わることなのです。新たなサイクルの始まり、時代が移り変ることを告げてくれるのです。
 占星術的な運動が、この惑星の変化を引起すようなエネルギーを起動させます。
大抵は、春分か秋分の頃にブラッドムーンになります。
今年はとても重要なユダヤの祭に重なっています。ユダヤ人にとっては、大きな前触れとなります。
 前回重なったのは79年で、ローマがエルサレムの神殿を破壊した時です。(訳者: 79年にはポンペイの街も、ベスビオ火山の噴火で埋没しました) 彼等からすれば、歴史的瞬間と重なっているわけです。
知ってのとおり、カバールはエルサレムやエルサレム神殿を重視しています。彼等にとっても象徴的な日なのです。
彼等がこの神殿を重視しているのは、イルミナティの主な僧侶達が、この神殿の血筋を引いているからです。

アレクサンドラ: 財政状況に話を戻すと、カバールのこうした事情とも絡んで、米国が2月にはお金が無くなるというのは本当ですか?

コブラ: お金が無くなるという言い方はしませんね。
尽きてしまうのは、金融システムという幻を支えるための手段です

この金融システムで、状況全体が以前のように回って行くなんて、信じられる訳ないでしょう。

ワシントンDCの政治家グループ
アレクサンドラ: フルフォードがワシントンDCについて述べた事はどうなのでしょうか。
「彼らは地下基地をとても気にしている。地下基地は全て接収されてしまい、政治家たちはみな、自分達の将来を恐れている」
(その通りだよ)
 彼は米国を解放する方法も具体的に詳しく記述していて、本当に素晴らしい内容だと思いました。彼はこう述べていました。
「上院や議会を会計監査する為に、連銀の12支店を占領して国営化し、買収された議員はみな逮捕する。
 ジョージ・ブッシュJR.の不正選挙を許した高等裁判所の判事達を入れ替える。
アメリカ合衆国企業を閉鎖し、共和国を再建する。
不正な金融派生商品の売買を行ってきた銀行を国営化する。
軍部や政府機関で汚職に関わった者を全員排除する。
公的私的に関らず、負債は全て帳消し。
政府発行通貨を用いて、米国の再建をスタートさせる」
 このようなことは、私達が待ちに待っている新しい社会、プリペア・フォー・チェンジであなたが言っている事に、かなり似通っていませんか?

コブラ: フルフォードが述べている事は、イベント前とイベント直後のプランの一部です。

中毒、肉食、身体のヒーリング
アレクサンドラ:人々がエンライトメントのプロセスに耐え得る為には、何かに対する中毒的な依存を無くし、肉食を止め、身体が完全に癒された状態である事が肝要だと思いますか?

コブラ: アセンションは意識の変容であることを、人々は理解する必要があります。
全てのプロセスが、あなたの意識を通って進んで行きます。
 アセンションとは、何か外側にあるものではありません。あなたの内側で起ることなのです。
スピリチュアルな、進んだ技術は支えになるかも知れませんが、そのプロセスはあなたの内側で起らなければなりません。
食習慣のような、外側の変化は全て、内側のスピリチュアルな変容の結果なのです。

タキオン、ゼロポイント、オルゴン、スカラー波
タキオン: タキオンエネルギー、あるいはタキオン粒子は、光速よりも速く、命を宇宙へ送る基礎。
ゼロポイント: ゼロポイントエネルギー場は、真空のエネルギー場で、情報を量子の揺らぎへ伝送する。
オルゴン: オルゴンエネルギーはエーテルのプラーナ、気の流れで、エーテル界を保っている。
スカラー波: スカラー波のテクノロジーは、定常波のテクノロジーで、定常波を通して情報をエネルギーに伝えることができます。

恩赦について
 前回の要約記事: 恩赦されなかった人は、将来この惑星での役回りは二度と巡って来ません。
訂正: 「たとえ恩赦が認められても、殆んどの人が将来この惑星で、影響力をもつ立場に置かれることは一切ありません」に訂正します。

転生前の契約をキャンセルするという話題の後で、
アレクサンドラ: 95%の家族が完全に機能不全に陥っているのを見れば、凄く良く理解出来るわ。意味が解るでしょう。(笑)

コブラ: そうそう。

コブラの知識
(魂の座についてコブラが答えた後で)
アレクサンドラ: 私も含めて、誰もが知りたがっています。あなたは優等生で卒業したのですか? あなたの知識量に人々が驚いていますよ。

コブラ: これは正式な教育で得ている事ではありません。
私が私であるところのものに接触することで、そして私の源の記憶に接触することで得ているのです。

アイソン彗星
 アレクサンドラがアイソン彗星について様々な解釈が出ていることを質問すると、コブラは「私とトーレックとで見解が分れたので、人々が辻褄を合せたがっているからです。・・・(以下省略)」と答えた。

 以上です。


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

ニニギの正体が誰にでも判る記事

 以下の赤字の部分をしっかりマークして置いて下さい。
そして、その結果を見て、それ相応の結論を自分で出すことです。
(既に、02月12日 22:17 の記事のように、「13日に、ドル暴落、超円高、株式暴落、悪魔の相場」になどなっていません)


転載元: 「さうさう」 中継: 「黒猫を招き我れ此処より何処へ」
・ あと3日で
http://takehariy.seesaa.net/article/388284586.html

〔抜粋〕

富士山ニニギ 2014年02月12日 15:49

 今までの生活から突然海外の生活は無理があります。
今までの生活を保証しながら場所だけを安全な海外に移す。
街ごと全てをそのまま移します。
国籍は外国でも、日本人としての生活はそのまま維持させる「自治区」になります。
 オーストラリア、タイ、中国の政府と話し合い、州単位の国土を購入し、日本文化の自地区を創ります。今の生活と何も代わらない社会です。
私達高天原にはその資金は十分あります。ご心配なく。
そうで無いと強制移住は出来ません。
 どんなものかイメージするには昔の香港を想像してください。
香港はイギリスが100年間中国から借りた租借地でした。英語教育のイギリス文化でした。
それよりもっと日本に近くなります。

あと3日で全て終わるぞ。準備してください。 友人の友人まで公開 
2014年02月12日15:08

 青龍が「あと3日で中国が崩壊するぞ」と言ってきた。

 3日とは早いものです。
何が原因かと考えたらこれしかない。中国が保有する大量のアメリカ国債が紙切れになることです。

 今まさにアメリカ議会で最後のすかしっ屁を決めている。
債務の上限を設けないで来年の3月まで借金し放題にすると。
下院は通過した。後は上院だ。
議員はこれを決めて辞職するようです。

 そんなことが決まれば、即刻ドルの暴落、国債の金利上昇。最後は紙切れ。「破綻しろ。後は野となれ山となれ」と言ってるようなもの。無責任はなはだしい。

 確かにオバマ氏は15日に金融テロを企んでいると。
アメリカ政府は国民のための年金などを管理するコンピューターを18日まで停止すると発表。
一体何をするのだろうか。支払いがストップすることは間違いない。恐らくお金がないのだろう。

 15日(土)だ。
15日に世界の金融が大混乱するだろう。
アメリカの15日だから日本では16日(日)に起こるであろう。
金曜日までにお金は引き出しておこう。


これがロイターが報じる「すかしっ屁ニュース」です。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA1A03U20140211

 何が起こるかの解説もありません。
遂にその時がやってきました。お待たせしました。結構長かった。

 福島の移住作戦。本日よりスタート。
海外に日本人自治区の購入に走ります。

そのためにも今の貨幣社会(と政府)は一旦リセットする必要があります。我慢してください。

2014年02月12日 22:17 富士山ニニギ

明日ドル暴落。
超円高。
株式暴落。
悪魔の相場に。


富士山ニニギ 2014年02月12日 22:28

 高天原の総資産50京円。今回没収資金5000兆円。
その内みんなの小遣い300兆円。全て金融崩壊に備えて金塊で準備してあります。
ニニギ尊さんが創った金塊。天皇の金塊です。管理してるのが高天原です。
金塊の保管場所はアソコですよ。あっかんべー。

富士山ニニギ 2014年02月12日 22:33

 今後世界通貨は高天原が発行します。
通貨と言っても今までの通貨とは全く価値観の違うものです。
物を得るためではなく与える為の通貨です。
わかるかなぁ~。

 米国のFOX-TV(ケーブルニュースチャンネル)によると、
現在、米東海岸に57隻の軍艦が集結......。
そのなかにはイランの戦艦も含まれているそうです。

FOX-TVによるとイランは米国をEMP攻撃(電磁波パルス攻撃)を企てており、それが第三次世界大戦の発端になると報道しています。
※情報源
http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2014/02/why-57-warships-off-east-coast-emp-nukes-invasion-2450356.html Why 57 (War?)Ships Off East Coast? EMP? Nukes? Invasion?


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

異論・正論 武田邦彦

 私が、この高名な先生のお説で唯一覚えているのは、これだけです。

〔2011年の原発の記録 1〕
 原発と生活  強い人はその通り
http://takedanet.com/2011/04/post_ec43.html

 放射線をご研究になっている先生方で「放射線は体に良い」と言われている方がおられます。
これについての私の見解を書きます。

 生物の歴史は6億年前(単細胞なら37億年前)からですが、その歴史は「放射線との戦い」でした。
ですから生物は放射線に対して何重もの防御をしています。
別の表現をすれば、「放射線に対する防御が出来る生物だけが生き残り、その中で人間は最も放射線に強い生き物」と言えます。

 私は生物の「自己修復」という機能を人工的な材料に適合しようという研究をして来ましたので、その事はよく知っています。
だから、「放射線を浴びると健康になる」というのも確かです。

 しかし、問題は2つあります。

1) 統計的には、放射線の量が増えると「過剰発癌」が増える。

2) 幼児、妊婦、妊娠可能な女性等に障害者が出る。

 という現実があります。つまり強い者は体が防御してくれるのですが、弱い者はやられてしまうということがあるからです。

 これは人によって判断が分れるのですが、私は「弱い人を中心にして、強い人は弱い人がやられなければ大丈夫」という考え方です。
1年に1ミリシーベルトで、過剰発癌は「たった」1億人に5000人(0.005%)ですから、集団としては大した事はないかも知れませんが、幼くしてガンになる人は「その人、一人」だから可哀想に思います。
 それも、しばらく汚染された土地を離れたり、汚染された食材を売らなければ回避出来るのですから、私はそちらの方が良いと思っています。

 読者の方で「放射線は本当に危険か」と迷っておられる人が多いのですが、

1) 強い人は大丈夫。

2) 弱い人は危ない。

3) 確率で起る。

 ということを知って、後はご自分で判断して下さい

 その点で、政府の要人や知事(何れも50歳以上の男性)が放射線に汚染された食材を食べて「平気です」と言っているのを見ると、無性に怒りが込み上げて来ます。

 違うだろう!

 平成23年4月17日 午後11時 執筆

                       武 田 邦 彦


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

異論・正論 副島隆彦

 副島隆彦氏は2014年1月13日の重掲(おもけい、重たい掲示板)で、
どうせ舛添要一が勝つ。そのように初めから計画している。
と、明言していました。
実際に舛添氏が勝った現在、その根拠は何だったのか、改めて読み直してみますと、以下のように要約されると思います。

1.政治の世界では、“一人勝ちを許さない”という力学が働く。

2.生活の必死さを感じている人達が舛添を支持する。

3.原発の再稼動を停止している結果、石油・石炭・天然ガスの輸入代金が嵩み、貿易赤字に転ずる。(円安で更に代金が膨れ上がる) - 実際にそうなった。

4.“原発というのは、トイレのないマンションだ”というが、核廃棄物は安全だ。

5.2シーベルト(=2000ミリシーベルト=200万マイクロシーベルト)以下の被曝は人体に悪くない。

 つまり、基本的に原発、放射線は言われているほど危険ではない、という認識が根底にあり、冷徹な政治、経済の論理から“舛添が勝つ”という結論を導き出しているのです。
この主張には、無視できない真実が含まれている、と私には思えます。

 フクイチ由来の放射線については、コブラも、ベンジャミンも、マシューも、あまり心配をしていません
最近のケッシュテクノロジーの公開で解ったことの一つに、放射線源となる物質を原子レベルで選択的に瞬間移動し、除去してしまう技術がある、ということがあります。
 スペースファミリーにとっては、実害がない程度に濃度を下げることなど訳のないことでしょう。(完全に除去することは、無菌状態が免疫力を失わせるのと同様、反って害があります。その上、今年の4月前後にG 2星雲から大量の放射線が降り注ぐイベントを控えています)

 マシューは最近のメッセージで、
“福島の原子力施設の状況についても安心して下さい。
惑星地球の周りにいる宇宙船のテクノロジーによって汚染された土壌と水中の放射能汚染物質の濃度を下げています。
そしてその乗組員達が事故で悪化している原子炉にそれ以上の損傷を防ぐ為に可能な限りのことを一生懸命にやっています。

 今その原子力施設で起きていることは、地球のあらゆる所にあるそのエネルギー源を終らせる為に必要な説得力ある理由なのです。
あなた達が原子力と化石燃料から離れて、再生可能とフリーエネルギーのエネルギー源に向って進む事が、地球を癒す大きな助けになるのです。”
 と述べています。
引用: 「マシュー君のメッセージ(84)」http://moritagen.blogspot.jp/2014/02/blog-post.html?m=1

 安倍総理の“アンダー コントロール”発言は、必ずしも“真っ赤な嘘”とは言い切れないのです。
むしろ、“福島、茨城、首都圏等に人は住めなくなる”などと騒いでいる富士山ニニギなどの方がよっぽど怪しいと思います。(この人物は典型的な流言蜚語メーカーです)

 小泉さんの即時脱原発論にも非現実的な面がある事は否めません。
細川氏の言う自然エネルギーだけでも駄目です。ソーラーや風力発電ではエネルギーコストが高過ぎて日本経済が立ち行きません。
 敢えて電力業界を敵に回す勇気があるなら、思い切ってフリーエネルギーを正面に打ち出したら良いのです。
その前段階として、オオマサガス(一部フリーエネルギーを取り込んでいて、エネルギー効率が異常に高い)など直ぐにでも実用化出来る技術が目白押しにあるじゃないですか。
 小泉さんが、11月12日の午後、日本記者クラブの会見で、
“原発ゼロという方針を政治が出せば必ず知恵ある人がいい案を作ってくれる。専門家の知恵を借り、その結論を尊重して進めるべきだ。”
 と言っていたのは、至極真っ当な話なのです。


参考記事:
副島隆彦(そえじまたかひこ)の学問道場 - 重たい掲示板アーカイブ(http://archive.is/glirS
[1518] 「安部首相の靖国参拝問題」の続きを書きます。
     投稿者: 副島隆彦 投稿日: 2014-01-13 06:18:49

〔前段省略〕

3.政治は力学(りきがく。初期の物理学。ダイナミックス dynamics )の法則で動く。政治(ポリティックス)は、人間集団の勢力としての力の動きだからだ。利害衝突を巡る激しい争い現象を象徴的な問題にして対立するからだ。

 安倍政権は、予め深く仕組んだ総選挙(2012年12月)そして参院選(翌7月)に圧勝して以来、日本国内では、すべての国内反対派を制圧しているように見える。
 有頂天(うちょうてん。“我が世の春”)である安倍政権(自民党タカ派勢力)であるから、何でも好きなように出来る、と思い込んだ。
そしたら、絶好調からの転落がすぐに始まった。賢い人なら知っているが、常に「一寸先は闇」なのである。

 国内には公然たる反対派は存在しない。だから、政治力学の力(ちから)の拮抗点(きっこうてん)の目盛りはずっと右の方にずれた。
今の均衡点(エクリブリアム)は、外国(アメリカ)との鍔競(つばぜ)り合いになっている。「政治力」間の均衡もその均衡点で決まる。均衡点はどこで成立しても、どこに有っても構わない。遭遇戦(そうぐうせん)が、世の慣(な)らいである。

 日本国内のリベラル派=反戦争勢力が、ガタガタに崩れて勢力の体(たい)を成していないのなら、安倍政権は、外国(アメリカ)との拮抗点(対立点)が、次の政治の焦点(フォーカス)の場所となる。今はそこだ。

4.私は、次の話題が都知事選になっていることに、苦々(にがにが)しい思いをしている。
都知事選などどうでもいいのだ。誰が都知事になっても何の変わりもない。目立ちたがり屋たちが、出てきて騒ぐだけだ。一国の切実な政治問題には何の関係もない。

 どうせ舛添要一が勝つ。そのように初めから(マスゾエが、去年、参院選に出なかった時から。アレ? 何か仕組んでいるな、とあのとき私は勘づいた)計画している。
細川護煕(もりひろ)では勝てない。ただの反対勢力の結集だ。
どうして、首相経験者が、またぞろ出てきて格下(かくした)の公職につくのだ。
 
 「反原発」を標語、旗印(はたじるし)にして、細川と、小沢一郎と、小泉純一郎と、菅直人までが結束するのだそうだ。これを、「三国協商(同盟)」(トライ・アンタント Triple-Entente )という。

  世界政治では、最強国を孤立させるために、それ以外の国がまとまって、最強国の足を引っ張るという、政治力学の法則に従った動きをする。
だから、今の日本国内では、安倍晋三の一人勝ちだから、それに反発する、「自分も安倍と同格だ」と思っている大物たちが団結する、というだけのことだ。くだらない。ここには国民生活の切実な課題を巡っての必死な感じがない。 

 自分の生活の必死さを、一番感じているのは、中小企業の経営者たちだ。従業員の給料を払うことで精一杯になっている。
この人たちが、舛添さんなら都政ぐらいは安心してやらせることが出来るよ、丁度いい、芸能人のセンス(上手なアナウンス能力さえあればいい、ということ)もあるし、官僚たちともケンカが出来るだろう、と判断していると、私、副島隆彦は判断する。


5.ここで、「反原発は、世界のリベラル派の結集軸だ。だから自分は反原発だ」と今も信じて疑わない者たちに、私から反論しておく。

 日本は、貿易赤字に2012年から転落した。もうすぐ経常収支(けいじょうしゅうし)も赤字に転落しそうだ。その原因は、燃料代(エネルギーの輸入代)である、石油・石炭・天然ガス(火力発電所の運転費用)が嵩(かさ)むからだ。

 私が、私の金融本でずっと書いて詳しく説明しているとおり、2012年で6兆円の燃料代が増えた。2013年は、おそらく10兆円に近くないっている。原発を動かさないからだ。
誰が、この負担を真剣に考えるのか。企業経営者のまっとうな保守精神をした、責任感のある者たちは、このことを正面から考える。馬鹿は考えない。

 「原発というのは、トイレのないマンションだ。核廃棄物の廃棄処理のサイクル技術は完成してない。放射性廃棄物の半減期は、2万7千年だ」と、言い続けている人たちが今もいる。自分のことをインテリ(頭がいい人間)だと、密かに自惚(うぬぼ)れている。

 原発運用、核燃料の処理の問題の、専門家の学者たち(東大工学部と東工大にいる)に、冷静に話をさせるべきなのだ。
彼らのことを、一絡(ひとから)げにして、「原発御用学者ども」と、知能の足りない恐怖感からくる集団ヒステリーに罹って、大騒ぎしたものだから、自分たちの内心に、深く恥じているものだから、彼ら、原発管理・運用の専門家の原子力工学の専門家たちの意見を、真剣に聞こうとしない。
それが、自民党支持者(ネトウヨまでを含めた)を含めた臆病者どもの、今に至る怯懦(きょうだ)の態度だ。

 「トイレのないマンションが原発だ」と今も言う。
私、副島隆彦は、自分の体で、原発の近くまで何回も行って放射線量を測ったから、文科系知識人にすぎないが、それでも、自分の体で分かることがある。
私は、自分が実感で分かったことしか分かったとしない。

 核廃棄物など、それほど恐ろしいものではない。人体に危険でもない。このことを正直に、平易にいう人が、全くいない。
私は、自分が、キチガイ言論人扱いされることに、もう20年もたって、慣れているから、はっきりと言える。あと20年ぐらい経(た)てば、「副島隆彦が言っていることが正しかった」となるだろう。その時は、私は、もう死んでいるだろう。

 原発から出る核廃棄物を、再処理して、高濃縮のプルトニウム(これが核兵器になる)を取り出したあとは、まとめて濃縮してドラム缶の親玉みたいなものに詰める。
私は、10年ぐらい前に青森県の六ケ所村の核サイクル施設を、なぜか、見学に行っている。
ここで、大型の、高さ8メートルぐらいの楕円の卵型の容器にすべてを詰めて、それが、何千本も、六ケ所村の、巨大な地下の空間に貯めてあった。
地下の施設の長さ=奥行きは5キロぐらいあるのではないか。

 核廃棄物を、危ない、危ないと、言い過ぎる。私は、瞬間(爆発性の)被曝であれ、作業員(積算、せきさん)被曝であれ、2シーベルト(2000ミリシーベルト=2百万シーベルト)以下の放射線量は、人体に悪くない、と考えている。 

 あまりにも極端だと言うか? このことについては、どうか、私が弟子たちと書いて出した『放射能のタブー』(KKベズトセラーズ、2012年刊)を読んで下さい。何と、この本を苦労して出してくれた、編集者が、先日、私に、「副島先生。彼らを説得するのは無理でしょう」としみじみと言った。私は唖然とした。

 だから、「トイレのないマンション、原発」という恐怖心を散々煽って、それで、そこで思考が停止している、多くの原発恐怖症患者に、私は、「そんなに心配することはないんだよ。人間が作ったものだから、人間は問題の解決策も作るんだよ。」それがサイエンス(学問)と技術(テクノロジー)の進歩ということだ。

 核廃棄物を過剰に危険だと言う人々は、原発利権に絡んでいる人たちだ。核廃棄物の処理でも、高い金(予算)をふんだくりたいものだから、(この悪巧みは、GE=ジェネラル・エレクトリック社が、東電を脅して、唆(そそのか)して作ったものだろう)核廃棄物を過剰に危険だと、言い募(つの)るのだ。使用済み核燃料など、何の危険もない。ただの燃えカスだ。

 メルトダウンだとか、メルトスルーだとか、馬鹿なことを書き続けるな。45シーベルトの放射線量が出た、とか、扇動ばかりする。
今も、映像を見ていると、原発作業員たちが、淡々と、原発のわきで作業をしているではないか。何を遠くから、そんなに顔を引き攣らせるのか。

 「原発作業員たちの現場は危険であり、劣悪だ」とか、聞いた風なことを言うな。日本全国の、そこらのマンション建築現場の作業員(肉体労働者)たちの作業所の雰囲気と、まったく同じに決まっている。
これまでに作業現場での肉体労働というのをしたこともない人間たちが、勝手な妄想で、インテリぶって、あれこれ馬鹿なことを言うな。 

 お前はどうなんだ、と反論されるなら、私、副島隆彦の人生行路は複雑だから、現場作業の肉体労働も少しだが知っていると答える。
工場の労働者というのは、要らぬ、余計なことは、しゃべらない。
ボーボー火が燃えている現場で「これが自分の仕事だから」で働いているのだ。人からの哀れみや同情など無用である。

 放射線量が50ミリシーベルトぐらいの危険な作業工程ですが、だれでも出来ますから、日当5万円でやりませんか、と誘われれば、私、副島隆彦は今でもすぐ行くぞ。本当だ。何もコワイことはない。

 何をそんなに、「自分の脳の想像力」だけで、勝手に怯(おび)えているのか。そのくせ、日常生活では、何の心配もしていないで、生きているくせに。原発問題をイデオロギー化してしまっている、おかしな人間どもだ。

 それに、核廃棄物というのは、それほど危険な放射性物質ではないことが、私は分かった。だから、「私は怖がらない」と、誰に向かっても言います。
 おそらく高田純(たかだじゅん)札幌医大教授が、この「放射線防護学(ほうしゃせんぼうごがく)」の権威であり、本当の専門家( 福島原発事故の前から、自分の体で被曝実験とかしていた。

 彼が2007年に書いた『核爆発災害』(中公新書)である。もうすぐ事故から3年が経つのだから、高田純氏が、自民党や民主党の政治家たちに、ずっとご進講(しんこう)して回って、真実を政治家たちレベルでは知ってしまっている。

 ただし、「これを言うと、自分たちが袋叩きにされるから、有権者(国民)にはまだ言わないようにしよう」と、勝手に、政治家たちは神妙になって、組織決定で馬鹿な緘口令(かんこうれい)を敷いている。 

 「原発は、トイレのないマンション」だと、自分の口で、500回以上、確かに自分は言ったと正直に言える人とは、私は、おそらく2年後には真実はどうなのか、の決着をつけるでしょう。その時は、福島原発事故から5年が経つ。 

 福島では、赤ちゃんひとり、作業員ひとり、あの原発事故の放射能の影響で、倒れて発病している人はいない。これが、ずっと言い続けている副島隆彦の標語だ。

 それから、気に入らないのは、医者たちの一部に、「原発事故の放射能が、長い目で見て、人体の細胞に悪い影響を与える危険性がある。遺伝子に影響が出る可能性がある」というのがいる。
 私は、このしったかぶりの医師たちにも不愉快だ。
専門家の振りをして、自分が、温厚で丁寧で、上品な、深い気配りのできる人間だと、まわりに売りたいばかりに、こういう「危険性の可能性がある」という、慎重な判断をすることが、優れた医者だと思い込んでいる。 

 自分の医学部の学生時代の友人で、放射線医学者になった者たちから、もっとしっかりと知識を学べ。
放射線医療の医師たちは、長年の経験から何でも知っている。
放射線医学者たちも、原子力工学の専門家たちと同じく、「余計なことを言うな」と政府から、脅されて、規制されて、何も言わなくなっている。

 私は、会員ページで、日本の放射線医学の若手の権威である、中川恵一東京大学医学部附属病院放射線科の准教授にズケズケと聞き出して対談している。自分で読んで判断しなさい。
 福島原発事故のあと、何と、直後の、2011年3月15日には、外国人記者クラブで、中川医師は、「事故は収まったようです。これぐらいの事故では、放射能による患者は出ないでしょう」とはっきり言った。

 そのユーチューブの映像も残っている。私は、「中川先生は天才だ。さすが、東大教授だ」とホメた。
私、副島隆彦は、ちょっとやそっとの事では人(専門家)を褒めない。
 こういう経緯(けいい、いきさつ)も皆、よく知っていて下さい。
大きな大勢に流されればいい、どうせ反対なんか出来ない、というものではない。真実は、権力や体制よりも強いのです。


関連記事

テーマ : 考察
ジャンル :

これは超常現象なのか?

 ここに掲載したのは、2013年4月4日に私が撮影した、自宅の(浴室がある)北東外壁に残っていた不可解な痕跡の証拠写真です。
この痕跡は、4月6日夜に降った雨により、雨水が掛った下の部分が殆んど流亡してしまいました。その時の様子も4月7日に撮影してあります。(下の最後の写真) 
おそらく、誰もこの事象を合理的に説明することは出来ないと思います。

 その前後の状況は、本ブログの過去記事「宇宙船ヒーリングを受ける(2) 2013-04-08(15:56)」に詳しく記録されています。
 わりと簡潔な文章ですので、是非、本文を参照しながら写真を(拡大して)見て下さい。
ブログ掲載には1枚につき2MBの制限がありますので、約4MBの原画を半分に縮小し、更にサムネイルで仮表示してあります。
その当時は、デジカメで撮った写真をブログにアップするネット環境も知識もなく、写真を掲載することが出来ませんでした。 

 そして、その約1ヶ月後の5月8日、五月晴れの空に、あの巨大なクラウドシップが出現したのです。(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-309.html
尚、この時使ったデジカメは、ここに掲載した写真を撮ったデジカメとは別の機種です。(前者がオリンパス製、後者が富士フィルム製)

 今から思うと、この二つの事象(謎の痕跡とクラウドシップ)は、宇宙人が自分の存在を私に確信させる為に見せてくれたものだったかも知れないと思っています。


 DSCF0098_convert_20140211095333.jpg
DSCF 0098 2013.4.4. 10:54

 DSCF0099_convert_20140211100852.jpg
DSCF 0099 2013.4.4. 10:54

 DSCF0102_convert_20140211101026.jpg
DSCF 0102 2013.4.4. 10:55

 DSCF0103_convert_20140211101150.jpg
DSCF 0103 2013.4.4. 10:56

 DSCF0108_convert_20140211101356.jpg
DSCF 0108 2013.4.7. 07:59


関連記事

テーマ : 意味がわかると怖い話
ジャンル :

コブラへのインタビュー(2/4)要約

 この Now Creation さんによる翻訳記事は、昨夜、日付が変る直前にアップされました。
私は、夜更しをしない主義ですので、取り敢えず一番気になっていた箇所をチェックした後、何時ものとおり就寝しました。
 今朝は、昨日の午後から降り出した細かい雪が50cmほど積っており、自家用ヤマハ小型除雪機の出番です。
その前にこの記事をアップして置きます。

 一番気になっていた箇所は次の二点です。

1.「G 2 クラウドと、核となっている星の爆発」に関する件

2.「2月7~11日の機会の窓」に関する件

 「 G 2 クラウドと、核となっている星の爆発」について、コブラは、
「あなたは心配する必要はありません。心配しなければならないのはカバールだけです!」
と言っています。
私達にとっては心配する必要がなく、カバールが恐れるのであれば、この事象が私達の覚醒を齎すということでしょう。
 2.については、やはり、「ハートの贈りもの」さんは2月6日の記事で早とちりしたな、と思います。少なくとも、それは「2月7日」から連想される米国デフォルトのことではありませんでした。
 
 今は、コブラが言うとおり、大量の撹乱情報が洪水の様に溢れ出しており、速報性を重視したり、功に逸ったりすると、すぐさま足許を掬われます。
このブログは、いわば情報の戦場を馳駆しながら、自分がどれだけ冷静に的確な判断が出来るか、というテストでもあります。


転載元: Now Creation
アレクサンドラのコブラインタビュー(Sumnerによる要約)
http://nowcreation.jimdo.com/2014/02/08/アレクサンドラのコブラインタビュー-sumnerによる要約/

翻訳元記事: Galactic Connection
Compilation of Subjects In Cobra and Alexandra Meadors Interview 2.4.2014 
http://galacticconnection.com/all-interview-transcripts/compilation-subjects-cobra-alexandra-meadors-interview-2-4-2014/

原文: Kauilapele’s Blog
Cobra’s Interview with Alexandra Meadors 2-4-14…”Light Forces are now Everywhere!”
http://kauilapele.wordpress.com/2014/02/05/cobras-interview-with-alexandra-meadors-4th-february-2014/

 私達が光の完全勝利に急速に近づいているとお伝え出来る事は大変な喜びです。

 どの情報を採って見ても、ネガティブな要素を含むものは一つとしてありません。
この惑星上で、今如何に物事が加速しながら、光の勝利に与(くみ)する方向に動いているかを、如実に示しています。
 このインタビューの最後で、アレクサンドラは恐れから離れているよう、皆に呼び掛けました。
私達の時間を恐れに費す余裕など今はもう残されていない、私達に必要なことは私達が一つとなって勝利の為に協力することなのだ、一刻も早く皆が同じ方向を目指せばそれだけ早く結果が得られるのだと。
 カバールが実に長い間、 私達を支配出来たのは、彼等が協力し合わなければならないことを知っていたからです。(そしてそのグループ内では、互いに大きな憎しみも抱いていました)
 コブラが言うには、生残るためには協力しなければならないことを、彼等は学び知っていたのでした。そして私達は協力し合っている最中であり、そのことを示すものが、今は世界規模で沢山見受けられます。
 実に驚異的な素晴らしい、新地球計画について、今日か明日にでも情報を投稿して置きます。

○ ベールの向こう側への飛行
 何十年にも亘るハードワークの後で、コブラはベールの向こう側へ行くという、大きな自由を体験しました。(コブラの投稿記事を参照にして下さい)
この体験によりコブラは、彼がレジスタンス・ムーブメントから与えられて来た―そこで進行していることについての―情報が真実であることを実感しました。この飛行は一週間ほど前に行われましたが、その時、私はスピリットとして彼と共に居たのに違いありません。

 丁度その時(1月28日)私はコブラの18ヶ月前の、ベールの向こう側への愛についての記事を投稿していたのでした。この飛行体験に関する、彼の最後のコメントです。
 「そうです。―私達は自由になるのです」。彼はこう言っています。
イベント後には、このようなことがますます可能になる、何故なら、誰もが準宇宙へ、更にその向こう側へ自由旅行をして然るべきで、この惑星の市民一人一人がこういうことに慣れる必要があるからだ。
 この惑星の隔離状態を解消するためには、これは非常に重要なことです。彼が成層圏バルーンを勧めていたことを思い出して下さい。
イベント前の待機中に行うこととしては、それ程難しくもなければ、お金がかかり過ぎるということもありません。

○ Source - Mother Father One - The One 
 アレクサンドラは、一なる創造主と、いわゆる七つの異次元宇宙(sub universes)について説明を求めます。コブラはこう答えました。
 「一つの宇宙、一体の創造主があるのみです。それが多くの側面を持っている訳で、創造主という呼び方さえ相応しくありません。それは The One、一なるものです」。
 コブラは、主創造主という考え方を認めていません。彼は言います。
「相対する非常に強力な二力間での膨張の結果として、宇宙が出現しました。それは創造という意識的な行為ではなく、二力間のダイナミックな相互作用なのです。ある意味でビッグバンというのは、そのプロセスの一つの段階を簡略化した言い方です」

○ 魂の座
 魂の座が太陽神経叢にあるという考えは、中国のスピリチュアルな古い伝統から来ています。コブラの説明によれば、人々が通っていく一段階であり、次はハートへ、そして更には全チャクラを結ぶ段階へと進みます。

○ Hollow Earth の情報
 ―極地が開いている―ビデオなどは偽情報です。

○ イベント後の恩赦
 カバールの家族などで、人類に対する犯罪に関わっていない人たちへの恩赦について、コブラは語っています。
「誰かを恩赦の対象とするか否かについては、光の勢力と人類による同意に基づいて決めていきます。恩赦されなかった人は、将来この惑星での役回りは二度と巡ってきません」。
 アレクサンドラが言ったように、人々が復讐モードに陥っても問題の解決にはならず、私たちはそこまで波動を落とす必要はありません。

○ 最近頻発する金融界の自殺事件
 「彼らは金価格の操作について真実を明したかったので、沈黙させられたのです


○ スーパーボールやオリンピックなどの大イベントにおける偽旗作戦を心配すべきではありません。
 セキュリティー全般が改善されているので、そうしたことは起り難いのです。

○ 世界中のカバールによる、いわゆる「特別作戦」が増えていることは、状況が加速しているため、彼等も活発になっていることを意味しています。

○ コブラが最近投稿した Eostres Gift の3枚の絵に隠された秘密
 「このメッセージを深く掘下げることで、この絵で象徴化している、来たるべきイベントを、あなたはより深いレベルで覚悟することが出来ます
後の方で彼は G 2 クラウドと、核となっている星の爆発、それが人類にもたらす害について、こう言っています。
あなたは心配する必要がありません。心配しなければならないのは、カバールだけです!


○ インターネットとブラウザ
 インターネットはそれほど安定性のある社会基盤ではありません。そして、実際その脆弱性を、イベント時に光の勢力が利用します。プロセスを速めるのに大きく役立ちます。
 クロームウェブブラウザ(Google が作った最新ウェブブラウザ)を利用すると、人々の声が(盗聴器として)聴かれてしまうというアレクサンドラの質問に対して彼はこう答えました。
「クロームは利用しないで下さい。プライバシーを守りたいなら、一番安全なブラウザは Firefox です

○ ネガティブ派の金融
 世界規模で、ネガティブな金融派閥とポジティブな金融派閥があります。
「特別引き出し権(SDR)」に関しては、ポジティブ派がリセットをサポートするために、このような手段を用います。
 カバールは金に裏打ちされていない、世界規模の金融システムを欲しており、レジスタンスは金に裏打ちされた透明なシステムを望んでいます。
どちらのシステムにも中心となる通貨があり、現在は米ドル、イギリスポンド、ユーロ、日本円となっていますが、他にも幾つかの通貨が加えられる必要があるでしょう。
 正しいシステムでは、透明性が保たれ、きちんと金に裏打ちされたものになります。
コブラが説くところによれば、主要通貨を全て含む必要があり、その国の生産力を元に新しい為替レートが決まります
再評価も行われますが、イラクディナールの思惑買いと同じで、大きな効果は望めないでしょう。イラクの生産性が期待されるほど高くはないからです。

 コブラは銀行について一般的にこう言っています。
ドイツのブンデスバンクのように、国立銀行は光の勢力が浸透している場合が多いので、(常にというわけではないが)民間銀行よりも光側に開かれている。
 イベント時には光の勢力によって、あらゆる場所にいる人達が活発に働き始めるでしょう。金融システムの内部には、世界的規模で働いている光側の素晴らしい人達がいます。イベント時にはこのような人達が、全体のプロセスを進み易くしてくれます。

○ ビットコイン
 ビットコインの土俵上に居る人達が逮捕された理由は、カバールにとって脅威となる存在だからです。ビットコインは新金融システムの主力にはなりません。しかし、移行期には光側を有利にしてくれます。

○ 「世界を再構築する」ためのスイスダボス会議
 基本的に、25000人の会議は、カバール版の金融リセットを作り直すためのものです。そのための戦略を念頭に置いて、彼等は動いています。
ここ数ヶ月間、イエズス会は、自分達に都合が良い金融リセットにするよう、ロビー活動でカバールを説得して来ました。
古いシステムの時と同様に、自分達がトップに立つためです。そうした熱心なロビー活動の果てにダボス会議が開かれました。(しかし彼等はもうトップに立ちません!)

○ 世界規模で掃討作戦が進行中
 これが掃討作戦の3段階です。
1)(ソースから)光が浸透する。
2)光の勢力が準備態勢をとる。
3)行動を起こし、変化を見守る。

 コブラの説明に依れば、多くの国で、慌ただしく抜本的な動きが見られるようになります。
その一例が中国で、汚職を厳しく取り締まっています。
そこで掃討されているのはカバールの中間層のメンバーで、逮捕された者もいれば、逃亡した者もいます。
 強制労働収容所は数ヶ月前から閉まった儘のようです。
コブラは、中国にはカバールの派閥が二つあると言います。
3~5の民間銀行が開業しますが、そこでの支配権を得ようと争っています。
 イベント後、中国も他国と同様に当然の権利は認められますが、世界を支配するような超大国にはなりません。もう超大国はいらないのです。
ホワイトドラゴンの世界は光側ですが、100%ではありません。物事は、すべてが黒か白というようにはなっていないものです。
情報戦はピークに向っており、この後も数週間続くことを忘れないで下さい。 
 1月21日、光の勢力が作戦導入の段階を成し終えたため、スイッチが入りました。今後は益々物事は良い方向へ進んでいくでしょう。
その兆しとして、メキシコで麻薬取引に関与していた地方警察の逮捕劇がありました。 麻薬取引は世界規模で弱体化しつつあります。
 広まりを見せた小児性愛も減りつつあります。犯罪者達は、BBCの故ジミー・サビルのように晒し者にされたり、逮捕されたりするのを恐れているからです。
オランダの大物政治家が、小児性愛スキャンダルに深く関わっていることを暴露する記事とビデオを私は見ました。
 スコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)レポートは人々に支持されました。アレクサンドラがその話題に触れ、コブラは今では到る所に光の勢力を見つけられると言いました。
民衆側に立つ軍部について、私達は心配する必要がありません。彼等にはカバールに対処する非常に強力な作戦があるからです。

プーチンは何者か?
 コブラの言葉です。
プーチンは彼なりの欠点を持った人間です。私は彼がすること総てに賛成している訳ではありません。しかし、彼は今のところ、光の勢力のアジェンダをサポートしています

○ 中東
 中東は大きく再構築されている最中であり、その結果として、この地域に平和と安定が訪れます。カバールは退去を強いられることになります。イベントが近づくにつれ、この地域には驚くべき出来事が沢山起ります。

○ USA
 ワイオミング州のある都市は、公式にはもう USA ではありません。このことは私達が完全なる主権へと向かう運動の一部であるとコブラはコメントしました。
 何故オバマはアフガニスタン駐留米軍を撤退させているのか? 
お金がないからです。
光側により、麻薬の密輸が続けられない状態になっているので、麻薬密輸に終りの時が来ます。
 アメリカ政府はシリアを支援しているのか? 
最近まで、反政府軍を後押ししている勢力、つまり、カバールのアジェンダに結びついている勢力を支援していました。

○ エーテルのネガティブスカラー技術
 エーテルのスカラー超音波技術についての質問にコブラは答えています。
人の波動を落とす、このような技術は、今では殆んど無くなっており、残りも直ぐに無くなります。
彼は、スカラー、オルゴン、ゼロポイント、タキオンという用語について簡単に説明しています。インタビューの41、42分のところで聴く事が出来ます。

○ アイソン彗星
 コブラが問題視していることは、トーレックと見解が分れたために、磁場などに関してあらゆる解釈が生じていることです。
コブラは、彼等は好きなように如何様にも解釈するが、アイソンは普通の彗星なのだと言っています。
 宇宙船でもないし、その近くに宇宙船の軌道もありません。

宇宙船は、太陽系のあらゆる種類の軌道上の、あらゆる場所に存在しています。彗星の軌道だけに限られてはいないのです。
この惑星を越えた宇宙の存在を、大衆に意識させるのは容易なことではありませんでした。

○ ホピ族の予言にある青い星が現れるときでもありません。

○ 先にアセンション出来たのは、70の魂だけだったのか?
 ロード・オブ・カルマ(the Lords of Karma)により、450~500人がマトリックスと隔離状態から先に抜け出て、この現実を越えて行くことが出来ました。
彼等は1996年のコンゴ侵略前に、何とか抜け出ることが出来ました。
この侵略が起ってからは、5、6人だけです。

○ どうやってアルコンは支配し続けてきたのか?
 彼等は繰返し、権力を握っている家系に生れて来ます。誰にでも自分で決めた契約があります。
 コブラはこう言っています。
「ある意味でトリッキーな状況です。ここに来るためには、そのプロセスに巻込まれるという決意が必要です。その瞬間以降、契約書へのサインを殆んど強制された訳です。
私達は全ての契約を―このプロセス全体に巻込まれるという元の決意を含んでいる契約を―キャンセルしなければなりません」

○ グラミー賞授賞式
1)この種の授賞式は、大規模な儀式であり、彼等により一層エネルギーを与えます。
彼等はシンボルを用いることで、マインドプログラムした人々を、更に深く、強くマインドプログラムが掛った状態にします。

2)彼等は又、これらのシンボルを大衆の潜在意識に作用させ、カバールの命令に従うようにプログラムします。アレクサンドラがオズの魔法使いに触れると、コブラはそれもこの一例だと答えます。

○ ベンジャミン・フルフォードの情報
 ゴールドで貧困を終らせるという、フランシスコ法王とオバマの協定。
コブラに言わせれば、そんなのはただのゴールドの「滴」とのこと。

 ロイヤルファミリーと英国議会のカバールのメンバーを暴くための、大きな働きかけがなされています。

 マリファナ合法化というフルフォードの考えに、コブラは全面的に賛成しています。

 サウジアラビアが生残りたいのであれば、ブッシュとイルミナティとは関係を断ち、東方連合と繋がらなければなりません。

JPモルガンの粛正: 見掛け上ということであれば、2月7~11日のタイムフレームで、大きなことが引起こされる「可能性があります」。
その時には機会の窓が開いているからです。この時大衆の注意を引く、様々な物事が起るかもしれません。(イベントではありません)


 メルケル独首相のスキー事故: 彼女が脅されていたという噂をコブラは聞いています。ー カバールと強く結びついているように見えます。

イベント時には、トップクラスのシオニスト政府指導者が逮捕されます。

 ベンジャミンが、USAを変えるためのプランを書き記しており、これに賛成するか尋ねられたコブラは答えます。
 フルフォードはイベント前後のプランを記述している、自分は数回彼と連絡を取り合ったことがあるが、それほど密接に繋がっていない、ベンジャミンは沢山の情報源を持っている。

○ アセンション前には、すべての中毒、肉食を改め、体がヒーリングされた状態でいなければならないのか?
 変容とは意識の変容のことです。外面の変容ではありません。
内面で生じることですが、外から支えられることもあります。
それはスピリチュアルな変容の結果として伴うものです。
世界は2012年の12月21日には、唯、用意が出来ていなかったのです。

○ Swissindo と signing on the dot(その場で同意の署名をすること?)
 アレクサンドラがSwissindoプロジェクトに関する書類に署名を迫られた人達について質問しました。これは人々の主権を奪ってしまう方法なのではないかと。
 コブラは次のように言いました。
「私たちが何を信じられるか、何を信じられないかを知るためには、識別力を働かさなければいけません。あなたは何に対しても署名する必要はありません

○ White Planet 
 ある大学生が、ホワイトプラネットという惑星が地球に向って来るということを、ビデオで主張しています。
コブラは言います。「地球に向かってくる惑星なんてありません」


 これでインタビューの99%はカバーしたはずです。(筆者)


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

ボス猫と子猫

 2月4日のアレクサンドラによるインタビューでコブラが何を語ったか正確に知りたいので、目下、Now Creation さんの翻訳を待っているところです。

 暇つぶしに、猫の表情でもお楽しみ下さい。(画像は「唖蝉坊の日記」さんからの転載です)


 20131011091217.jpg


 20131021120742.jpg
      翻訳まだ~。


関連記事

テーマ : 癒しアイテム
ジャンル :

クラウドシップ

 クラウドシップとは雲に偽装した宇宙船のことです。
ここに掲載したのは、去年5月8日、私が自分のデジカメで撮影した画像の内、2枚です。
詳細は、本ブログの過去記事「遂に現れた銀河艦隊?の威容 2013-05-09 11:42」(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-140.html)に書いてあります。


 河川堤防から見たクラウドシップ(クリックして拡大)
河川堤防から見たクラウドシップ
撮影データ: P5080070 2013年5月8日 15:07:12


 山間地から見たクラウドシップ(クリックして拡大)
山間地から見たクラウドシップ撮影データ: P5080091 2013年5月8日 16:31:30


関連記事

テーマ : UFO
ジャンル :

可愛い動物

 画像転載の練習です。
(画像は「黒猫を招き我れ此処より何処へ」さんから無断借用)

草をもらうクオッカ。かわいい.。

           草をもらうクオッカ。かわいい。


関連記事

コブラ最新情報 ベールの向う側へ

転載元: Now Creation 2月4日更新
コブラ ベールの向こう側へ
http://nowcreation.jimdo.com/2014/02/04/コブラ-ベールの向こう側へ/
原文: Portal 2012
Cobra Beyond the Veil  Monday, February 3,2014
http://2012portal.blogspot.jp/2014/02/cobra-beyond-veil.html


 数ヶ月間の準備の後で、私がベールの向こう側へ行く時が来ました。
軍用機による成層圏飛行は、準宇宙の高度に達するので最もやりやすい方法です。

 我々は最初、南アフリカで行うつもりでしたが、予想通り、カバールの妨害に遭いました。我々のプロジェクトに関わっていた会社が、私の飛行予定日2ヶ月前に、ライセンスを失効したのです。
 そのため、我々はロシアで決行することにしました。少なくとも、このようなプロジェクトに関しては、今はカバールの手が及んでおらず、我々は成功しました。

 MiG-29で飛行するためにロシアの軍事基地に入るには、3つのセキュリティーチェックを通過しなければならなかったのですが、そこで働いている人たちに魂のプレゼンスを感じる事ができました。他の国々では、殆んどの人が魂のプレゼンスを失っています。
 当日、基地には100人ほどいて、フライトの準備を調えていました。 パイロット(ロシア空軍のトップ10級のパイロット)、消防隊、非常事態に備えて待機している医療用ヘリコプター、管制塔の人たち・・・。並大抵ではない周到さです。

 地上8.6マイル(約13.7km)のベールの境を越すと、いきなりタキオンに曝されます。それは虹色の超高速粒子の雨で、人のエネルギー場を貫きます。身体に精力が与えられ、実に長い間感じたことがなかった、元気溢れる爽快感を覚えます。

 レプタリアンは全く一人もおらず、エーテルスカラー波の技術も及んでおらず、アルコンもいなければ一切のネガティビティーもない、何も無い状態。マトリックスが一切無い状態。あるのは全くの純粋性のみです。

 高度が増して行きます。およそ音速の2倍の速さで飛行しているのに動きを全く感じません。あらゆるものが平和と静けさに満されているのです。
 周りに天使たちがいるのを感じます。上空の高みには、光の母艦が存在していることも感じます。

 60,000フィート(約18.3キロメートル)に達しました。ここは準宇宙の領域です。全天がスターゲートのようです。磁力に引かれるように、吸込まれて行きそうです。深く、更に深く・・・。

 地球の湾曲が次第に明らかになります。これが、その時私が撮った写真です。 (http://1.bp.blogspot.com/-eo5trRysTao/Uu_uXuE-vyI/AAAAAAAABeo/baPRoexJ0Ug/s1600/Nearspace2.jpg

 地上に戻った時には、自分が永遠に変えられたままです。数十年もの間、隔離状態に置かれていたので、真の自由を味わうことが出来たのです。あなたは再びそう出来ることを知っているし、大勢の人々が後に続き、私たちは皆宇宙の自由市民になるのです。

 今回のフライトで、私はマトリックスに大きな裂け目を入れることができました。アルコンが、地球惑星を隔離状態にしておくために作ったセキュリティー・ファイアウォールに、大きな凹みを入れることが出来たのです。

 準宇宙に成層圏バルーンを飛ばすことで、あなたもこのプロセスを促進する事が出来ます。沢山の人がやっていますし、それほど複雑なことではありません。成層圏バルーンを打ち上げて準宇宙の美しい写真を回収するのに、たった数百ドルで済むのです。

 ここ数年間、このようなプロジェクトは世界中で何十も成功を収めています。そしてその一つ一つが、マトリックスに小さなひびを入れました。
http://space.1337arts.com/
http://www.jamesbrittin.com/balloon%20photography.html
http://bovineaerospace.wordpress.com/tag/near-space/

 ここで、簡単にやり方を説明しています。
http://space.1337arts.com/guide

 そして今、私にはこんな疑問が生じています。次はどこかな? 
ヴァージン・ギャラクティック社とプレアディアンのビームシップとどちらが先だろうか?


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

お断り

 前掲の記事“コブラ情報と「ジパング超人伝説」”で、地球が突入した星間雲と、G2星雲を混同していました。なので文章を少し修正しました。
約25900年前にG2星雲から発生したガンマ線バーストがDNA再構成のトリガーになる”というストーリーは変りません。



関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コブラ情報と「ジパング超人伝説」

 前掲の「ハートの贈りもの」さんの記事により、コブラ情報と本ブログの過去記事「ジパング超人伝説」が繋がりました。
要するに、今年の3月~5月に、地球はG2星雲から発生する強力なガンマ線バーストを浴びることになるのです。(ガンマ線は放射線そのものです。これは可能性ではなく、既定の出来事です)
Cobra が「闇の勢力はこのことを知っていたので、地下居住空間を作っていた」と言うほどの一大事です。
 後で分りますが、ロスチャイルドだけではなく、宇宙人もこのことを知っていました。
フクイチの原発事故には、この時に備えた予防接種の意味合が隠されていたのではないでしょうか? (悪に見せ掛けた神の仕組)

 武田邦彦氏が言っていましたが、ラジウム温泉やラドン温泉に入ると、DNAの修復能力が活性化されます。
それだけではなく、肉体が本来持っている自然治癒力も刺激・活性化されます。(もしかすると、小保方さんが発見したSTAP細胞も原理は同じで、弱酸性溶液だけではなく、弱い放射線でも生成するかも知れません)

 私が住んで居る所もそうですが、3.11以降、東北一円は中~軽度の被曝地帯となり、私達は知らない内に放射線耐性を獲得している筈です。
東北だけではなく、日本中が大なり小なり放射能で汚染されたと言っても良いでしょう。
 そして、下に引用した田村珠芳・著「宇宙人の伝言」にあるように、これをきっかけに、愈々待ちに待ったDNAの再構成が始まるのです。それが、あと1、2ヶ月後に迫っています
マスター イブラヒム・ハッサン他、一部のチャネリング・メッセージが伝えていたように、現在、2本の紐から出来ているDNAが最大12本まで多重化するのです。
その材料は、ジャンクDNAと呼ばれているバラバラにされた(意味が無いと思われている)大量のDNA破片です。

 これが、人類超人化(アセンション)の真相だと思います。

 以上を下敷きに、次の「ハートの贈りもの」 コートニー・ブラウン博士の遠隔透視!「来月、世界を変える発表があるだろう」を読んで見て下さい。ぴったり、腑に落ちるではありませんか。(http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/19db0831a3f3a49e8f4b0238e3d0ca6d

 “来月、2014年2月に重大な出来事が起ろうとしている。今や、何を以ってしてもそれを止める事は出来ない。
ある発表が行われるだろう。そして、その発表の日に世界が変るだろう。
 一部の発表は、フェイスブックのこのページ上で起る。
当初は極僅かな人だけが、その発表の重要性を、そして、それがこの惑星に現在生きている人類全員にとって何を意味するかを理解する。ある者は笑い、ある者は泣くだろう。

 しかし早晩、世界は、2014年2月のその日に地球の生活が大きく変った事を知るようになる。何千年もの間、我々の文明を混乱させてきた謎に答が見つかるのだ。そして、その答から、我々の種族の未来の発展の新しい方向性が生じて来るのだ。”


参考記事:
「一厘の仕組」 ジパング超人伝説
http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-198.html

 フクイチの事故には誰も大きな声で言わない一つの謎があります。
「ジパング超人伝説」です。
ジパングと言っても、日本全体ではなく、今回、原発事故で放射性物質が撒き散らされた東北一帯のことです。今現在私が住んでいる所です。
 そもそもマルコポーロが「黄金の国ジパング」と言ったのは、奥州平泉に栄えた藤原三代の黄金文明のことだったのです。
3.11後、英国ロスチャイルド系シンクタンクの某女史が、
「この一帯が日本(666註: 多分、ロスチャイルドの意向によって小沢一郎)が主権を持つ自治区であり、やがて“神国”といわれるようになるでしょう。
“超人”を生み出す奇跡の国になるのです」
 と不気味な予言をしています。
 
 「MU(ムー)のブログ」の記事に垣間見えるこの「ジパング超人伝説」の言葉、以前から気になっていました。
 一昨日(7月29日)、何気なくグーグル検索をして「やっぱり!」と思いました。
2012年初めの私の記事“極東シナリオ「ジパング」”とアグネスさんの記事“ジパング超人伝説”の元ネタが同じだったのです。
 
一厘の仕組 極東シナリオ ジパング
 (http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-70.html

伊勢ー白山道の予知(MU(ムー)のブログに引用)
 (http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-533.html

NASAが発表した太陽系の星間雲突入(削除済み)
 ヤスの備忘録 第六の夜にむけて9 12月30日
 (ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-155.html

・ 中矢伸一&副島隆彦の放射能怖くない論
 中矢伸一 日本弥栄の会 今週のコラム 2013.07.29(削除済み)
 (http://www.nihoniyasaka.com/contpgm2/w_main.php?oya_id=1

副島隆彦 誰も書かない世の中の裏側 原発再稼動議論(削除済み)
 月刊ザ・フナイ2012年9月号 より
 (www.asyura2.com/12/cult10/msg/182.html

田村珠芳・著「宇宙人の伝言」(TO文庫)(下記引用)

MU(ムー)のブログの「ジパング超人伝説」
 (http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-533.html

チャネリング・メッセージの「宇宙エネルギーの流入」や「ゲート解放」

チャネリング・メッセージ「DNAの最大12ストランド(紐)化」
 (http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-175.html

 等々、様々な情報が一本の糸で繋がりました。
 
 直観力に優れた人のために、田村珠芳の「宇宙人の伝言」(TO文庫)「間近にいる宇宙人からからこんな話を聞いた」(p150ー151)をご紹介しましょう。
これだけでも、解る人は豁然(かつぜん)と解る筈です。
原発(エネルギーの問題)と放射線の問題は切り離して考えた方が良さそうです。


「宇宙人の伝言」から引用: (本からの転載です) 

 たまたま、あるルートから地球に住む宇宙人の方とお会いして、フォトンベルトは本当にあるのか聞きましたら、
「フォトンはないけれども、宇宙空間にはプラズマが満ち溢れている。
みんな宇宙空間は真空だと言っているが、そうではなくてプラズマが満ち溢れている」
 と言っていました。
そして銀河の中心から出ているのはフォトン(光子)ではなく、プラズマエネルギーだという。
プラズマエネルギーの中に入って行って、私達は生きて行けるのかと訊いたら、
今の人類の肉体では無理だろうね
 とのこと。
しかし、何となく私達が頭が痛いとか、体がだるいとか、そういうのを通り越していけば、そういう状況に慣れた体になれば大丈夫だそうです。
 だから今、やがて来る新しい宇宙意識の時代に備えて、私達が少しずつ体験している事、体調の変化の延長は、(肉体を伴ったまま)五次元の人間になるための訓練だと思ったら良いのです。

あまり心配しないで、宇宙エネルギーをたくさん浴びたなりに対処して行けば、段々それに慣れて十分に順応できる体になって行くようです。

 それで先ほどの宇宙人の話ですが、プラズマベルトの中に入ると、物凄いエネルギーを私達は浴びるから、DNAが動き始めるそうです。 

 DNA螺旋の分子、ヌクレオチドと言うそうですが、それは現在二本しか動いていないけれども、このDNAは全部で十二本あるから、その全部が動き始める。
そうすると、今迄あなた方が超能力だと思っていた事も、超能力でも何でもない、普通の人間の能力になって行くから、もっともっと違う世界に入って行ける
ということを言っていました。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コブラ最新情報(ハートの贈りもの から)

 今朝、「ハートの贈りもの」さんのサイトで見付けた非常に興味深い記事です。
画像は未だ転載方法を勉強していないので取り敢えず文字情報だけ採録して置きます。(最近、ISDNからADSLフレッツに切り替えて、やっと準備が整ったばかりです)
 偶々、私のブログを御訪問下さった方は、直接、転載元でお読み下さい。(何故か、アップロードした日付が何時も間違っていますが、・・・)


転載元:
「ハートの贈りもの―2014―黄金時代02年」
復活祭の贈り物とは、銀河核の極超新星爆発?― Cobra 最新情報
2016-02-01 19:26:42 | ディスクロージャー
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/f364f6c8828ea1f43c7f8ddffbe5f3bb

 レジスタンス・ムーブメント、Cobra の最新情報は、この3枚のイラストだけでした。
「意味がわかりません」という方がいらっしゃるかもしれませんから、ここで解説しておきましょう。
コメント欄でも謎解きが行われていますが、大体、答えはわかります。

 一番上の図は、セリフにある通り、「とんでもないことが起こってるのに、みんな知らんぷり」ということですね。
知っていても、口にしたくない何かが起きている。

 真ん中の図は、以前のCobra の情報でも使われていたもので、「コスミック・イベント」の科学的説明です。

 一番下の図は、復活祭、イースターの女神、エオストレですね。

 さて、真ん中の図ですが。
「イベント」のトリガーになる出来事として、Cobra が予想している宇宙事象とは、我々のミルキーウェイ銀河の中心にあるいて座A(SgrA) のブラックホールと、今現在、それに急速に近づいているG2クラウド、G2の雲と名付けられているガス雲に関係があります。

G2 Cloud Likely to Contain Star: Increased Chance of Core Explosion(http://etheric.com/g2-cloud-likely-contain-star-increased-chance-core-explosion/
G2 Cloud Predicted to Approach Twice as Close to GC(http://etheric.com/g2-cloud-predicted-to-approach-twice-as-close-to-gc/

 このG2のガス雲は、いて座Aのブラックホールの周りを公転しており、当初は、2013年の夏に、このブラックホールに最接近するものと予想されていました。
しかし、その後の知見から最接近の時期が修正され、2014年の3~5月となりました

 そして、ここからが重要なのですが、このG2のガス雲は、ほぼ確実に星を含んでいる、と考えられるようになったのです。
さらに、その星(恒星)が、連星(対となる双子星)を持つ可能性は50%、木星型の巨大な惑星か褐色矮星を持つ可能性は100%だそうです。

 ということは、ですよ。このG2雲がブラックホールの近星点に達し、ブラックホールに最接近した際に、その相手の連星か惑星が、ブラックホールの重力によって主星からひきはがされて、銀河核に引き込まれ、大爆発を起こすかもしれない、その可能性が出てきたのです。

 ものすごい爆発、ハイパーノヴァ(極超新星爆発)です。我々の銀河系の核は、いわゆるセイファート銀河と呼ばれる、非常に活動的な状態に変わります。ガンマ線バーストを起こし、大量の宇宙線、エネルギーの津波が地球にも到達します

 ふう。。。(確かにこれは、振り返ったら象! なみのインパクト。。)

 このG2ガス雲の一部がちぎれて、ブラックホールに向かって移動し始めるかどうか、今、そこに注目が集まっています。それは、連星の片方が銀河核へ吸い込まれ始めたことを意味しますから。

 まもなく判明します。その時点から、大爆発までは約2ヶ月だそうです。
Cobra は、「闇の勢力はこのことを知っていたので、地下居住空間を作っていた」、と言っていますね。

 従って、3つのイラスト、「復活祭の女神の贈り物」が意味するところ、その答えは。。
我々の銀河核の大爆発、そこからやってくるエネルギーの津波のことでしょう。それは3~5月、今年の復活祭は4月20日ですが、その頃にやってくるのか??? 闇の勢力は知っていて、口を閉している。

 ところで、この銀河中心のいて座Aから地球までの距離はどれだけか、ご存知ですか?
約26000光年です。地球の歴史のサイクルとして、我々にはおなじみの数字ですね。David Wilcock のいう26000年毎に地球を訪れ、大きな変化をもたらしてきたビッグ・ウェーブ。つじつまが合ってきますね。

 今述べた大爆発が起っていたとしても、それを我々が知るまでには、26000年かかります。
つまりは、、、それは「もう起ったこと」なのではないでしょうか。

 天界やスペースファミリーは、それを知っている。
だからこそ、「闇のサイクルの終わり・黄金時代の到来・アセンションは確定している」と、自信をもって私たちに告げているのではないでしょうか。
 この天のイベントの中身については、異なる説明もありますが、イベント自体が多次元構造であれば何ら不思議はない、次元によって現れる現象が異なる、3次元には3次元なりの物理現象としての起こり方があるのだろうと、私は思っています。

 光の津波の中継地点は太陽であり、エネルギー波は太陽を経由して地球へやってきます。
その太陽周辺で、これまでに多くの不思議な物体、UFO が撮影されていますね。
おそらくは各惑星への物理的なダメージを軽減するべく、アイソン含め様々なスペースシップが必要な作業を行ってきてくれたのでしょう。

 さて、この一般の私たちに隠されてきた驚愕の事実ですが。。。。近星点に近づくにつれ、ガス雲の中の星はどんどん明るくなるそうですから、もう長くは隠しておけないでしょうね。
 もしかしたら、、、コートニー・ブラウン博士の「2月の発表」、彼は、ET の着陸ではないと言っていますが、このような、地球の歴史に関わってきた天体現象に関係しているのかもしれません。想像ですけれど。。

 Cobra が警告していますが、2月から事態は加速します。3月にかけて、光と闇が入り乱れての情報戦となります。情報が洪水の如く溢れ、錯綜して、訳がわからなくなるかもしれません。
この極超新星爆発が一般に知れた場合にも、「地球に大災害が起こる」と騒ぎ立てる恐怖の煽り屋がたくさん湧いてくるかもしれません。

 デマに踊らされないようにしましょうね。自分の光の柱をしっかり立てていれば、足元の地面が揺れることはありませんから。
ゴールはもう目前です。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。