スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパムメール

 最近、私の所に届くスパムメールには、「やけくそ」気味の極端なのがあります。

・ 家出少女に成り済まして、「もうお金がありません」、「行く所がありません」、「助けて下さい」、「泊めて、食べさせてくれたら何でもします」と言った感じのもの。

・ 人妻からの不倫の誘い、セレブ女性から逆援助交際の申し込み等。

・ 「5500万円を振り込む用意が出来ています」、「9800万円があなたのものです。本当に要らないんですか?」と言った感じのもの。


などなど。
 
 まあ、最近の私は、テレビで料理番組を見ても、豪邸を見ても、美女のヌードを見ても、札束の山を見ても、金塊の山を見ても何とも感じない位、三次元の世界とは波調が合わなくなっているので、こんな誘惑は何の力もありません。
肉体は未だですが、内分は既に次元上昇しているのかも?
神に代って身魂のテストをなさっておられる「悪の御役」の方々、ご苦労様です。

悪は悪にのみ働きかけ得るのであるぞ。
善に向って働いても、善はビクともせんのぢゃ。

ビクつくのは、悪に引込まれるのは、己に悪あるからぞ。
合せ鏡と申してあらうが。
(ひふみ神示 第二十五巻 白銀の巻 第4帖)

悪の気断ちて下されと申しておらう。
心の鏡の凸凹なくなれば悪うつらないのざ。
悪はなきものぞ。無きとは力無きことぞ。

(ひふみ神示 第二十五巻 白銀の巻 第4帖)

この世の悪も善も皆御用と申してあろが。
身魂相当の御用致してゐるのざぞ、

(ひふみ神示 第九巻 キの巻 第17帖)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

ゴミと霊性

 道路に落ちているゴミを見てあなたはどうしますか?

1.何とも思わず、自分もポイ捨てする。

2.不快には思うが、自分はしないから良いと思う。

3.自分の家の周辺だけは綺麗にする。

4.役場の人がやるように、要所にゴミ投棄禁止の立て札などを立ててこれで善しとする。

5.地域の行事として年に何回か一斉にゴミ拾いを行う。

-----------------------------------------------------------------------
6.いつ、どこであろうと、人が見て居ようが居まいがお構いなく、目についたら車を停めてでも拾って持ち帰り、適正に処理する。

7.前項を無心に行い、尚且つ、徳積みの機会を与えてくれた「不心得者」に感謝する。(もし、彼らがいなければ、この素晴らしい身魂磨きは出来ないではないか!) 


 因みに私が住んでいる町では、街路には殆んどゴミがなく、郊外の道路脇に、食品や煙草の包装紙、コンビニ弁当などの空箱、レジ袋、ティッシュ、ペットボトル、空き缶、空き瓶などがよく捨てられています。
地域の人が捨てているのではなく、通りがかりの乗用車や、大型トラック等から投げ捨てているのだと思われます。
子供達は学校や家庭で何を教わっているのか知りませんが、朝夕、通学時にそれを見ていても拾うことはありません。
 三次元の世界に残される人と、みろくの世アセンションする人の境目は5と6の間にあると思います。
日月の臣民」とは万事に6、7のような心掛けの人を謂うのではないでしょうか。

先に(他人様の)お尻をふかねばならんことも、世が迫ってくると出てくるのぢゃ。
その代り、後では神がそなたのお尻をきれいにふいて下さるぞ。

(ひふみ神示  補巻 月光の巻 第56帖)

役員(ボランティアでなる)は人の後について便所を掃除するだけの心掛ないとつとまらんぞ、
(ひふみ神示  第二巻 下つ巻 第9帖)

一番尊い所一番落してあるのぢゃ、落した上に落してもう落す所無い様にして上下引繰り返るのぢゃ、
(ひふみ神示  第十三巻 アメの巻 第14帖)



関連記事

テーマ : 考察
ジャンル :

霊的真理は単純で奥が深い

天人の言葉はマコトであるから、只一言で万語を伝へ得るぞ。
言葉の生命(いのち)は愛であり、真であるから、真愛から発しない言葉はマコトの言葉でないぞ。

(五十黙示録 第三巻 星座之巻 第19帖)

 例えば、・・・。

己を愛するごとく、汝の隣人を愛せよ。イエス・キリスト

蒔いた種は自分で刈り取らなければならない。イエス・キリスト

大自然の法則因果律は完璧です。その背後には神の無限の愛と叡智が働いております。シルバー・バーチ
(註: 因果律は「物理法則」としても、引き寄せ等の「心の法則」としても、また霊的な「カルマの法則」としても現れる絶対不変の法則です)

諸悪莫作(しょあくまくさ) 衆善奉行(しゅぜんぶぎょう)
(悪いことをしてはいけません。善いことをしなさい)(七仏通誡偈)

みたまみがきとは善いと感じたこと直ちに行ふことぞ。(ひふみ神示 24-67)


 こういう名言に普段接していると、長々とした訳の解らないチャネリングメッセージがだんだん、どうでも良くなって来ます。
波調(スピ系では波長)が合わないのです。
考えてみれば、次元上昇までにやるべきことは分り切っているのです。

借銭(カルマの負債)負うてゐる身魂はこの世にはおいて貰へん事に規則定ったのざぞ、
(ひふみ神示 第九巻 キの巻 第8帖)


 私自身の例で言えば、過去世に遡る大きなカルマの清算は、もう26年も前に国常立尊直々の大洗濯を受けたことにより終っています。(主として金銭的なカルマです)
しかし、その後、26年の間に小さなカルマを沢山積重ねて来ており、その一掃が去年辺りから始っています。
今生のことなので何かある度に、ああ、これはあの時のカルマの清算だな、と思い当ります。これが気付きです。
お蔭で、もう同じ過ちを繰り返すことはありません。
 加えて、「善いと感じたことを直ちに行ふ」ことにより、積極的にカルマの負債を減らし、同時に身魂を磨くことも行なっています。
危ない瞑想などは行なわず、日月神示の祝詞を朝晩奏上し、邪気を祓うと共に大神様の気を受けて霊線を繋ぎます。
このブログを書くことも私の大事な御役目の一つです。
何しろ、現在、ネット上にある日月神示関連のサイトは軒並み邪神にやられて略壊滅に近い状態ですから。(少なくとも、私が参考に出来るのは一つ、二つと言った程度です)
私としては、やることをやって後は全てを神の手に委ね、静かにその時を待つだけです。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

十把一からげにして連れてゆけ

〔十四万四〇〇〇人の真人が人類を導く〕
なわ・ふみひと 著「2012年の黙示録」(たま出版)p97

 一般にはあまり知られていませんが、「人類は生き残れるか」(浜本末造・著/霞ヶ関書房)という本に「但馬神示」という予言が紹介されていて、その中に次のような記述があります。

「次の世に渡るには真人が十把一からげにして連れてゆけ。それが真人の役じゃ」

真人達神人合一の者は十四万四千人でよい。この者が世の人を導くのじゃ」


 私のブログにも但馬神示と同様な内容の記事があります。

「一厘の手立てのヒント 3」http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
 紫藤甲子男・著「ヤハウエの巨大潮流預言」(徳間書店)
 
・ 肉体も地球とともに変異する p114-116

ここで、地球において大規模に起きるのと同様の事柄が、小宇宙(註;人間のこと)あるいは地上に生きる者たちにも起こることが指摘されていることを理解せよ。
(ポール・ソロモン 8033)

子らよ、もしもあなた方のなかにそのとき神の力に同調し、来たるべき光を受け入れる者がほんのニ、三人でもいるならば、ほんの一握りでもいるならば、あなた方は、そのとき自らの存在レベルを変化させ、惑星に光明をもたらすだろう。
(ポール・ソロモン 8033)
 
・ 多数のキリスト存在が人類を導く
 p117-119

ヨハネによって新しい次元に意識が高められることに注意せよ。(ポール・ソロモン 604)

(ヨハネとは?)そう、あのケーシー予言にあった、すでにこの世に生存している“キリスト存在”(およびその同調者)が、……

天父の光に同調したそれら意識、それら器が、神の創造的力、天父のあのエネルギーを自分のなかにとり入れ、吸収し、そしてその意識は、より高い新たな段階へと高められるであろう。(ポール・ソロモン 8033)

 これをわかりやすい比喩でいえば、たとえば音叉を考えてみて下さい。
ある音叉が外部からの衝撃を受けて音を発すると、その周りにある別の音叉もこの音を発している音叉に同調してみな同じように鳴りはじめるでしょう。(註;物理的共鳴現象)
 このような“同調現象の奇跡”は心的レベルにおいては歴史上かって現実に起きたことがありました。約2500年ほど前、釈尊が菩提樹の下で悟りを開いたとき、周りにいた修行僧一万人以上が釈尊と同調して瞬時に解脱の境地へ達したといわれています。(「ブッダの場」と呼ばれて有名です)
 こういうカリスマ現象はよりスケールの小さいケースでは、過去にも度々見受けられたようです。ただ、こんどは物理的変化まで伴う大きなスケールであるため、キリスト存在は一人でも多いほうが効率がいいらしく、二〇世紀の聖者クリシュナムリティによれば、「ともに行動する目覚めた人が10人は必要である」と述べています。
 面白いことに、同時期に併立したオショー・ラジニーシのほうは“100人”は必要であるといい、哲人グルジェフは“1000人”であると告げています。いずれにしても多いに越したことはないわけで、実際、黙示録に出てくる“14万4000人”をこんどの覚者ボランティアだろうと読み込んでいる人もいます。
 もしかしたら、あなたもそのなかの一人である可能性もあるのです。
「一人改心すれば1000人助かるのぞ」(日月神示)
すなわち、これが「キリスト再臨」による“奇跡”の実態だったのです。

一人改心すれば千人助かるのぞ、今度は千人力与えるぞ、
(ひふみ神示 第三巻 富士の巻 第12帖)
 

 勿論、この十四万四千人のオリジナルは新約聖書黙示録の中にあります。
改めて読み直してみると、なかなか意味深長な章句です。
文中、「地をも海をもそこなう権威を与えられた四人の御使いたち」とは、多分、祓戸の大神達のことでしょう。   

〔新改訳 ヨハネ黙示録 第7章〕

2 また私は見た。もうひとりの御使いが、生ける神の印を持って、日の出るほうから上って来た。彼は、地をも海をもそこなう権威を与えられた四人の御使いたちに、大声で叫んで言った。
3 「私たちが神のしもべたちの額に印を押してしまうまで、地にも海にも木にも害を与えてはいけない」
4 それから私が、印を押された人々の数を聞くと、イスラエルの子孫のあらゆる部族の者が印を押されていて、十四万四千人であった。
16 彼らはもはや、飢えることもなく、渇くこともなく、太陽もどんな炎熱も彼らを打つことはありません。

 尚、アセンションの仕組に関連して、「神智学大要 5 」に記載されている「金星の主方の到来」(動物が人間に進化する最終局面で起った巨大なイベント)も興味深いものです。
当ブログ「一厘の手立てのヒント 4」http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-7.html)を御参照下さい。


関連記事

テーマ : アセンション(次元上昇)
ジャンル :

チャネラー系情報抜粋(5)

 暫く静観していましたが、やっと、まともな記事が出て来ました。
今回も本文だけ全文転載して置きます。(私の備忘録として)

「ピュア・インスピレーション」2012年11月17日 22時32分の記事
http://blog.kuruten.jp/katukan03/230256

 私は、五次元世界に次元上昇すれば、リーダーは不要になるのでは、と考えています。
しかし、「サルーサ」さんは、オバマ大統領を「光の戦士」だとして、この場合、チャネラーであるマイク・クインシーさんの意思が入ってのことであるかも知れませんが、今後の「ディスロージャー」、「コンタクト」で重要な役割を担っている、世界を引っ張って行くリーダーであると伝えています。
 しかし、「大天使メタトロン」さんは、「地球はもはや、支援を目的として慈善的な教師達が3次元に対して物質的に姿を現さなければならない惑星ではありません」と、「ディスクロージャー」、「コンタクト」を全面否定しています。
私もそんな時期は過ぎているし、そんなことをしても人々を混乱させるだけであり、意味が無いと思っています。
このようなことから、「サルーサ」さんが三次元世界的な発想から来るメッセージを伝えているので、最近は、ちょっと距離を置きたいと考えています。

 さて、2012年12月12日12時12分(日本時間21時12分)に、前記事でお伝えしたように、次元上昇の数々の過程は、12-12-12(2012年12月12日)に起ることに気付くことが重要です。
「12-12-12によって、結晶構造のエネルギーが新しい地球に向けて明らかになることが許されます。
それが惑星の新しいDNAが結晶構造の領域の内部でネットワーク化して、新しいグリッドと結び付き、“人間のグリッド”と溶け込むことを許します。
 それはすべて、12-12-12の12時12分に起ります。
次に再起動が起り、そして2012年12月21日に“新しい地球の誕生”が起ることを可能にします。
今、それに応じて、圧倒的多数の人類は、地球上の差し迫った、どのような変化も確認することはないでしょう。
彼らは2012年12月22日に目覚めて、“何が一大事だったんだ?”と話しているでしょう。

と、「大天使メタトロン」さんは伝えています。

 そして、目覚める人々は12月13日からどんどん増えるようです。
2013年からは宇宙意識への進化が始まるようです。


 このようにして、第一ステップが26年かけて徐々に進み、2038年に完了するとの事ですが、この宇宙意識が浸透して行く過程で、所謂リーダーが必要なのかどうかという事です。
今までの、この二元性三次元社会でのリーダーは、影に隠れて人類を操る闇の支配者の代理人であったことが明白になっています。
特に最近の世界の国々のほとんどのリーダーがそうです。
 ところが、私たち全員が目覚めると、操られている彼らの意識より数段レベルが上がり、それこそ、彼らとは次元が違う意識になります。
操られている彼ら、脅されて従っている彼らを除いた大多数の人々の意識が格段に向上します。
例え、彼らが命令しても、それに従うことは無くなるでしょうし、逆に彼らに対し説くようになり、それに彼らは反論できなくなり、リーダーとしての役目は到底果せなくなります。
リーダーの手下で目覚めていない人々以外の大多数がそのような意識になりますから、彼らは無用の存在になります。
 このように考えると5次元以上の社会には、人々を支配することを目的としたリーダーは不要になるものと思われます。
そして、低い意識の善悪に基づいた多くの法律も不要になります。
意見の違いによる全ての争いが全て無くなるまでにはならないでしょうが、それらも相当減るものと思われます。
 しかし、宇宙の法則、宇宙意識に基づいたルールは必要になるものと思われ、それらのルールを作り周知徹底されることになると思います。
これらのルールは地球の人類の次元上昇の段階に応じて、そのレベルに合うように改変されていくものになると思われます。

 このように成ることを前提とした場合、そのルール作りにふさわしい人々がどういう人々になるかは明白です。
地球人類の中で、その時点で最も高次元の意識を持った人々がその役目を担うのがふさわしいということになります。
 たとえば、最も高次元意識を持った人々を51人選び、その中で一番高い意識の人が議長になり、あと50人分は、世界の人々のネット投票かテレパシー投票により、それら全体の過半数でルールを決めていくというような形になるのではないかと思われます。
所謂、執政官がいないローマの元老院のようなものに世界の人々が参加したようなものに成ると思われます。
これらが決まる過程は全てガラス張りで世界に中継され、全て公表され、実施されるでしょうから、執政官などは不要だということになります。

 私は、将来、このような社会になるのでは、と妄想していましたが、やはり、同じように考えておられる方がいましたので、参考記事に取り上げました。
今まで、何度か参考記事で取り上げた「遠い記憶・前世との約束」さんです。
この方は、所謂、特殊能力(リーディング)をお持ちの方で、相談者の方々の過去生や未来、ハイアーセルフと会話できるようです。
そして、多くの方々の情報を総合的に判断すると、未来の社会にリーダーは不要なのでは、と述べられています。

参考記事
「遠い記憶・前世からの約束」(http://farmemory.exblog.jp/


関連記事

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

チャネラー系情報抜粋(4)

 サルーサさんの2012年11月12日のメッセージは、「Despertando.me」に出て直ぐ私も見ていましたが、やはり、「ピュア・インスピレーション」のような解説は無理です。
今回は面白いので全文転載です。(私自身のための備忘録でもあります)

ピュア・インスピレーション」2012年11月13日 21時58分の記事
http://blog.kuruten.jp/katukan03/229687
   
「現在あなた方の空に見られるかなり多くの宇宙船が地球製です。
あなた方はそれを知ることを妨げられて来ました」

 このことは以前から噂されており、特に驚くことではありません。
そして、月面の裏側には太陽系の惑星や他の星座の惑星の基地が地下50m位のところにあり、地球製だけでなく、ETのUFOが頻繁に出入りしている映像がユーチューブにアップされていますし、月面にUFO基地らしきものもグーグルアースで見ることが出来ます。
 
 そして、火星にも月と同じようなUFO基地があるとのことです。
そもそも、月の役目が惑星をサポートすることであり、この銀河の太陽レベルの星77億個には、必ず1個、月のような衛星が存在するようです。
そして、その衛星の内44億個が作られたものであり、残りが自然発生のものだそうです。(足立育朗氏:真地球の歴史 波動の法則Ⅱより)

 今日の参考記事は「サルーサ」さんからのメッセージです。
いつもであれば、安心感のあるメッセージとして紹介していますが、以前も最近のメッセージでもオバマ大統領を「光の戦士」であるとして必要以上に強調しているように感じられていることや、それも含め3度納得できないメッセージがあったので、私としては、やや警戒しています。
この場合、「サルーサ」さんか、チャネラーである「マイク・クインシー」さんのどちらを疑いの対象とすべきであるかはわかりませんが・・・。

 この1,2日内にCIA長官、司法長官、BBC経営者などがほぼ同時に辞任しました。
そして、オバマ政権の新閣僚にはヒラリーやガイトナーは含まれていないようです。
これらのことから、闇の勢力の一掃の一環のように見えますが、主にロックフェラー、ブッシュ陣営の、所謂、NWO推進勢力の駆逐のようであり、NWOより古いOWO陣営であるロスチャイルド勢が今のところ含まれていないように思います。
そして、オバマ大統領はロスチャイルド系であると言われています。
闇の勢力の世界支配のシナリオには、元々OWO計画があったのですが、最近では、ロックフェラー、ブッシュ勢力がNWO計画を強引に進めていました。
そして、金融経済大恐慌や第三次世界大戦などで世界が大混乱に陥った時に、宇宙の家族と伴にオバマ大統領が平和の戦士として登場し、世界を平和に導き、救世主となり、以後の世界支配を完成させる、とのシナリオであったものと推測しています。
 しかし、これらのスケジュールが6ケ月以上遅れており、時間的に金融経済恐慌や第三次世界大戦を起すことが出来なくなり、この部分を省略し、新しい世界のシステムを宇宙の家族と伴にオバマ大統領が宣言する、ということにシナリオの変更をしたのではないかと思っています。
そして、そのツールが「ディスクロージャー」、「コンタクト」、「NESARA」、「金融豊饒化計画」、「ケッシュ財団の新技術提案」なのでは、と疑っています。

もちろん、これらが実施されれば、この3次元地球世界にとっては歓迎すべきことであり、世界平和に繋がることです。
世界の人々から大賞賛を受けることばかりです。
 そうなれば、まだ、何も知らない人々は大喜びするでしょう。
そして、この三次元地球に留まることをほとんどの人々が選択するのではないでしょうか。

そうなれば、彼ら闇の勢力は、民衆なんてちょろいもんだ、見事に騙してやった、これで、人類の次元上昇を阻止できた、また、彼らを奴隷として使える、とほくそ笑みを浮かべるのではないでしょうか。

 しかし、例え、そのようなシナリオがあったとしても、絶対的な力(神)には逆らえず、愚かで無駄な抵抗であると私は思っていますが、警戒はしています。

 地球製のUFOが数多くあるとか、隠された科学技術は相当進んだものであると、「サルーサ」さんは伝えていますが、その技術を隠し持っているのは、まぎれもなく闇の勢力であることは間違いありません。

次元上昇が始まるまで40日を切りました。
この今の時期となっては、「ディスクロージャー」、「コンタクト」の表面的な気付きを与えても、世界の何も知らない人々にとっては、この40日間では、ただ混乱するだけです。とても間に合いません。
この時期に、「ケッシュ財団による新技術」や「金融豊饒化システム」などの公表も結局は「こっちの水が甘いよ」ということの策略だと思われます。
目的は人類の次元上昇の阻止だと思います。

 皆さんは、次元上昇に備えるため、自己の本質を探すことに集中されていると思います。
このような時期に、ややネガティブなことを伝えるのもどうかと思いましたが、この可能性も考えられることなので、知っていただいた方が良いと思い、記事にしました。
例え、闇の勢力が最後の抵抗として、これらのことを企てているとしても、先日来よりお伝えしているように、僅かの人々が気付き、光を発することで、人類の集合意識に伝播する力の方が数段勝るものであると思います。

参考記事
「Despertando.me」(http://japonese.despertando.me/
サルーサ 2012年11月12日(タイトルなし)


関連記事

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

ゴールは目前

 11月7日に予告したとおり、私どもは11月11日午前11時と午後11時の2回、「大祓ひ祝詞」を宣(の)り、同時に日月の臣民として「誓の言葉」をも奏上しました。
何故、瞑想ではなく、祝詞(のりと)の奏上かといえば、瞑想は雑念が入り易く簡単に邪神邪霊に付け込まれるからです。
その点、日月神示の祝詞は神から直接与えられた言霊の極致であり、邪神邪霊が最も恐れるものの一つだからです。
当日、神事を終ってから、「目覚めDespertando me」(http://japonese.despertando.me/)を開いてみると、「2012年11月11日の夜11時11分 今から最終の瞑想に参加しませんか?」という呼び掛けが載っており、今回も期せずしてライトワーカー(光の子)達とシンクロしました。

 今から思えば、旧九月八日(2012年10月22日)午前10時30分、私の発案で大祓ひ祝詞に天津祝詞の太のりと「一二三(ひふみ)のりとコト」を入れて宣ったその時から神と獣を別ける「旧九月八日の仕組み」が発動されたのかも知れません。
それくらい、あの祝詞には恐ろしい威力が秘められていたのではないでしょうか。

そのきっかけとなったコブラさんの世界同時瞑想の呼び掛け「決断の日」が直感どおり国常立の霊団によるものであったことを、「目覚めDespertando me」にある、「Archive for コブラ」(http://japonese.despertando.me/category/news-to-the-world-of-love-and-light/cobra/)を見て確信しました。
このアーカイブにコブラさんのメッセージはたったの3件しかなく、「決断の日」以外の2件を見ても、とてもあの重要なメッセージを発信するようなチャネラーには見えません。
多分、突如として国常立の霊団に使われ、その役目を終えたのではないか、と私には思えます。
その大事なメッセージを意図せずして私に伝える仲立ちをして下さった agnes さんに心から感謝します。

 11月12日、東北は静かな小雨の降る朝を迎えました。
目覚めの時、私の心は今までに無い一種の達成感に満されていました。
昨日、長いマラソンの最終コーナーを回り、最後の直線コースに入ったような気がします。
ゴールはもう目前。こんな所で迷って邪神を喜ばせる訳には行きません。
脇目も振らず、唯、神を信じ、己を信じて、悠々と走り抜けるのみ。


関連記事

テーマ : スピリチュアルワールド
ジャンル :

チャネラー系情報抜粋(3)

1.「ピュア・インスピレーション」2012年11月11日21時0分の記事
  (http://blog.kuruten.jp/katukan03/229395

 サナンダさんが言われているように、これからのことを伝える高次元からのメッセージは、基本的に同じもののようになる時期に入っているようです。
この次元上昇の基本的なことから、外れるメッセージは偽者と判断してよさそうです。
その基本的なこととは、
次元上昇は、私たちが、自分自身の本質(霊性)に気付き、その本質の振動を高め光を増すことで成される。
そのためには、一日一回以上の瞑想が有効であること。(666註: 日本人には瞑想より日月神示祝詞奏上の方が優れていると思います)
この瞑想時も含め、「愛」、「穏やかさ」、「豊かさ」を常に意識すること。
これだけです。

 そして、私たち自身の振動を高め光を増すための地球環境の整備は、今日で完了しており、今後40日間は、それを維持しつつより高めることに集中していけばよいと言うことになります。

 マスコミやネット上では、今尚、多くの放射能被害、政治の問題、色々な犯罪や不正、経済の失速、戦争のリスク、闇の勢力のこと、災害のことやその預言などを知らせたり、そのリスクを煽ったりする情報が流れていますが、これらのネガティブな情報に気を向けることなく全てを排し、自分自身を信じその本質に意識を向けることです。
そして、その本質の振動を高め光を増していけば、自然と5次元と同調し覚醒すると言うことです。
私たち自身の光が増すに従い、このようなことが周りの人々に伝染し、私たちと同じように自然と5次元と同調し覚醒するようです。

 この基本から見れば、「ディスクロージャー」、「コンタクト」、「豊饒化システム」、「ケッシュ財団の提案」、「新世界金融システム」などは、あくまで3次元意識的な発想の範囲内のことであり、次元上昇に影響するとしても2次、3次的な要因に過ぎないということです。ですから、これらの3次元的な発想に基づく情報に振り回されることなく、あくまで、自分自身の本質を高め光を増し、あとは、日々、平穏に、リラックスし、楽しめば良いということが、大天使さんなどが伝える共通のメッセージです。
このことが最も重要である時期、それが今日から始まりました。

参考記事(1)、(2)
「GFLサービス」 のたきさんがお留守中なので「Despertando me」(http://japonese.despertando.me/)から引用されています。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

チャネラー系情報抜粋(2)

 前回の記事で「真偽は判りませんが、自ずから明らかになって来るでしょう」と書いたことが早くも現実化しそうな雲行きになって来ました。

1.「ピュア・インスピレーション」2012年11月10日1時30分の記事
  (http://blog.kuruten.jp/katukan03/229076
サルーサのメッセージ)「あなたがアセンション準備が出来ていれば、あなたはそうするでしょう。そして忘れないで下さい。
それはあなた自身の努力を通した報酬としてその機会を持つことになるのであり、偶然はないことを

 「ディスクロージャー」もせず、明確な次元上昇の目標も明示せずにどのような努力をすれば良いのかわからない状態で、「あなたは努力が足りないので、その機会は得られません」ということであれば、詐欺宗教と同じだということになってしまいます。
どうも納得できないメッセージのように感じます。
(666註: 勝寛舟さんのこの見解に私は同意出来ません。
私の周囲に何十年に亘り、折に触れて霊的真理を伝えて来たにも拘らず、未だに解らない人がいます。その方々は、はっきりした何かがあれば、…と言っていますが、何が起っても信じないかも知れません。
霊的覚醒とか、霊的進化に物的証拠は必ずしも必要としないのです。求める心さえあれば、きっかけや機会はそこいら中に溢れています。
心からなる改心カルマの清算なしに、アセンションを選択しさえすれば誰でもアセンション出来ると謂うかの如きメッセージは最も判り易いウソです)

 私は、「サルーサ」さんのメッセージを信用していましたが、今回で3回目の疑問点となってしまいました。
光の銀河連合」と称するメッセージも、疑問が感じられたので、数回、2週間程度参考記事として取り上げなかったのですが、そうするうちに「今までのことはウソでした」と告白し終了しました。
もし、「サルーサ」さんが「光の銀河連合」と同じように「ウソ」のメッセージであるなら、他のスピリチュアルメッセージのほとんどが「ウソ」と言うことになります。
そして、最近、やたらと「スピリチュアル情報」が増えています。
その内容がバラバラであることも気になります。

 私は、「次元上昇」そのものは近々に必ずあると思っています。
そして、宇宙から送られている次元上昇を促すエネルギーなどは事実であると考えています。
そして、人間の本質も元々高次元の存在であったと言うことも信じています。
しかし、これらの本当のことを9割話して信用させ、最後にウソであったとすると、9割の本当のことも否定されることになります。(闇の勢力は)そのことを狙ってのことだと思われます。
最後の最後で日本人の出番が来るのかも知れません。

私たち「ライトワーカー」は、これらのことも想定しつつ、最終的には最善の結果になるように心がけましょう!


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

チャネラー系情報抜粋(1)

 チャネラー系メッセージの殆んどは「徹底検索、堀進」(http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8)と、「ピュア・インスピレーション」(http://blog.kuruten.jp/katukan03/)を見ているとチェック出来るようです。
但し、これらのソースは多分、玉石混淆であって全部鵜呑みにすることは問題があると思います。
ここでは、私が重要と感じたものだけをピックアップして記録して置くことにします。
真偽は判りませんが、自ずから明らかになって来るでしょう。

1.「ピュア・インスピレーション」2012年11月7日22時24分の記事
  (http://blog.kuruten.jp/katukan03/228821
 「サルーサ」さんが伝えていたように、オバマ大統領が再選されました。
「大天使ミカエル」さんも祝福しているようです。
「サルーサ」さんは、オバマ大統領は光の勢力であると以前から伝えていました。
ですから、このまま進むと、オバマ大統領が「ディスクロージャー」、「NESARA」を世界に向けて宣言することになると思われます。

 一方で、「目覚めのポータルは今や完全に開かれている」と「ガイアポータル」さんが伝えています。
宇宙からのエネルギーが指数関数倍に増加する3周期目の最後の日、11月11日を前にしてポータルが完全に開かれたそうです。

2.「ピュア・インスピレーション」2012年11月7日23時42分の記事
  (http://blog.kuruten.jp/katukan03/228831
 Keshe財団」よりフリーエネルギー技術が日本政府に手渡されたようです。
この技術により、(漏洩した放射能を包み込む重力場宇宙技術を使って)福島の核汚染を除去出来る!とのことです。

Keshe財団」の宇宙技術の公開は以前から告知されていました。
これに日本政府が参加するかどうか心配していましたが、どうやら参加して「SSPプログラムのギフトを日本大使に2012年11月2日13:30、無償で手渡しました」と伝えられています。
 これらの技術を実用化すると、エネルギーは全てフリーエネルギーに変ることになります。
このことを、早急に、一般に公開し国民が安心して暮せるようにして貰いたいものです。
マスコミがこのことを隠蔽することは、最早、許されません。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

日月の臣民へ

 来る11月11日(日曜日)、午前11時と午後11時の2回、大祓ひ祝詞に天津祝詞の太のりと「一二三(ひふみ)のりとコト」を入れて宣りましょう。
(祝詞は本ブログ10月23日の記事「旧九月八日からの大祓ひ祝詞(http://hituki8910.blog.fc2.com/blog-entry-76.html)」に記載)
有志は奮って各自の居場所で御参加下さい。
いよいよ「三千世界の最終的な大修祓(だいしゅうばつ)を始め給へ」と天地の神々様に日月の臣民一同、心を合せて奏上する時がやって参りました。

 銀河系宇宙のワンダラー方はアセンションのお手伝いです。
「みろくの世」を治(し)らすのは「日月の臣民」の御役目であると自覚して下さい。

                                2012.11.07 666 



関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

来週から起ること

「ピュア・インスピレーション」の最新記事 (http://blog.kuruten.jp/katukan03/228156)を転載します。

 ネット上の「ディスクロージャー」は昨晩から始まりました。
国連もFEDも解体されたようです。
色々な悪事を起こしてきた連中も逮捕・拘束されるでしょう。
そして、マスメディアも7日ごろには隠しきれなくなり真実が報道されるようになるのも間もなくです。しかも、これらが急ピッチで実施されようとしています。
 来週には、これらのことが世界中に知られるようになると思われます。
そして、「NESARA」の発表、無数のUFOの出現、母船の着陸、彼らとのコンタクト、一時的な新金融システムの発動、次元上昇の告知、教育、などなどが、一般的に大量に次元上昇が始まる12月21日までの48日間で行われることになります。

慌しくなりますが、既に、彼らとのテレパシーが容易になっているようで、これにより多くの情報が得られるようです。「試して」下さい、と伝えています。
 イエス・キリストのハイアーセルフである「ロード・サナダ」さんが、10月中にサプライズが始まり、「ディスクロージャー」は11月4日までに行われると伝えていましたが、その予告通り始まりました。
世界の人々は、「ディスロージャー」、「NESARA」などを知ることになっても、当分の間は理解出来ないでしょう。訳が分からないでしょう。
ただ、驚き、不安がる人々も多く出るものと思われます。

 その時には、「ライトワーカー」である皆さんが活躍する時です。
今、起こっている色々なことは、単に、この宇宙のバージョンアップのための一環に過ぎない、などと、当ブログで伝えているような難しい説明はしないようにしてください。
これらのことは、私たちを支配下に置くために今まで隠されていたこと。
ディスクロージャー」で伝えられていることが真実であること。
今まで、私たちは「地球という名の牢獄」で暮らしていたこと。
そして、これからは、その牢獄から解放され、真実に近づくため、新しい世界に移行すること。
闇の支配者による世界から宇宙の法則に沿った本来の世界の仲間入りをすること。
そのために次元上昇すること。
次元上昇するためにはネガティブな意識を捨て去り、宇宙からのエネルギーを受け入れること。
次元上昇は肉体を伴って行われるため、これから、肉体の変容が進むこと。
そして、それらの選択は各個人の自由意志であること。
宇宙の支援者の多くは、私たちの先祖であり、魂の家族であること。
などを、やさしく説明していただきたいと思います。

参考記事
「GFLサービス」(たきさんのホームページ)
http://www12.plala.or.jp/gflservice/HellaCommanderArionPreiades1102.html

プレアデスの母船アリオンの司令官ヘラからのメッセージ 2012年11月2日
http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/message-pleiades-comander-hella-starship-arion-starships-and-portals-mercy
Message from the Pleiades ~ Comander Hella (starship Arion) starships and Portals by Mercy

注: 午後21:33に、次元上昇をしたマスターたちがチャネリングに加わった。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

始まった「重大イベント」?

 昨夜(11月2日)遅く、たきさんのホームページに驚くべき内容のスピリチュアルメッセージがアップされていました。ソースはロードサナンダです。(http://www12.plala.or.jp/gflservice/Sanada2012Dissolution1102.html
ハリケーン「サンディ」の陰に隠れて重大な「イベント」が進行していた可能性があります。
その内容を出来るだけ解り易く要約してみました。
真偽はこれから次第に明らかになるでしょう。

1.ハリケーン「サンディ」は、ある目的を持っていました。
この嵐は、銀河連合の技術によって、全ての秘密の不法活動を停止させました。
ウォールストリートは、二日間閉鎖され、銀河連合は宇宙船搭載のコンピューターを用いて、出生証明証券取引を停止させました。
そのうちに、ダミーシステムが設定され、他のコンピューターで動作し始めましたが、彼らは真のシステムでは取引をしていないのです。
証券市場は解体されました。

2.9.11の朝、NESARA(国民経済安全保証改革法)を公表することになっていた人たちは、ツインタワーのロビーにいた警察官によって銃殺されました。間もなく爆発が起きて死体を覆い隠しました。
ホワイトハウス内部のテロリストがニューヨーク市警と協力しなかったら、彼らは数百万の人々から9.11が内部の仕業であったことを隠しきれなかったことでしょう。
今回、警察による「不法な監視」などの活動記録は全て抹消されました。

3.国連の唯一の支配者はローマ法王とバチカン銀行です。
国を代表するとして国連で不法に働いていた全ての者はポストを追われました。
彼らのコンピューターはアクセス不能になりました。
国連は解体されたのです。

4.ニューヨーク連邦準備銀行(Fed)のコンピューターは、通貨の評価と切り替えのために準備が済んで長い間待機しています。
政府、企業、個人、銀行に関係するあらゆる貸し出し記録はアップロードされ、告発を待っています。
Fed(FRB)は既に解体されています。

5.メディアは大衆意識を性的政治的スキャンダル、ポップカルチャーについてのニュースを通じて支配してきました。
私たちは宇宙船から直接通信を受けるメディアのためのインフラストラクチャーを配置しました。
真実のみが放送されるシステムが、今では、スイッチを入れるだけで利用可能な状態になっています。

6.大統領選挙は予定通り実施されます。
もしも10月のサプライズで選挙がキャンセルされたら、集合意識を大いに掻き乱すでしょう。
選挙を予定通り実行することでシフトを容易にすることが決定されました。

7.平和のポータルである12-21-12に先立ち、11-11-12による大きなエネルギーが流入して来ます。
ソースのエネルギーがセントラルサンから流れ下ってきて、あなた方を通して地球に流れ込んでいることを知って下さい。
あなた方はこの新しいエネルギーを処理し、今まで以上にミッションに取り込むことが出来るでしょう。
これが12-21-12に導く一連のイベントに必要なことです。

8.平和のポータルである11-11-12が開くと、地球上の全ての存在は12-21-12まで正確に40日間、地球に向けられる光の保持をするように求められます。
あなた方が知識、才能、お金、ヒーリング能力を持っているのなら、持てる全てを他者に分け与えるよう求められます。
これは愛を分かち合うミッションです。

9.完全に心を開いて礼拝することの意味を知って下さい。
目覚めている間は切り替えの想念にエネルギーを集中して下さい。
それと合体して下さい。それを物理的な世界に持ってきて下さい。
私たちはここ(宇宙船)にいて、着陸に備えています。


関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

11月4日までに重大イベント?(続報)

(スピリチュアルメッセージから私が理解したこと)

 ハリケーン「サンディ」は「イベント」ではありません。
10月のサプライズとして計画、予告されていたものであり、その被害はコントロールされています。
丁度、日本に於ける「東日本大震災」のような(神の目で見たプラスの)効果をアメリカにもたらすでしょう。
本当の「イベント」はこれから起る筈です。差し当たり11月4日(日本時間5日)まで待ちましょう。
既に11月1日から地球のアセンションを促す厖大なエネルギーの噴射が始まっており、第一波、第二波、第三波と続くようです。

註) 第一波のピークは11月11日、第二波のピークは12月12日、最終第三波のピークは12月21日(日本時間22日)とされています。


関連記事

テーマ : 知ってほしいこと。
ジャンル :

プロフィール

日月の民草

Author:日月の民草
 ハンドルネーム666です。

五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、
六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、
666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
(五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第15帖)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。